手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

自己肯定感が低い私も、自立しちゃった私がいても、それは全て【朗報】だってことにしよう!

お相撲にしますか レスリングがいいですか?

今日は一時期少しけ太陽が陰りましたが、あっという間にまた晴れ間が広がり、本当に心地よい穏やかな日差しの日曜日でした。

読もうと思って買ったものの、まだ読めていない本を寝っ転がって読み始めたらオコタの中の足は暖かくて日差しも柔らかくて、あっという間に瞼が閉じて心地よい夢の中へ…

少しすると何やらトタトタと元気な足音。
兄弟で追いかけっこをしているようで、目を開けると元気に遊んでいる2魂の姿。

ソファーから降りて追いかけっこしたり、また登っては向き合ってみたり…

寝っ転がって心地よい状態で遊んでいるギンちゃんと仁くんをみているだけで幸せな気分が充電されていきました。
それにしても、足元がホカホカしている明るい日差しのお部屋でのお昼寝ってなんて幸せなんでしょうね〜。
時間にして30分くらいだったと思いますが、すごく満たされた気分でした。

さて、私は今年の目標として-5kgで今より引き締まったメリハリのある体になりたい…と言いつつ、全くもって何もしていない状態でした。(えへへ)

結婚していたときに離婚したいと言われて、食べれず眠れず、あっという間に7kg痩せてガナガナになり(病的に痩せた感じでした)その後、ちょっとずつ食べられるようになると同時に今以上にお酒に頼っていた時期があり食生活も乱れ、4年くらいかけて「わがままゆるふわボディ」になりました。

自分史上・最高の重さ!
自分史上・最高のゆるふわ感!

を去年更新し、さすがにこれではいけない…と少し反省したのですが、ほら、冬って体のラインを拾わなないものを着ていることも多くて、すっかりゆるふわでポテポテと過ごしていましたが、春を前にして「やべぇ」と慌てて自分のお腹やら顔周りやら二の腕やらを見て自己否定モードに突入しました。

確かに、今は自分の理想としている体型からは離れているから、そりゃあ「何してるんだか…」とトホホな自分に苦笑いしてしまうよねーと、自己否定しちゃう自分にも「分かるわー」と肯定の言葉を送りつつ、自分にかけた言葉に自分でハッとしました。

自分史上・最高にポチャッとしてるって危機感を持たないと、きっと私はダイエットしようとしなかっただろうし、中途半端に太り始めた段階なら、すぐに戻せるよ!的に向き合うことなんてしなかったはずよねー。(実際にそうして今の私のゆるふわボディが誕生した訳ですし…)
それに、太った今だからこそ「メリハリのある体作りをしたい」って強く思えるようになったんだし、何せ、史上最高の重さからダイエットしていくのだとしたら…

もう痩せていくだけだから、伸び代しかなくなくなぁい??

「夏までにもう少しお腹回りを引き締めたい」と鏡を見て思ったので、自分を励ましながら「楽しく」体操などを取り入れて、少しずつ変化していこう!と決意をしました。

そして、その決意も3日坊主で終わったりしていますが、また思い出して少しずつ自分を鼓舞するたびに「また挑戦しようとするあたり、ほんと、前向きになったよねー」と自分を褒めるようにしています。
けなす・叱る・いじめようと思えばいくらでも自分に厳しい言葉を浴びせられますが、いじめても褒めても「今日の体型」は変わらないのですから、それならばやる気を持続させてあげるためにも、自分を褒めてあげて伸ばしていってあげたいですものね!

でねでねっ!!
私は今「自己否定・自己嫌悪」できるくらいに自分が理想としている体型からは離れている訳です。

が、考え方ひとつで「ものすごい可能性を秘めている状態」に変換してあげることもできるんだと知りました。

ダメな状態って、言い換えると「これから伸びていく可能性しかない希望のある状態」なんです。

自己肯定感が低くて地中にめり込んでいた私が、自分を肯定していく事でどんどん「成長」を受け取れていけた事を思い出したのですが、失敗も停滞も含めたとしても、ダメであればある分だけ「変わっていく自分」「楽になっていく自分」を振り返って見つけたときに、ものすごく感動しました。

ダメだったから、マイナスポジションにいたからこそ、成長幅を感じられたんです。

太っちゃった自分も、自己否定を重ねて自己肯定感が低くなった私も、婚活をやってもうまくいっていない私も、自立しすぎて人に頼れず与えてばかりの私も、むしろ朗報???って強引に決めちゃっていいんです。

こんなに辛いのに…と泣いた日もあると思いますが、自己肯定感を高めて生きやすくなった人やダイエットに成功して好きな格好を謳歌している人や、婚活を成功させた人も、自立を手放して委ねる力を身につけた人も、「めちゃくちゃ太っちゃった」「百回もお見合いしたのに」「自分を責めてばかりだったのに」「お前は俺がいなくても大丈夫って自立ゆえに振られたのに」と、スタート地点は本人にとっては望ましくない状態ですよね。

そしてマイナスポジションにいるからこそ、小さな成長がスゴイ!って自信になってどんどん成長してけるんですもの。
その変化は悪くなっていくのではなく「良くなっていく」プラスの積み重ねでしかないんだもん!!

それってつまり、自己肯定感が低いって状態がチャンス!って事ですよね。

成長・伸び代しかない!!ってすごいと思いませんか?

先にも書きましたが私も低いグループで自己攻撃し続けたグループの一員です。
自立も拗らせてややこしくなって勝手に頑張る事をやめられませんでしたし、恋だってうまく行かないことが多かったし、ダイエットはこれからです。

ピンチはチャンス!という言葉もありますが、今が「自分にとってのダメ地点」「自分にとってはどん底」であるならば、これから変化していく全ては「伸び代」でしかないのですから、

ある意味、ダメって朗報じゃね??(← ギャル風にお読みください)

目の前にある現実・事実は瞬間で変える事はできません。
起きてしまった出来事も、今この瞬間に願った事へ変えることもできません。

ただ、起きてしまったことや現状について、私たちは「どう思うか」を自分で選ぶ事ができます。

本当に最低だ…と思って自分を責めることも選べますし、本当に最低だからこそ変わりたいと思える自分に「だめからの出発だから、伸び代がものすごいことになりそうじゃない?!」と一緒にワクワクしてあげる道も選べます。

自己肯定できない私はダメって誰が決めたの?
自立しちゃって頑張りすぎちゃう私は可愛くないって誰が決めたの?
婚活が失敗続きの私は価値がないって誰が決めたの?

そう、他でもない「自分自身」がそう決めたんです。

私が「私はダメなんだ!」ってことにすると、自分で決めたんです。

だからその呪いを解いて、自分で「ここまでダメって事は逆にこれからどんどん変化できるって事なんだ!」と決めてもいいと思いませんか?

自己肯定できなくなっちゃったのも、頑張るしかなくて自立しちゃったのも、婚活で傷ついちゃったのも、一生懸命自分を愛して・愛されたくて・奮闘してきた結果、そうなっちゃったんですものね。
こうするしか出来なくて、精一杯自分を守ろうとして、傷ついて泣いて、今の自分になってきたんですもの。

そんな「ダメ」になるまで頑張ってきた自分を、まずはギューッと暖かく自分で抱きしめてあげてから、ありがとうって感謝と労いの言葉をかけて、暖かく応援してあげませんか?

私もあなたも、伸び代いっぱいです。
自分を寛がせて支えてあげながら、ちょっとずつゆっくりと自分を取り戻していきましょうね。

私も同じ道の途中にいます。
ときに道草していたり、休憩したりしているし、ダイエットにいたっては目標を掲げたまま現在地点でグータラしていますが、そんな私だからこそ「どう変わっていけるか楽しみ」だと笑って見てあげたいと思っています。

自己肯定感が低い?!
自立が拗れてややこしい私がしんどい?!

OK・上等!!
そんなの関係ねー!!そんなの関係ねーー!

って自分を優しく応援していきましょうね。
ほんと、スタート地点なんて関係ないんです。ダメな私でもいいじゃない。そこから始めればいいじゃない。

あ…言い訳じゃないですが、ダイエットがなかなか進捗せず、夏にもゆるふわな私のままだったとしても「まだまだ伸び代を残してるな…」と思っていただけたら嬉しいです。てへへ。

こんなくらいに緩めに考えて、自分を追い込みすぎずに成長やプラスしかない未来に向かってゆっくりマイペースにやっていきましょうね。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 自己肯定感が低い私も、自立しちゃった私がいても、それは全て【朗報】だってことにしよう!