手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

分からせ屋なら、最高の分からせ屋になっちゃおう!

マミコがまた新しい言葉を覚えてきたようですよ

先日、職場の営業さんとお客様のところへ訪問する用事があり、道中で一緒にランチ(お蕎麦と牛丼。漢らしい…。もちろん完食)しながら色々話しをすることができました。

話の中で「人材紹介事業」の部署にいる男子社員の話になり
人材登録をして活動している求職者の人にもいろんな種類の人がいて、その多くに「今」の自分のスキルでは望んでいる職種や企業・条件に達していない事を自分で感じていない人が多く、自分ではそれに気がついていない人が沢山いて

今の自分がどのレベルなのかを分からせるための『分からせ屋』の仕事をしているんだと思う

と言っていて、なるほど言い得て妙だな…と納得したという話しを教えてくれました。

自分の事って「過大」にも「過少」にも評価しがちで
全然分かっていない事って沢山あります。

「過大」に期待できている分にはまだいいのですが
自分には何もない、自分には価値がない、と思っているのは残念ですよね。

描いた事が現実になっていくのだとしたら
何もできない・ダメだ、と思い込む事で「ダメな現実」を作り出して「ほーらね」とガッカリしつつも期待通りの現実に安堵したり
価値がないと思っているのであれば、大切な人・大好きな人からも「価値のないもの」として大切に扱われないなんて、やっぱりそんなの嫌だしもったいない!!!

まみこちゃんが分からせ屋さんになるって言ってるでち

うん。決めた!!
私「分からせ屋さん」になって、あなたの魅力や価値を見て、それを伝え続ける事を諦めない!って決めました。

私は自分のことが嫌いでした。

私は大切になんてされるような存在ではないし、愛される価値もない。
愛するなんてできるはずがないし、受け取ってもらえない。

誰よりも自分の価値を低く評価し、けなし、いじめてきたのは他でもない私自身でした。

でもね、私にも沢山の良いところ、私だからこそ持てる強みや魅力がある事を知り
自分を許し大切にすることを始めてから、私の人生は楽しいものになり、夢や希望をワクワクと描けるようになってきました。

私は自分のことを、今は「うん、悪くないよね♡」と笑ってあげられるようになりました。

それには「あなたは価値があるよ」「あなたの傷はあなたが愛情深いからゆえだよ」「あなたは幸せになって良いんだよ」とあなたが分かってくれることが第一歩。

自分のことを諦めさえしなければ、自分と上手に付き合えるようになるんだよ!ということを届けていきたい。

またクスクスと笑えるように。
見上げた空が青くて心地よいと感じられるように。
生きている事が楽しいとニッコリできるように。
私はあなたの中にある沢山の「愛」と「魅力」をあなた自身に分かってもらえるような「分からせ屋」であることを、いつまでも忘れずに諦めないで届け続けたいと思っています。

あなたがあなたに対して「私って本当はこんなに素敵なんだよ」と何度も何度も伝え続けて、心の奥に届くように分からせるお手伝いをできるように、私も今まで以上に自分に対して真摯に優しく接していこうと思います。