手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

ゴールまで進むために必要なのは、今の一歩、今日の前進。

うほー、うほー、うほー、うほー

世の中のネコちゃんたちと同じく、我が家の「イケメン」なグレーの貴公子・ギンちゃんもちゅーるが大好き。
たまにちゅーるに見向きしないネコちゃんもいるようですが、ギンちゃんは夢中になります。

在宅勤務ができるようになってから、何かと気になるようで「ネコハラ」と称して、パソコンモニターの前に鎮座したり、キーボードの変なボタンを押したりするので、何か手はないか??と考えて、おやつタイムを企画。

大体11時頃に『モグモグタイム』を設けて、毎日1ちゅーるを食べるのがギンちゃんのお楽しみ。
仁くんは紗と一口サイズのササミ巻か歯磨きガム。

お座りして待ってるですよ

2魂共にちゃんと「おすわり・握手(お手)・タッチ(掲げた手の所に体を伸ばして頭をくっつける)」をしてからのおやつタイム。
ギンちゃんはちゃんと握手(お手)もタッチも出来ちゃうんですよ~~。
ほんと、カッコよくて賢いとか、たまらない!!!

ご飯も美味しく食べられることが大事だけれど、おやつは心地よさを満たしてくれるから、やっぱりおやつ時間は大事だよね~~。

* * *

先月は予定外でパーマをかけたため、パーマから1週間後にカラーとトリートメント…と、2度ほど美容院へ行きました。

そういえば、数年前までは毎月何かしらのファッション雑誌を買って、このスタイルが素敵♡とやっていたような気がするのですが、いつからか『おまけがメイン』で中身があまり楽しくなくなった感じがして、雑誌を買うことから遠ざかっていました。

今はどんなファッション誌を読んでいる人が多いのかなぁ??
今時って、雑誌よりもインスタグラムやツイッター、インターネットでオシャレのお手本や美容テクを習うのかな???

あ…
オシャレ系から遠く離れた星でキャッキャとはしゃいで暮らしているのがばれてしまう一幕ですね。
あーーー、オシャレからほど遠い自分が悲しい。クスン。

そんな私なので、雑誌に触れるのはもっぱら美容院。

今回も「モード」な雑誌を幾冊か用意してくれていたので、しげしげと眺めました。
ルイヴィトンの春の装いとか、何を入れるの??というくらい小さいのに数十万円するバックの紹介をパラパラめくり、オシャレ過ぎて(ハイクラス過ぎて??)縁がなさすぎる~と言いながらも、この手の雑誌は写真などが素敵で「写真集を見る」イメージで読破。

そして、ELLEを読みだしたところで、フィギュアスケーターでもあり女優さんでもある「本田望結さん」のインタビュー記事がありました。

今年の6月に18歳になるのだとか!!!

そっかー、今年の4月から新成人が18歳に変更ですもんね~~。
にしても、まだ17歳なんだ!!とビックリ。

ELLE2022-2月号

インタビュー記事の中で「10年後の自分は何をしていると思うか?」という質問があったのですが、そこに書かれていた言葉が、とても素敵だったのでスマートフォンのカメラでパチリと撮りました。

もし今10年前の自分に会ったら、毎日頑張ってくれたから今があるとお礼を言いたい。
だから10年後の自分にありがとうと言ってもらえるような生き方を、今はしたいですね。
急に大人になるわけではなく、毎日の積み重ねの先に未来があると思うので、その過程を無駄にしないように楽しみたいです。
(ELLE日本版 2022年2月号 / 本田望結さんのインタビュー記事より引用)

なんて素敵な自分へのメッセージ。

10年前の自分が、頑張ってくれたから今の自分がいるんですよね。
それは、望結さんだけではなく、私たちも同じ。

10年前の私は、自分の未来が「離婚をして一人で暮らす」ことも「カウンセラーになる」ことも、全く想定していませんでした。

10年前から今日まで、穏やかで幸せな日もあれば、死にたいと思うくらい絶望した日もありましたし、何も味を感じないような空虚な日々を過ごす長い時間もありました。

楽しかった日々も、苦しかった日々も、その日その日を私は生きてきたんです。

昨日と今日では何か劇的な変化を感じることはないけれど、でも私たちは同じ場所にはとどまれずに毎日毎日、ちょっとずつ変化しているんですもんね。
だから、10年前とは見えている世界も生き方も違っているんですもの。

さらにさかのぼって10年前の私は、結婚してる未来だって「ホントに?!」と思っちゃう日々を生きていたし、変わり映えのない毎日の積み重ねのように見えるものが、未来に繋がる大事な毎日なんですよね。

夢や目標、憧れがあるものや自分を変えたい!などの努力をしている時って、こうありたいという目標設計があるので、早くそこに行きたいと焦ってしまいますが、そこに行きつくまでって「過程」があるんですよね。
ピョンと大きなジャンプで行ければいいけれど、毎日少しずつ、たまには休憩したり足踏みしたり寄り道したりしながらも、行きたい方向へ向かって進んで行けばいつかそこに行けるのに、急ぎ過ぎて道を見失うんですよねーー。

ホント、私も急いでつまづいて泣くことを何度も繰り返してきましたから!!

私たちは「未来」にも「過去」にも手出しができません。
自分が生きられるのは「今」なんですもんね。
そして、その「今」を生きていくことが未来に繋がっていくからこそ、未来への足場作りや種まきをしている日々は、現実が動いていないように見えても大事な大事な時間なんです。

10年後に「あの時に悩んでくれたこと」「あの時に自分に向き合ってくれた事」「あの時に葛藤してくれた事」「あの時も生きてくれた事」をありがとう!!と、きっと優しく振り返れるあなたがいるはずです。

そのために出来ることは、今を、今日を、自分なりに生きる事。

もう5年くらい前になりますが、私が離婚問題でボロボロになっていた時に見つけてノートに書き込んで大事にしている言葉があります。
誰の言葉だったのか、インターネット上で見つけた言葉なのでハッキリしないのですが、その言葉は

明けない夜はないが早起きしても夜は明けない

というもの。
あぁ、そうだよなぁ…って泣きながら思ったっけ。

夜は明けるし、絶対にまた笑える日は来る。
そのために「今」無理をして頑張っても、朝は頑張ったからやってくるわけではなく、その時にならないと明けないんですもんね。
夢や目標も、がむしゃらに頑張ったら叶うのではなく、叶うタイミングに来て叶うんだもの。

だから、開けない夜はないんだから安心して、明けるまでの時間を「今やれる事」をして生きていけばいいんだ、って心が軽くなりました。
そして、私たちは『今を生きる』生き物だから、その今を少しだけでも楽しいものに変えていけたら、夜が明けるまでの時間を不安に思わずに過ごせるんですもんね。

目を瞑ってイメージしてみてください。
10年後の「なりたい姿になっているあなた」が、今日のあなたに何と言ってくれる姿が思い浮かびますか??

きっと「ありがとう」「お疲れ様」って言ってくれるのではないでしょうか??

だとしたら、そんな自分に今日早速「私、ありがとう♡」を伝えてあげてみませんか??

夜寝る前に、ベッドの中で深呼吸して、過去から未来に続く「今日」を生きた自分に、ただ生きてくれたことを「ありがとう、私!」って言ってあげましょう。
私も今晩、自分に言ってあげようと思いますので、良かったら皆さんも一緒にやってみてくださいね!

あなたの今日は、未来に続く素敵な今日です。
泣いたり笑ったり、怒ったりモヤモヤしたり、色んなことがある今日があるから、ありがとうと言える未来に繋がっています。
何もドラマがない今日も、欠けてしまったら未来に繋がらないんですもの!
何もない今日にも、やっぱりありがとう!ですね。