手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

まさか?がいくつもあった激動の木曜日

日本全部に緊急事態宣言っていうのが出たたんですね?!ステイホームっていうやつですよね?!

ねーー。ギンちゃんが「キョトン顔」していますが、突然の「緊急事態宣言が日本全国に」というニュースにビックリしちゃったよねー。

丁度、あと少しで今日の仕事が終わる!と思っていた所に、営業さんが「テレビ!テレビ!いや、ネットの動画配信でもいい!」と駆け込んできて、何事だろう?とみんなが注目する中、緊急事態宣言が地域限定ではなく全国一斉になったというニュースを見つけて、社内は騒然。
(ちなみに職場のワークスペースにはテレビはありません。)

実は今週になってすぐに社長から「GWから在宅勤務に切り替える予定」の発表があり、それに向けて準備を進めていました。

4月に入ってすぐに、会社で在宅勤務用のノートPCを発注していたそうですが、やはりコロナの影響なのか1カ月近く納品にかかると言われており、とりあえず来週実施予定にしていた連続2日の在宅実証実験(?)でも、またもやデスクトップパソコンを持って帰る事になっていました。
オンラインでミーティングをする事も必要になるため、会社でヘッドセットなる耳につけるイヤホンマイクを注文していたものが昨日届きみんなで「おおーっ」と歓声をあげつつ、ITが苦手で不安症なおまみーぬのために、設定だったり動作テストなどに同僚が付き合ってくれました。(ありがたや)

今週に入り、グループ会社と運用ルールをすり合わせたりパートさんにお願いしている作業をどうするか?などなど、通常業務に加えて会議やミーティングで時間を使っていました。

今日も朝イチで社長から声がかかり、請求書や給与計算等の本格的なものはグループ会社の専門部署にお願いしていますが、社内総務として担当しているものがあるので、グループ会社の総務や私の会社の管理者を交えた会議に参加しました。
そこで、在宅勤務を5月のGWと合わせて開始する旨を社内に公式発表するという事を聞き、各担当スタッフがそれぞれ何を案内して準備するのかといったものを決めて解散。

その後、お昼前に再度社長から呼ばれ、在宅勤務や不安な情勢を前に「社員のメンタルケア」として出来ることを考えて欲しいと言われました。

・定期的に全員メールでメンタル面で不安や揺らぎがあったら話を聞くと流す
・コミュニケーションが必要な人が参加できる「社内オンラインお茶会」を計画
・話はオンラインで聴く
・直接会って話を聞いて欲しい場合は会社の面談スペースで一定距離を置いて話を聞く
・もちろん、話は守秘義務で他言しない
・面談内容はレポートを作り残しておく(公開はしない)

ざっと箇条書きにしたものを社長にメールしてすぐに、社長から承認のメールとビックリする提案がありました。
嬉しかったので一部を紹介します!

とてもいい試みだと思います。
オンライン飲み会などは会社としては「?」ですが、オンラインお茶会はゆるそうでいいですね^_^
この機会に社内だけでなく、マミコさんの新しい経験が積めれば幸いです。
また、マミコさんの方で許されるなら「心のオンラインケア」も会社の事業としてできるといいですね。
個人、会社、双方向で考えてみてもらえるとありがたいです。

なんとなんと、先日は「社内のスタッフさん向けのメンタルケア」の係になっただけでしたが、私が経験を積めるようにと社内だけにとどまらず「事業」としても考えてくれている…と。

ほんとに、ほんとに、予想もつかない展開でしたし、動き出すと自分の力ではなくトントンとやりたい事がやれる環境が整っていくんだ…という事を自分で体感して感動しています。

私がやった事は「やりたい事」がある自分を大事に認めながら、今出来ること・今の私が生きるために冒険できないのだとしたら、置かれた場所でできる事を積み上げようと腹を括っただけです。
今の私に出来ることだけをやっていくこと。
出来ない事ばかりを羨んで自分を苦しめるのではなく、今置かれている私の環境下でできる事を見つけてやっていこうと自分が決めただけ。

そうしたら、想像しない形・スピードで私のやりたい事をやれる環境ができていきました。

もちろん、当面は在宅での会社運営に慣れることが最優先で、オンラインでの心のケアを事業として動かしていくのはすぐではないと思っています。
ただ、社長の中でも「大切な人を突然亡くす」ことがあったり「家族の雇用に変化があって生活が変わる事への不安」「単身で暮らす人の孤独さ」「コロナ離婚ではないけれど、いさかいで傷つく事」その他にも【メンタルケア】について必要性が高まるであろうと思っているようです。
その中で「個人として目指していること」も否定せずに受け入れてくれて(私は喪失ケア・痛みに寄り添う事がしたいと伝えてあります)しみじみとありがたさを感じています。

さらにビックリがあったんでちよね!!

そ、そ、そ、そ、そうなんです!

在宅業務の社長からのアナウンスがあった後で、社内メンタルケアとして「心の窓口」がこんな事します!と先に箇条書きにしていた内容をメールで案内する予定になっていたのですが、発表を明日に控えていた今日の夕方、突然の緊急事態宣言があり、前倒しで社長からの【緊急事態宣言を受けて】というメールがグループ会社を含めて全体配信されました。
(私の所属している会社はそこまで大きくありませんが、社長はグループ会社の会長などの偉い人)

その中に、な、な、な、なんと!!
コロナによる在宅勤務と合わせて、グループ会社全体を対象とした

心療対象部署を設立しました

と、まさかの「おまみーぬの心の窓口、窓が増える事件」が起きました!!

ぬおーーーっ。
事業としてはこれからだろうし、社内の心の窓口は小さなものだったのに、私が思っているよりずっとすごい勢いで、やりたい事がやれる環境が勝手に出来上がっていきました。

窓が増えただけではなく、部署として「おまみーぬの保健室」が誕生しました。
本日、グループ会社向けにピヨッと産声をあげました。

なんだか今日は目まぐるしく色々あって、今ちょっとボーッとしてアイスを食べてクールダウンして「1日の中で起きた事」をブログを書く事で振り返ってみたけれど、なんかぐわーーっとし過ぎていて頭の整理が追いついていません。

でもでも、嬉しい混乱です♡

今日も富美男ちゃん…と思いましたが、なんかキューッと酔いそうなので飲むかどうか迷っています。
あーでも、飲んじゃおうかなー。いひひ。

急な発表で、不安を抱えている方もたくさんだと思います。
どうか、不安になる自分の事を抱きしめてあげて「怖いものは怖いんだからしょうがないからね」と自分を追い込み過ぎずに優しく自分に声をかけてあげてください。

師匠である根本さんのブログでも紹介されていましたが、こんな時だからこそ受けられるお弟子さんたちのカウンセリングやお茶会もありますので、我慢して溜め込まずに上手にカウンセリングを使って、ご自身の不安を少しでも軽くしてあげられますように。
私も環境が変わる事でしばらくバタバタしますが、私に出来る事でみなさんに何か元気を届けられたらいいな…と思っています。

色々あって散らかり過ぎてまとめられないので、いきなりドロン!します。
お読みいただいてありがとうございました。