手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

2019年、お世話になりました!あなたも私も「本当によく頑張りました!」

2019年もあともうちょっとですね。

ほんとだねー。
この間「お盆」だとか「ハロウィン」だとか「クリスマス」だと言っていたのに(← さすがにお盆は強引すぎた気がします…)気がついたら今年もあと数時間。

ギンちゃん、仁くん、私。
3魂揃って今年も一緒に年越しができる事がしみじみと幸せだと感じています。

午後、ギンちゃんと毎年楽しみにしている「大間のマグロに賭けた男たちの熱きドラマ」を見て(どうやら再放送らしいのですが…)その後は揃って実家でお正月を迎えてゴロゴロする予定です。

CooooooooLでイケメン、本当は甘えん坊だけど甘え下手で、繊細でシャイでグレーの被毛が艶やかで、グッドデザイン賞を受賞しそうなくらいパーフェクトな形をしている最高の私の相棒のギンちゃん。
また来年も、おまみ共々、愛でていただけると嬉しいです。

すっごい風がビューッてなってるけどお散歩行ってきたんでち!飛ばされちゃうとこでちた!!

仁くんは今年、心臓の病気が少しだけ進行してしまいお薬がひとつ増えました。
幸いな事にお薬が合ってくれたようで大きな不調もなく、定期通院だけで済んでいます。

ただ元気にご飯を食べてくれて、遊ぼ!と甘えてくれて、ギンちゃんと時折鬼ごっこして健やかな寝息を立ててくれるのを見せてもらえるだけで、ただいてくれるだけで私を癒してくれる仁くんのことも、変わらずに暖かい目で愛でてください!

マミコも今年は、いっぱい笑っていっぱいはしゃいで楽しそうにしてましたよね。

1年を振り返った時に「楽しかったな」「穏やかだったな」と思えるということは『幸せな日々を紡げた』ということの証だと思います。

頭の中から「思考するための領域」を取り出して強制的に思考のお喋りを止めたい…とまで思うほどに、毎秒のように思考してガチガチで生きていた私が、気がついたら

うーん。問題が起きてから考えよーっと。

と、思考するのをめんどくさがる程になれました。
もちろん、私でも考え込む日もあれば、落ち込む日もあります。
自分に自信を無くしたり、隣の芝が青々して羨ましく見えたり、妬ましい…と憧れたりもします。

それでも「そう思っちゃったんだからしょうがないよね。(笑)」と自分の背中を優しくさすったり、肩を組んで薄めた富美男ちゃんレモンサワーを飲み明かしたり、励ましたり、抱きしめたりできるようになって、とにかく『楽』に生きることができるようになりました。

物事は100%私の願いが叶っているわけでも、予想していたものよりも足並みも遅かったり、途中で方向転換したり、色々と波はありながらも、その都度都度で「さぁ、私はどうしたい?!」と自分に問いかけながらやってきました。
きっとそれは、来年も同じだと思います。

周りを見ると、本当になんかすごくて気落ちすることもあります。
みんなはたやすく叶えている事が、自分にとっては奇跡でも起きないと無理なのでは??と迷子になることもあります。

自分のやっていること、歩いている道が正しいのか??と不安になる日もあります。ゴールの光が見えなくて、途方にくれて立ち止まる日もあります。

頑張っているのに仕事で空回りする日もあれば、家庭内を穏やかにしたくて奮闘しているのに、何も響かず届かずで自分の力の無さに涙する日もあります。

あの時なんでこんなことしちゃったんだろう?
なぜもっとあの人の気持ちに敏感に気づけなかったのだろう?
やった事も、その逆に何もできなかった事をも後悔して途方にくれる日もあります。

自分を愛する事、自分を受け入れる事、自分の魅力を知ること、自分と仲良くなることを願いながら、どうやってもうまくいかず、自分を好きになれない気持ちで足踏みしちゃう時間もあります。

出来ないことは、みんないっぱいあるんです。
あなたにも、私にも。

そして出来ない自分を「助けたくて」必死に奮闘したんです。

本当によく頑張りましたね。

私は自分が自己肯定できず、罪悪感をたんまり抱え、無価値感もあれば「生きていてごめんなさい」と感じる気持ちすら抱えていたので、自分を変える・愛するなんて途方もないことで、それをやりたいと願いながら「無理だろう」と諦めかけてもいました。

でもそこはやはり武闘派…

諦めたいけど、まだとことんまでやってない!!と諦めきれず、自分をとことん愛するをスローガンに、自立を緩め、自分に「ごめんね」「ありがとう」「大好きだよ」を届け続けて、少しずつ、自分でも気づけない程緩やかに、自分と仲直りしていきました。

人を愛して力になりたいと頑張ってきた傷があるから、大切な人の役に立ちたいと自分を犠牲にするくらいまで愛があるから、過去に傷ついた経験がある分だけ、私たちは痛みを怖れます。

傷付くのが怖くて(傷付くと最初から決めて)、過去の痛みを知っているがゆえに踏み出せない自分を自分が一番よく知っています。
そして自分を守るために『壁』まで作って、震えて泣いているのは、それだけあなたが愛情深く、愛を与えたい素晴らしい存在だから。

あなたの優しい思いが傷ついた分だけ、
あなたの大きな愛が届かなかった分だけ、
あなたは怖くて踏み出せずに壁を作ったんです。

エンエンして泣いてる人もヨシヨシって自分を抱っこしている人もみーんなステキな人なんでち!!仁くんもにーたんも応援してるんでち!

私の作る「応援団」は本当に小さな応援団です。

クール担当のギンちゃんと、かわいい担当の仁くん。そして総長のおまみーぬ。
小さな小さな応援団は非力だけれど、自分が痛みを知っているから、あなたが踏み出せずにいる事も、踏み出してみたのけれど怖くて震えている事も、道の途中にいる事も、ステキなあなたなら大丈夫だよ!と応援しています。

遠回り上等!!
道草上等!!
寄り道最高!

時間がかかってもいいじゃないですか。
どんな道であっても、あなたが選び、あなたが歩く道を、また来年も「小さな応援団」がフレーフレーと応援していますからね!!

2019年の最後に、私の小さな決意をお届けして終わりにします。

私は自分のこの数年を振り返った時、自分に届けたい言葉があります。
その言葉は、笑顔と暖かいハグと一緒に届けたいもので、こんな言葉です。

本当によく頑張りましたね。

お疲れ様、という暖かい想いを込めた笑顔とハグの中でこの言葉をもらったら、私は泣き虫なので号泣します。

この言葉の持つ暖かさを、痛いほど知っているから、私はあなたにも届け続けたい。
だから私は、置かれている状況で精一杯に頑張っているあなたを褒めたい。
あなたの孤独との戦いを、あなたの頑張りを、誰よりも優しく暖かい気持ちで抱きしめてあげたい。

皆さんも私も、1年間、自分を生きた事、本当にお疲れ様でした。
心が晴れない人も、泣いているあなたも、時間は少しかかるかもしれないけれど、必ずまたからりと晴れた心や涙が乾いて元気に歩き出せるようになりますから、頑張っている自分を誰よりも暖かく抱きしめて、1年を締めくくれますように。

つたない私の日々の記録に、たくさんお付き合いいただき感謝でいっぱいです。
また来年も、ワカチコいったりMOUSOUしたり、自由な私であり続けると思いますが、3魂揃って、どうぞよろしくお願いしますでち!!

よいお年を!!

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 2019年、お世話になりました!あなたも私も「本当によく頑張りました!」