手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

シングルベッドサイズの幸せ

冬なのに日差しいっぱいで気持ちいいですねー

私の住む町は今日は快晴。
スッキリ広がる青空に、朝からご機嫌になれています。地域にもよると思いますが、新潟の冬はどんよりと重たい空の色で「鉛色の空」の日が続くのですが、今年は時折重めの空の日もありますが、すこぶる青空の日が多くて冬なのに嬉しくなります。

寝室のベッド脇もベランダに通じる大きな窓がありますが、寝室のドアを開けておくとベッドに寝た状態でキッチンとリビングの間の窓が見えます。(ベッドの中からスマートフォンのカメラでズームにして撮影したので、ちょっとボケちゃっています。)
この窓からは朝日が差し込むのが見えるんです!
今借りているお部屋は朝から夜まで各方向の窓から存分に光が入るのが最高にお気に入りなのですが、最近は朝起きてもまだ日が登ってないことが多く、週末など少しお寝坊できる日が運良く晴れて、ベッドの中でヌクヌク・だらっとしながら朝日を見れるのが最高に幸せです。
足元にギンちゃん。腕脇で仁くんを抱きしめて明るくオレンジの光が登って消えていくのを見ていると、それだけで「なんかいい事ある気がする」って思えます。(もうこの瞬間が「いいこと」をもらっているんですけどね♡)

私の大事で大好きなものが、小さなシングルベッドの上に集まっていて、健やかで静かにあったかいなぁって思える幸せ。
ブログタイトルではないですが『シングルベッドサイズの幸せ』を感じることができる朝は、実はとっても素晴らしい朝。
なんていったって、しんどさや悩みを抱えていたときは、朝起きたら「あぁ、また今日も一日が始まってしまったのか…」と気分が重くて苦しかったのを体験しているから。
心煩う程の大きな悩みがなく過ごせている平和な今日は、もうそれだけで幸せです。
朝日が昇るのを見て「キレイだな」って感じる余裕があるんですもの。

太陽さん見ながら、にーたんがゲーしてマミコちゃん大慌てだったでちよね。ベッドでカポカポッってなったらマミコがバッて起きて、床でマーライオンしたから被害は最小限でしたよ。

そうそう、それなっ!!!

涙ぐみたいくらい幸せな朝♡と浸りながら日が昇ってオレンジの光が高くなって溶けて消えるのを見ていたら、足元で何やら「カポッ・カポッ」というギンちゃんがマーライオン化する予兆の音が…

ジーザス!!
お布団の上で吐かれたら大ごとになる!!!

と幸せの余韻から一気に現実に戻り、慌てて起き上がってギンちゃんを抱き上げ、ベットルームの床へ移動。
ケージの脇にあるペットシーツに手を伸ばした瞬間、床にゲーッとなってしまいペットシーツは間に合わなかったけれど、間一髪のところでベットでのマーライオン化は防ぐことができました。
なんか、小さいことではありますが「ラッキー」って言いながらギンちゃんの背を優しくトンッとしてあげました。(別にトントンする必要ないんですけど)

さて、今日もイキナリ話は変わり、年末に買ってから毎日少しずつ読んでいる『面白くてよくわかる!恋愛心理学』の本にとても当たり前といえば当たり前ですが、とても分かりやすい法則が乗っていて「基本といえば基本だけど…」忘れてしまわないようにアウトプットを兼ねてご紹介いたします。

好意の返報性

人は他の人から「好意」を寄せてもらうと、自分もその人に対して「いいな」という好意を抱きます。
なぜなら好きになってもらうというのはとても心地よい感覚で、自分を寛がせて心地よい気持ちにさせてくれるものを与えてくれた人に対して、ついつい自分も同じように好意をもちます。

つまり、自分が好きだと思う人に対して『自分の好意』を示しておくのは効果的だという事です。
好きと伝えるだけではなく、目があったらニッコリ微笑むとか、いつも話を真剣に聞くとか、笑顔で挨拶するとか、小さなお菓子(飴ちゃん)を差し入れするとか『あなたの事を良く思っています』というのを伝えておくと、相手も『あの人は好い人』と思ってくれるということ。

好意をもって接しているからすぐにお付き合いする…とかそういう事ではないけれど、自分に好意を持ってくれている(肯定的な関心を持ってくれている)人のことって無視できないんですよね。
そしてそれが肯定的な感情であれば、例えば告白したら上手くいく…などなど、相手の心の土壌に自分を「いいイメージ」で植えておく事ができるということ。

また当然ですけれど、相手にとって負担になるような好意は逆効果ですよねー。
あくまで何気なく自然にこぼれる好意というのが、相手の心を柔らかく解くのだと思っています。

さて、この好意の返報性はよく聞くことだと思うのですが、その逆もまたあるんです!!

嫌悪の報復性

特定の人に対する「嫌だな」という感情を感じてそれを知られてしまうと、相手からも同じように嫌悪が帰ってくるというものです。

好意も嫌悪も同じように相手に向けたものが返ってくるということなのですよね〜。

で、ですね…
嫌悪の場合というのは、行為よりも相手に対して露呈しやすい感情なんです。
嫌いなものって避けようとしますし、見たくないので距離を取ります。
だから直接的に感情を言葉にしたり、あからさまな態度を取らなくても、距離感が生まれたり目を逸らしてしまったり笑い方がぎこちなかったり…と、隠しているつもりでも露呈してしまうことが多いんです。

そう思うと私たちって結構頑張って隠しているつもりですが、隠しきれずにボロを出すって、心って素直なんですよね。

当たり前といえば当たり前ですが、「好意や嫌悪」に対する心の動きにもちゃんと名前やルールを発見して系統ずけてまとめてくれた人がいるんだなー、と勉強になりました。

さてさて、今日はこれから妹と母に誘われたのでランチに出かけてきます。
その後は妹達と久しぶりにショッピングに行く予定!
ひゃっほー。無駄使いするぞ!!!
いや、無駄使いじゃないな、心を潤わせるトキメキを買いに行くんだ♡

ではでは、突然ですがこれにてドロン。(← 強引に終わる時の合言葉)

皆さんの土曜日がホカホカの一日でありますように。