手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

残念な生き物 … マミコのカメラワーク編

マミコって残念な生き物なんですよね~色々残念なんですけど、特にカメラについてはほんと 残念の極み・マミコですわよね~

密やかに秘密基地であるテントの中でギンちゃんと美千代が、私の事を「残念がりつつプチディスっている」のが聞こえてきます。

えぇ、えぇ、確かに「残念な生き物」を自称しているおまみーぬですが、残念な要素は数あれど、美千代の言う通り…

カメラワークについては、特に残念!

で、写真センスがゼロなのを悲しく思っています。
自分でも「おいおい…」と思う写真が私のスマートフォンの中にはたくさんあるのですが、カメラセンスのなさの中でも特に群を抜いて【センスね~なぁ】と言わしめているのが

料理写真

昔ほど聞かなくなりましたが、インスタ映えならぬ「美味しい料理やスイーツを美味しいまま記録しておく」のに憧れ、私もパシャパシャ撮影しているのですが

・映え要素ゼロ
・ただの記録写真
・残念の極み、マミコ

であります。
ほんと、お料理をキレイに撮れないんです…

でですね、昨日は妹のお友達でもあり私も仲良くさせてもらい一緒に遊んでくれる女子が、大好きな料理をお店を間借りして振る舞う企画がありました。

ちかのながののまがりカレー

コロナの関係で会社の外食ルールの規定があり、店内で食べるのは諦め、事前にテイクアウトをお願いしていて、とびきりオシャレで美味しいカレーを買い、お夕飯にいただきました!!

参考までに、お店で振る舞っていたプレートの「見本写真」(友達撮影)はコレです。

オシャレカレー

なんと!!!
オシャレな上にメチャクチャ美味しそうに写真に記録されていませんか??
(オシャレなだけじゃなく、本当においしかった♡)

さぁ、皆さん。心の準備はいいですかーーーっ??
上の美味しそうな写真が「デフォルト」で、あれは別に何かを盛ったりした訳ではなく、あれが現物として目の前に現れるのですが、お皿とお弁当という違いはあれど私が撮影すると…

テイクアウトのカレー

ああああーっ。
テイクアウトの容器もオシャレだったと伝えたいのに、もう全然伝わってこない…

精一杯の記録

ほんと、すみません…

でもこれ、10枚くらい撮影した中で「一番キレイ」に撮れたものをご紹介しているんです!!!!

上に戻って【見本写真】を見てください。
なんてガッカリする写真に変わってしまったのでしょう…
映えの要素はゼロ、残念でしかなくなります。
どうやったら「素敵にお料理写真」を撮れるのか???本当に常々謎に思っています。

※ちなみにカレーは私の写真のせいで美味しさが伝えられていませんが、参考写真が正解であって、本当においしかったです!!

残念なのはカレーのお写真だけじゃないんでち!!

え、えへ。
仁くんが言う通り、私のお料理写真は「ただの記録」と呼ばれているのですが、お弟子さん講座中、お昼のお弁当はオーガニックでオシャレな女子のお弁当な事が多かったんですね。
TOKYOのオシャレなお弁当!
もちろん、彩りよくてカワイイお弁当にテンションが上がり、みんなスマートフォンで写真を撮っているので私も…

記念すべき1回目のお弁当は逆光

みなさん、これを見てどう思われますかーーーっ!!

実はコレ、お弟子さん講座初回のお弁当。
まだお弟子さん仲間の事もよく分からず、ランチしながらグループのメンバーと自己紹介…というような初々しい頃だったのですが、撮った写真を見せあった中で私の写真を見たグループメンバーが大爆笑。

なにこれ?写真に残しておく必要ある?
逆光だし、コレ、いる??

え、えーっと。
まだ出会って数時間で、そんなに親しくなれていない中でも「え?」と思わせる私の写真は、本当に残念だったそうです。
(自分でも見返すと、ホントにダメな写真だと思います。おいしそうに見えないもん)

お弁当写真02

大事なお弁当の下が見切れている上に、私のトレードマークである「眼鏡」が写り込んでいて、まったくもって残念だと言われた1枚。

お弁当写真-03

ねぇ?構図とか考えてる?
せめて向きを変えるとかするだけでも良くなるよ!

と、言わしめたサンドイッチとサラダのお弁当の記録…

お弁当写真-04

ねぇ、マミコ…
蓋を取ってより美味しそうに記録しようとか考えてないの??

お弁当写真-06

もうね、なんも言えねー(by 北島康介さん)

オレと仁の写真は、そんなにひどくないんですけどね…料理写真は本当に残念のはなんでなんでしょうね?

ギンちゃん・仁くんの写真については「素敵ですね~」と言っていただけることが多く、自分でも「料理とは違う」と手応え(?)はあるのですが、特に構図を決めるとかルールがある訳でもなんでもないので、お料理を取る時との差というのが自分でも全く分かりません。

私のお部屋の写真も時々褒めていただけるのですが、良く見えているのは『日当たりがいいので3割り増し』だと公言しています。

ないものねだりですが、私もカメラワークが上手になって「素敵写真」を撮れるようになりたい!とずっと憧れています。

趣味がカメラというお友達や、仕事先でお会いしたカメラマンの方からアドバイスももらったことがあるのですが、そのアドバイスを活かして撮ったお料理写真を見てもらっても「…う、うーん」と言わせてしまい、逆にギンちゃんや仁くんの写真は「同じカメラで撮ってるの?」と言ってもらえるくらい違っているのだそうです。

ま、愛の差って事かしら??(← 強引に結論付ける)

おまみーぬの残念なカメラ事情を暴露しましたが、最後に芸術作品を1枚ご紹介します。

お弟子さん講座の最終日。
笑いと涙の懇親会の途中でサトヒカウンセラーから「1枚撮って」と頼まれて、お弟子さん仲間を撮影して「はい」と返却したものなのですが…

芸術作品

時空の歪みを表現した、おまみーぬ画伯の芸術作品となりました。

この通り、私はカメラに関しては「とりわけ残念な生き物」です。
あー、美味しいカレーだったので美味しそうに写真を撮って紹介したかったのですが、自分の腕のなさにトホホといいつつ、こんなおまみですがこれからも残念な部分を周りに助けてもらって生きて行こうと思います!