手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

またもやまぶたが腫れた「お岩ーぬ」な私

昨日は久しぶりにお刺身食べて大満足したですよ。 サーモンとブリ、ツナを食べましたですよ。

昨日は実家の手巻きずしに参加し、久しぶりに「生のお魚」を食べました。
ここしばらく在宅で外に出るのが面倒な事もあり、まとめ買いをしていたのですが『お刺身を買う』という事が激減していて、久しぶりに食べた分だけごちそう感があって大満足でした。

前にも少し書いたと思うのですが、今年はコロナの流行で「マスクをつけて外出」するのが基本となりましたよね。
マスクを付けることは好きでも嫌いでもないのですが、こんなに長期間マスクを付けることがなかったので気付かなかったのですが

マスクが肌を刺激して、顔がとにかく痛いんです。

カサカサになって粉が吹くことに加えて、皮膚の表面が刺激に対して敏感になっているのがピリピリして、外に出ない日は日中でもコッテリとワセリンを塗って保湿しています。(テッカテカです)

久しぶりに実家に行ったら、父・母・妹が揃って

何でそんなに顔が真っ赤で痛そうなの??
皮膚科行きなよ。やばいよ。

というものでした。
え?やばいの???
自分ではそこまで酷い赤みになっているとは思っていなかったのですが、人の目から見て指摘されるくらいですからきっと結構な「赤」になっているのだと思います。
できるだけ病院に行くのは避けていたのですが、年末年始の休みで皮膚科が閉まってしまう前に一度ちゃんと皮膚科に行くべきかなぁ、と肩を落としています。

で…
顔トラブルって続く時って続きますよね…

私は疲れたり刺激に対して反応すると「じんましん」が出てしまう体質なのですが、時々理由も原因も不明ですが「まぶたが腫れる」事があります。
特に何の生命的な問題もないのですが、審美的に「お岩さん」のようになるので、過去に慌てて皮膚科で見てもらったところ

クインケ浮腫

という原因不明のじんましんの仲間という診断を受けました。
どうやらまぶたや唇に腫れが生じ、通常2~3日すると勝手に消えるそうで、検査をしても原因がはっきりしない事が多いそう。
命にかかわるような事ではないし、多少の不自由と膨れだす前にかゆみのようなものがあるけれど、年に多くても2~3回くらいの発症なのですが、弱り目に祟り目ではないですが顔がヒリヒリしている状態で、昨晩からまた「ぷくーーーっ」と両まぶたが蚊に刺されたかのように盛り上がっています。トホホ。

24日に女子会しましょ♡と言っておきながら、今更「もしかしたらちょっと腫れが残ってるか…ギリギリ治っているか…」という感じなので、慌ててここで

おまみーぬの顔面問題がありますが、お気になさらずーー

という事を「後出しじゃんけん」でお伝えしておきます。
後出しズルイですって??

おーっほっほ。いいのよ。
だって私は鬼畜生を目指しているんだから!!
後出し上等よ!!

でもでも、考えると過去にも12月下旬のこの時期によくまぶたが腫れていました。
数年前までは、12月の前半に鬼のように仕事をこなし、年末年始の休みの始まる前に有給を数日もらい少し早めに海外に行くという事をしていました。

夫婦仲が良かった頃は、毎年この年末旅行が楽しみだったのですが、到着して数日後、緩んだタイミングでまぶたがボンッと膨れ、それを合図に全身にじんましんが出てしまい、緊急で海外の病院で治療を受けました。(請求金額を見て、海外旅行保険のありがたさに震えました)

今は旅行に出ていた時ほど仕事を前倒しで詰め込んだりしていないとはいえ、やっぱり12月前半は気持ち的にもバタバタするので、緩んだ瞬間に膨れるのかなぁ??
いくつになっても自分のことであっても、分からない事っていっぱいありますね。

顔トラブルが早く落ち着くといいなぁと思いつつ、今日こそはやるべきことをあれこれ片付けて…と思っていたのに、気が付いたらもう夕方が目の前!!

Oh,Amazing

という事で、ちょっとだけ「遅い昼寝」をしてからやる気を出そうと思います。
それでは、これにてGoToベッドしてきまーーす。