手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

どうでもいいことを褒めるという事 ~あなたの当たり前は実はすごいんだよ~

ゆるいネコちゃんの絵に かわいい騙されちゃいまちゅけど ダジャレでちからっ!

ゆるかわイラストとなんとも痺れるネーミングに惹かれて買ったのは【バンザイ山椒】という『オヤジギャク』または『小林製薬感満載』の米菓。

スパイすぃ~とかワッショーイ!って
マミコが好きそうなワードが満載ですね。

えぇ、えぇ、そのとーーーりっ!(← 久しぶりのタケモトピアノ)
私はこの手の「ジワジワつぼる系」が大好物です。

で、ですね。
肝心のお菓子は「ミニあられ」のような小さいあられ型の痺れるお菓子なので、お酒と相性抜群!なはずなのですが、実は私…

緑系の辛いアイテムに虚弱体質

なもので、ワサビが食べられないという子供っぷり。
いやね、食べたいんですが食べるとその後でムカムカして吐いてしまうため『体質的に合わない』というタイプのNG食材。
辛いものがダメとかそういうのではないのですが、実は【柚子胡椒】もちょっとムカムカしてしまい、ごく少量しか接種できません。
※大量摂取する食材じゃないので問題はないのですが…

山椒ってブームじゃないですかぁ。
私もブームに乗っかりたい!と痺れを求めて手を出してみましたが、なんだかムカッと嫌な予感が胃の方からお知らせされてきて、食べるのをストップ!!

よーく考えると山椒って「緑系の辛いグループ」ですよね…

ここで武闘派魂を発揮して「緑系の辛味に負けてたまるか!」と絶対に負ける戦いだと分かっていても挑むようなことはせずに、これは私には無理!とスッと引けるのですが、これが自分の『内側』となるとなかなか引けずに戦ってしまい、自分をボロボロにしてしまう事って沢山あります。

ガンガッテ食べようとしても
ぼえーってなるのは食べれないでち!他の人みたいにやりたくても
ぼえーってなっちゃうのは
出来ないんでち!ガンガラなくていいんでち!!

そう!
頑張りたくても「ぼえーっ」ってなっちゃうように、私たちは出来ないことを頑張り続けて鞭打つことをしちゃうけれど「ぼえーっ」てなることをやらせ続けるってただしんどくて、自分が可愛そうです。
だから『今できる事』をやっていく事、自分の『持っている価値や魅力』を磨くことをして、頑張りすぎないっていうのは結構大切な事だと思っています。

さて、ここでいきなり話の流れを変えます!!(← うわー、強引)

いつもの事なんで、白い目で生暖かく見てやってくださいですよ。寒くなってきたので、マミコがすごい事に気付いた!って朝から騒いで発表してきたんですよ。

つい先日も『ハードルは低め設定がおススメ』という記事を書きましたが、自分を大切にする作業の一つである『自己受容』『自己肯定』のために、自分を褒める・評価するという事をしている人もたくさんいらっしゃると思います。

かくいう私も『マミコっていいね♡』を集め続けることを初めて、気が付いたら8か月以上が経とうとしています。
実は過去にも【褒め日記】とか【自分のいいところ】を書き出すことをして自分を好きになろうとしましたが上手くいかずに、何年も形式的に続けたけれどある種の苦行のようになっていました。
なぜならそれは…

褒めるべき事の基準が高すぎたから

褒める・肯定するという作業な訳ですから「できなかったことが出来るようになる」事を褒めるとか肯定する【べき】という思いが強かったですし、こう見えて真面目が取柄なおまみですから(← 自己肯定中。人から見て真面目じゃなくても私が真面目だと思っていればそれは真面目という事になる…よね?)ちゃんと褒めるところを探さなきゃ!!と1日の終わりにわざわざ手帳を開いて一日を振り返る…という事をするのですが、自己肯定よりも自己否定のプロだった私が一日を振り返ると

褒めポイントよりダメポイントを見つけてしまう

というなんとも悲劇的な事を繰り返して、自分責めをしてしまっては「はぁ…」とため息をついていました。

1個の褒めポイントを見つけるために、10個のダメを見つける

訳ですから、自己肯定どころか自己否定を繰り返していたわけですものね~。
もー、おまみったら、どんだけぇ~。

まぼろしぃ~!!なんでち!いい子いい子するときはニッコリするのが大事なんでち!

ほんとだよねー。
これもすごく「当たり前」といいえば当たり前なのに、私たちは案外見落としてしまうのは

褒めたり認めたりするときって、楽しい気持ち・笑顔になるよね?

だから頭を抱えながら「今日の褒めポイントって…あったっけ??」と苦虫をつぶすような表情で捻り出しても、全然嬉しくないから心に届かないんですよねー。

自己受容って仁くんが言うように「いい子、いい子♡」と受け入れて愛する事だもの。
笑って自分を見つめてあげるって【基本】なのにおろそかにしてしまいがちです。

でねでね、私は「1日の終わりの眠りにつく前に、なんか嬉しいを数える」というのは楽しいので継続していますが、褒め日記のようにまとめて振り返る…というのは『苦手』『向いていない』『ぼえーっとなる』という事が分かったので(これだってやってみたから分かった事!自己否定していた時間も無駄なんかではないんですよね~。)

できるだけその場ですぐに受け取り・肯定する

という事を採用してみました。
まとめて受け取るのが好きな人はそれでもいいですが、私は何かちょっとした「ニッコリ」の瞬間に、それを心の中の自分とハイタッチして『いえーい』と喜ぶイメージで、自分をほめまくる事を続けています。

話が前後して大変恐縮ですが、先ほどギンちゃんが『寒くなってきたので、マミコがすごい事に気付いた!』と言っていたのですが、普通に働いているOLの皆さんはきっと当たり前のようにストッキングを履いていると思います。
私はストッキングが苦手で1年のうち限りなくゼロに近い回数しかストッキングを履かないので、寒くなり始めると途端に憂鬱になります。

いまだに素足の私からすると、ちゃんとストッキングを履いて身だしなみを整えられるって、それだけで「ブラボー」と称賛される事なんです!!!

え?そんなの社会人として「身だしなみ」を整える、いわば毎日のメイクと一緒で当たり前の事???
確かにそうかもしれません。でも、それがちゃんとできない私もいます。だとしたらそれが出来ていない私から見たら、すでにものすごい事を実践しているって、自分にブラボーをしてあげてもいいと思いませんか???

褒めの基準点は限りなく地表に近く
どーでもいいことほど褒める

を実践してから、私の自己肯定感はメキメキと音を立てて伸びあがりました。
それはまるで、成長期の子供時代の骨がメリメリと成長したように、目を見張る勢いで私を自由にしてくれて、自分の力になってくれました。

毎日のようにオレと仁と『褒めゴッコ』してますからね…

うん、褒めごっこしてるよね~。
とにかくどんなくだらない事でも褒める!という事をしていたら…

今日もちゃんと出勤したこと。
まさかの2時間も集中力があったこと。
午後から睡魔と戦って勝ったこと。
姿勢を正してキーボードを打っている姿が出来るOL風である事。(実際に仕事ができるかどうかは関係ない!)

それが実際に「価値がある・ない」に関係なく、自分を「いい子だね」と笑って受け止める事を沢山してあげると、自分の心がウキウキしていきます。
褒められたら、認めてもらったら、やっぱり嬉しいからねっ!!

え?褒めるポイントが見つけられない…???
では、我が家で今日も行われた『褒めごっこ』の一部を仁くんから届けていただいちゃいましょう!!

今日も葉っぱさんじゃなくてお洋服着てお出かけして偉いでちねー!仁くん、お洋服着ないでお出かけするでちからスゴイと思うでちー

仁くんがニコニコスマイルで褒めてくれてるでちーー♡
今朝、実際に我が家で褒め合った言葉なのですが

お洋服着て偉いよね~。イエーイ!

と実際に声に出して親指を立てて「サムズアップポーズ」でニッコリしました。
さらに、ちょっとおしゃれ(?)にワンピースとお気に入りのピアスを付けたので「ちゃんと考えてコーディネイトしたなんて、オシャレへの道まで極めようとするとか、どんだけー」と褒めておきました。(えっへん)

え??こんなことを褒めていいのか??
答えは「オフコース!イエス!!」

洋服着る >> 法律遵守ってことですよ?!偉くないですか?イヤ、褒めていいでしょ?!

我が家のCoooooooooLの塊・イケメンのギンちゃんが「法律順守して、マジ偉くね?」とまで言っているように、これくらいどうでもいい事をニッコリ褒めちゃっていいんです。

毎朝、顔を洗ったら「偉い!」ってニッコリする、お洋服を着替えたら「法律順守の精神、偉いね!」ってニッコリする…
なんだっていいから、たくさん自分を褒めませんか???

私は『ブラをつける、ストッキングを履く』という事が本当に苦痛ですから、それをサラッとやっている人は『神の粋』だと思っています。

あなたの当たり前は私の当たり前ではなく、すごい事だったりします。

自分の価値を認めてあげられるのは、他でもない「自分」です。
自分に暖かい気持ちや優しい笑顔を届けてあげられるのも、他でもない「あなた」です。

自分を認めてあげられて微笑めるようになっていくと、周りからも同じように認めてもらい微笑みを沢山届けてもらえるようになります。
それが投影だったりするのですから、当然なんですけれどもね。

大切にされて愛される世界に住みたければ、まず自分で先に自分にその世界を与えてあげる事が大切です。
あなたは愛されていい素敵な人です。
だからちょっとだけ意識低めに自分を見つめてあげて「私の当たり前は他の人から見たらすごいの『かも』しれないよね?」と笑ってあげてみてください。

そして本当に「続ける」事で、褒めることが上手になっていきます。
どうでもいい事を褒められるようになったのも、私は「楽しみながら続けた」からです。
毎日1回でいいので、立ち止まって自分を抱きしめてあげて、自分を受け入れてあげてみませんか?

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • どうでもいいことを褒めるという事 ~あなたの当たり前は実はすごいんだよ~