手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

おまみのつぶやき ~まさかそんなものがおもちゃになるなんて?!の巻~

マミコが仕事の会議中に オレが遊んでいた 緑のミニボールですね

最近は社内の打ち合わせ以外でも、お客様ともオンラインでの打ち合わせをする機会が増えました。
今日もお昼前に「王子と呼ばれている上司」と私、そしてお客様とのオンラインミーティングが予定されていました。

在宅勤務になって以来、一応着替えはするものの「仕事用」のきちんとした洋服ではなく、楽ちんなTシャツにパーカーなどの

THE・部屋着

なスタイルでゆるーーーっと仕事をしています。
おまけに、お客様の所へ行くことや出社がない限りは「余程の事がなければスッピン」生活。
これには事情がある…のですが、毎週開催されている同じ部署の人たちとのオンラインミーティングで

THE・部屋着なスタイル&スッピンで参加

をして以来、何か新しい扉が開き、スッピンとはいえせめて眉くらいは…と思っていた恥じらいも消え、今ではドスッピンで参加できるくらいにハートが強くなりました。

実は、同じ部署の人たちとは過去に幾度も一緒にキャンプに行ったりと「すでにスッピン」「どーでもいい恰好」も見られている過去があるので、彼らも私のスッピンに免疫があるんですよね、きっと。
男性陣も無精ひげが生えていたり、職場よりは緩いトレーナー姿だったり…とお互い様に適度に緩んで顔を合わせられている感じが本当にありがたいと思っています。

で、ですね…
今日はお客様との打ち合わせという事もあり、一応「ちゃんとして見える」きれいめニットを着て仕事をしていたのですが、顔を洗った後、ついついいつものモードで髪留めで適当に髪をひとまとめにし、スッピンのまま仕事にとりかかりました。

もう、メイクするなんて頭から抜け落ちていました。
習慣、恐るべし。

で、そのまま会議に参加している途中で、ふと画面に映った自分のほっぺが真っ赤なのに気付き、「あ!!!!メイクしてない。眉すら描いていないドスッピンだ!!!やばい…」と動揺し、より真っ赤になったところで恐る恐る

うっかりしててメイクもせずに、変な髪形のまま参加しちゃいました…

と暴露しましたが、皆さん思いやりある優しい気持ちで私のスッピンを笑って許してくれました。
ふぅ、社会人としてどうなんだ?!という感じでしたが、やらかしたことはしょうがないもんねー。(← THE・開き直り)

1月から続けている皮膚科通いのおかげで 顔の赤みが少し落ち着いてきた…気がしています

1年半くらい前から、原因不明で頬からアゴ、眉の上が赤くなり、痛みも痒みもなかったためずっと放置していたのですが、年末年始に顔に発疹が出てしまい、さすがにこれは皮膚科案件だ…と皮膚科通いをして早3か月。

アレルギーや化粧品への反応も否定できないという事から、在宅勤務でメイクをしなくていいならば極力肌への負担を考えてメイクをせずに過ごすように言われています。

むほほ。
ドクターストップだからメイクできないという大義名分を手にしたおまみーぬ。

一応、メイクするときもありますが投薬&メイクをお休みする時間が長いのが功を奏してか、気にしていた赤みも以前より良くなってきた気がしています。

あ…
話が逸れてしまいましたが、今日のWeb会議に戻しますね!!

スッピンで参加してしまった私ですが、あれこれと打ち合わせやご意見を伺っていると、ギンちゃんが寝室から「小さな何か」を転がしながら元気よく走ってくるのが見えました。

ん??
何だろう???

何かを手ではじいては捕まえて…と大興奮しているのですが、会議中なのでその「小さな何か」が確認できず、気になりまくりーぬ。

しばらく遊んでいたのですが、勢いよくピョーンと飛んで行った「小さな何か」がテレビ脇のミッフィーちゃんの下に入ってしまい、取り出そうとしていたものの手が届かず、しばらく格闘した後でギンちゃんは諦めてキッチン前の窓から日が入る場所でゴロンと横になっていました。

そして、会議も1時間近くなったところで、ムクッと起き上がったギンちゃんが「カポッ・カポッ」と言い出し、あぁぁぁ!!と思うものの、会議中なので「毛玉を吐くな…」と分かっていても何もできず。
会議終了後に、真っ先に吐いたものをお掃除させていただきました。

これです!! オレが見つけた緑のミニボールですよ!!

毛玉処理が終わった後、ギンちゃんが飛ばした「小さな何か」が気になり、ミッフィーちゃんをどかして探してみると、そこにあったのは小さな小さな緑の玉のようなもの。

小さな緑の玉の正体は かっぴかぴに乾燥したグリンピース

ギンちゃんが寝室から見つけてきたのは、かっぴかぴに乾燥して固くなった「仁くんのウェットフードの中に入っているグリンピース」でした。

仁くんはカリカリもウェットフードも「好み」じゃないものは食べないという頑なさがあり、色々試した中で唯一食べられるパウチ状のウェットフードがありますが、その中に入っているグリンピースはあまり好きではないようで、お皿の上に残している事が幾度かあったのですが

どうやら「これ嫌いーー」と、お口からペッと吐き出していたものが乾燥して発見され、
ギンちゃんがそれをおもちゃにして遊んでいたようです。

いったいどこから見つけてきたのか…
そして、私の知らぬ間にグリンピースをペッとしたであろう仁くんにも、乾燥グリンピースをおもちゃにして満喫するギンちゃんも、私には思いつかない発想だったので「最高だよ!!」と思いっきり大笑いさせてもらいました。

ギンちゃんと仁くんが一緒にいてくれるおかげで、我が家には予想外の楽しい時間がやってきます。
ただ居てくれるだけで愛おしい上に、大笑いさせてくれる大好きな2魂に、暑苦しくハグしたら迷惑そうな顔をされましたが、今日もやっぱり

愛してるぅーーー。
私が知っている「犬界」の中では、仁くんがダントツにカワイイよ♡
私が知っている「猫界」の中では、ギンちゃんがダントツにカッコイイよ♡
オーマイ・サンシャイーーーン!

と大好きコールを贈っています。
私の大事な愛おしい家族。ギンちゃん、仁くん、また明日も元気で楽しく過ごそうね。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • おまみのつぶやき ~まさかそんなものがおもちゃになるなんて?!の巻~