手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

昨日・今日と「お父さん孝行」をしつつ、私も楽しんできました。

今日はマミコが お父さん孝行してきたですよ

昨日は実家に行く予定はなかったのですが、実家の父が「ギンちゃんと仁くんに会いたい」と言っていたため、急遽夜に実家に泊まりに行きました。

行ったところでご馳走があるとか、なにか非日常ではなく、みんなそれぞれマイペースにやりたい事をやるのですが、私は生活基盤が今のマンションなため、行っても特にすることがなく、妹とお喋りしつつお酒を飲むのが基本パターン。
で、昨日も妹の部屋で二人でお酒を飲んでいたのですが、妹が「見たいドラマがある」というのでドラマ観賞をしました。

ドロットドロでした…

昨日と今日の「2夜連続」の愛憎劇なのですが、もうこれがドロッドロ。
女系家族というタイトルからして、香ばしい香りしかしません。

代々続く老舗のお金持ちの3姉妹と父親の愛人が、父の死後の遺産を巡る…というだけで、すでに胃もたれしそうなくらいドロッドロな香りしかしません。

で、老舗問屋の長女役が「寺島しのぶさん」なのですが、これが本当に『超・自己中』で見ていてキーーッ!!となるくらいに自己主張が激しいんです。
というか、3姉妹全員自己主張が激しく、そこにプラスして叔母さんも気が強くて…と、本当にオンナだらけのドロッドロ祭り。

自分一人では多分見なかったと思うのですが、実家で見てしまったら「続きがきになる…」と、愛憎と欲が渦巻くオンナだらけの大戦争が気になってしまい、今晩はこれを見ながらレモンサワーだな!と、しっかりアテとなりそうなチーズやオヤツを買っておきました。

設定が特殊かつドラマなのでデフォルメされてはいますが、お金持ち3姉妹はみんな言いたい事が言えて、これを見ていると

私が自己主張する練習をしたら自己中になるんじゃないか?と悩むなんて、まだまだ『真の自己中』の足元にも及ばないわ!!

と思えます。
いやー、あそこまで突き抜けて自己中な人には、なれと言われてもなれなさそうなので、安心して自己主張の練習をしていいや、と勇気付けられます。
ある意味「上には上の自己中や強欲がいる」というのを見せてもらえるので、自分が全然だということで自分責めしなくてよくなれるかもしれませんので、そういった面で見てみるのもいいかもしれません。

が、本当にドッロドロで、今晩はさらにドロドロドロッとしそうです。

大きなクリスマスツリー
来年はチオビーと
見に行けるといいなぁ。

昨日・今日と「新潟空港」で大きなクリスマスツリーが登場するのに合わせてクリスマスイベントが開催されていたことを父がニュースか何かで見て、見に行きたい!と言っていたので、今日のお昼過ぎから新潟空港まで両親と妹との「平均年齢高めの親子」で行ってきました。

ツリーの前には特設ステージが設けられていて、ミュージシャンによる演奏ステージがあり、ツリーには近付けないんだね…と思っていましたが、ステージの後ろ側に空港に入っているテナントの売店があり、そっち側に回ったら見れるかな??と回り込んだところ、バッチリと近くで大きなツリーを見れました。
父は嬉しかったらしく、子どもたちが並ぶ列で順番待ちをして、ツリーと一緒に記念写真を撮っていました。
LINEのアイコンにする…のかな??

いつか隣のパイロットに
チオビーが顔をはめてくれて
記念写真とるんだから!!

イベントブースを見て回った後、せっかくだからもうちょっと空港内を見てみよう…と2階に行ってみると、そこでは「フライトシュミレーション」なる、テレビ画面と操縦桿のようなコントローラーを使って離陸・飛行練習をするという体験ブースがありました。

楽しそう!!でしたが、こちらは予約がいっぱいで1時間半待ちだったので断念。

真剣な表情で飛行機を安定して飛ばすために説明を聞いてコントローラーを操作している子供の姿がほほえましかったのと同時に、こういう子供時代の体験がきっかけでパイロットを目指したりするきっかけになるんだよなぁ、と未来のパイロットになるかもしれない子供たちにキュンとしました。

イベントスペース以外に、常設展示スペース(空港の模型や、空港に乗り入れている飛行機の模型などが飾られている)場所があり、そこに顔ハメパネルがあるのを見つけました。

私、顔ハメパネルって好きなんです!
見つけたらハメたくなる
(ハッ、ハメたくなるだなんていかがわしい発言は乙女として慎むべきよね!!!)んです。

あいにく今はチオビーと両想いではないため、パイロット部分が不在ですが、いつかチオビーと並んで「アテンションプリーズ」な顔ハメするんだからっ!

ボーイング787(国際線)の
エコノミーシートで旅気分

コロナ禍になってから、新幹線はおろか飛行機で出かけるなんてずーーーっと出来ていません。

私はそんなに旅行が多い方ではありませんが、予定を立ててリフレッシュの旅に行くのは好きです。
飛行機に乗ってじゃないといけないような遠い場所に行けるようになるのはいつかなぁ。
まだしばらくはおあずけの状態だと思うので、シートに座って旅気分を味わいました。

横が空いているけれど、未来ではチオビーと…(← しつこい)

またしても顔ハメ発見! もちろんハメます。

こ、こ、これは!!!
北海道開拓の父で「少年よ、大志を抱け」でお馴染みの「クラーク博士」の顔ハメではありませんか。

もちろんハメます。
今日はいっぱいハメられてヨカッタ♡
← 言い方

外国の人向けの
GACHA-GACHAの見本に
美千代風の赤ベコ発見!

新潟空港はそんなに大きな空港ではないのですが、一応「国際空港」。

どこに飛んでいるのかな?と調べてみたら「上海、ハルビン」「ソウル」「ハバロフスク、ウラジオストク」「台北」という、『中国・韓国・ロシア・台湾』といったアジア圏かつ新潟からそう遠くない場所のみでした。

とはいえ国際線の発着があるので、国際線の通路入り口前には「使い残した小銭で日本のGACHA-GACHA玩具をお買い求めはいかがですか?」という感じで、ガチャガチャコーナーがありました。

ガチャ見本がはめ込まれたオシャレなパネルがあり、近付いて見ると「張り子の犬」や「美千代(注:赤ベコ)」や「達磨」などのジャパニーズ郷土玩具のガチャ見本にアドレナリンが放出。

私も美千代ガチャがやりたい!

と、ぐるっとガチャガチャコーナーを見て回りましたが、残念ながら「鬼滅の刃」や「触るとモッチリするお団子」などといったものばかりで、展示されていたガチャガチャはありませんでした。

普段意識しませんが、ガチャガチャって「THE・日本」のカルチャーですよね。
よく分からない設定のフィギュアのようなものを、自分で選ぶのではなく「神のお告げ」的に何が出るかは運任せという遊び。
GACHA-GACHAと書かれて紹介されているのも、なんだか笑ってしまいました。

大きなツリーを見るだけ…と思っていましたが、父も母も楽しそうに写真を撮ったりしていて、行きたいという言葉を叶えてあげられてよかったな、とニッコリです。

さてさて、夜のドロドロドラマに備えて、いったんお風呂に入ってこようと思います。
ということで、これにてドロン!

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 昨日・今日と「お父さん孝行」をしつつ、私も楽しんできました。