手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

出来ない日も、二重まる。

あぁれぇ〜、後ろ足を取られたでちぃ〜

私の住む地域は少し曇り空が広がりながらも晴れの予報。
九州地方では大雨の警戒情報が出ているようですよね。くれぐれもお気をつけください!!!

ギンちゃんと仁くんは、常にベッタリ…という事はなく、付かず離れずのいい距離感ながらも仲良く暮らしています。
仁くんは我が家にやってきた時にはすでにギンちゃんが居たので、自分も「ネコ」だと疑わずに信じ、ギンちゃんが興味を持つものに自分も食いついてみるものの、そこはやはり犬なので「????」となっている姿をよく目にしました。

決定的に違うのは、高いところにヒョイッと登れるしなやかさと柔軟性。
仁くんはにーたん大好きっ子なので、何かとちょっかいを出し、その時々でギンちゃんの気分が乗れば遊んでもらえるのですが、いかんせん「ネコ」なので気まぐれ。
遊びたい気分じゃない時はヒョイッと高いところに乗ってお昼寝したり、身軽に近くの台に飛び乗る姿を追いかけていた仁くんが真似をしようとして台に乗れずに激突して落ちる…なんてハラハラすることも沢山ありました。
今は自分が「ネコイヌ」という生き物だと自称しているようで、ネコなんだけど犬だから

にーたんに出来ることでも
仁くんにはできない事があるでち!

と自覚して、上手に遊べるようになりました。
たまに、高いところに登ってしまったにーたんを切なそうにクーンクーンと泣いて見上げている姿に、親バカなのでうるっとしたりするのが、何気ない我が家のワンシーンです。

マミコちゃん、ちょびっとお疲れでちか?白い玉薬飲んでもダル重でちか??

あはは。
貧血でダル重…をきっかけにして、実は少しだけ気落ちしていました。
※白い玉薬とは鉄錠です。

気落ちの原因はいろいろあるのだけれど、
自分が思うように動けずにぐったりしている時って、それだけで少しネガティブになりやすく
ベッドの上でゴロゴロしかできずに息切れして、みんなからの楽しそうなLINEが届いたりしても返せなかったり(睡魔に勝てず…)

私は、変わったふりをしながらも、
何も変われずにいるんじゃないのかな?
何で私は動き出せないのかな?

などなど、久しぶりに自分を思いっきり苛める思考を採用し、1人で丸まってううううーーっと悶絶したりしていました。

…が、やはり自己肯定する力が前より格段とレベルアップしていたようで(えへへ)
落ち込みつつも

しょうがないじゃーん。
元々スローペースで、目立たないタイプだし
いーんだよ、私は私で。

と、無意識のうちに自分を慰めて、ヨシヨシしている私に気がつきました。

具合が悪い時は休む!決められないときはウジウジする!!それがマミコスタイルですよね??

はっ!!!!
そのとーーりっ!!(← タケモトピアノ)

私は前よりずっと生きやすくなって、日々を自分の歩幅で歩きながら笑って過ごす事ができています。
とはいえ、ちょっとした事に躓いたり、周りの人が当たり前のように前に進めている場所から遅れているように感じてしまったり、嫌な事を簡単に手放せなかったりして自分の答えが見つからなかったりする自分に出会うと、やっぱりがっかりもしますし考えたりもしてしまいます。

でもそれって、よく考えたら「普通」にある事ですよね。
どんなに自己肯定出来たって、迷う日もあれば問題を前にして途方に暮れる日もある。

ついつい、自分のスピードを速めようとしたり、周りと違う自分を責めそうになってしまうけれど

決められないのも、私。
速く走れないのも、私。
そしてそれが、私の個性。

なんですよね。
仁くんは自分をネコだと思っていても、ネコと同じ行動が出来ないように
私も周りの速度と合わせたくてもついて行けず、のんびりした歩幅でしか歩けない。
どんなに焦ったところで、私は「私スタイル」でしか進んでいけないんだものねー。

いいじゃん!現状維持。
いいじゃん!弱い私。

最近は自分の事を満たす作業が楽しくて、またもや自分のペース以上に走りすぎたので、きっと小休憩するために「貧血」で動けなくなる事で自分をもう一度優しく抱きしめる時間を神様が準備してくれたのかもしれません。

調子のいい時にはポジティブな面ばかりを集めてしまいますが、同じ私であっても、ちょっと調子が悪くなると、ポジティブな事を探せずに落ち込む事があります。弱い私を見ることも、大事な事。
そして、気落ちして辛かったりもしたけれど、落ち込みながらも「しょうがないよね!」と言ってあげられる自己肯定力が出てきた事をみつけられたし…
わぉ!マイナスに見える出来事にもちゃんとギフトがあるんだよね~~

楽しい時には自分に沢山マルを付けてあげられるのに
ダメな時にはついついマル付けが弱くなる。

出来ない日があってもいい。
落ち込む私も、健気でカワイイ。
人の歩幅より狭くて、亀の歩みだって歩いているんだもん!
どんな私も、私だもんね。

久しぶりに気落ちしたからこそ、再確認できたのは「ダメでも二重丸をしてあげたい」という自分を愛する気持ち。

落ち込んだ時に、私は前ほど落ち込めなくなっている…(笑)と発見できたことが何よりの収穫。
健やかなる時には自分の成長がウナギ登りのように見えるけれど、落ち込んだ時にこそ、ちゃんと自分が捲いてきた種が小さくとも芽を出している事に気付けるチャンスなのかもしれませんね。

気分がいい日もあれば、そうでもない日だってある!
そんな日も、絶対に自分を大事にしてあげないと、ね。

だから、出来ない日も、自分に大きな二重丸。