手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

どうなるかは分からないけれど、思いがけない展開をした仕事の話。

マミコちゃんが、久しぶりに会社に 行ってきたんでちよーー!

こんにちは。
「悲しいキモチ、マミコに話して半分こ。」あなたの気持ちをちょっとだけ共有したいと思っているマミコです。

今日のキャッチフレーズはRさんから届けていただいたもの♡

– – – – – – –
いつもブログを楽しく拝見してます!
わたし自身、マミコさんに何度かお悩み相談させていただいていて、自分の意見をお話される前にまずは相談者側の悲しみや辛さを受けとめてくれる優しさに心が軽くなります♪
– – – – – – –

キャッチフレーズを付けていただいた際に、こんなに嬉しいメッセージも添えていただきました。
Rさんが「悲しいな」と思っていたとき、その気持ちを私は半分こに出来ていたでしょうか?

半分こ。

全部はなくならないけれど、ちょっとだけでも「心を占領していた悲しみや痛み」のスペースが空けば、きっとそこに新しい「感情・思い」が入れますものね。
これからもお話を聞かせていただいたり、お悩みを届けてくれる皆さんの「悲しいキモチを、半分こ」に出来る私になれるよう、このキャッチフレーズを胸に大事にしまっておきたいと思います。

Rさん、素敵なキャッチフレーズを届けていただき、ありがとうございます。

ちなみに…
キャッチフレーズはまだまだ大募集中です!!
どんなものでもいただけたら「きゃふーーー♡」と大喜びしますので、もしよろしければ気軽にキャッチフレーズを付けてください♡

ご応募いただいたキャッチフレーズは、随時紹介させていただきますので「ある日突然」ブログで名乗りだすのをお待ちください!

(公募)マミコのキャッチフレーズ大募集! ~自己受容レッスンブックプレゼント付~
(公募)マミコのキャッチフレーズ大募集! ~自己受容レッスンブックプレゼント付~
今日はいつもより少し遅くまでベッドでウトウトし、起きてからボーッとテレビを付けて情報番組を見ていたのですが、テ.....
https://many-smiles.com/about-me/mamico-catchphrase-recruitment

仁くんが「マミコちゃんが久しぶりに会社に行ったでち」と言っていますが、今日は今期の評価と来期のテーマ、今後の業務、評価に基づく来期の給与面についてを話し合う

社長・上長との面談

の為、午後の指定時間に合わせて会社に行きました。

朝からではなくお昼過ぎの面談時間までに行けばいいので、朝の着替えやメイクに終われることはなかったのですが、久しぶりにちゃんとメイクや着替え・ヘアアレンジといった『社会人にへーんしん!』みたいなことをしたのと、人に会って話をしたので(話の内容も面談なんで、緊張もしていましたし)、40分の持ち時間だというのに、面談後はグッタリと疲労困憊。
(毎年恒例なのですが、面談途中から社長の話がはじまると止まらなくなり、結局1時間近い面談となりました。)

会社からマンションに戻る前に、お腹も空いているし甘いもので労おうと「白桃クリームあんみつ」を買ってきて、グラスによそってみました。美味しかったなぁ~。ぐふふ。

家に帰ってきてあんみつを食べていた途中から頭痛がし始め(緊張してたんでしょうね~)、頭痛薬を飲んで30分くらい横になって復活しました。

* * *

面談の最初は提出した自己評価と上長評価について上長から説明を受け、異論があるかないか?と言った事を確認されます。
私は大体の項目で自己評価と上長評価は同じで、今年は昨年よりも「上長評価が少し高い」という結果でした。
ありがたや。

私の会社の給与は「年齢をベースにした基礎給」+「評価による職能給」+「手当」。

各個人が決められた数字目標を持っているのですが、実はこれが結構高い目標でして、現業務(IT的なクリエイティブ職)では

単価を上げて「ぼったくるのか?!」くらいの価格で見積もらないと、達成不可

だと思う位の金額が個人目標として課せられています。
で…
元々「達成不可」と思われる金額なので、達成できなくとも「達成に近づける事を目標にする」というのが目標で(← ややこしや)、私は総務やその他業務も兼任しているため、数字にならない作業も多いとはいえ

今年の数値目標達成率 … 40%

という、とてつもなく低い金額達成率でしたー。
あははー。(白目)

それなのに「上長評価は昨年よりプラス」という謎。
理由は不明ですが、マイナス評価よりはプラス評価の方がずーーーっと気持ちがいいので、素直に嬉しい♡

この達成率が「職能給」として評価されるので、私は今年も通常昇給以外のプラスはナシ。
ですが、私は職能評価給は特に求めていないので、異論は全くありません!!

あ…
コンペ参加やそこからの受注などに関しては思いっきり褒めてもらいました!
これは素直に尻尾をブンブン振ってニコニコと「頑張りました!」と伝えられました。えっへん。

* * *

私の会社は、コロナによる最初の緊急事態宣言が発令された頃から、今日までずっと「在宅勤務」を継続させてくれています。
今の所「在宅勤務が継続」出来るようですし、私にとってはとてもありがたい働き方をさせてもらえています。

今メイン業務にしている「クリエイティブな作業」については、やはりしんどいものはありますが、何がしんどいのか?どうすることが不安なのか?といった『私がどう思っているか』を伝えることが出来る環境なので、分かってもらえているのが救いです。

また、毎年のように「やりたい事」をちゃんと言える環境があり(願いが叶わなくとも)、言い続けている結果「本当に今の業務が嫌なんだな…」ということも認知してもらっています。

分かってもらえているって、それだけで全然違うんですよね。

主たる業務は基本的には変わっていないのですが、今年は新しい業務にも挑戦していました。
その一つが「人材部門のメンタルサポート業務」というもの。

結果、会社の利益として数百万になった事に加え、新しい業務に挑戦した事に対し、社長からプラスの評価をしてもらえました。

これは個人目標数値に加算されてはいませんが、私も今日、金額的な話を聞いて「WOW」とビックリしました。
当たり前ですが、やった仕事が結果を生み出せているというのは嬉しいものですね!

その他にも、会社の保健室としての仕事や(なんと数件の相談があったんですよ!!!)、総務業務、その他に会社のブログの担当など、実は地味にあれこれやっていたことに関しての上長から評価と、来期に「私が出来る事を資産に変えるには?」という話になった際に、社長から次のような来期の新業務提案をもらいました。

●オンラインサロンをやってみたらどうか?
●会社のブログ(諸事情あって、会社として休止中)でそこそこ反応があるのだから、有料メルマガをやってみたらどうか?
●コーチングも含めて、専門家を紹介するから一度会って話を聞くように

なんか、ポカーンとして聞いていました。

だって、ねぇ。
私がやりたいと思っている「保健室」や「カウンセリング」「メンタル面でのセミナー」などは、正直私の会社では部署もなければ方向違い…なはずなのに

個人的なカウンセラーとしての活動に役立ちそうなことを、仕事で経験値として積ませてくれる!!

という事が起きそうになっていて、一体どうなってるのーーー?!とビックリ仰天でした。

* * *

私はまだ、カウンセラーとして食べていける程ではないので、「ライスワーク」としての今の仕事を続けると決めています。

メイン業務に関しては胃が痛くなったり眠れなくなったり、悩んで悶絶することもあるけれど、給与面や働く環境、人間関係などなど、感謝している事も沢山あります。

今までは面談時に「達成できなくてごめんなさい。私は役に立てていないから…。」と勝手に罪悪感や無力感を感じていましたが、今年はちょっと違った気持ちで面談にのぞんでいました。

達成率は厳密には分からなくとも、ザックリと予測できるので「まぁ、こうだろう」という足りていない部分は分かっていました。
数字にならない部分で、私なりに頑張ったことを「私が認めてあげる事」と、達成していないにも関わらず置いてくれていることへの感謝で「ありがたい!」という気持ちと共に、真っすぐ背筋を伸ばして面談に向かう事が出来ました。

今やれる事をやる!!
そうやってライスワークをやっていこう!

大きな目標やテーマは持っていなかったけれど、私なりに仕事に向き合おうと個人的に腹を括ったところ、思いがけない方向から、やりたい事を仕事につなげられそうな話が飛び出し、ビックリ仰天です。

個人的に勉強したことをアウトプットできる場所があるといいなぁ~、と思っていた所、まさか仕事としてメルマガを書いたり、情報発信したりできそうです。

自分の思考していたものでは思いつかない展開って、現実にあるんですよね。
しかも、予想もしていない所で思いがけない形で叶うんですもんね。

あくまで今日の面談での話は「来期に向けたボスからの提案」であって、提案内容を詰めて企画を考える…などなど、どうなるかは分からない部分がたくさんありますが、

今やれる事をやっていくだけ

ですし、それ以上のことは私には出来ないので、今日の面談で言ってもらえた提案が嬉しかったことを喜んで、また明日から「今目の前の事」をやっていこうと思います。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • どうなるかは分からないけれど、思いがけない展開をした仕事の話。