手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

他の人と違っていい!自分に届け、な枕詞。

手術頑張ったお祝いに 仁くん専用マグカップをもらったでちーー

今週に入り、新潟市も「夏らしい」日差しを感じる日が続いています。

私の暮らすお部屋は『日当たり良好物件』なので、午前9時くらいから日が沈んで暗くなるまでにホカホカと暖められるため、すでに真夏のような陽気。
網戸と扇風機、そして夏を先取りしたノースリーブで仕事をしています。
そろそろエアコン稼働が必要…かな??

私の妹のお友達が、コロナが流行する少し前に「ベトナム」にお仕事で駐在することになりました。
コロナになってからは帰国も自由に出来ないことから、妹に必要なものを発注・日本から送ることをしていたようなのですが、ベトナムから「いつもありがとう」という感謝の贈り物が届いた中に、まるでおもちゃのように小さな陶器のマグカップが入っていました。

スターバックスコーヒーの商品で、ベトナム、という文字が入ったご当地カップ。
エスプレッソカップ???にしても小さすぎるカップで、仁くんにピッタリじゃない??とふざけていたのですが、なんとこのカップは公式HPの情報によると

世界20カ国以上で展開されている「You Are Here Collection」シリーズ

というもので、日本版もあることが判明!
さすがにベトナム版は妹へのプレゼントなので「よこせよ!」とカツアゲするのは忍びなかったのですが、日本版があるなら仁くんに買ってよ~、とふざけて言ってみたら

生きてくれていて嬉しいから、手術を乗り越えたお祝いに買ってあげる♡

と言って、買ってきてくれました。
WOW、仁くん専用のマグカップです!!

ケケケ…
仁くん専用なんでちー。うれしいんでちー。

ヨカッタねー。うれしいねー。
仁くんの「マイカップ」だから、洗う時に手から落として割ってしまわないように注意しなくっちゃね!

箱をよーく見ると「ORNAMENT」と書かれているので、使うというよりは「飾っておく」ためのものだと思うのですが(世界の各地でスタバ好きな人へのお土産として買うものなのかな?)、仁くんは私のマグからルイボスティーを盗み飲みしたりするので、これからはこのミニミニマグに仁くん用のお茶を淹れてあげて、一緒に朝ご飯や3時のおやつ時間を楽しんだりしようと思います。

* * *

私たちは日々「揺れ動く」感情を持ちながら生きています。

喜怒哀楽、というようにポジティブな感情もネガティブな感情も「生まれつき備わっている」ので、イライラすることもあればケラケラ笑ってご機嫌な時もあるのが『普通』です。

そして、私たちは目の前で起きた事柄に関して「どう感じるのか?」を自分で選び取り、味わい、楽しむことを神様から自由に許可されて生まれているにも関わらず、

こんなことでイライラする私は人間がなっていないんじゃないか?
あの人の事を「嫌い」って思うなんて、思うだけでも罪深いのではないか?
他の人は笑ってないのに、笑うシーンじゃなかったのではないか?
昨日の事をまだ許せなくて根に持つ私は、めんどくさいんじゃないか?

などなど、自分の中に湧き上がってしまう感情を「いい・悪い」でジャッジしようとして自分責めの道具にしてしまう事が多々あります。

何だって私たちは、正解を求めようとしてしまうんでしょうね??
そういう風に学校で学んだからなのかな??

どう感じるか?という心の内側に見張りを立てたところで、他の人には分からない事だし、もしも他の人とは異なっていても「違う感じ方をした」というだけで何にも問題なんてないのに、誰にも分からない自分の内側にも頑丈に鍵をかけて監視してしまうんですよね。

あぁ、なんてしんどいんでしょう!!!

感じ方は各々違うものです。
いいお天気のベランダに出た時に「気持ちいい!わーい!」と感じる人もいれば「うーわ、今日は暑くなりそうでしんどい」と感じる人もいますが、このどちらか一方が正解でどちらかが間違いなんておかしなことはありませんよね??

だから、あなたが感じた「嬉しかった、楽しかった、嫌だった、悲しかった、悔しかった、羨ましかった、許せない…」という気持ちは、あなたの世界にとって大事な真実で、周りの人と違ったって全然いいんです。
どんな感情も、大事な大事な「あなたの気持ち」だから。

例えば職場で、共通の知人や上司の真似をしているのに周りが大爆笑している中、貴方は面白いと思えずに「なんだかこういう感じって苦手なんだよな…」と居心地の悪さを感じて上手く笑えなかったとしても、

あなたにとって好ましくなかった
あなたにとって嫌な気持ちだった

のが事実であり、他の人と違う事で「なんで笑えないんだ…」と自責する必要はないんですよね。

その場で不愉快な顔をするとか、極端な行動をする必要はないですが、自分の気持ちについてこんな風に声掛けをしてあげて自分が自分を分かってあげませんか??

他の人はそうじゃないみたいだけど、私にとってはなぜか嫌な事なんだよね

って。

ただただ、あなたの中に湧き上がってきた気持ちを受け入れるだけでいいんです。
他の人とは違うみたいだけれど、周りの人は何とも思っていないみたいだけど、一般的じゃないかもしれないけれど…と枕詞を付けてあげて「違うけれど、これが私の気持ちだよ」って受け入れてあげるってすごく大事な事です。

▼今日の魔法の言葉
他の人はそうじゃないみたいだけど…

大多数と違うというだけで「ドキリ」とする事ってありますものね。
でも、多数だから正しいとかいいという事ではないんです。
ついつい「善悪」の物差しを持ちだしてしまうことがあるからこそ、違っていいんだよ!と枕詞(クッション言葉)をつけてあげながら、大事な自分の感情を受け入れてあげたいものですよね。

かくいう私も自分の気持ちを受け入れる練習中です。
ついつい、ジャッジしちゃうクセが発動されるので、繰り返し繰り返し、私は私の気持ちを感じていいんだった!と手を変え品を変え受け入れてあげるようにしています。

不器用な私の気持ちを、分かってもらえなくて拗ねてしまった自分の気持ちを、ただただ受け入れるという事。
人と違う自分を、出来ない事がある自分を、分からなさや弱さがある自分を、嫌いなものがある自分を、ただ「周りの人とは違っているけれど…」と前置きしてあげて、少しでも受け入れやすくしてあげながら、大事に大事にしてあげたいものですね。