手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

お手本や好きな人から学べるものはたくさんあって、少しずつ「素敵」な私になれたらいいな。

マサミンヌに教えてもらった ミョウガのめんつゆ浸けと 花畑牧場のチーズで ご機嫌さんしてたでちよね~

本音の友である「マサミンヌ」こと小川正美ちゃんがフェイスブックで1年前の記録として『薬味として使ったミョウガが余ったものをお出汁+お醤油(またはめんつゆ)に浸けたものが美味しくて、チーズと合う!』と紹介してくれたのを見て、真似っこ大臣マミコが速攻真似をして作ったのがこちら。

近所のスーパーで3本入りのミョウガを買ってきて、めんつゆに浸けて待つこと半日。

実は、コーンとお米を一緒に炊いた「コーンご飯」にミョウガと大葉を混ぜたものを食べてみたくて(なんかの本で読んだのか、夢で見たのか記憶は曖昧)、実は『浸け』にしたミョウガの半分はご飯と混ぜたのですが、残り半分は小さくカットして食べてみました。

手前のチーズは「花畑牧場のブラータチーズ」。
1個398円となかなかのお値段なので、私的にはご褒美。いひひ。

ミョウガをそのままパクリ!も美味しかったのですが、ブラータチーズとミョウガを合わせて見たらクリーミーさと鼻に抜けるミョウガの大人っぽい香りがなんともいい感じ。
うほー。これは美味しい。
またミョウガとチーズを買ってきてリピしようと思います。

ちなみに…
チーズにかけているのは「塩昆布とオリーブオイル」ですが、こちらも合うんですよね~。
鰹節をかけても美味しいと思うけれど、ギンちゃんがやってきそうなのでそこは我慢。

あ…
いかにも「晩酌風」ではありますが、ノンノンノン!
一緒に飲んでいるのは「レモンサワー風ノンアルコールドリンク」です。
去年からお酒を飲む量がうーんと減って、平日はほとんどお酒を飲まないのですが、たまにノンアルドリンク(ノンアルコールビールやサワー風)でお酒を飲んでる気分を味わっています。

さてさて、ミョウガのめんつゆ浸けを教えてくれた「本音隊」の正美ちゃんも素敵な女性で密かに憧れているのではありますが、私には憧れの人・好きな人がいっぱいいます。

身近なお友達への憧れもありますが、著名人・有名人と言った「面識は全くないけれど一方的に好き」だと思う人っていませんか??

セミナーやワークショップなどでも「憧れている人の真似をするモデリング」を紹介されることがありますが、憧れの人の事を真似てみると、くすぐったいような気持ちと共に自分がちょっと「憧れ」に近付いたような嬉しい気持ちになりますよね。

我が家の仁くんは「ギンちゃん」がいつだってお手本で憧れ…というか、先輩としてそこに居てくれたこともあり『自称ネコ』だと思っている節があり、ギンちゃんの仕草を真似ることがたくさんあります。
ギンちゃんと同じようにジャンプできると思って捻挫したり、手で顔を毛づくろいする仕草を真似たり、お刺身も食べられると思って食べて吐いてみたり…

私も子供時代、ご近所のお姉さんの真似をしたり母親の真似をした事は数えれないくらいあります。
意識するしないを別にして、お手本を見つけて真似るって、知らず知らずのうちにやっている事だったりするんですよね。

あなたの憧れの女性、理想の女性をリストアップしてみてください!
と言われたら、いろいろな人を思い浮かべてニヤニヤしてしまうのですが(日本人・外国の方問わず)、私の憧れの人のひとりとして挙げるのは

キャシー中島さん

です。

キャシーマムという愛称もピッタリで、おおらかな笑顔はまるでハワイの朝の太陽のよう。(ハワイ行った事がないのでイメージですが…)

キャシーさんの事を知ったのは、私が学生だった頃。
当時、三越か伊勢丹か覚えていないのですが、催事会場で「キルト展」が開かれていて、キルトをいつか作れるようになりたいと思っていた私はドキドキしながら催事を見に行きました。

カントリー調のキルトなどが並ぶ中、キャシーさんのハワイアンキルトの美しさに感動し、大人になってお金を稼げるようになってからですが、新潟でハワイアンキルトが学べるお教室を探して参加させてもらい、チクチクと沢山キルトを作りました。

余談ですが…
独身時代にキルト教室に通っていたのですが、いつか結婚する際にはベッドカバーをキルトする!という夢があったのに先生に布やパターンのオーダーをするのが間に合わず、結局作らず終わってしまったので、次に結婚が決まったら絶対に作りたい!と思っています。
その時はハワイアンキルトならば白とオフホワイトの組み合わせか、またはホワイトキルトのベッドカバーがいいなぁ。(妄想)

いつかキャシーさんのような素敵なキルトを作る!と思うと同時に、キャシーさんの事も気になり出しテレビなどで拝見すると、ご家族がとても仲良しでご主人の勝野洋さんともラブラブで、かーーっ!羨ましい!!

話の口調も話す内容も、何よりもパァッと南国の花が咲いたような笑顔が憧れで、もちろんキルターとしても憧れの女性で、少し大きなキルト展が新潟で開催される際のゲストとしていらっしゃると聞けば、会社の有休をもらい「生キャシーさん」を拝見してキャッキャしました。

そんな憧れのキャシーさんですが、12年前に七奈美さんというお嬢さんをガンで亡くされています。
少し前に発売されたキャシーさんのキルトの本で、七奈美さんのためのウエディングタペストリーとリングピローを作った事とそのパターンを紹介されていてましたが、ご結婚から1年も経たずに駆け足で天国へ行ってしまわれました。

私は母になったことがないので想像する事しかできないけれど、子どもを失うという事はどれほど悲しく辛い事でしょう…
絶望なんて言葉では言い表せないくらいのどん底に落ちるような気持ちや、変わってあげたい!!と思う気持ちや、本当に計り知れない悲しみを体験されたと思います。
その悲しみはきっと今も心の中にあるのだろうと思います。

絶望の日々を過ごされた後も、キャシーさんは表舞台に現われる時は「マム」という呼びかけがピッタリくる、明るい笑顔でそこに居てくれました。
私が夫婦問題で激やせし、食べたり寝たり…がおぼつかないくらい不安定だった時期に新潟の大きなイベント会場でキルト展があり、キャシーさんがゲストでいらっしゃる日がありました。
何を見ても泣ける…という怪しい精神状態でしたが、しんどいからこそ好きな物に触れ、憧れの人に元気をもらおう!と有休をもらって1時間ほどのトークイベントを楽しみました。
そこで七奈美さんの事や勝野さんとの事など、プライベートな事も笑いながらが話していらっしゃいましたが、絶望を体験してもなお、前を向いて大らかに咲くキャシーさんに勇気をたくさんもらいました。
私もいつか、年を重ねてシニア世代になった時に「愛する人」の事を笑って話せるような関係になる!!と勝手にキャシーさんと勝野さんご夫婦に憧れを抱いています。

憧れの女性であるキャシーさんのブログを、時々ですが拝見しています。

先週末は土石流が起きてしまうほどの大雨となりましたが、キャシーさんのブログに書かれていた言葉がとても優しくて、こんな言葉が選べる人になりたいなぁ~とまた思わせてもらいました。

梅雨だから雨が降るのは仕方ないけど、お願い!
あんまりいっぱい降らないで!!
優しい雨でいてください。
キャシー中島さんのブログより引用)

自然災害をもたらしてしまう「雨」を詰る事をしたくても、どうしようもありません。
仕方のない事を受け入れながらも、願わくば誰も気付けることがないようにという気持ちを「優しい雨でいてください」と表現できることが、とっても素敵で憧れます。

私もキャシーさんのように「優しい言葉」「暖かい笑顔」が届けられる素敵な大人の女性になりたいな♡

素敵な言葉だったので、早速お気に入りのペンポーチからペンを取り出してノートの書き込んだと同時に、TTP(徹底的にパクる)ためにも、ここで早速真似っこするかの如くご紹介させていただきました。

ちなみに…ですが、キャシーさんは19歳の時にモデル仲間の方と結婚。すぐに結婚は解消となりましたが、勝野さんをテレビで見て「こんな真面目な人と結婚したい!」と思い、周りの人に勝野さんの出現スポットをリサーチしてもらい

偶然を装い勝野さんに運命を感じさせる

という素晴らしいテクを使い、交際に発展!
さらにさらに、そこから1か月半で婚約発表、その後ご結婚!!!

WOW、Amazing!!!

キャシーさんが「いいなぁ♡」と思った事から、まさかまさかのご結婚まで。
うん、私も叶えるぞ!エイエイオー!!

あ…
話が横に逸れましたが、あなたの憧れの人の素敵な所を真似して、ぜひぜひあなたの魅力ももっともっと輝かせてください!

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • お手本や好きな人から学べるものはたくさんあって、少しずつ「素敵」な私になれたらいいな。