手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

おまみーぬの「やってみよう!」

ステイホームなGW、みなさんいかがお過ごしですか?

カレンダー通りの休みの私は、気が付いたらGWもあと1日!!

私は実家まで車で10分かからないくらいの場所に住んでいるので、本当はGWは実家に行く予定でいましたが、職場でGW直前に「コロちゃんではなかろうか?」という感じの発熱と呼吸器系のしんどさで休みを取った同僚がいたため、私は健康だけれどコロちゃんのウイルスを持っている可能性もあるため、両親にもしものことがあるといけないからと、帰省はせずに3魂とステイホームしていました。
※38度を超える熱と咳があっても、コロナの陽性の人との接触がないとPCR検査などは受けられず自宅で様子見なのだそうです。

連休中はスーパーに1度と仁くんのお散歩、ベランダに洗濯物を干すくらいしか外出せずにおこもりしていましたが、お昼寝したり本を読んだりオンラインでのイベントに参加したり…としていたら、なんだかあっという間にGWが過ぎていきました。

読みたい本も、やりたい勉強もまだあるのに、なんだか疲れが溜まっていたのかのんびりしたらお昼寝が心地よかったり夜も早く眠くなってしまい、ぐーたらしていて予定の半分も読書も勉強もできていません。

でも、ま、のんびりできていてそれもいっか!!

私は1年の中でも5月が一番好きです。その次は7月。
で、5月はお天気が良い日が多くて爽やかなこともあり、ピクニックに出かけたくなります。
今年はステイホームということもありピクニックは叶わなかったけれど、午後になると西日の入る寝室のベッドをソファーのようにして、ベランダに続く大きな窓を網戸にして風を感じながら、のーんびりと本を読んだりお菓子を食べたりビールを飲んだりして、そのまま気持ちよくコテン!とお昼寝することが至福の時間でした。

こんな感じでグダグダと幸せにお昼寝したですよ

う、うーんと…
ちょっと違うような気もするけど、まぁ、おおむね合ってるか。

私のベッドの背もたれのところには、クッションが大量に置かれていて、背もたれにしながら午後の日差しと風を感じながら読書していると、あっという間に眠たくなって、知らずにコトンと寝落ちする気持ちよさと言ったら…

このギンちゃんは昨日の私の「夕方ビールと読書の時間」の一コマなのですが、今日もすこぶる気もちよいお天気で、午後からはベッドルームでピクニック風に楽しみたいな~と思っていたおまみーぬ。

そうだ!!!
せっかくお家にいるんだから、とびきりおいしいレモンサワーを作って、おいしいおつまみを準備して、ギンちゃん・仁くんと一緒に網戸の風を浴びながらベッドを「基地」にして夕焼けを眺めながらのんびり過ごしたい!と思い立ち、インターネットで『おいしいレモンサワーの作り方』というのを検索。

するとレモンサワーが大人気の居酒屋さんが作り方を紹介しているページを発見し、内容を熟読。

・甲類焼酎を使うこと(これも種類によってレモンサワーが変化するそう)
・レモンは国産のものを使う(海外のものとは味が違うのだそう)
・炭酸水は『強炭酸』と書かれたものを使う(シュワシュワが大事なのだそう)
・氷はたっぷり
・グラスは冷やしておく

ふむふむ。
ちょうど食材も切れそうだし、車で10分ほどの所にお酒や野菜などの品揃えのいいスーパーがあるのでそこに行って『お家で最高のレモンサワー』のための材料も買ってこよう!!と決めました。

今日は午前中に「加納敏彦さん」主催のオンライン読書会、午後は「山田陽子カウンセラー」のカウンセリングを申し込んでいたので、読書会とカウンセリングまでの間のお昼時間に久しぶりのちょっと大きなスーパーへGO!
※読書会とカウンセリングでの話はまた改めて書きたいと思います。
※どちらもとってもいい体験をさせてもらいました。

おいしいレモンサワーの材料とおしゃれっぽいおつまみお菓子を買ってきました。

お酒売り場の焼酎コーナーで「甲類焼酎」というのを探したのですが、麦やら芋やら泡盛やらなんやらいっぱいありすぎて、どれなんだーーー!!とプチパニック。
お酒は好きだけれど詳しくないので、スマートフォンで見たおいしいレモンサワーの作り方で紹介されていた焼酎を探そうとしたら、紹介されていた

キンミヤの甲類焼酎

というのがありました。やった!嬉しい。
焼酎って買ったことがないので値段が想像できなかったのですが、1瓶480円くらいで思っていたよりリーズナブルに買えました。

その横に割材や炭酸が並んでいたので『強炭酸』と書かれたものをカゴにイン!

大事な国産レモン…を果物コーナーに見に行くと、広島県産のレモンが2種類売られていました。
一つは無骨で形もいびつだけれど大きくてずっしりしたもので、2個入りで350円。
もう一つは小ぶりできれいなもので3個入りで250円。
迷ったけれど味の違いも楽しめそうだから、2種類を贅沢に買ってみました。

で、ハムやウインナーのコーナーにおしゃれなお菓子があってお酒に合いそうだったので、これも買ってみました。
家に生ハムがあったので、クリームチーズや生ハムで「おしゃれ基地」にしちゃうぞ♡
うふふ、楽しみー。

おいしいレモンサワーのための材料を揃えた後は、陽子ちゃんのカウンセリングで心を軽くしてもらって、ご機嫌な気分を引き連れて仁くんとお散歩。

あったかくてお散歩も楽しいでちね~

日差しが柔らかく風も穏やかで、気持ちよくテクテクとお散歩。
写真に写っているのは雑草だけれど、5月の緑って柔らかくて光を浴びてキラキラしていて、本当にきれいで大好きです。
お散歩コースの道ではお庭から伸びた枝葉や色とりどりの花が咲いているのを楽しみながら歩きます。
春のお天気の中のお散歩は、やっぱり気持ちいね~。

で、お散歩コースの終盤でイタリアンレストランの前を通ったら、駐車場にキャンピングカーのようなものが停まっていて、その前にギンガムチェックのクロスのかかったテーブルや文字の書かれた何かが掲げられていて、仁くんと近付いてみるとなにやらテイクアウトをやっているようでした。

お店の女の子がちょっと遠くで覗いている私に気が付いてくれて(仁くんを連れているので離れた場所から見ていました)

テイクアウトのお店なんですーーー!
メニューはこれとこれでーーす!!

と、身を乗り出して紹介してくれたのですがお財布を持っていなかったので出直すと告げ、先に注文だけしていいということだったのでお言葉に甘えてモツァレラチーズとハムのパニーニとハムの前菜セットを注文。
仁くんをマンションに連れて帰った後お財布をもって小走りでお店に戻り、おいしいイタリアンをテイクアウト。

想像以上に大きかったモツァレラチーズとハムのパニーニとハムの前菜セット

むほーー。
なんかおつまみを作ってレモンサワーしようと思っていたけれど、イタリアンがあるからこれを「ベッドの基地」に広げて、お手軽においしい時間をスタートしちゃおう!

ハムとパニーニ、家にあったべビーチーズを角切りにしたものプレート、ステックのカリカリ付きの Kiriのディップ、最高においしい予定の手作りレモンサワー

少し日が傾きだした夕方のベッドルーム。
海外の小説や映画などでベッドに小さなテーブルを乗せてゴロゴロ食べたり寛いだりするシーンがあって、あのテーブルに憧れのある私。
テーブルもないし、お行儀悪くお布団の上をピクニックシートみたいにしちゃったけれど、それだって私のお城だから誰にも文句を言われない幸せ♡

ベッドにはギンちゃんや仁くんも集まってくれて、ベッドルームのピクニックは私にとって最高にご機嫌な場所と時間になりました。
前に読み終えたけれどお気に入りの江國香織さんの小説を持ち込んで、パラパラと読みながらレモンサワーとイタリアンのテイクアウトをつまむ時間は、なんて心地よくぜいたくな気分なんだろう。

いっただきまーす♡

と、手作りレモンサワーを飲んだら、キーンと冷えたシュワシュワの炭酸とレモンの香りがとびりきりにおいしくて(ベタベタ甘くなくて)手作りレモンサワーってちょっとハマるかも…と足をベッドの上でじたばたさせて感動しました。

おいしいレモンサワーの作り方ですが…

・冷やして置いたグラスの底に国産レモンの果実部分をさっと擦り香りをつけます
・グラスにたっぷり氷を入れます
・氷にあまり触れないようにしながら焼酎をグラスの1/3位を目安に注ぎます(私は1/4くらいの薄めにしました)
・焼酎を2回かき混ぜます
・強炭酸を注ぎ入れます
・レモンを絞り入れ皮を下にしてグラスに落として1回かき混ぜて完成

工程もめんどくさくないし、何よりレモンを2切れ入れてみたので香りがいいうえにピリッと強めの炭酸と甘くない焼酎が最高にいい感じ!!!

富美男ちゃん、ごめん。
私、こっちに浮気しちゃった。
でも、日常は富美男ちゃんでもいいの。ちょっと特別な時や時間のある時に本命に行っちゃう罪なおまみーぬを許してね。

おまみーぬの「せっかくだからおいしいレモンサワーを作って飲んでみよう」企画は大成功でした。

かーっ。うまし!!

小さなこと、くだらないことかもしれないけれど、私が楽しいと思って笑えていれば、私にとって「いいお休みの日の過ごし方」です。

ベッドでゴロゴロ日向ぼっこの良さを体験してしまったので、ちょっと病みつきになりそうなYO・KA・N。
ベッド用のテーブル、買っちゃおうかな…

いやー、レモンサワーっていいですね♡