手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

キャベ太郎殺人事件

マミコがとうとう 本物の鬼畜生…いや、極悪人になったんですよ。

うううっ。うぅ。(← 号泣して泣き崩れる様を表現しています)

鬼畜生を目指してはいたけれど、それを飛び越えて「悪魔」な事をしてしまい、しょんぼりーぬなおまみーぬ。

刑事「おい!なんでそんなことしたんだ!!」
マミコ『そんなつもりはなかったんです。愛してたんです!!』
刑事「愛してたらあんなひどい事するわけないだろう!!」
マミコ『愛してたことにウソはないんです。信じてください!!』
刑事「本当のことをまだ言わないようだな。おぅ、刑事B、かつ丼頼んでくれ。よぅ、おまみさんよ、かつ丼でも食べて本当のことを話してくれないか?」
マミコ『…あぁぁぁぁぁぁぁぁ』

という寸劇をしたところで、ちょっとどうでもいい話を織り交ぜると、おまみーぬが人妻だった時に義理の兄から聞いた話なのですが、警察に「参考人」として呼ばれて話を聞かれていると、かつ丼を食べるか聞かれるのだそうです。(厳密にはかつ丼を含む出前が選べるそう)
義兄は若かりし頃、喧嘩の場に居合わせたことで「参考人」として警察からの呼び出しがあった際に「警察署でかつ丼を食べる」という貴重な経験をした話をしてくれたのですが

あれ、自腹なんだそうですよ!!
(ちゃんと請求されるそうです。)

みなしゃん、キャベ太郎の事覚えてまちか?

仁くんがご紹介してくれていますが、我が家の「鉢植え植物」として仲間入りした葉牡丹の『キャベ太郎』(命名:銀太)の事を覚えているでしょうか?

お正月飾りとして迎えた切り花の葉牡丹を切り詰めて水差ししていたら発根し、その根を育てたところで植え付けを行ったら、ちゃんと根を伸ばして給水して成長してくれて、毎日成長を愛でる楽しみをくれるようになったキャベ太郎。

土に植え付けてから上に上にとひょろ長くなり「キャベツ感」が消えてきたので育て方を調べてみたら、どんどん伸ばしてしまうとトウがたち花を咲かせて終わってしまうという情報が!!!

そこで不安だったけれど伸びている上の部分をカットして切り詰め、切り離したひょろ長い部分は(キャベ次郎と命名)水差しにしていた所、キャベ太郎からは切り詰めた場所からわき目が出始め、キャベ次郎も水の中で発根して枯れずに育ってくれていました。

キャベ太郎分身の術で3キャベ太郎になったでち

小さな脇目だったキャベ太郎の先端は、ぐんぐんと成長して、大きな3つの枝となり健やかに上に伸びていました。
なんだか愛着もひとしお。

横から見るとこんな感じで、もう立派な大人になった感じですよ

感慨深い…
ホントにすくすく成長してくれたので、毎日の水やりの時の成長の変化を見るのが楽しくて、小さな幸せを私にくれていました。

こんなに大きくなりました!

と、グリーン通信を書こうと思い、写真を撮って1週間後の今日、悲劇が起きました…

この時がお別れになるなんて思ってなかったでちーーー

マミコちゃんも思ってなかったでちーーー!!!

普段、キャベ太郎はキッチンの近くにある窓の前の「グリーンコーナー」に置いているのですが、今の時期、他のグリーンもグングンと成長して葉や枝を伸ばすため、ちょっと混みあっていました。

混んでいる間を上手にぬうようにしてカーテンを閉めたり開けたりするのですが、今朝、カーテンを開ようとしたらキャベ太郎の手前にあったユーカリの枝にカーテンが引っかかったのでそれを取ろうとしたら、キャベ太郎の鉢にぶつかってしまい、鉢をひっくり返しました。

ひっくり返してキャベ太郎を殺すところでした。傷害どまりですみましたけど大けがさせたですよ。

あっ!!!

と思ったときには鉢が落下し、運悪く横にゴミ箱がありそれをかすめるようにして落ちたため、キャベ太郎の茎がポキンと折れててしまいました。

えーーーーっ!?!?!?!
うそーーー。
悲しいときーー。悲しいときーーー。
キャベ太郎が折れちゃったときーーー。

幸い、太い枝が折れてはおらず先端の2枝が折れてしまったので、キャベ太郎本体はなんとか持ちこたえてくれるだろう…と思ってはいますが、脇目がうーんと大きくなってきて、成長を愛でていたのですごくショック。

ケガしたキャベ太郎

横から見たキャベ太郎。
3つ子ちゃんとしてスクスク成長していたのに、2きょうだいを失い、頼りなくなってしまいましたが…

よーく見ると、なにやら新芽のようなものが!!!!

朝に鉢を落としてしまい、夕方4時くらいに見たら脇芽が一気に成長していてビックリ!!

キャベ三郎とキャベ四郎ですね

落下時に折れてしまった枝も、はさみでカットして水差しにしています。
根っこが出るといいけれど…と思っていたら、こちらも夕方に水替えをするタイミングで小さな発根を確認しました。

キャベ太郎の生命力、すごい!

うまく育ってくれるといいですね

んだんだ。
発根したとはいえ、まだ小さな頼りない根の先端のようなものが生えてきただけなので、うまく根が出てくれるといいなと願うばかりです。

ちなみにこちらはキャベ次郎です。ひょろ長いですけど、根がすごい長く名たので鉢植えにするか迷ってるそうですよ。

トウが立ってしまう予定だったキャベ太郎の先端部分。
水差しにしていたら、びっくりするくらい根が伸びたので鉢植えにするかどうしようか…と思っている最中です。

こちらもキャベ太郎の遺伝子なのか、先端が3つに分かれて伸びているんですよ!!

落下させてしまった瞬間「殺ってしまった!」と慌てましたが、不幸中の幸いで傷つけてしまいましたが、それぞれがまた「新しいステージ」で成長してくことになりそうです。

予定外で枝を切り詰めることになりましたが、剪定したと思えば、ね…

そして剪定するとその脇から元気な枝が伸びていくから、結果としてまた成長を楽しませてくれると信じているし、すでにちょっと伸びだしてるし。

お正月前に買った1本の葉牡丹の切り花が、まさかの「4株」になるなんて、あの時は少しだって思ってなかったけれど、本当に未来ってどうなるかなんて分からないなぁ、と改めて実感しています。

キャベ三郎とキャベ四郎、そして本家のキャベ太郎がケガを克服して(?)また成長してくれますように。

そして、キャベ太郎について一切触れなくなったら「殺ったんだな…」と多くを語らずしてもお察しいただければ幸いです。

では、おやすみなさい!