手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

カンガルー疑惑・発覚!

両足ピトッ

今日はとても春めいていてホカホカした土曜日だったので、
ギンちゃん・仁くんの朝ごはんをあげた後で洗濯機を回し、洗濯機の終了時刻までは二度寝する…と決めゴロゴロ・ノバーンの朝時間を過ごしました。

ベランダ干しできる季節になったんだなー、と
ベランダで風を感じながら洗濯物をピンチで止めながら「ふふふ」と声を漏らして笑ってしまい、自分で自分が怪しくて爆笑し、より一層怪しい感じの朝でした。

モバノペーッとしながら朝のお茶を飲もうとお湯を沸かしていたら
両足をピトッと「すさまじく綺麗に」「すさまじく可愛く」閉じているギンちゃんを発見!!!

なになにーー。
かわいすぎるんですけどぉ〜〜

と、女子高生口調(← 実際はこんな口調じゃないんでしょうけれど、あくまでイメージです)で敏腕カメラマンばりにパシャッとスマートフォンで激写しました。

どうしよう…
また消せない「我が家のイケメン」フォルダに画像が追加されてしまいました。

お手紙をビリビリしてまちたよ

少し前に『大嫌いな健康診断を頑張って受けて偉かったからご褒美を買ったよ』(← 長っ!)という事を書きましたが
その結果が、まさかの6通に分けて封をされたものとして一式が届きました。

私の父方の家系は「糖尿病」を患っている人が圧倒的に多く
私もいつか遺伝的な要因もろもろも含め『糖尿病』と判定されるのでは?と恐れていたので、やはり結果を開けるのが怖くて

開けずに捨ててしまおうか…

とまで思う位、本当に健康診断の一切合切が大の苦手です。

さらに、6通も厳重に保護された書類が届いていてくれ
妄想れだけで悪い予感しかしない…としょんぼり。

ムムム。いい予感しないでち

厳重に封をされているものをドキドキしながら破こうかな…と思うその前に

『医療機関各位殿』と書かれた細長い書類を見ただけで
あぁ、再検査しなければいけないものがあるのね…と、すでにチーンとなりました。

※この書類は2通ありました…チーン

私は昨年、卵巣嚢腫を手術して経過観察なのですが(最近は足が遠のいて受診していません)
その際に『子宮腺筋症』もあると言われていたので、その件と視力が再検査なんだろうな…と覚悟してペリペリと封を開けました。

が…

貧血だそうです

血液検査の結果、貧血の指標になるヘモグロビン値が『8.9』だったこととヘマトクリットという血液に関する成分が『27%』と低く、貧血に該当する範囲のため、きっと鉄錠を飲んだりしなくてはいけなさそうです。とほほ。

※ヘモグロビンの成人女性平均値は12〜14g
※ヘマトクリットの成人女性平均値は34〜45%

子宮腺筋症があるため、毎月の月経血量が多く、ふらっとすることも日常ではよくあるので「やっぱりねぇ」とは思うものの
サプリメントを飲んで対策を講じていたはずなので、医療機関を受診しないといけないのか…とやっぱり少し気が重くなります。

女性は貧血が多く、これ自体が大病というわけではないので
再検査と言っても不安になることではないのですが、私は過去に鉄錠や点滴通院をしていた時期にあまりいい思い出がなく、やっぱりとっても気が重いのだと思います。

とうとう頭が再検査ですか…

なぜか細かく検査結果が別々に封されて届き
開封するたびにスリリングな気持ちを味わいましたが、マンモグラフィ・血糖値・肝臓や心電図・胃など、A判定をもらえる上出来でしたが…

気腫性肺嚢胞

想像もしていなかった「胸部x線検査」の結果が、画数の多い漢字で書かれた『両肺尖部 気腫性肺嚢胞』という印字。

嚢胞、耳馴染んだ言葉…

私は過去に、肘が痛くなり病院へ行ったところ(個人的には加齢によるグルコサミン不足だと思っていました)
肘関節に袋を作り、そこに膿がたまっている…と言われたのを皮切りに

・ヒジにヒジ袋を製造し、まさかの膿を保有。(発熱・抗生物質による治療)
・手首に袋を作りゼリー様の物質を溜め込む(極太の注射でゼリー吸引)
・卵巣にも袋の様なものを準備し、髪の毛などを量産(手術)

と、体内で『袋』を量産するのが好きだった様ですが
今回の「嚢胞」の文字も

イコール・袋だよね??

と笑ってしまう結果でした。
どれだけ体内で袋を量産したがる体質なのでしょう…

どうやら両方の肺に袋を作り始めた私ですが
基本的に袋を作ったとはいえ、過去の袋も全て、命に関わるものはなく
単純に、破裂したら痛いよ!とか、勝手になにかを溜め込んでいて、治療の対象だよ!というもので
今回の検査結果も、袋が破れると『気胸』になる…そうなので、破れない様に袋を保持できたらいいな〜と遠い目をしています。

というか、私、もしかしたらカンガルー系統??

なんか、そう思ったら大爆笑しちゃいました。
だって、どれだけ袋ラヴァーなの!!って、ね。

命に関わらない袋を、きっとこの先も体内に作りたがるのでしょうし、
それならそれで、せっかくのカンガルー系「有袋女子」として、その個性を楽しもうと決めました。

大嫌いな健康診断でしたが、再検査は置いておき、ちゃんと受診したことや、結果も「歪んだ認知」を織り交ぜはしたものの、きちんと受け止めた自分に「はなまる」をあげようと思います。

心も体も、どちらも生きていく上で大切なものです。

再受診(貧血と肺)に行かないといけないのか…と思うとやっぱり気が思いけれど
私はカンガルー・ガール!とブツブツ唱えて、ちゃんと受診をしようと思います。

※カンガルーやワラビーってかわいいイメージです

私と同じく、袋を作りたがる体質の人がいたら
一緒にカンガルー同盟を結びたい…くらいです!!!

健康診断、とにかく去年の分が終わってホッとした…というとりとめのない話です。(ペコリ)