手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(マミコの片思い通信)もっと軽やかに!と思った事 ~考え過ぎると重くなる。重いボールはビックリされる~

春が来たみたいな色の お花さんたちでちー

私の住んでいるマンションの近くには、残念ながらお花屋さんがなくて、少し移動しないとお花を買いに行けません。
といっても、車で10~15分行けばいいのですが、お尻に根が生えたように家にいることが多く、しばらくお花屋さんに行けていませんでいた。

先日、仁くんのトリミングのお迎えの帰りに、久しぶりにお花屋さんへ行ったら、やっぱり気分がふわーーーっと華やぎ、見ているだけで幸せな気分。
アネモネやアストランティアなどの、個人的に大好きな種類のお花にも揺れましたが、今回お家用に買っていくことにしたのは、紫とピンクが混じったようなパンジーとゴールドスティック、そして大好きなマトリカリア。お値段は全部で720円でした。

一気に華やかになりますですね

お花を買いに行きたいなぁ~、でもめんどくさいなぁ~と足が遠のいていて、観葉植物のグリーンはあるものの、しばらくお花がない生活でした。
ですがやっぱり、ほんのわずかでもお花があると家の中の空気が変わるというか、華やかで明るく、見るたびに笑顔が広がる感じが心地よいなぁ~と実感したので、またちょこちょことお花を飾りたいな~と思っています。

* * *

なんだかんだといって「片思い」をし続けて膠着状態の私。

今年はもう少し近付いて、個人的な話が出来るようになりたい!というのが、今の私の願いなのですが、会えるのは基本、チオビーの職場ですから他のスタッフさんがいたりすれば個人的な話ってためらいますし、会えるとしても月に1回チャンスがあるか?という状況。

私はチオビーの個人情報をなーーんにも知らないので、知りたい事はいっぱいあります。

・お休みの日は何をしているのか?
・好きな食べ物は何か?
・お酒は飲むのか?
・趣味は何か?
・恋人はいるのか? ← 超・重要だけど怖すぎて聞けない

こんなにもモジモジしている訳ですから、いきなり大きなハードルは飛べるはずがないけれど、話の流れや状況、ちょっとした隙があれば少しだけくだけた話をしたり、まずは1個だけ質問しよう!!と、日々脳内で妄想トレーニングを積んできました。

先日、チオビーの職場が地元のニュースで紹介されていて、私もドキドキしながらテレビを見ていましたが、短時間の映像の中にチオビーは写っていなくて、あらーーー!残念!!と思った事を、メッセンジャーグループに書き込んで見たところ、

このことをそのままネタにして世間話できるよ~

と、私では思いつかなかったアドバイスをもらいました。
それは…

この間のテレビ、チオビーさん出なかったですねー。楽しみにして見てたから残念~♡

というもの。
OH, スバラシイ…
OH, カワイイ…

これは時事ネタでありつつ、ほっこりしそうだし、嫌な気分にならないですよね~。
よし、これで行こう!とメモメモ。

そして朝練・闇練を重ねて『次に会った時に隙を見て差し込むべし!』と念じていたのに…

いざ実際、本人を前にしたら、頭、まーーーっ白。

スコーンと脳の記憶が一瞬で消えたようになり、はぁ、今日もカッコいい♡と悶えるので精いっぱい。
ですが、今回はもう少しだけ頑張りたい!!という時に限って、他のスタッフさんもいて「THE・ふたり」になれるチャンスがなかなかなく、一旦チオビーが離席している間に、スズキチサちゃんサトヒーヌとの3人のグループメッセンジャーに

せっかく勇気を出そうとしたのに、人がいてダメだー

と吐き出したところ、ネイリストさんとして接客業のプロであるチサちゃんから「お客さんと世間話はよくあることなので、サラッと質問したり話して大丈夫ですよ~。頑張れ~。」と言ってもらい、勇気100倍!!!

で、その日最後にチオビーと話せるチャンスで、マミコは頑張る事にしました!!!

まずは軽やかに「お休みの日って何されてるんですか?」「好きな食べ物って何ですか?」と答えやすい質問をして、好きな食べ物が私も好きなら「私も好きです!オススメのお店ってありますか?」とか、話を少しずつ広げたかったのに、もう考え過ぎて胃が飛び出しそうになって

多分前のめり(首が前にヒョコッとして猫背)で、手とかハワハワと動かしながら挙動不審な感じで

あ、あ、あの…
お仕事でメンタル落ちる時ってありますか?

という、なんでそんな質問??という、かなり重ためのボールをいきなり不意打ちでチオビーに投げてしまいました。

Oh, Noooooooooooooooooooooooo.

突然『メンタル落ちる時?』という、重ため且つどう答えていいか分からない質問をフラれたチオビーは、鳩が豆鉄砲を食ったようにキョトンとしつつも、それまでとは違い場の空気が少し張りつめた(?)重い空気に変わったのを察するおまみーぬ。

あぁ、バカ!!私のバカッ!消えたい。一刻も早く消えたい。
私がくノ一だったら、ここで煙球をバンと投げつけて姿をくらませられるのに、私にはそんな特殊能力もないし…

するとチオビーは困りながらも「一生懸命向き合っても、思った結果にならない時や力及ばずって思う時は、メンタル落ちますね」と、真摯なお返事をくれて、もう、泣きそう。

そして赤ベコのように高速首振りでその話を頷いて聞いた後

今度、あのっ…えーっと…
今度、お、お、お、時間ある時にそんな話を聞きたいです!

と言って逃げるようにその場を後にし、キョトンとするチオビーとの時間は閉幕。

あまりに己のダメさにうなだれ、事故報告をサトヒーヌとチサちゃんに送って慰めてもらい、己の質問力のなさに驚愕しましたが、ふと思ったのが

私、グルグルと考え過ぎてギューーッとなり過ぎで、意識が自分に向きすぎているから(嫌われたらどうしよう?変だったらどうしよう?)、考え過ぎてすごく重たい気持ちを言葉に乗せちゃってるよなぁ、ということ。

っていうかーー、私、別にちゃんとしてるタイプじゃないから、変に思われるも何も「個性的なのが私♡」だし、重たいボールをいきなり投げつけられたら、受け取る側だって痛いし難しいし、重たいからやり取りだって弾むはずがないですもんね。

よし!今日の失敗は、考え過ぎずに軽やかに、もう少しライトに質問していいということを学ぶための場だったのね!

自分しか見ていなくて、自分を守ろうとするからこそ、逆に自爆することを身をもって体験した2022年1月のオマミーヌでした。

そして、この話をチサちゃん・サトヒーヌはじめ、仲良くさせてもらっているカウンセラー仲間のグループで聞いてもらうと、みーんな褒めてくれて救われました。

そう!
変な質問だったけど(場の空気が変わったけど)、質問すら出来なかった私が、質問したという『行動』を盛大に褒めるべきですもんねー。

トライアンドエラーで、やってみてダメだったらそこから調整すればいいんですし、この失敗がきっかけとなって、次にまたへんてこな質問しても『この人は変な質問する人』と刷り込まれれば、重たい空気は緩和されるかもしれないし!!! ← 無駄に前向き

自分では、変な質問だーーー。オワタ…
と思うような事でも、自分以外の人から見るとまた違って見えることも、みんなに聞いてもらって分かりまりた。

・変じゃないよー、いい感じだよ
・マミコさんに嫌な印象を持つ人は少ないから、大丈夫
・かわいい。お話しできたからそれでいいんだよ~
・マミコンヌが思うより重くないよ!おおっ!って感じかも
・よく頑張った!その勇気がすばらしい
・話しかけただけでハナマル
・おっ!前進やん♡
・かわいい、かわいい、かわいいです

などなど、みんなとっても優しくて「オレ、やったよーーー」と言えるくらい、自分のヒットポイント(HP)が回復するのを感じました。
聞いてもらうって大事ーーー。

変かどうかはチオビーが決めることで、たとえそれが変だとしても、チオビーを否定したり傷つけたりという「暴力的な言葉」を投げた訳じゃないから、変だったなぁ~、で終わりの事ですもんね。

* * *

今日はこれから、小川正美ちゃんと共催の『なんでこの私に彼氏ができないのかしら?』と題した、自己肯定的にパートナーシップを叶える道を考えるワークショップです!

よーーし、私もめいっぱい考えて、皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしつつ、新しい目標である「考え過ぎずに軽やかに」をスローガンにして、もっともっとチオビーと近付けるために、軽やか思考を身につけて行きたいと思います。

間もなく開催!
ご参加者さんたちと楽しくワークショップが出来るのが待ち遠しいオマミーヌです。

* * *

私、今はこれが精いっぱいだったけれど、頑張りましたーーー。
質問力はもうちょっとアレですが…

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • (マミコの片思い通信)もっと軽やかに!と思った事 ~考え過ぎると重くなる。重いボールはビックリされる~