手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

目立たないポジションが似合う私でいいじゃない?私にしかできない役割を生きることで、ちゃんと貢献できるんだから。

おねむの時間だからフレフレできないでちけどにーたんも仁くんもフレフレしてるんでち!!

昨日は、テレビで応援できる時間帯の「日本対コスタリカ」のワールドカップの予選リーグだったので、我が家でも3魂揃って応援しました。

私は全くサッカーに詳しくないので、ずっと日本が責め続けていたので「まさか?!」というゴールに唖然としちゃいましたが、勝負ってほんとうにちょっとしたところで勝機が巡ってくるものなんですよね。

1勝1敗で、あと1戦ある…けれど、勝ち点がとか得失点差がとか、どうやったら決勝リーグに進めるのかは今一つ分かっていません。
そういうことを隣で教えてくれるパートナーを絶賛大募集中DEATH。

スペイン戦を調べたら、12/2(金)の朝4:00だとか?!
これは木曜の夜に早く寝てアラームを設定して…という人がいっぱいいそうですね。
私も早起きできる…といいなぁ。(遠い目)

仁くん、サムライブルのお洋服着てるでちー!今日はサッカーのお話するんでちよね!

仁くんはサムライブル―がよく似合うね~♡

とってもかわいいサッカーの応援団だし、ワールドカップ開催中だし、ちょっとアレなんだけど…

今日話をするのは「野球のこと」DEATH!

そうです。
ちっちゃいことは気にすんな!
それ、ワカチコ、ワカチコーーー!! (← 久しぶりのゆってぃさん)

うーわ…
サッカーの洋服着せておいて野球の話するとかほんと、やりたい放題ですね

そうねぇ。
でもこれ、私のブログだし!!!(秘儀:開き直りの術)

ちょっと話が逸れますが、ギンちゃんの着ているお洋服は数年前に買った「ACミラン」のユニフォームで~す。
カッコいいギンちゃんに良く似合う♡

* * *

その昔、「しろくまサンダース」という女性だけの野球部に誘ってもらい、私もメンバーに加えてもらいました。

私はスポーツ全般が苦手です。
スポーツの中でまだマシだと思えたのが「短距離走」と「跳び箱」で、それ以外の運動神経はからきし…。

もちろん、球技なんて壊滅的に下手で、だから野球部の話を聞いたときも

戦力外にしかならないくらい、球技との相性が悪いけどいいのかな?

と聞いたところ、最低でも9人いないと試合にならないし、試合というよりは「女子同士でキャッキャと公園で練習している姿に、男子が声をかけてきて仲良くなる」がメインテーマ(?)だから、下手だとか気にせずに参加して!!とのこと。

ほほう。

よこしまな主テーマがあるなんて…

はい!よろこんで参加します!!! ← 元気いっぱいの居酒屋ノリでお読みください

最後は6名か7名くらいまで部員が集まって、なんとなくそのままうやむやに今に至るのですが(解散したのか記憶が曖昧)、同じ職場だった元同僚の女子と、その女子が転職先で出会った女子とで作った野球部だったので、仲良くなるために一緒に飲みに行ったりという「部活外の活動」も楽しかったなぁ。

部が発足して間もなく、私を入れて5名くらいのメンバーが集まったタイミングで、どんな練習をするとか、希望の守備やら打順やらを決めるミーティング(と題した飲み会)をやりました。

私は野球には全然詳しくないのですが、もし参加するとしたら

●打順は7~8
●守備はレフトかライト(外野)
●背番号は25(なんとなく)

というのを考えていて、まだメンバーも9人揃っていないので「早い者勝ち!」ということもあったのでその通りに伝えた所

打順は8番で守備はライト、背番号は25でOK

と言ってもらい、ポジションが決まりました。

結局、9人どころか7名集まったかどうか…なので、打順8とかあり得なかったのですが、いわゆる『花形ポジション』と呼ばれるものがあって、どうしてもその人に注目が集まりやすいものです。

野球でいえば、やはりピッチャーやショートが花形で、キャッチャーは頭脳というか守護神というかどっしりした特別感があります。

今、ワールドカップも開催中ですが、サッカーではやはり「得点を決めるポジション」の人が目立ちますし名前も挙がりやすいけれど、チームプレーって

全員が目立つ位置、花のある役割では成り立たないんですよね。

野球でもサッカーでも、目立たないポジションや後ろの打順の人がちゃんとつないでくれるから、チャンスが巡ってくる、攻撃の隙を与えないわけで、決して華やかで見栄えのするものじゃなくても、その人たちと一緒だからこそ、輝かしい勝利や心地よいプレーができるんです。

これって家族や組織、周りの人に対しても同じように言えるのではないでしょうか?

私は野球部に入る時に、凄く目立つポジションは「荷が重い」と感じていました。

なぜなら球技は不得意だから。

どうせ参加するなら、自分なりに楽しめる役割で、自分なりに貢献したいし、目立たない守備であってもちょっとずつ練習してうまくなりたいと思っていました。

目立つかどうかの差はあるけれど、どのポジション、どの役割にも「優越」なんて本当はありません。

目立つ人もいれば、そうじゃない人もいて、だけれどそのみんながそれぞれの役割を果たすから、家族や組織や人間関係はバランスよく動けているんですものね。

あなたは目立つことや、きらびやかなものが好きでしょうか?

だとしたら、そこできっと輝く資質を持っている人。

あなたはのんびりとマイペースに、目立たなくとも伸びやかに変化や成長を楽しむのが好きな人でしょうか?

だとしたら、きっと花形を目指してしまったら疲弊してしまう人。

私はこちらの「のんびり、ゆっくり、ちょこんと咲く道端の花」タイプです。
オシャレなお花屋さんであでやかに並ぶ華のある花ではないけれど、私も私としてちゃんと自分色の花を咲かせています。

私たちはみんな「他の人ではなく自分の人生」を生きています。

もちろん私だって、キラキラ華やかに…に1㎜も憧れていないわけではありませんし、承認欲求と呼ばれる「認めて欲しい」という気持ちは人並みに持っています。

だから…

ねたみ・そねみ・ひがみ

の、「3大みーちゃん」とは比較的仲良しで、自分にないものや素敵なものに憧れて、ジリジリしたり悶絶したり、そうやって自分を嫌ったりを繰り返してきました。

でも、そんな「3つのみーちゃん」を持つ自分のことを、

しょうがないよね、だって私だって少しは輝きたいと思うし、憧れちゃうもんね。
人間だもの、内蔵されている欲求・本能として備わってるものが刺激されちゃうのはおかしくもなんともないもんね。

と「分かってあげ続ける」ことをしていたら、だんだんと「3人トリオのみーちゃん」は暴れなくなっていきました。

さらに、憧れたりするけれど、そもそもそのポジションって私がやってみて楽しいと思えるのかな?と考えてみたら

ピッチャーなんて大役を任されたら、胃に穴が開いちゃうYO

なんです。

職場でプレゼンでも何でもバリバリとこなせる”やり手”の人が眩しく見えても、いざ私が毎月数本のプレゼンを抱えたら、速攻でその会社を辞めると思います。

あなたはどんな役割を楽しめるタイプでしょうか?

人と違って華やかじゃなくても、幸せでいていいんです。
人と違う「手のひらサイズ」の心地よさを感じて、ニッコリ生きていいんです。

プロ野球選手になって名を残す人も、きっと野球が好きで楽しんで生きている人。
プロ野球選手にはなれなくても、バッティングセンターで思う存分打ち込んだり、草野球やチームでプレイするのを楽しむのも、きっと野球が好きで楽しんで生きている人。

どっちも「大好き」を楽しむ生き方で、どっちも素敵な生き方。

どうせなら、自分が伸び伸びと心地よいサイズ感で生きられたらいいですよね。
あなたがあなたらしく微笑める明日でありますように。
突然ですが、おやすみなさい。(ちょっ、終わり方が雑)

* * *

12/27(火)20:00~21:00/とことん私に優しくなろう/ココロノオフィス主催心理学講座

12/27(火)20:00~zoomによるオンライン。
「とことん自分に優しくなろう ~自分を分かってあげる愛ある心理学」のお申し込みを絶賛受付中です!
迷っているけれど…というあなたは、ここからポチッ!

お申込みはこちら

友だち追加
  • HOME
  • >
  • 自己肯定・自己受容
  • >
  • 目立たないポジションが似合う私でいいじゃない?私にしかできない役割を生きることで、ちゃんと貢献できるんだから。