手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

傷ついた過去が、優しい今を作るなら。

お昼からビールですか

昨日は出張で「福井県」まで日帰りで行ってきました。

お客様のところに向かう前に、福井県での打ち合わせの際に上司が必ずランチするというお寿司屋さん(打ち合わせ場所の近くのお店)に寄って美味しいお寿司を食べる予定でしたが、
なんと数ヶ月の間に閉店してしまっていた…ということで
お寿司は諦めましたが、優しい上司の計らいでお土産を買う時間を設けてもらい、色々とお土産を買ってこれました。(わーい)

お土産の一つの焼き鯖寿司を、どうせなら満喫したいじゃな??

と言うことで、少し前に山形に行った時に買っておいた「月山」という地ビールで、休日のランチはビールでクピッ。
プハー。至福♡

福井県のお土産

遊びじゃないよ!仕事だよ!!
と言うくらい、沢山のお土産を買ってきました。うふふ。嬉しいな。

いつも元気が取り柄の私ですが、
さすがにお弟子さん講座から帰ってきてバタバタと出張などがあり
朝、起きてしばらくボーッとしていたというのに、

なんか、体の力が入らない…

と、フラつくまま鏡で自分をみると、なんとも青白い顔色をしていました。
そのまま「あっかんべー」というように下まぶたを指で引き下げてみると
まぶたの内側が真っ白で、こりゃ、久しぶりに貧血だな、と力の入らない理由に納得。

ゴロゴロしていましたが、そのゴロゴロすらしんどいくらい力がなくなってきたので
せっかくの休日でやりたい事がありましたが、ベッドへ戻って朝の二度寝。

お昼過ぎまでスピー、スピーと爆睡し
目が覚めてもまだ少し力がない感じではあったけれど、
なんとか復活したので、お茶を飲んでボケーッとした後

今日は捨て日にしよう!!!
のんびりと食べて飲んで、思いっきりダラけよう!

と決めて、部屋着のまま顔だけ洗ってスッピン・ボサボサ頭のまま
ビールと焼き鯖寿司、そしてまた昼寝…と徹底的にダラけて過ごしました。

スマートフォンでもしもしでち

お弟子さん講座から帰ってきた翌日、早速「課題」でもあった『電話カウンセリング』を実践しました。
いつものグループのメンバーではなく、初めて電話カウンセリングをしてもらうのは、神様からのイイね!のお話をしてくれた『ふぁーこちゃん』

お互いにカウンセラーとして、今抱えている悩みや問題を聞いて心に寄り添う練習をしたり、その逆にクライアントとして自分の疑問や迷いを話して聞いてもらうのですが
私は最近、自分に向き合う時間が沢山増えて、前よりずっと抱えていた荷物をおろすことができ、随分と生きやすくなったのですが

私を根っこの部分で否定する自己否定グセ

がある事を聞いてもらいました。

聞いてもらって新しい発見があったんですよね

うん!!!
カウンセラーのふぁーこちゃんは、私の話を丁寧で明るいトーンで聞いてくれて
ちょっとした言い回しや変化を見逃さずに察知して

自分が傷付いてきた分だけ、人を傷付けたくないから言えなくなる
言われたら嫌だな、という言葉を沢山言われた分だけ知っているからこそ
誰かを傷つけるようなことを言わない優しさを私は持っているんじゃないのか?

と、傷付いた過去があったからこそ
私に輝く魅力が付加されているんだよ!と、過去を優しく肯定してくれました。

確かに、勝手な思い込みで小さな頃の自分が傷付いたり悩んだことはいくつかあって
その傷は必死になってほじくり返さないと思い出すことはないくらい小さな傷の地層となって幾重にも重なっているけれど
誰だっていくつかの傷をもって成長しているんだよね。

自分に自信がない自分自身を「自信がなくってもマルだよ!」と言ってあげることが自己肯定感というもので
根っこの自分を否定してしまう癖がある私を「それが私だからね〜」と肯定してあげることが、今の私に優しく寄り添う方法なんだものね。

そして、私は過去にこんなことを言われて悔しい!とか
過去のこの傷が痛くて前に進めない…と思ったりしているわけではなく
自己主張が下手な事の一つに「傷ついた過去があるから、他の人を傷つけたりしたくなくて主張しない」のであれば

それが私らしさであり、私らしい生き方

つまり、私が持つステキな魅力ということなんだよね!

傷ついた過去を振り向いて、その痛みに寄り添う事も前に進むための方法の一つだけれど
私はそれよりも「傷ついた過去があるからこそ、今、優しさを手にした自分」にニッコリして、そこから得られたものを勲章のように大切に、誇らしげに生きていこうと思います。

過去に対する見方・角度を変えるだけで
そこから得られた恩恵を発見してクスクスと優しく微笑めるなんて
カウンセリングで聞いてもらって、自分一人では見れない角度を示してもらうって、カウンセリングっていいな〜と今回も深く実感しました。

ふぁーこちゃんは、私のプラスの面をいくつも見つけてくれたり
分かりやすく噛み砕いた言葉で説明しようとしてくれて
敏感に心の状態を察知して、暖かいメッセージをくれるステキなカウンセラーさんでした。
また機会があれば、ふぁーこちゃんのカウンセリングを受けたいな♡

それから、ね
私がカウンセラーとして話を聞かせもらった後で
ふぁーこちゃんが「嬉しかったことを伝えていい?」と言ってくれて

なんでも話していい、という雰囲気があるから
モヤモヤしながら会話していたものが整理できる!
どんどん話をしたくなる、聞いてくれている安心感を与えてくれるカウンセリングだったよ!

と言ってくれて、嬉しかったのでノートに青ペンでメモして、大切に自分の魅力として受け取らせてもらいました。

傷ついたり、痛い思いをするのは
誰だって嫌な体験だけれど
その体験があったからこそ、自分に付加された魅力が必ずあります。

その魅力をすくい取って、誰よりも光り輝かせてあげられたら
過去の傷が、大切な体験に変わるのかもしれません。

あなたが体験した痛みが、誰かの力や希望になる。

だとしたら、あなたは傷ついた分だけ「ステキな人」になっている。
だとしたら、あなたは傷付いた分だけ「痛みのわかる人」になっている。

今はそう思えなくても、いつか過去が優しくあなたの力になる日がくるよ!と
そっと伝える事ができたら、私はきっとニッコリと嬉しい気持ちになります。

さて、お昼にビールを飲んでゴロゴロして
早い時間にゆったりとお風呂に入りましたが
まだなんだか体の芯がフラッとする感じがあるので、
今日はまだまだ全然早い時間だけれど、ラベンダーの匂いをシュッとしたベッドでグースカと寝て体力を復活させようと思います。

今日やりたかったことはできなかったけれど
自分のためにゴロゴロとしたことを思いっきり「結果オーライ!」と笑って、私の春分の日を終えようと思います。

また明日も、楽しい笑顔で過ごせますように。