手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

未来を自由に描き・先に喜んでみる ~楽しい予祝をしてみました~

起きるのだるいので
寝たまま予祝の舞を奉納ですよ

寝たまま舞を奉納…
確かに、今日の我が家は「日当たり良好ゆえに暖められて温室状態」で、早々にエアコンを入れたくらい暑いもんねぇ。

グデ~
ダリィ…

と溶けちゃうような気持ちもよく分かるし、きっと神様も「横着な舞」でも喜んでくださっている…はずよね?

ギンちゃんが寝たまま「予祝の舞」を奉納している瞬間を激写したのですが、ギンちゃんが舞を舞っているのは私が昨晩、オンラインで少人数の『予祝の会』に参加したからなんです。

▼予祝とは
願いを先に「叶ったよ~」と喜んでお祝いし、結果として願いを引き寄せること。
(辞書によると)豊作や多産を祈り、一年間の農作業や秋の豊作を模擬実演する呪術行事。

超ザックリですが、日本で古来から伝わっている「豊作を祈念して先に豊作になったつもりでお祝いしちゃう」というもの。
稲の収穫を秋に控えているにもかかわらず「豊作で嬉しいよ~」と盆踊りを踊って喜びを表現するように、まだ見ぬ未来の喜びを先に味わい、その通りの未来が来るようにと願うのが予祝です。

この「予祝」について、言葉は知っていたものの実際には未経験でした。

本音仲間の「小川正美ちゃん」が七夕の日に素敵なブログを書いてくれていて、その中で「願望実現のための予祝は人の手を借りた方がいい」と書いていたのに食いつき、予祝してみた~い!とリクエスト。

私の「ごろにゃ~ん♡」という甘えんぼリクエストに快く応じてくれて、正美ちゃんが「どうせやるなら…」と行動力と持ち前のずば抜けた知識力で資料を作ってくれて、なんだかワークショップ風に!!!

うほほー。
素敵な資料の叩きをもらったので、レジュメ担当のおまみーぬが正美ちゃんの資料を切り張りして作ったのがこちら!!

予祝のパワーで本音を叶えちゃうの会

どうせやるなら「レジュメを作ってその気になる」のも大事だよね!!
と、仲間内でゆるく楽しく予祝をする際に、ワークショップ風にしてみました。

昨晩、予祝の会を開催したのですが、オンラインで参加してくれたのは私を含む総勢4名のカウンセラーたちとスペシャルゲスト。

小川正美ちゃん(予祝の会・総監督)
サトヒーヌ(魔法使い枠)
田村洋子ちゃん(お告げ師枠)
●サトヒーヌの娘氏(スペシャルゲスト)
●私(書記)

それぞれが「こうなったら嬉しい」「これが欲しい」「こんな働き方をしたい」等々を自由に想像してリストアップして発表。

あー、それいいね~!
私もそれ、真似する~!

と、他の人の夢を聞いていて自分の夢が膨らんだりする、とってもテンション上がる(テンアゲ~)な時間。

あ…
私はもちろん『チオビーと結婚・私たち家族が暮らすマンションを探している』『チオビーのおかげで憧れの扶養になっている』という溶けちゃいそうな幸せな夢。

あ…
家族というのは「ギンちゃん・仁くん」(美千代含む)の事です。

ぐはぁ。
今想像しても胃がキリキリするくらい幸せな未来。

それぞれが夢や希望を満面の笑みで語った後、「叶った自分」を許可するためのイメージワーク。
これは正美ちゃんが誘導してくれて、夢が叶ったシーンとして、私は新緑の五月の公園で、私の大好きな人たちが一堂にピクニックするように楽しそうにしながら私とチオビーの結婚式に来てくれているシーンをイメージしていました。

でねでね、ビーサンにウェディングドレスという「自由なスタイル」でこの日のために頑張ってダイエットして、きれいにヘアメイクしてもらった私の横にチオビーがいるのはもちろんなのですが(なぜかイメージの中ではチオビーは斜め横を向いて、チオビーのお友達や職場の人に取り囲まれて話していました。私も私の事をお祝いしてくれる人と談笑していました。)

私の隣には、二足歩行でタキシードを着た「小さな紳士」の恰好をしているギンちゃんと仁くんが立っていて、彼らの前の小さなテーブルに乗っているサーモンやカットステーキを美味しそうに食べている

というとびきり幸せで愛おしい姿があって、思わず涙ぐんちゃいました。

イメージングで「叶えたい未来」「手にしたい夢」を想像するっていいですね~。
映画館で映画を見るような、いいな!いいな!と視覚化して自分の中にインストールされるような感じがイメージワークのいい所だなぁ~。

これも「ひとり」でニヤニヤ妄想するものいいけれど、誘導されながらみんなで時間を区切ってそれぞれが思い思いに自分の叶えたい事をイメージする時間って、なんというか共鳴するというのか、ひとりで想像するよりも潜在意識や自分の脳裏にしっかり入ってくるような気がします。

イメージワークを終えた後は、お楽しみの『予祝インタビュー』の時間!

予祝インタビューとは、すでに私がチオビーと結婚しているという前提で

「おめでとう!新居はどんな感じ?」
「いつから同棲してたの?」
「プロポーズの言葉は何?どんなシチュエーションで、どんな気持ちだった?」
「あんなに片思いをこじらせていたのに、何がきっかけで付き合ったの?」
「新婚旅行はどうだった?」
「結婚して、今の気持ちはどう?」

などなど、周りの人からインタビューされて、照れながらも「あのねー」とおのろけ全開で喋るという、楽し過ぎて溶けた時間。

くはーーー。
私はチオビーと新居となるマンションを数軒に絞って見て回っている状態で、チオビーと同棲するきっかけになったのは付き合いだして彼の職場に近い私の家に泊まることが増えて…と、勝手にその状況を想像して「嬉しい気持ち」を感じまくりました。

何がきっかけで付き合ったか?については、私が勇気を出して誘った事がキッカケではあるものの、チオビーも実は私の事を好きだったけど言い出せなかった…と体をクネクネさせながらインタビューに答える私。
くふふふふふふ。ナニコレ、最高!!!

インタビューを通じて、私から仕掛ける未来ではあったものの、お告げ師でインタビュアーをしてくれた田村洋子ちゃんが

向こうから声をかけられるってパターンじゃないんだね!
自分からっていいね!

と言ってもらい「あ、そっか!何も私が行動を頑張って起こすから道が拓けるのではなく、向こうから好意を示してもらうというストーリーがあってもいいんだな!」と、自分では見つけられないもう一つの道を見つけることが出来ました。

叶え方に制限は要らないんですもんね~。
どんな方法で叶ったってよくて、私は私の好きな人と一緒に楽しく毎日を送るのが夢で、叶うまでの道のりが「自分主導」「相手主導」「誰かが取り持ってくれる」「偶然」と、どんな方法でもいい!と間口をより広く考えられるようになってニッコリです。

叶う・叶わないは今の私には分からないけれど、自分の夢や願いを自由に思い描いて、楽しい気持ち・嬉しい気持ち・幸せな気持ちを味わうって素敵な時間です。
現実が違うのに…と嘆くこともあるかもしれないけれど、現実が違ってしんどければしんどいほど、自由に想像することで自分をちょっとでも笑顔にしたり心地よく過ごさせてあげられたら

今すでに、幸せ

を感じられるんですものね。
泣いて希望を持てずに過ごすよりも、こうなったらいいな~とニヤニヤする時間の方が、快適ですもんね!

予祝インタビューは、私がインタビューを受けるだけではなく「インタビュアー」として質問する時間も楽しい時間でした。

「どこで出会ったんですか?」
「ゆとりある生活で最近買ったものは何ですか?」
「本が出版されて増刷されるようですが、今の気分は?」
「初めての彼との旅行はどこだったの?」
「ライフワークが叶った今の働き方はどんなものなの?」
「家族みんなが喜ぶ、新しい家電に買い替えた?」

などなど、叶ってるその人の姿を想像して質問を投げかけると、その人がニヤニヤっとしながら「そうねぇ~」と叶った気分を味わって答えてくれるのを聞くのがとっても楽しい。

なんてったって、みんな思いっきり笑顔なんだもん。
ちょっと動揺して抵抗したりする姿も、またカワイイし。

目的地を決めずに電車に乗っても、降りる場所が分からず電車の中にいるしかできないけれど、行きたい場所が決まっていれば、乗り継ぎをしたり他の交通手段を考えたりして、目的地にたどり着けます。

それと同じで、自分がどうなりたいのか?どうなると嬉しいのか?
自分が行きたい未来の場所を設定して、その場所にひょいっと遊びに行くのが予祝なのかもしれませんね。

そして、予祝したからってまた少し先で夢が変わることだってあっていいし、自分の夢や叶えたい事は常に最新に書き換えていいので、自由に自分を笑顔にする妄想を楽しみたいですね。

はー。
今も左手の薬指にキラキラした指輪が見える妄想が…

うふふ、いつかきっと、私が私の大好きな人の扶養に入れていますように♡

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 未来を自由に描き・先に喜んでみる ~楽しい予祝をしてみました~