手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

もしや女性性と仲良くなれてる?!ピンクな私のこの頃

月末になってきて来月も在宅延長かなぁ?ってソワソワしてましたが来月もお家deお仕事継続になったようですよ

GWとともに在宅勤務がスタートし、なんだかんだと早2か月。
緊急事態宣言が解除され、先日からは県をまたぐ移動も制限が解除となり「新しい生活様式」と親しくしながら日常がまた少しずつ戻ってきている中で、何より気がかりなのは

このまま在宅勤務が続くのか?!

というものでした。
もちろん、一時期のようにコロナで自粛ばかりの不安が渦巻く生活ではなく、気を付けながらも出来ることが増えたり我慢を強いられることがないほうが生きやすいですし、お出かけだってしたい!!

けれど、仕事が「在宅」であることが、私にとってはとびっきりに快適で(こんなに幸せなことはない!と思えるくらい、私は在宅勤務が好きです)この先も選べるのであれば『在宅勤務』がいいなぁと思っているので、特にいつまでと期限のもうけられていない在宅勤務スタートだったため、そろそろ通常出勤にもどっちゃうのかな?と内心ドキドキしていました。

そんなドキドキーヌな状況下で、お昼前に上長から「次月勤務調整について」というメールが届き、めでたく来月も在宅勤務延長という私には嬉しすぎるニュースが舞い込みました!!!

わーわーわー。
わっしょい、わっしょい。

とはいえ市場は厳しい状況が続いているようで、私のいるIT系の部門はありがたいことに次月はパンクしそうな程仕事がありますが、別部門は打撃がかなりあり、目標予算に全く届かない事もあり、月1日の土曜出社(基本は勉強の時間)が復活&勉強ではなく在宅で通常勤務をして欲しいなどの協力要請や在宅での残業のお願いなど、先月・今月とはまた事情が違う部分もありますが、

在宅なら月1日の土曜出勤もそんなに嫌じゃない

というのが、すっごく不思議です。
どんだけ私は家でギンちゃんや仁くんとまったり過ごすのが好きなのかを改めて感じちゃいました。

ピンクのお話するはずなのに前置きが長いでちーー

そそそそそ、そうなんだよね!!
前置き長いの何とかしないとっていうのが課題なんだけど、かわいいの塊の仁くんから言われたら真剣に考えなくちゃだよねーー。

って、すでにこの件が要らないよね。えへ。

仕事の話と全く関係なく、今日は仕事が終わった後で美容院を予約していました。
木曜日は遅い時間まで予約ができるのですが、今日はカラーとトリートメントとショートヘッドスパを予約していました。

で、美容院ではいつも通り明るくなり過ぎている髪色を「アッシュ系のベージュ」で重すぎず明るすぎずにしてもらう予定だったのですが…

来月も在宅延長で嬉しかったので、勢いで「ピンクってどうでしょうか?」と言っちゃいました!!!

美容師さんがニヤリとして、実は今回、いつも選ぶ色にちょっとだけピンクを足そうと思ってたからピンク系いいと思う!!!と二つ返事で請け負ってくれて、ピンクベージュなカラーに挑戦しました。

私の髪色は割と明るめなのですが、どちらかというとグリーンやイエロー、ブルーといった寒色系を好んでいたので、ピンク寄りの色を入れるのは生れてはじめて。
しかも美容院につくまではグレージュ系がいいかな?ミルクティー系がいいかな??などと全くピンクに掠るような色味は思ってもいなかったのに、口をついて出たのは「ピンクってどうでしょうか?」というものでした。

そういえば、最近のマミコはピンクを買う事多いですよね。

うんうん、だよねっ。

美容院でカラーをしてもらいながら、思いもしなかったピンク系の色を選んだ自分に?を感じつつ、準備してもらっていた雑誌のSPURの中にあった2020年下半期の占い特集のてんびん座を見ていたら…

恋愛・ラブ系についてハッピーな展開やそれをワクワクしている的な事

が書かれていて、普段から妄想強めで濃厚に片思いを満喫している私ですが、なんとなーく女の子らしい事が楽しいかも♡と思えている自分に気付いて、カラー定着中にあれこれ思い当たることが…

●実は最近、ボディケアが楽しい
●メイクはあまりしないけど、スキンケアを丁寧にしている
●リップスクラブなど「柔らかい」感じになれるのが嬉しい
●アイメイクもキャンメイクのピンクを買った!!
●部屋着のカーディガンもコーラルピンク!!
●さらにその下に着る部屋着もピンクの水玉!!!
●自立で「おりゃーー!」っとやるのに疲れてのんびりを好む

えっと、えっと…
私、ピンクとかかわいいを避けていたはずなのに、それを手にしたりいいなぁと思うってどういうこと???

という事で、即効スマホで「色 ピンク 心理」的に調べるよねーー。
だって、男性性優位で生きてきたから「思考で処理」できないと不安だもんねーー。

といいつつ、実は色彩については過去に「講師」をやっていたこともあって調べなくても薄々気付いてはいたんですが、まだやっぱりどこかに『愛されてもいい自分』『女性として守られてもいい自分』『自立を手放し武器を持たずに頑張らない自分』が怖いから見たくないのもありました。

だってだって、ずーーーっと頑張って男性性を尖らせて歯を食いしばって自立して、女性性から目を逸らして生きてきたんだもん。

でもね、無意識的に「ピンク」が集まっている事や、それを選ぼうとする自分がいるんだから、抵抗するより受け入れるしかないんだよね…
と言いつつ、もがいて検索したのだけれど、案の定「ピンクの心理」は私に非情なまでに女性的な面を突き付けてきました。

・柔らかい優しい印象をもつピンクには女性的なイメージが強くあります。
・心や体に満ち足りた気分をもたらす色。
・美しくなるために必要な色。幸せな気分を作り女性ホルモンの分泌を助け、血行をよくし肌の潤いを保つ色。

お、おぅ…
なんか女性としてすごく大事なことや女性性的な面でも大事な色だという事がビンビンに伝わってきます。

【ピンクの心理効果】
1)幸せな気持ち、優しい気持ちになる。
2)心も体も若くなる。
3)愛らしく見える。
4)愛情を求めるようになる。
5)緊張を和らげる。
6)安らぎに満ち足りた気分。

うあぁぁぁぁぁー、やめてくれ!!!
めっちゃ女子じゃないかーーーー。(って私は女子なんですが、そのレベルは小学生で「大人な女子」ではないんです。)

●ピンクは攻撃的な感情を鎮め心の動きを安定させてくれます。
●女性を対象としたものに多く使われます。
●恋愛、健康、若さ、美容、解放の象徴。
●ピンクは感謝や愛をつたえる意味を持っている。
●優しく女性らしさがある。
●幸福、解放、愛情、ロマンチック。

はぁ、はぁ。もはや瀕死。
美容院の椅子の上で頭にピンク系のカラー剤を乗せながら、いくつかの色彩系の情報を見て悶え・抵抗したあと、丸腰になりました。

そうだよね。
もう私は頑張らなくてもいいって自分のことを受け入れられるようになって、男性性を強めて自立バリバリで歯を食いしばらなくてもいいって、自分に言えるようになっちゃったんだよね。
自立をすべき場所では武器を持ってどこまでも自立することができる「実績と自信」はちゃんとあるから、あえて武装しなくてもよくなっちゃったんだよね。
そして、今まで忌み嫌って封印してきた女性性が、実は周りの人が言ってくれているみたいに「強め」なんだと白旗を上げる時なのかもしれないよね。
無意識にピンクを着たり(まだむず痒いけど)メイクに取りいれたり、髪色にしちゃうくらいだもんね…

まだ抵抗強めだけれど、これからはもう少し女性性と仲良くやっていこうと思います。
って、ゾワゾワするーーーー。(← 抵抗)

自己肯定がだいぶできるようになってきたから、きっと次のステージとして「自分の中の女性性と仲良くやろうね」という事なのかなぁ??

あー、分からないーーー。

という事で、とりあえずここで吠えてみました。
なんだか支離滅裂なのでまとめます。

●在宅延長で嬉しい!
●嬉しいからピンクにした。
●ピンクを選ぶこと多くね?
●無意識でピンクってことは、その…
●女性性と仲良くしようと潜在意識が訴えてる?!
●抵抗あるけど、ゆっくり受け入れよう

という事を長々とこねくり回して書きました。
もう少し、女性性についてはちゃんと考えてみようと思います。

それでは、また明日!!