手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

はにかみやさんの私だけれど、褒められたらやっぱり嬉しい。

マミコのお気に入りの歯ブラシですね

歯医者さんで紹介されて以来「すっかり虜♡」なのが、Tepeというスウェーデン製の歯ブラシ。

少し大きめのヘッドなので、最初は「むむっ?」と抵抗がありましたが、ブラシの柔らかさと磨きやすさに感動し、虜になるのにあまり時間はかかりませんでした。

歯医者さんで1本300円くらいなので少しだけ「お高い系」の歯ブラシ。(注:おまみーぬ調べ)

アマゾンでリーズナブルに買えるってうほほってなってるんですよね

毎日使うものだから、できるならばリーズナブルだと助かるじゃない??

という事でインターネットで調べてみたら、Amazonで「色はお任せ」になるけれど5本セットで1,000円前後で買えるんです!!

日本ではあまり見ないようなビビッドな色もあって「おおぅ」と思うような派手色歯ブラシが届くこともあるのですが、カラーバリエーションが豊富で、今回はどんなカラーが届くんだろう??とお楽しみ袋を開けるような楽しさもあります。

個人的には明るい水色や元気な黄色、はにかんだ初恋色のピンクなどが入っていると「うふ♡当たり!」と思うのですが、今回はまさに【マミペイ的当たりカラー】でした。

この歯ブラシが洗面所に仲良く2つ並ぶ日はいつになるのかなぁ。
その時はやっぱり「マミペイは大好きな水色、チオビーはロマンチックなピンク色」だよね?!

これ以外に「タフトブラシ」というすごく小さな歯ブラシを使って細かくて磨きの腰のある部分を磨き、夜はフロスを使うように…していますが

まぁ、忘れる日もあるよね!!

丁寧に時間をかけて磨ける日もあれば、ただ歯ブラシだけでフロスをお休みする日もあれば、タフトブラシだけはお休み…なんて日もありますが、ガッチガチにルール化するとしんどくなりますしね。(基本、自分にゆるくがモットーですので…)

今日は3か月に1度の歯医者さんの日。
定期的に検診と自分では落としきれない汚れをクリーニングしてもらっています。

毎回、最初に衛生士さんから歯周ポケットの測定や歯周病のチェックがあるのですが、今回も「歯茎も良い状態ですし、歯磨きも上手にできていますね!」と褒めてもらえてご機嫌。

え、えへへ。そっかなぁ。

なんて言いながらも褒められたことが心の中でじんわり広がるような感じがして、くすぐったくて、でもとっても嬉しい。
私は【受け取り下手】で反射的に「そんなことないです!!」と言って生きてきたので、まだこの癖がでてしまってモジモジしますが、前よりずっと「嬉しいな」と素直に感じられるようになりました。

照れ臭くてほんとにモジモジしますが

モジモジ = マミペイは嬉しい

なので、皆さん「受け取り上手への道」を歩みはじめた初心者マークのマミペイを優しく見守ってください。

受け取り下手で照れ屋な私ですが、自分のノートに「もらって嬉しかった言葉」というのを書き留めています。
これを見返すと「ニヤニヤ」として、本当に心がホカホカします。

誰かが向けてくれた優しい関心や、気遣いのある言葉って嬉しいですよね。

私は自分の「スパッと言い切れない」「あいまいで優柔不断な」ものの言い方が嫌いだったし、優しいよねと言ってもらう事に抵抗がありました。
優しいのハードルが高かったというのもあるのですが(マザーテレサくらいに行動できて利他的な愛が示せないと「優しい」の称号をもらってはいけないと思っていました。自己否定や自己嫌悪が強かったので「こんな私」が優しいなんて言ってもらってはいけないとも思っていました)、自分ではなかなか「優しいと言ってもらえる私」という他者評価と自己評価が一致せずに

素直に受け取っていいのだろうか?
私は果たして優しいのだろうか??

とモヤモヤとしていました。
なんとか自分を納得させられないかな?と思っていたところで受けた「ストレングスファインダー」や「エムグラム」その他の心理分析診断などの結果が全て共通して

おまみーぬって「多分」優しい系の生命体っぽいよ!

と言ってくれて、それで少しずつ「自分の特性」として受け入れてもいいんだ…と思えるようになってきました。
自分に向けられた「あったかい言葉」をもっとスッと受け取れるようになりたいものです。えへへ。

ちょっと照れ臭いのですが、私がとっても嬉しかった言葉をいくつかご紹介させてもらいます!
というのも、私も読み返して嬉しいし、言葉を届けてくれた人も「喜んでくれたんだな!」と思ってくれたらどっちも嬉しいじゃないですか?!
WOW、おまみーぬ、かっしこーーい。(← 自画自賛)

【嬉しい言葉・ドドーンと紹介!】

まみちゃんは、その人が欲しい言葉をその時に与えられるんだよ。

さすがの共感力と受容力に、改めて震えた。
どこまでも優しい視点に傷ついてる人がおまみーぬに話を聞いてもらいたくなるよなあと感心しきり。

否定されない「場」が作れるって、それって才能やん!

マミコさんなら絶対に頷いて聞いてくれると思えたから、初めて自分の気持ちを人に言えました。

私の世界に遊びにおいで!って言いながら、そのままマミコちゃんは幸せになっちゃえばいい。なれる人だよ。

マミコちゃんは、とってもたいせつなんだから!

愛の星からやってきた底抜けの優しさ星人。

まみちんなら、私の大事なものを、絶対大事にしてくれるね。まみちんは、相手にそう思わせる天才だと思うなあ。

うふふ、うふふ。
読み返すと心がホカホカするような幸せな気持ちになります。
(他にもたくさんあるのだけれど、照れ臭すぎて後は封印)

カウンセラーとしてだけではなく「人として」私はどうありたいのか?を考えると、何かを与えることはできなくても「安心できる暖かくて優しい場所」でありたいと常に思って生きてきました。
あなたの笑顔を見たいし、悲しいなら一緒に泣きたいし「分かってくれる人がいる」と不安や心細い時に思い出してもらえたら、それは私にとってとても嬉しい事です。

お互いに「ありがとう」って笑える場所に居続けたいんです。
同時に「ありがとう」が優しく響き合う安心できる場所であり続けたいんだと思うんです。きっと。

だからこの場を借りて、改めて伝えさせてください。

私に出会ってくれて、本当にありがとう。
私を好きになってくれて、本当にありがとう。
ありがとうを言わせてくれて、ありがとう。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • はにかみやさんの私だけれど、褒められたらやっぱり嬉しい。