手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

欲しいものを買うのにだって、いろんな形・いろんな道があっていい。

アスパラでち… マミコちゃん、お料理するでちね

週末からずっと「雨と強風」が続いていたのですが、今日はやっと風も落ち着き、ほかほかと気持ちの良いお天気でした。

少し前にお友達のヒロコちゃんから教えてもらった「サーモンとレモンの炊き込みご飯」を作るためにストウブ鍋を久しぶりに使って以来、チョコチョコと日常的に使うようになりました。

美味しいのはあなたに出会う前に何度も練習したからだよ ~50個目のあなたと一緒にしたいこと~
美味しいのはあなたに出会う前に何度も練習したからだよ ~50個目のあなたと一緒にしたいこと~
先日、お友達のHIROKOちゃんが「ストウブ鍋」で作る美味しいご飯を紹介していて、そのレシピを教えてもらって以.....
https://many-smiles.com/hundred-projects/hundred-palpitation-50

私は「ズボラクッキングの名手」なので、基本は「全てフライパン」調理をします。
といってもフライパンは24cmと26㎝の深型の2つしか持っていないのですが、この2つで大体の料理は何とかなります。
炊く・焼く・蒸す・炒める・煮ると、フライパンがあれば無敵!と思っているのですが、キッチンが広くて収納スペースが確保できれば「グリルパン」と「圧力鍋」が欲しいと思っているのはココだけの秘密。

我が家には湯沸かしポットやケトルもないので、お湯を沸かすのは「やかん」。
同様にフライパンでご飯も炊いていたので炊飯器もありません。

前にもブログで書いたのですが、ズボラクッカーな私でも憧れていたお鍋があります。

そう、それがストウブの鋳物のお鍋。
重たくて重厚で美味しいものをいくらでも作れてしまいそうな、オシャレな人のお家にありそうな、あの鍋です。

私は今でこそ自分のためにお金を使えるようになってきてはいますが、過去は「お金を使う事に大きな罪悪感」を持っていて、お金を使うとドキドキして「どうしよう…使っちゃった」と後悔のような気持ちを感じていました。
お金に関する思い込みについては、長くなりそうなのでまたの機会にしますが、

お金があればいざという時に助けになってくれる。
お金があれば困らないはず。

という「お守り」のような感じが強いんですよね。
同居していた祖母がそういう感覚だったことが影響しているのだろうとは思うのですが、お金に不安をバリバリに投影していたんです。
今もそれがゼロになった訳ではないですが、それでも「お金を使った事で沸き上がる後悔」はだいぶ手放せるようになり、私は随分とお金からは自由になれてきています。

話がちょっと逸れてしまいましたが、とにもかくにも「大きなお金」を自分のために使うのが苦手だった私には、ストウブ鍋は高根の花。
自分がメインで使う「調理器具」に、諭吉さん2枚以上を使うなんて、怖くて怖くてリームー状態でした。

でも、欲しい。(← THE矛盾)

ここで「良くも悪くも」コツコツと目標に向かって計画立てる力を発揮し、500円玉貯金をして貯まったお金で清水の舞台から飛び降りるかの如く、憧れていた「グレー(ギンちゃん色)」のストウブ鍋を買いました。

買うと決めてからも、お店に見に行くもののお財布が開けずに帰ってくることを数か月繰り返し、えいやっ!と買った時は嬉しかったなぁ~。

パッと欲しいものを自分のために買えるというのも素敵な事ですが、迷って悩んで、自分の欲しいもののためにコツコツと小さなお金を貯めて買った時の気持ちと言うのも、すごく満たされるというか幸せな気持ちであったかくなるんですよね。
それに、思い入れがある分だけすごく大事にしています。

やっと買えたこのお鍋で大好きな人との食卓に美味しいものを作りたかったのですが、残念な事に夫婦仲が悪くなってしまい、私の料理を「けなす」「食べない」というようなことが続き、彼のためにお鍋を使った美味しいものを作る事はほとんどなかったのですが、引っ越しをして自分のための料理をするようになってからはチョコチョコと活用しています。

仕事が忙しかった時は、本当にザザッと簡単な料理しか作りませんでしたが(時にはレトルトカレーや冷凍パスタをチン!として料理をしない日もありました)、またもやヒロコちゃんが美味しそうなご飯レシピを紹介しているのを見て

激務を乗り越えたら作るんだ!!

と思っていたのが「アスパラの炊き込みご飯」
しかも今日、近所のスーパーに行ったらアスパラが99円という大特価!!!
もうこれは、殺るしかない…いや、ヤルしかない!

ということで、初めて作る アスパラの炊き込みご飯の準備

紹介されていたレシピでは、お米1合に対してアスパラは3~4本(小さくカット)し、お水は160~180㏄で加減しつつ、めんつゆを大さじ2。
これで炊飯して蒸らすだけ。

とっても簡単で、めんつゆとアスパラって合うのかなぁ??とドキドキしつつも、蒸気が蓋の隙間から漏れてくると香ばしい香りがして食欲が刺激されちゃいました。

蒸らした後で「背徳のバター1カケ」を入れて混ぜるのですが、ご飯を混ぜる際に立ち上がる香りにお腹が鳴りっぱなしでした。

麺つゆが入っているから ちょっこしご飯が茶色でちー

めんつゆの茶色がうっすらとご飯に染みていますが、めんつゆが入っているからか鍋底にイイ感じの香ばしいお焦げも付いていて、混ぜ込んだら尚更茶色度がアップしました。

落ち着いたら作りたい!とずっと思っていたのものだったので、作っていた時間も楽しかったですし、食べている間もニッコリ幸せな時間でした。
これもまた、いつかチオビーに食べさせてあげたいものリストに書き加えておかなくっちゃ♡

他にもオリジナルで考えたという トマトとツナとブラックオリーブの炊き込みご飯も 少し前に作ったですよね。

そうそう!!
レモンとサーモンの洋風炊き込みご飯が美味しかったから、他にも洋風なものを作ってみたくて思い付きで作ってみたのだけれど、これが美味しかったんです。

お米はフライパンで炊いて冷凍するのが多かったのですが、炊き込みご飯以降ストウブ鍋で炊飯をするようになり、気持ち的なものなのかもしれませんが、ご飯が美味しくなってる?!と満足しています。

でね、でね。
お料理上手なヒロコさんがこれまた紹介していた「炊飯専用のストウブ鍋」に心惹かれているおまみーぬ。

ラ ココット de GOHAN

というお鍋なのですが、炊飯に特化したお鍋らしく、すごく美味しいご飯が炊けるのだそう!!!
しかし、当然ながらお高いし、このお鍋がなくてもご飯は炊けるし…とかいいつつ、私の欲しいものリストに書き込みました。

私が欲しいのは「カンパーニュ」という仁くん風の白っぽい色。

昨年から在宅勤務が出来るようになって、前よりうんとお料理を楽しめるようになっているので、仁くんの手術が終わって術後の通院などの目途が立った後で、買っちゃおうかなぁ~と想像してニヤニヤしています。

そうそう!!
私は普段のお買い物はクレジットカードを使う事が多いのですが、クレジットカードのポイントが貯まるとJCBのギフトカードに換えて貯め、それで「人も座れちゃうギンちゃんの爪とぎ(別名:ソファー)」を買い替えてきたのですが

100均のカーペットで保護する

という技を覚えたので、破壊度がうんと緩まったこともあり、それこそポイントで貯めたギフトカードで買っちゃったら、実質ゼロ円で買えちゃう!と思うと、これまたニヤニヤとしてしまいます。

前回のお鍋の時のように、毎月の食費がちょっと余ったらそれを貯めたり…とコツコツ貯金をして貯めて買ってもいいし、ボーナスが貰えたらご褒美買いしてもいいし…

今すぐに買えなかったとしても、どの方法で買えそうかな~?と考えるのも楽しいですもんね。
そしてきっと、迷っておあずけにしている分だけ、自分のために買ってあげることが出来たら嬉しいですし愛着もひとしおになりそうですよね。

以前よりはずっと「自分のために」とお財布を開けるようになったとはいえ、私はもともとが「石橋叩きーぬ」なのが良くも悪くも個性なのですし、ちょっぴり優柔不断に迷う事を楽しめばいいだけで、思い立ったらポンと買える人もいれば、立ち止まって考える人もいる、その違いに「いい・悪い」を持ち込む必要はないんですもんね。

迷って迷って、要らないと思えば買わないでしょうし、欲しければきっといつか手に入れるでしょうし。

なーんていいつつも「やっぱりフライパン最強説」は私の中にあるので、何かと使い勝手の良いフライパンで今日もあれこれ作ったことをここでこっそり告白します。てへへ。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 欲しいものを買うのにだって、いろんな形・いろんな道があっていい。