手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

小さな願いを叶えてあげる事は自分を幸せにするコト。

今日はお天気で気持ちいいですよ。まんまる果物並べてるでち

おはようございます!
今日は秋晴れの青空。
昨日は早々におネムになり、シンデレラのお迎えよりも早い時間にグースカ寝たせいもあり、アラームをつけていないのにいつも起きる時間より早く目が覚めましたが、たっぷり寝たので気分爽快。

ささやかだけれどアラームを鳴らさらなくていい朝って、それだけでうふふって嬉しくなりませんか?
すぐに起きればいいけれど、ただぼーっとお布団の中でぬくぬくとして過ごす時間も「ウィークデー」では味わえないから、なんと贅沢!と嬉しい気分になれます。

私の住む新潟はこれからの季節は晴れ間は貴重!!
(冬場は曇り空のどんよりが続きます。雪も降りますが私の暮らしている場所はそこまで積もったりすることはありません。でも降りますけども…)
だからお天気が嬉しくて、ジャブジャブとベッドリネン類をお洗濯。
ベランダにシーツやカバーがはためき、枕を干したりしてスッキリ。

私はダラダラ愛好家なので、自分がダラダラする環境は大事にしています。
清潔なシーツや洗いたての洗剤と太陽と風の匂いを集めたようなフカッとしたタオルケットのベッドに潜り込むと、思わず「幸せ〜」と言ってしまいます。
振り返って見ると、私はベッドリネン類をお洗濯してご機嫌♪という記述が多いような気がします。
自分が喜べることは人の喜ぶこととは違うかもしれないけれど、自分が嬉しいならそれを沢山自分にしてあげるって大事なことですものね。

私は掃除も好きです。(実は家事全般が結構好きですが、やり過ぎないように意識して緩めることをしています。なんでも「過ぎる」と疲れてしまいますものね。)
だから今日は先日「脳内パワープレー」だった嵐の好きな歌を流しながら、普段より丁寧に細かい所をお掃除。

話は一回逸れますが、前にハロウィンのテーマソングについてブログを書いたことがありますが、来年は嵐の「モンスター」(大野くん主演のドラマ 実写版怪物くんの主題歌)がいい!と思いました。ハロウィンも過ぎてるので今更なんですけど…

話を元に戻して、お掃除をしてスッキリした後は、顔を洗って豆乳の入ったコーヒーを飲みながら朝ごはん。

でね、ここで冒頭のグレープフルーツに繋がるのですが、オシャレな人とかドラマとか映画とか本の中で、ブランチシーンみたいなのにコーヒーやパンやフルーツが並ぶシーンってあって、明るいお部屋・オシャレな時間!みたいなのっていいなぁ〜という憧れがあります。

我が家は理想的なオシャレ空間ではなく、わたしもオシャレの星から10億光年離れた星の住人なので、想像で描く理想の「フルーツ付きのオシャレ朝ごはん」は実現できませんが、小さくならば叶えてあげられます!!
(ちなみにそんなにフルーツが好きじゃないんですけども。えへへ)

そうそう。最近よく買ってるかも…

先日、スーパーで1玉58円の特価になっていて、思わず買ったホワイトとピンクのグレープフルーツ。
ウィークデーはバタバタしていてゆっくり皮を剥くのが面倒だ!!と食べられずにいたこのグレープフルーツを、せっかくなら丁寧に皮をむいて「オシャレ風」に食べてみよう。そういうのに憧れてたから、小さな憧れを私が叶えてあげよう!

グレープフルーツを上手に剥くのって、案外難しくないですか?
私はいつもグダグダにしちゃうのですが…

上手にむけた!って言ってハイタッチを強要されたんでち

なんと!!!
スルンと上手に皮がむけて、果実が大きいまま上手に取り出せて、一気にご機嫌。

上手にむけなくても丁寧にむいてお皿に乗せて食べよう(← オシャレの住人じゃないので、これがオシャレなモーニングフルーツを再現できる精一杯だと思っています。)と思っていたのに、今日は何個も綺麗にむけて、自分の中ではとっても気分の上がるグレープフルーツのお皿が出来上がりましたーー。わーい。

自分でははなまるのフルーツ皿

小さいことだけれど、丁寧に自分のためにフルーツを向いたりウキウキ出来ることが幸せ。

カニの手みたいな小さなヒメフォークは本当は彼の分もあるから2本買ってあるけれど、今は1本だけ。(Oh!No…)
でもね、いつの日かまたこんな風にご機嫌なお天気の土曜の朝に、ウキウキしながらグレープフルーツを剥いて丁寧にお皿に盛り付けて並んで食べるんだい!
その時もきっと、今日みたいにうまくむけて「見てみてー。うまくむけたよ!」って笑って言うんだい!!

今はまだそんな風に自分の気持ちを伝えられるパートナーは側にいないけれど、いつの日かチオビタ氏にこの気持ちを伝えられる日が来たらいいなぁ〜と思える事(誰かを好きな時間がある事)が幸せ。
また妄想してー、って苦笑いしながらも楽しい自分をあったかく見つめられている今日が幸せ。

ソファー(別名:大型爪とぎ)を背もたれにするようにして、背中側から輝くように差し込む日の光を感じてあったかいな〜と思いながら、上手にむけたグレープフルーツを口の中に放り込むと、少し苦くて酸っぱくて溢れる果汁が「オシャレな朝」を感じさせてくれて、一人で思わずニンマリ。

これが海外のホテルで彼と一緒の朝ごはんで…とか、大きな夢もあるけれど、今日は急ぐ日じゃないから時間を使ってフルーツを剥いてあげて「ちょっとだけオシャレ」を気取ってみよう!とか、小さな憧れや夢を叶えてあげるのも大事なことだと私は思っています。

実は…私は「物」「仕事」「家」などのいわゆる『引き寄せ』のようなものが得意です。
といっても、引き寄せようとして…ではなく、結果的に振り返るとイメージしたり頭に浮かんだものとそっくりなものを手にしたりしていると言う感じなのですが、それについてはまた後日、もう少しちゃんと記事にしようと思っていますが、大きな願いや夢を叶えるためには

日常にある小さな夢や願いを叶えてあげること。
そしてそれをどれだけ喜んで、自分で受け取れるか。

なのだろうなぁ…とも思っています。
ちょっと話が脱線しましたが、引き寄せうんぬんに関係なく、出来る範囲・手の届く無理のない範囲で楽しみながら自分の心を満たしてあげることは、自分に優しく寄り添う事。

幸せを感じるのは、どれだけ日常の中の小さな事を笑えるか、慈しめるか?なのかもしれないぁ、と思っています。

私のウィークデーは仕事と家の往復で、時々友達とお酒を飲みに行ったり、妹と出かけたりする以外は、基本は一人です。
何もせずに「鉄の日」を過ごしたり、手芸をしたり、花屋さんへ行ったり、本を読んだり、ゲームしたり、お風呂で鼻歌を歌ったり、DVDを見たり、お料理したりしなかったり、ギンちゃんや仁くんと並んでお昼寝して…という「THE・地味」な生活ですが、私にはリア充な生活だと思えています。

手のひらに収まるよりも、もっともっと小さくてささやかな幸せでいいので、それを見つけて笑える私でありたいし、大きな幸せや夢が叶ったらそれはそれで大喜びできる私でもありたい。

あれれ??
なんか散らかり出して収集がつかなくなってきたので終わろうと思います。

大きな夢もいいけれど、今、自分が叶えてあげられる小さな夢を積み重ねることも自分を幸せにするコツだよ!というのが届いたらいいな〜