手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

離れているけれど、応援をありがとう

今日はホカホカお天気で お昼寝してたから ちょっこしお寝ぼけさんでち~

暖かいと思ったらガクンと冷える…というような、温度変化の激しい数日で「ファンヒーターの灯油」をせっせと消費し、今朝『給油マーク』がついて、なんとか灯油を使いきれました。

このまま使い切れないのでは??と思う位に暖かかったのが一転、昨日はおとといよりも10度も低い気温と言われて、さすがに朝・晩はファンヒーターのお世話になりましたが、気が付いたら4月も中旬で、あと少ししたらファンヒーターと扇風機を入れ替えて、こたつを撤去・ラグをお洗濯なんですよね~。

今日の新潟は、気持ちよい日差しが差し込む青空ですが、気温は低め。

我が家は「日当たり良好物件」のため、午前9時過ぎから夕方までまんべんなく日差しが差し込み、光の下でお昼寝しているきょうだいたちがそれぞれに寝ぼけた表情を見せてくれています。

お写真撮るなら、 教えてでちよー。 お寝ぼけさんじゃない仁くんを のっけてくださいでちよ!

あ!キリッとした!!

3月末からずっと「目が回りそう…」という位忙しかったのですが、今日の午前中にデータを提出して、なんとか一山超えることが出来ました。
とはいえ、まだ小さな山がしばらく続くのですが、4月前半のピークと比べたら全然違います!!
しばらくブログも更新できない日々が続きましたが、また少しずつ更新していこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

* * *

いよいよ明後日、仁くんは愛知県の「茶屋ヶ坂動物病院」で心臓の手術のための検査を受けることが出来ます。

予約をお願いした際には、コロナの感染数も落ち着いていたので「運転手として妹」と「なぜか実家の母」も同乗して賑やかな車中になる予定でしたが、ここ1~2週間で私の住む新潟も「過去最高」の感染者の数を更新し続けており、会社のコロナ関連規定も強化されています。(基本はテレワークで在宅ですが、出張や打ち合わせなどの移動・人数制限が強化されました)

仁くんが診てもらう予定の動物病院は「愛知県」にあるので、コロナの情報も注視していましたがやはり大都市圏だけあり『まん延防止等重点措置』の適用対象地域になる事もあり、妹・母の同乗はナシにし、私一人で行くことに決めました。
本当はギンちゃんも一緒に行く予定でしたが、犬・ネコにもコロナの危険性はないと言えないことからギンちゃんは実家にお泊りさせてもらいお留守番です。

会社のコロナ規定では「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」適用対象地域への出張を含む不要不急の外出は禁止なのですが、事前に申し出・相談をしていたため特例で許可をもらえています。
但し、帰宅後は5営業日の出社停止(完全在宅)と健康チェック報告があります。

実は私はあまりコロナに関する知識があるわけではなく、ニュースを含むテレビをあまり見ていない事もあって分かっていない事も沢山あるのですが、ネットニュースなどで『第4波・変異株』という言葉を見てドキドキしています。

やっと、やっと手術のための検査の予約ができたのに、コロナの流行で手術が延期になりませんように!!!

オレはコロナの流行でついていかないですけど マミコひとりの運転では危ないから、 金曜日の夜に行くんですよね。

そ、そ、そ、そ、そうなんです!!!
新潟 ~ 名古屋までの移動は、高速道路の料金検索システムを使ったところ「463km」(約5時間半)と表示されていました。

これはあくまでも「寄り道なし」の移動時間なので、仁くんのこまめなトイレ休憩&私の運転ということを考えると、7時間は見ておいた方がいいなぁ…という事から、病院到着予定時刻を逆算すると朝の3時頃には出ないといけませんが

眠いわ!!
それに、緊張して眠れないだろうから危ないわ!!!

という事で、金曜の夜に早々と出発し、中間地点の大きなインター(検索済み)で朝方まで仮眠を取り、起きてから一路病院へ向かうという計画に変更しました。
近くにペットも泊まれる宿があれば前泊したかったのですが、苦肉の策とはいえ幸いなことに

私の車は後部座席と荷室がフルフラットになり、車中泊可能な仕様

だったことが発覚したため、先ほど車のトリセツ的なものを見てシートを倒し、実家から借りてきた折りたためるマットレスのような厚手の布団を入れてみたところバッチリ収まりました。
うほーー。ヨカッタ。

* * *

私は結婚していた時、ギンちゃん・仁くんも一緒に色んな所に旅をしました。
私は車やアウトドア的な事に詳しくないのですが、旦那さんだった人は趣味のサーフィンをするために大きな車に乗っていて、波を追いかけた旅のために車にベッドを上手に組んで、その車に泊まって色んな所に行きました。(最終的にはキャンピングカーを買い、より手軽にあちこちに旅が出来ました。楽しかったいい思い出です。)

おかげで「車中泊」をするためのスキルというか、どうしたら快適なのか?等々を学べ、まさか今回の移動で役立つことになろうとは…

人生、何がどう巡り巡って役立つかなんて分からないですよね。
そして、また私は「ひとりでやれること」の経験値が増えそうですが、バリバリに頑張って「頼らないで何とかする」という姿勢ではなく、

あらあら、予期せずしてまた「ひとり力パワーアップ」しちゃうねぇ~。てへ。

というようなゆるーい感じです。

本当はギンちゃんも一緒に「3魂」で行きたかったのですが、まずは仁くんと私で「離婚後に自分で買った車での新しい経験値」を積んできて、いつか穏やかな季節に3魂で旅行に行けるようになったらいいね。

* * *

過去の「家族旅」の話をチラリとしましたが、旦那さんだった人と離婚を決めた際に迷いましたが「慰謝料」をもらう事にして、公正証書を作って取り決めをきちんとしました。

一部は一括でもらい、残りの金額は分割払いにしたいという申し出から「公正証書」を作りましたが、旦那さんだった人は家業を継いで「自営」でもあり、コロナの流行やこの冬の大雪による被害を受けてしまい、収入が安定しないと申し出があり、目途が立つまで慰謝料の分割支払いをストップしていました。

離婚してからは、ほぼ連絡は取っておらず(慰謝料支払いの件がなければ基本的には連絡はありませんし私からもしません)、冬に連絡をもらった際に仁くんの病気の事をチラッとだけ話していました。

春になり、慰謝料分割支払いの話で今日久しぶりにLINEで連絡をしたのですが、そこで仁くんが手術をするために名古屋に行くことを伝えました。
伝えるかどうか迷ったのですが、ギンちゃんも仁くんも私に託してくれたとはいえ、彼にとっても大事な家族でしたし、本当にかわいがってくれていました。
今は離れた訳ですし、相談するような事ではない…とは思いつつも、事後報告になりましたが仁くんの病気・手術の事を伝えられたことはヨカッタと思っています。

彼からのLINEは、慰謝料支払いが出来なかった時期があって申し訳ないという言葉の後で

仁、頑張れ

という、素っ気ないけれどあったかい「応援」の言葉が送られてきました。

なんというか、嬉しかったな。

離れちゃっているし、私たちはもう別々の道を歩いているけれど、私たちが一緒に愛した小さな命に対して、彼が「頑張れ」と言ってくれたことが、すごくすごく嬉しかったな。

私たちは夫婦として生涯を共に寄り添い続けることは叶わなかったけれど、ギンちゃんや仁くんを家族に迎え入れた時に「別れを予想して」いた訳ではなく、彼がギンちゃんや仁くんを愛する気持ちは私と遜色ないものだったことを知っています。

離れてしまったけれど、頑張れ!って言ってくれて、ありがとう。

退院してから検査までの間に病状が悪化しないかヒヤヒヤしていましたが、幸いなことに夜と朝の発作はあるものの「咳止め」でうまく鎮咳が出来ており、やっとやっと、手術のための検査にいくカウントダウン体制に入れました。
検査でより詳しい「現状」も分かり、それによって薬も変わるかもしれないと主治医の先生から言われているのですが、無事に手術の予約が出来、待っている間もより楽に仁くんが過ごせるようになればいいなと思っています。

なんだか支離滅裂ですが、我が家の近況報告です。えへへ。