手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

ギンちゃんの『抜歯』処置。 ~今日はお泊りでギンちゃん不在です~

昨日の夜ごはんを食べた後から どんなに取り立てても マミコのやつが ご飯をくれないんですよ

今日はギンちゃんの『歯肉炎』からくる右奥歯の抜歯処理の日でした。

診察でお口を開けて見せてくれればよかったのですが、そこは「頑なに拒否」をしてお口を開けて見せてくれなかったため、先々週に鎮静(軽い麻酔)をかけて検査をしてもらいました。

子猫の時から「歯ブラシでの歯磨き」にトライしているものの、やっぱりどうにもうまくできず、うまく口の中にブラシを入れられても「サッと一回擦れればいい」という感じで、オーラルケアを上手にしてあげられていませんでした。

柄のついたペット用歯ブラシ、乳幼児用のヘッドの小さな歯ブラシ、360度毛がついているペット用歯ブラシ、指サック型の歯ブラシ、指に巻いて使う歯磨きシート、歯磨きガム…
色々試しましたが、獣医さん曰く「ネコちゃんの歯磨きは、ワンちゃんと比べても難しいですから」と慰めてもらいつつも、もう少し歯磨きがうまくできていれば…と反省の気持ちは尽きません。

ギンちゃんは『慢性口内歯肉炎』という、原因ははっきりしないものの純血種の子に発症が多く見られるという歯肉炎。
残念な事に、この病気は内服薬を飲んでも一時的に効果があってもまた悪くなったり、薬をやめれば炎症が再発するそうで、最終的な治療法は『抜歯』になるのだそう。

抜歯…と聞くとやはりひるみますし、何とか歯を残せないのか??と思ってしまいますが、投薬で粘って口腔環境が悪くなれば抜歯後も炎症の治療が必要になったり、年齢的にも待てば待つほど麻酔への影響が心配されるため、今回早々に抜歯処置をしてもらうことになりました。

先生のご予定などもあり、検査から2週間の今日が抜歯となりましたが、抜歯は全身麻酔(朝、診察をしてもらって預け、お昼に処置、麻酔から覚めるのを確認後も1泊入院)で行われるため、

●前日夜9時以降は水以外での食べ物は禁止
●お水も朝からは禁止

と言われていたため、いつも以上に晩ご飯の盛りをよくしたものの、明け方になると「朝ごはん食べたいよーーー」と何度も何度も取り立てに来て、私がご飯をくれないと分かるとピチャピチャと水を飲んで空腹をしのいでいました。

そんな空腹を満たしてくれていた「お水」も、朝6時には撤去して飲めないようにしたので、より一層「食べたいーーー」とくっついて歩くので、胸が痛かったです。
※仁くんも一緒にお水と朝ごはんを我慢。病院に行く前にお水を入れて、ギンちゃんを預けて帰ってきてから朝ごはんを食べました。

待合室での一コマ。
普段は抱っこが嫌いですが、
今日はピトッとくっついていました

病院が空いてすぐの9時の予約をしていたつもりが、まさかの9時半で「うっかり炸裂」しましたが、他のご予約の方との間で空きがあったようで対して待たずに診てもらえました。

コロナが流行して以来、病院では『自分の車で待つ』のが基本で、診察の直前に病院から携帯に電話が来て待合室へ行くスタイル。

ギンちゃんは車の中では自由にしているので、のびのびと待機していましたが、病院内へ行くときは『キャリーケース』の中に入れて行きます。

が…
今日はキャリーバックに入れようと抱っこすると、ブルブル震えてしがみついてきたので、ハーネスをしていたこともありバックに入れずに待合室へ。

普段は抱っこは短時間しかさせてくれないギンちゃんですが、今日は思いっきり私にしがみつくように抱き着いていて、不安なんだろうなぁと思いつつも

役得♡

と愛おしいハグタイムにご満悦の鬼畜生おまみーぬでした。

同意書を書いた時、やはりドキドキしました

事前に「抜歯処理の概要」は聞いていたのですが、今日はギンちゃんの体調チェックをした後で、処置に関する同意書と詳細な説明を聞き、全身麻酔での処置になるため、何か急な変化があった場合に処置をすることなどを着課されて、急に不安がせり上がりました。

あくまで「万が一」の話ではありますが、万が一が絶対に起こらない訳ではないからこその『同意書』ですもんね。

歯科処置は午後2時頃~1時間くらいで、何もなければ麻酔から覚めてから連絡します!との事だったので、午後に仕事で電話が鳴るたびにドキッとしました。

丁度仕事で営業さんから電話があった際に、動物病院からも電話があり、仕事の話が終わってすぐに折り返したところ

無事に抜歯は終了し、麻酔からもきちんと覚めていて、今の所は問題ありません。

との報告に、ホッと一安心。
大きな外科手術ではないですし、よくある処置なんだとは頭で分かっていても、やっぱり『どうか何事もなく終わりますように』と緊張していたようで、無事の報告を受けた途端

朝ごはんもお昼ご飯も食べてなかったから、お腹すいたーーー

と安堵からくる空腹を感じました。えへへ。

前回の鎮静後も、一晩フラフラしている感じだったので、今日の夕方にお見舞いに行きたかったけれど「ボーッとしている」だろうと思い、ならばしっかり眠って元気になってもらう方がいいな…と、明日の朝のお迎えまで我慢することにしました。

あぁ、早くギンちゃんに会いたい。

仁くんをギューッと抱きしめながら「早くにーたんに会いたいねぇ」と、帰ってくるのを2魂で心待ちにしています。

* * *

【番外編】

抜歯を翌日に控えた、木曜の夜のギンちゃん。

昨晩はオンラインでの「動物医療グリーフケア」の講座に参加していたのですが、思う存分に「ネコハラ」を始める始末。

Oh、Noooooo

資料の上で体を擦りつけるので、角は切れるはぐチャットなるわでトホホでしたが、苦笑いできるくらい「何気ない日々」って幸せですね♡

今日はギンちゃん不在なので、夜中や早朝の「ご飯の取り立て」がないので、朝まで起きずに爆睡できそうです。
ではでは、お休みなさい。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • ギンちゃんの『抜歯』処置。 ~今日はお泊りでギンちゃん不在です~