手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

立ち止まった時に何もないと思う人ほど、きっときっと「与えてきた」人なんだと思うんです

マミコちゃんが 毎日パショコンで会議したり ネンネの前までお仕事してるんでちー

こんにちはー。ちはー。ちはー。 ← 久しぶりの一人やまびこ

いやー、もうね…
普段は「マイペースに作業」が基本の私なのですが、今月からお盆明けくらいまではとにかく忙しく、サラリーマンとしての仕事に全く余裕がない状態です。

打ち合わせに行く時間も取れないので、もっぱらオンライン会議をさせてもらって少しでも移動時間を短縮して時間を捻出…と、まるで「めっちゃやり手のビジネスマン」みたいなことをしています。

実は私、過去にめっちゃハードワークで身体を壊して血尿が止まらなくなり、結果「腎盂腎炎」になってとんでもなく辛い思いをしました。
それを機にもう少し緩めに働けるようにと思っていたのですが、現在の職場に入る前に1年程在籍した職場も、ユンケルを渡されて徹夜することもある…という過酷な納期が続き、

このままここにいてはいけない!!

と、あっさり1年にも満たずに逃げるように退職しました。

そして今の会社に転職をしたのですが、どうしても『納期』がある仕事なので忙しい時には少しハードなスケジュールになることはあるとはいえ、ここまで忙しいのは何年振りだろう…。

前回、キックオフミーティングの際にしれーっと仕事を決めてきた上役の人が

通常の1/3というあり得ない納期でやるので、1日の遅れが”命取り”ですからご協力くださいね!!

とお客様にスケジュール順守の釘を刺していましたが、通常の1/3納期って、そりゃぁ激務にもなりますよね。(くっきり白目)

という訳で、先週後半から今日まで、一度夕方に仕事の手を止めて仁くんのお散歩に行ってシャワーを浴び、ご飯を食べながら仕事を再開する日々が続いています。
まだまだもう少し先まで余裕は全くない状態が続きそうなので、気持ちばっかりが焦ってしまいますが、今週もあと2日で追い込みをかけて気持ちよく週末を迎えられるように頑張りたいと思います。

* * *

冒頭の写真に、チラッと写っているのは『30日間で理想のパートナーを見つける法(チャック・スペザーノさん著)』なのですが、2年近く寝かせてきてようやく重い腰をあげて取り組むぞ!と思った矢先、忙しさに忙殺されて手が付けられず。

テーブルの上で目につく場所にないと、絶対にこのまま「前書きを読んだだけで終わる」と思い、チラチラと視線に入っては来るものの、ちょっと仕事の目途が立つまではおあずけ確定です。

これをやればパートナーシップに何かしらの気付きや変化がある…という本なのに、やり出したら忙しさに追われて手が出せないとか、本当にどんだけ

「パートナーシップに関する抵抗」

があるんだ…と、天を仰いで「ジーザス!!」と叫びつつも、本にはゆるゆるとではありますが、また向き合おうと思っています。
と、やるぞ!と言っておきながら続報がお届けできずな私の独り言でしたー。したー。したー。← 本日二度目の一人やまびこ

* * *

冒頭の写真で、パソコンの手前にある「コクヨ・ソフトリングノート」は、もう何年も愛用して買い替えている『とにかく何でも書き込むノート』です。

勉強会、会社の会議に打ち合わせ、インターネットなどで見つけた言葉やセミナー参加時のメモ、自分の心の内をザーッと書き出したり、謎の計算式が書き込まれていたりと、ごちゃ混ぜに走り書きをする、何でもノート。

そこから写真にも写っている黄色のノートにピックアップして残しておきたい事を清書したり、セミナーの内容などは資料や別の専用ノートにまとめています。

雑多ゆえに、たまにパッと開いたページに書いてある言葉にドキッとしたり、あの時はこんな悩みや課題でいっぱいだったんだなぁ…と懐かしい気分になったり、忘れていた記憶が蘇ったりして、なかなか興味深いものがあるのも「雑多ノート」のお楽しみでもあります。

今日もオンライン会議でのメモを取るために会議前にノートを開いてみたら、多分1年半以上前に書いたであろう「メッセージ」のようなものが目に入ってきたのですが、それが今日のブログタイトルにもつながっています。

ノートに書いてあったのはこんな言葉でした。

= = = = =

誰もが人生の中でフッと立ち止まることってあるんですよね。
がむしゃらに走っていた時には、あまりに必死で余裕がないけれど、いざ一息ついて『自分を見つめる』ことをしてみたら、

私は何のために頑張ってきたんだろう?
私は何を楽しいと思い、生きがいにしたらいいのだろう?

と、現実を前にして力が湧かなくなったり、暗い穴に突き落とされたように「分からない」って嘆くことがあるものです。

人生ではいろんな年代やステージがあって、女性はどうしても「特有のホルモン」の影響を受けてしまい、それが原因で希望を感じられなくなったり、それまで楽しめていたことに興味が持てなくなる事だってあります。

私はこの先どうしたらいいんだろう??と考えて目の前が暗くなった時は、立ち止まる時です。

そして立ち止まっている自分の足元を見た時に「私には何もない」「私は何も成し遂げていない」と思って涙する人ほど、懸命に日々を過ごし、頑張って生きてきた人だと私は思います。

周りの誰か(それが愛する人でもそうではない人でも)のために、自分の欲求を我慢することを覚え、自分を差し出して生きてきたから、空っぽに感じるのではないでしょうか?、
それが無意識の選択であったとしても、周りの人への優しい思いをあなたが持っていたからこそ、自分が与えるという事を選んだんですものね。

何も自分が持たずに与え続けることができる程、深い愛を「持っている」ことを、その大きな価値をどうか受け取れますように。

そして、人生は何かを成し遂げられなくても、何かをしなくても、きっと「生きていること」だけでいいんです。

= = = = =

空っぽだということは、空っぽになるほどに与えてきたという証ではないでしょうか??

そして、立ち止まったことをきっかけに、自分の持つ素晴らしい才能を抱きしめながら、今度は少しずつ自分にも与えてあげながら、自分を笑顔にしてあげられたらいいですもんね。

そしてそして、何かすごく特別な「何か」を残したり成し遂げなくても、生きているだけで充分なのに、私たちは

ただ生きているというだけではダメだ

と思い込んでしまっているんですよね。
それは「与える能力」があるがゆえに、もっと役に立たないと!!と思っちゃう才能が自分をチクチクと刺激しちゃっているんですけれど。

空っぽだな、と思ったら自分を思いっきりハグしてあげて「空っぽになるまで頑張った私、お疲れ様」と言ってあげて、ゆっくりゆっくり自分に愛情とエネルギーを注入してあげながら、また歩きたくなる日を待ってあげたいものですね。

なんだか何を言いたいのか、自分でもワケワカメで取り止めのない話を書いた上に、ここでドロンと「忍法・退散の術」を使って消えようとしていますが、

私もあなたも、頑張るなと言われても頑張っちゃうんだと思うので、そんな自分を愛してあげようね!!!

と愛を叫んで寝ようと思います。

おやすみのもんたーーー。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 立ち止まった時に何もないと思う人ほど、きっときっと「与えてきた」人なんだと思うんです