手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

我が家の一コマ。いつも「笑える時間」をありがとう。

あっ… 見つかっちゃったでち…

我が家のギンちゃん・仁くんのご飯は「ロイヤルカナン」というメーカーのカリカリフード(病餌食)がメイン。
ギンちゃんは『ユリナリーS/O』という下部尿路疾患用、仁くんは『消化器サポート』というお腹の調子を整えるものを食べています。

ギンちゃんはオスのネコちゃんに多いとされる「膀胱炎」を幾度か体験していて結石が出来た事もあり、予防のためにフードはもう数年間コレ一択。
仁くんは去年にお腹が緩くなって獣医さんから薦めてもらってからフードを切り替えたのですが、今の所気に入って食べてくれています。

普段はカリカリのみで、おやつの時間にちゅーるやジャーキーを食べているのですが、私と一緒に引っ越しをしてきて3魂暮らしになってから、今までとは生活のリズムが異なり「待つ時間・寂しい時間」も増えるので、ずっと待っていてくれる2魂に『待っててよかった♡』と思ってもらえるように…と、夜ご飯のカリカリにウェットフードを少しだけですがトッピングすることにしました。

パウチ状の市販のウェットフードを、1/4だけ乗せるという「本当にちょっとだけ」のトッピングなのですが、ギンちゃんも仁くんも夜ごはんの前のソワソワが朝とは全然違い、どれだけトッピングが嬉しいのか…
最近は、仁くんのお薬の関係もあって茹でたチキンを細かくしたものをそこにプラスしてあげているのですが、旺盛な食欲でフードボールが空になるのを見るのは、いつだってニッコリできる時間です。

モリモリ食べる!って元気で健やかな証拠ですもんね。

我が家のギンちゃん・仁くんは、病院で紹介してもらったウェットフードは好みではなく食が細くなるのですが、2魂揃って『イナバ派』で、ドラッグストアで購入するイナバのウェットフードと他のウェットフードでは食いつきが違います。

特に仁くんは、ドラッグストアではちょっと高級ラインである「シーバ」などは全く口を付けてくれません。
他にも日新製粉やペディグリー…と色々と買ってみたのですが、どれもトッピングした途端「要らないでち!」と食べようとしなくなる程。

唯一食べるのが「ちゅーる」でおなじみのイナバのウェットフード。
我が家では「ささみと○○(← ○○には野菜やチーズなどが入ります)」という3袋入りのセットを買っています。
3袋を4等分して食べるので、1セット買うと12日分のトッピング(200円弱)なので、経済的にも高級志向じゃないとうのは本当に助かります。えへへ。

ギンちゃんや仁くんは、物の価値を「自分の好きか嫌いか」で選んでいます。
そこに『値段』『ブランド』『人からの評価』は関係なく、あくまで自分の味覚に合うのかどうか?自分の寝心地に合うのかどうか?自分にとっての快・不快に真っすぐです。

良くも悪くも、私たちには「思考する」という力があるため、素直でいるって難しくなってしまうけれど、自分にとっての好きや嫌いという感覚的な物を大事にしてあげるってノビノビと生きられるんだよなぁ、というのをギンちゃん・仁くんがお手本となって見せてくれています。

で…
置き去りにしてしまった冒頭の仁くんに戻るのですが、私の指で掴んでいるのは

カッピカピに乾燥して床に転がっていたグリンピース。

仁くん、イナバのご飯のグインピーチュが嫌いでペッてしちゃうんでち

イナバのウェットフードには、サツマイモやカボチャといったワンちゃんが好きな野菜に交じって、グリンピースも入っているのですが、今年に入ってから「どうやらグリンピースが苦手らしい」ということに気付きました。

それまでもフードボウルに残している事があったので、あんまり好きじゃないんだろうな?とは思っていたのですが、ちゃんと食べることもあるしその時の気分だろうと思っていたのですが、今年に入ってまさかの光景を見ました。

それは…

ギンちゃんが何か小さなものを転がして必死に追いかけて遊んでいたのですが、小さな虫が入ってきて追いかけているのでは?!と慌てて駆け寄ると、そこに落ちていたのは

カッピカピになった小さな黒みどりの玉

???

一瞬何か分からず、その球を持ちあげて数秒考えた後「あ、グリンピースだ!!」という事に気付きました。
そう、仁くんのフードの中のグリンピースを仁くんが食器外にペッと吐き出したものが、時間をかけて乾燥して、ギンちゃんのおもちゃへと変貌をとげていたのです。

なんというエコなおもちゃ…

しかも緑のミニボールは7つ集めると願いが叶うという…

あ、あのぅ、申し上げにくいのですが…
ギンちゃんが集めようとしている緑のボールは「ドラゴンボール」ではなく、グリンピースなんですよーーー。残念!!

しかも、すでに7個どころじゃない数が見つかってるんです。

ギンちゃんと仁くんのご飯スペースは我が家では私のベッドがある寝室。(私の暮らす環境はリビングキッチンと寝室しかないんですが…)

備え付けの収納が少ない(小さなクローゼット1個と共用スペースにあるトランクルームのみ)ので、下に収納が出来る無印良品の「収納ベッド」という少し高さのあるものを買った所、仁くんがベッドへジャンプするのが難しくなり、階段風にカゴなどを工夫して置いてみたのですが、どうも階段は苦手らしく活用してくれないので、ベッド脇に仁くん用の「寝る場所」を確保しています。

妹が泊まりに来る時用のお布団を折りたたみ、古くなったタオルケットで包んだ上にリネンのカバーをかけて作った即席ベッドなのですが、ここでお昼寝をするだけでなく、このベッドをトランポリンのようにしてベッドに飛び乗る事もできるようになり、我が家ではなくすことの出来ないスペースになりました。

で、この仁くんベッド(と呼んでいます)と仁くん用クッションというのが並んでいるのですが、そのクッションの脇が仁くんのご飯スペース。

ここでご飯の中からグリンピースを見つけては「ペッ」と吐き出していたようで、先日仁くんベッドのアイテムをお洗濯しようと動かしたら…

なんと10ピースもの乾燥したグリンピースが出てきました。
Oh、No…

それだけではなく、クッションやら階段のようにしてあるカゴ類を動かしてみたら、そこからもコロコロとグリンピースが出てくるではありませんか!!!

さらにリビングでも不思議な場所からグリンピースが出てくることも日常的で(どうやらギンちゃんが見つけて手で飛ばして遊んでいるうちに見失って放置されたと思われます)、今朝もリビングにある鏡の前にポチンと硬くなったグリンピースが転がっていました。

グインピーチュボールが見つかったから今日のマミコちゃんには良い事が起きるでちよ!

え?そうのなの??
この乾燥グリンピースを見つけると、ラッキーな事が起きる「ラッキーボール」だったの?!?!

何でもない我が家の日常には、まさかの場所にグリンピースが転がっていて「またペッてしたのかー」と思わず笑いが込み上げるような、予想だにしない楽しい時間が隠れています。
仁くんが好き嫌いでペッとしたグリンピースをおもちゃにして遊ぶギンちゃんも、私の中では思いつかないような斜め上の楽しみ方をしていて、思わず笑わせてもらっています。

君たちがいてくれるから、私の生活にはたくさんの笑顔が勝手に湧き上がります。
ありがとう。そして今日も、あいしてる♡