手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

まずは1mm。ほんのちょびっと自分を認めてあげるために。

ふかふかパンとトロトロプリンを前にした仁くん

新しい朝は、お天気だとそれだけで嬉しくなります。
嬉しい朝は、それだけで食欲モリモリ!
最近買ったばかりのお気に入りのマグカップとお皿にプリンをのせて、慌ただしい時間の中の幸せな一呼吸の時間です。

今回も「お弟子さん」の宿題がいくつかあり
その中で【グループ内で電話カウンセリング】をするというものがあるのですが
自分がカウンセラー役をやる時にもいろいろな学びがありますが
クライアント役で自分の悩みや生きづらさを相談すると、目から鱗のいろんな「私」に出会うことができています。

自己評価を聞いてくるギンちゃん

くぅ…
メガネ妖怪BBAってまたしてもディスってきてーー。
そんな事言ってもマミコの事が好きなのは知ってるんだぞーー!

さて、私の中の私像とはこんなものでした

マミコが思うマミコ像

  • 自己評価低め
  • めちゃくちゃ依存体質
  • 優しくない(← 優しいね!と言われるけど私の優しさなんて…と思っている)
  • ネガティブ全開(← とはいえ、変なとことでポジティブでもある)
  • 顔面問題あり(← 見た目の自信はマイナスレベル)

※他にもいっぱいあったはずなのに、自己価値がちょびっと上がってきたのでマイナス要因がスポッと抜け始めているようであんまり挙げられない…

教えてもらったり気づいた私の姿

  • 自己肯定感が低い(← ここは自己評価と一緒)
  • めちゃくちゃ自立
  • 優しい
  • 完璧主義
  • オシャレだと言ってもらえる事が多い(← まだ受け取れていないので、照れ臭い)

マミコちゃんが思ってるマミコちゃんと反対っこのマミコちゃんがいる

だよねーーー。

「依存」してしまう重い女…だと思っていたら、メチャクチャ「自立」という真逆にいたし、私が思う優しさって【マザーテレサ】くらい優しくないと優しいなんてはずがない!と思っていたら

そんなに完璧じゃなくていいしー

と言われて目から鱗。
そっか、私、私なりの優しさをもっていていいし、優しい!ってみんなが言ってくれるんだから「優しい人です♡」って言ってもいいんだ…よね?

一生懸命1人で方向違いに頑張るぞ!と向かっていたけれど
あれれれ、方向が違うから上手くもいかないし、疲れるし、自分が傷だらけになるわけだ…

ちなみに、私が自分を依存だと思っていたのに自立だと思えたのは
朝の勉強会で教えてもらった【自立三点セット】なるものが全て私に当てはまったからなんです。(うすうす自覚はあったんですが)

自立三点セット?!

もうね、これを知って「全て私に当てはまるーーー」と衝撃だったのでいろんな人に言っているんだけど

自立三点セットとは

  • ガマン強い
  • 弱音が吐けない
  • 1人でやってしまう

結局のところ、自分に厳し過ぎて自分を褒められないし、弱音を吐けないから人との距離感も取ってしまうし、与えてしまうばかりで受け取れない!というのがメチャクチャ図星すぎて痛いくらい。

そして、この自立を少しずつ手放すために「受け取る」ことを練習しようと思うのだけれど

完璧主義で自己肯定感が低いので、まぁ、自分のことを褒めるのがなんとくすぐったいというか下手くそなことか…

先ほどの「優しい」も、私の中でそうありたい!と思う姿だからこそ、完璧な優しさを持っていない自分は優しい人間ではない!!と強く強く思っていたからこそ
周囲からもらえる「優しい人」という評価に

いやーー、そんなことないです!

って全否定していたくらいだし。
でもでも、本当は嬉しいのに、ね。(素直になった方がかわいいなぁ)

※私は優しい人になりたいと常日頃思っていたので、やさしいね、って言われたら嬉しいのに受け取れないのがもどかしい(OMG!)

メガネ妖怪BBAだって立派な個性だから

ん???
メガネ妖怪BBAってディスりながらも褒めてくれてるんだよね??

でもね、ギンちゃんのいうように

私が私だからよかったこと

を、これからはたくさん見つけてあげたいな、と思えるようになりました。
これもそれも、電話カウンセリングや実際に毎月みんなに会うときに言ってもらえる沢山の言葉から教えてもらったもの。

私は自己肯定感がメチャクチャ低くて(とはいっても、昔よりはうーんと自己肯定できるようになって生きやすくなりました)
何かをプラスしなくては価値がない、と思っていると指摘してもらい大いに納得。

※赤ベコか!っていうくらい、頷きまくりました

ちゃんとしていなくてはいけない、そうじゃない自分はダメだ!と自分の中の価値観を自分に強要してはダメ出しして、どんどんと自己評価を自分で下げ、鞭打って自立して、それで生きづらい!なんて思っていたとは…

なーんだ、私って頑張ってつかれてしまっていたのね〜
なーんだ、私って努力して自分を生きづらくさせていたのね〜

仁くんはマミコちゃんが大好き

う、う、う、うわーーーん。(涙)

マミコちゃんも、ギンちゃんや仁くんがなにか特別だから好きな訳じゃなく
ギンちゃんや仁くんだからこそ、大好き。
同じように、私自身に対しても「私が私だから大切なんだ」と思えるようになろうと決めています!

でね…
早速提案してもらったものをご紹介します!

ステキな自己肯定感の上げ方プラン

  • 過去を振り返って「だからこそ」身につけられた才能を見てみる
  • 自分に優しく!頑張ろうと思うのをやめちゃおう(頑張りたいときは頑張るけど)
  • やるべきことをやっている私は偉い
  • 毎日5個のヨカッタ「こと」と5個の自分を褒めるべき箇所を見つける
  • キツかったね〜、偉かったね〜、ありがとう!といっぱい自分に言ってあげる
  • これをしたいと「頭」で考えているの?心がそうしたいと思っているの?と問いかける
  • どんな私も認めてあげる。否定しちゃう自分すら認めちゃう。(← よっ!向上心のある私!偉いね、とか…)
  • 自分ができていることは「当たり前」に見えるけど、他の人から見たらスゴイ事の方が多いんだよ!とちゃんと肯定してあげる

今の私があるということは、これまで生きてきたからこそで
振り返ったときにそこを否定するのではなく「私だったからこそできたんだよ!」と過去を肯定してあげるって、考えると本当にホカホカします。

さらに教えてもらったのは「自己肯定感が上がると受け取れるようになるし自立を手放せる」という事。

わお!なんてステキな発見でしょう!!!

自分1人で「自己肯定感をあげたい!」と考えていても
こんな風にステキなプランを思いつくことはなかったでしょう。

頼るってステキなこと。
聞いてみるって自分を拡げること。

何十年も必死になって自己価値を下げてきたのだから、
いきなり全てを上手くやろうとしたら、きっと途中で燃え尽きてしまうから
少しずつ、それは例えば1mmの歩みであってもいいと思っています。

今日は暖かくていい一日だったな。

かわいいギンちゃんや仁くんが今日も元気で側にいてくれて、
さらに私はお世話をちゃんとできていて、それって偉い!(← こういう風に思うといいよ〜と教えてもらったのですが、とってもステキな思い方だったので、早速真似しています)

上手にできなくても頑張っているところがスゴイ!
自分を好きになりたくて努力する私って「きっと」偉い!

受け取るのが苦手な自立の私は「きっと」とか「そういうことにする」と一言つけてあげると受け取りやすくなるので
まずはここからスタートします。

いつかきっと、自分で自分を心から信頼してあげられる日がくる。
そしてそれは、きっともうすぐそこにあると信じて。