手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

いよいよ明日退院!入院生活も今日が最終日です!!

急に甘えたくなって 甘えん坊お銀になってるですよ

早いもので、入院して10日目。
動けるようになってきてからは、まだまだ退院まで長い…と思っていましたが、入院生活も残すところあと1日。
今日の夜はご飯を食べながらコナン君を見て(コナン君好き)、その後はシャワーをして、持ってきたお菓子を食べながら「あらびき団」を見るのを楽しみにしています。

毎朝「談話スペース」まで歩いていって自動販売機でお茶を1本購入し、新聞のテレビ欄を見て情報を入手するのが、この1週間の私のモーニングルーティーンでした。
普段家にいるとテレビを見る時間は少ないですし、新聞も取っていないのでテレビ欄をチェックすることもないのですが、いつもと違う日々のルーティーンも悪いものではないな~と少し名残惜しい気も…

全くしません!!!

いやー、私は重篤な病気ではない上に回復具合も良く、看護師さんたちをナースコールで呼ぶような機会も少なかったので「割と自由」にさせてもらえているとはいえ、入院している間は活動範囲も狭いですし、やっぱり人の目というか落ち着かない感じが付きまとって、何もしてないのに疲れる感じがあります。

今晩ここで最後の夜を過ごせば、明日は帰れる!!
ギンちゃん、仁くんに会える!!!

ギンちゃん・仁くんは私の実家で預かってもらっているのですが、やはりいつもとは少し様子が違うようで「とにかくいい子・とにかくおとなしい」と連絡が来ていました。
そして、お世話をメインでしてくれている妹になついていて、まるで子分のようについて歩いているそうで、妹は

ギンちゃんと仁くん、返したくないなぁ~

と意地悪LINEをよこしてくるほど。
それもそのはず…

冒頭のギンちゃん写真は、今朝急にギンちゃんが妹の足の所に乗っかってきて甘えているシーン。

ちょ、ちょっとーーー、どゆことぉ~?!

いつもCooooooooooLで「漢らしさあふれる」おギン様だというのに、私にだってこんな風に甘えてくることなんて滅多にないのに…

羨まし過ぎるーーーー。ギリギリ。

妹曰く、きっと寂しいんだろうね、という言葉に胸がギュッとなります。
明日は私にも甘えていいからね!!(ってか、甘えて♡)
あー、早く会いたい。

もう気持ちは2魂の元へ!!という感じのおまみーぬです。

思っていたよりも術後の経過がよく、この調子なら退院後すぐにマンションに戻れそう…ということをLINEしたら、なぜか両親がしょんぼり。

今回はコロナもあって「面会」は全くできないので、特に必要なものがない限り呼び出してきてもらう予定がありませんでした。
途中で幾度か「食べたいものがあれば差し入れるよー」とか、何かしらしてあげたい!!という思いの連絡を貰っていたのですが

予め見越して持ち込んだお菓子も食べきれない

という感じで、特に何か困る事もなかったため、ギンちゃんと仁くんのお世話をお願いしただけで十分だよ~と、どこか両親からしたら「甘えてもらえない・遠慮している」と思われていた節があったようです。

うん。
確かに家族が入院していたら、助けになりたいし役に立ちたいと思いますもんね。

そこに来て、退院後すぐに実家を頼らずに家に帰ろうと思うというのを聞いて、どうやらしょんぼりしたようなので、とりあえず一時は実家に強制連行されることにしました。
何日滞在するかは分かりませんが、とりあえず退院した日は実家に身を寄せて、その後の事を考えようと思います。

ではでは。
残り少ない病院ライフを満喫すべく、今日の夜に「あらびき団」を見る時のためのお茶を、談話スペースまで買いに行ってこようと思います。