手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

まぁ、急がなくっちゃ!~妄想クッキングのススメ~

今日はマミコちゃんが お仕事行く当番の日で ずっとお留守番してたんでちー

昨日、職場での面談があり会社へ行った事もあり「6営業日に1回」という久しぶり感はないものの、今日は私の出勤当番日でした。

今暮らしているマンションは、職場まで近いこと(車で10分かからないくらい)もありますし、6営業日に1日だけなのでそこまで嫌だなぁと感じることはないのですが、私以上に「ギンちゃん・仁くん」が私のいる日常に安心や慣れが生まれたのか

朝から夕方までほぼまるっと仕事で留守にすると、2魂揃ってプチストーカー化するんです。

普段のちょっとした買い物や、週末に数時間出かけるような日は私が帰ってきても眠ったまま顔をあげるというような感じなのですが、仕事で1日留守にした日は

・玄関まで2魂揃ってお出迎え
・私の後をついてトイレにもお風呂(脱衣所)にもやってくる
・一段落して休憩すると膝に乗ったり背中にくっついてくる
・おこたの中で私の足に抱き付く(← ギンちゃん)
・おこたの上で私の足の上で寝る(← 仁くん)
・夜はベッドの上私の脇の下に入り込む(← 仁くん)
・かけ布団の上から私の右足の上に乗って寝る(← ギンちゃん)

という感じで、思いっきり「私を堪能しよう」としてくれます!!!
日中私がいてもいなくても、別に昼寝をしてのんびり過ごしていて変わりがないように過ごしている彼らですが、私がいる事で「嬉しい・安心できる」と感じてくれているんだなぁとジーンとします。

私自身が在宅勤務が「本当に性に合う」と思っていますが、同じようにギンちゃんや仁くんも私が普段家にいる事に慣れて、それを喜んでくれているんだな~と感じると、このままずっと在宅で仕事がしたいなぁって強く思っちゃいます。
今の所、在宅勤務は継続するようですがもう少し出社日数を増やすのか…という話も出ているとかいないとか。
願わくば現状通りの6日に1回の出勤ペースでお願いします!!!

在宅勤務になって大きく変わったのは「食事」と「買い物」です。

以前はその日の疲れ具合で食材をダメにしてしまう事がある事から、買い置きはせずに毎日必要なものをスーパーで買っていましたが、今は週に1度まとめ買いし、自分で作ったものを組み合わせて食材を使い切ることが出来るようになりました。

当たり前ですが「買い物に行かない = 目についた無駄な出費をしなくなる」という事もあり、トータルで見ると食費も抑えられるようになりました。
そして、職場にいるとなんだかんだとお菓子をつまんで作業していましたが(小さいサイズのチョコやグミやハイチュウなど)在宅勤務になってからは

仕事をしながらおやつを食べることがなくなりました。

今がノーストレスという事なんだと思いますが、ほとんど間食をしなくなり、スーパーでまとめ買いをしてもお菓子コーナーで散財することが以前より少なくなりました。
※私は「イチゴ味」のお菓子に目がなく、これからイチゴ味のシーズンなのでいろいろ買ってしまう可能性は大です。(← 今後きっと色々買ってしまうあろうことをさりげなく予告)

午後3時を回ってから一度休憩をするようにしているのですが、そこでたまにおやつをパクッとしますが、食べる量も全然ちょびっとでよくなりました。

きっと意識せずにも職場で感じていたストレスというのがあって、それをお菓子を食べることで紛らわせていたんだろうなぁ。
ノーストレスな環境で働けるって、やっぱり最高!!

今日は久しぶりに職場で仕事をし、仕事を終えてギンちゃん・仁くんがご飯を待ってる!!と慌ただしく帰宅し、ご飯を食べさせてふぅと一息。
時計を見ると18時40分。
今からお風呂をわかすと19:00頃には沸くし、それまでの間に冷蔵庫に入っている食材でチャチャッとお料理を…と頭の中でやることを組み立てていたら

ここでまさかの、昨日のチオビーのセリフが勝手にリフレイン!!!!

美味しくいただきました。
美味しくいただきました。
美味しく…

とはにかんだような笑顔の私の王子様が脳内で暴走。
で、もしも、もしも…ですが、お付き合いして同棲とか結婚とか、とにかくチオビーが「ただいま」って19:00に帰ってくる脳内設定にしたら

やだ、あと20分でチオビー帰ってくるから、急いで晩ご飯作らなきゃ~

ってスイッチが入っちゃいました。

現実には19:00にチオビーが帰ってくるわけではなく「お風呂が沸きました」と給湯器がアナウンスするだけですが、そんなの無視です。

今晩は冷え込んでいるし、私も今仕事から帰ってきて手の込んだものは作れないから、そうねぇ…
冷蔵庫を開けて食材を見て「簡単あったかお鍋にしよう」と、鶏肉・白菜・エリンギ・お豆腐を取り出してお酒やみりん、野菜やお豆腐から水分が出るので少しのだし汁(もちろん手軽なだしパック活用)にお味噌を入れたこっくりした味のお鍋を作りました。

パッと時計を見ると、針は18:55を少し超えた辺りを指していて、妄想上でチオビーが帰ってくるときに出来立て熱々が完成!!
で、「お帰りなさい。今日はお鍋だよー」『鍋いいね!今日寒かったもんね』「ねー♡」みたいな会話しちゃったりなんかして、手洗いをしてチオビーが部屋着に着替えている間にテーブルに食事の準備をして、着替え終わったチオビーがお鍋の蓋を開けるとフワッと湯気が広がって

わー、うまそーー!

とか言われちゃったりなんかしちゃったりしてーーーー!!!!
やだー、どうしましょ。
やだー、楽しい。

と思ったところで給湯器から「お風呂が沸きました」とアナウンスがあり、現実に戻ってきました。

いやー、久しぶりに職場に仕事に行った後でバタバタと料理しましたが、なりきりクッキングという形で「同棲中の彼女気分」「新婚さん気分」を妄想すると、ものすごく楽しくて、作っている間もチオビーこれ美味しいって言ってくれるといいなぁ~と味見したり、出来たー!お口に会うといいなぁ、ドキドキ、とか思えて超絶楽しかったので、これからも妄想クッキングを推していこうと思います。