手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

コンプレックスがあっても、私は私でいいのにね。

スコーンを前にしたギンにーたんと仁イヌ

え、えーっと。
ボサボサと呼ばれているコレは、オシャレな女子がお茶するときのお供でもある「スコーン」

※オシャレ女子 = アフタヌーンティー のイメージ

人気でいつもすぐに完売するというスコーン専門店で先日購入し
冷凍しておいたものを解凍!

スコーンってギンちゃんや仁くんが言うとおり『ボサボサ』と口の中で小麦がほどけるイメージでしたが
人気のお店だけあって、空気なのか水分量なのか、スコーンはやさしくホロホロッとほどけるような感じで
人気商品という『レモンピスタチオ』のスコーンは、噛んだときに広がるレモンの酸っぱい感じが小麦の生地と上手に絡まって、とっても美味しい♡

しいていうならこのスコーンは

ボサシットリ系

ボサシットリ

あ、あら???
さっきまで『ボサボサ』っていって興味なしだったのに、ちょびっと言い方を変えるだけで興味しんしん丸になっちゃった???

でもねー、確かにそういうのってあるよね。

言い方一つ、考え方一つで見える物や世界が変わって見えるっていうこと。

いきなりだけど、お師匠さんの今日のメルマガ・ブログで『コンプレックス』について扱われていて
マミコもコンプレックスについて考えてみたんだよね~

コンプレックスを語るギンにーたんと仁イヌ

おっ、おうっ。
仁くんのコンプレックスは、ちょっと種別を超えちゃいすぎてて壮大だね…

でも安心して!!!
仁くんは『ネコイヌ』(自称ネコのイヌ)だし、マミコちゃん調べでは『現時点でのチワワ界No.1のかわいらしさ』だから、
ネコちゃんじゃないことをコンプレックスにしなくていいからね!!!

ギンちゃんのは、コンプレックスっていうか『軽い自慢』だからっ!!!

とはいいつつ、コンプレックスって人から見ると「そんなことないよ?!」というようなことだったり、大した事ないように見えても
本人はそれを気にして注目してしまうから、ものすごーく悩んでしまったりするんだよね。

そのせいで自信をなくしてしまったり、人前でうまくふるまったり話せたり出来なくなったりすることもあって
生活すら不自由になっちゃうことまであるんだもんね。

コンプレックスについて質問する仁くん

ちょ、ちょっとギンちゃん。
こっちも見ずに興味ない感じダダ漏れしてますけど…

えーっとね、私にもコンプレックスはあります!

えーっと、えーっと…(← しばし考え中)

あ、あんまりないかも…
コンプレックスって「激しく悩んでしまったり気に病む」ようなことだよね????

顔についても、理想の顔ではないし
すごーくお金持ちということでもないし
頭がいいわけでもないので、いい学校を出たわけでもないけれど
そういう事って「少しは悩む」事はあっても、そこまでコンプレックスに感じる要素ではなかったんだよね。

しいていえば…

離婚した事

は、コンプレックスというか、離婚する前になかなか自分に起きる「離婚」という現実が受け入れられなくて
それをすごーーーく拒絶してしまっていた時期もあるし
別に悪い事をしているわけではないけれど、離婚したということを胸を張って言えるようなことでもない…という思いもあるもの、ね。

※離婚については決断してからは後悔はありません
※特に話す機会がない時には言いませんが、隠してもいません

それはコンプレックスじゃない!

う、う、うっ。うわーーん。(号泣)

ありがとう。ありがとう。

そうだよね!
生涯を添い遂げたいと思って結婚をしたので、離婚するつもりではなかったがゆえに、とても悩んだし迷ったけれど
私の結婚生活は楽しいものだったし、離婚したということは「結婚していないとい出来ない事」だもんね~

まだ「勲章」とまでの思いを持つのは時間がもう少しかかると思うけれど
別にコンプレックスにする必要はないものだもんねっ!!

あっ!
コンプレックスというか、マミコちゃんが生まれたときに『将来、この子がコンプレックスを持つのではないか?』と両親が心配していた事があるんだけれど
ちょっと聞いてもらってもいい??

生まれつきのことって?

ネコ人間って…
安心して、マミコちゃんは「ただの人間」だから。

話が逸れてしまったけれど、マミコちゃんは生まれたときから「お腹をグルッと一周するかのような先天性の染み」があるの。
一つ一つは5mmくらいのいびつな形をした染みが、腰から胸の下あたりにかけて、まるで帯を締めているかのように神経の伸びている箇所に沿って、ブワーッと茶色の染みが散らばっています。

まだフニャッと柔らかい赤ちゃんの体に散らばる無数の染み。

お父さんもお母さんも、女の子だというのに将来この事を気に病むのでは??ととても心配して、子供の時に何軒か皮膚科で見てもらったこともありました。

お腹の模様は見なれていますが、何か?

大きくなって「なぜ私のお腹は 模様付き なんだろう??」と悩むのではないか??

女の子なので、水着を着たりするときにお腹を出すことができないと考えるのではないか?

人とは違うという個性を、受け入れられずに深く考えたり苦しむのではないか、と。

審美的な面からすると、やはりキレイな見た目ではないので悩もうと思えば「コンプレックス」にしてとことん悩める問題ですが
私は、あまりこの染みのことを気にしたことがありません。

だってね…

天然のアニマルプリントだから♡

※アニマルプリントってオシャレ女子がこぞって着るイメージじゃないですか??
※関西のおばちゃんからも人気がありそうですよね!

無駄に前向きが最高

そうそう。
悩んでも解決できないものって、いっぱいあるものね。

とことん悩んだり、迷ったりした後は、上手にそれを受け入れたり「和解」していくというのか、共存していけるようになれるのが理想だものね。

師匠のブログの中には「自分を愛する」ことの一つとして「短所を許す、受け入れる」という言葉が出てきていたけれど
私にはこんな悩みがある、それはどうすることもできないし悩んじゃっているけれど、しかたないもんねぇ~、と自分で自分に言ってあげられるようになると
コンプレックスと上手に付き合えるようになるのかもしれません、ね。

私の場合は、お腹の「ヒョウ柄」は、確かにビックリされることはたくさんあります。
温泉だとか、ビーチだとか、大好きな人との甘い時間だとか…(← 照れくさい)

でもね、この個性はどうやってもなくすことができないのだからこそ、悩むよりも「愛してあげたい」んです。

外見的な事も、内面的な事も、とことん悩んでもいいと思っています。
悩むな!と言われてそれが出来れば、誰だって生きやすくコンプレックスなんて小さなものになれるはず。

けれど、よりよくなりたいという向上心があるからこそ、悩んで迷って苦しんでいるんだと思うんです。
そんな自分を、けなげで一生懸命だね!!って優しく見つめてあげることが、
悩みをほんのちょびっとだけ和らげるだめの第一歩なのかもしれません。

短所やコンプレックスのかけらを持っていな人なんていません。

自分の中の「あまり好きではない部分」こそ、愛してあげられるようになったら無敵ですもんね~

あなたの中のコンプレックスが、いつしか私の「天然のヒョウ柄♡」と同じように、愛すべきものになる日が来ますように!

※私もまだまだ悩みは尽きないので、それを責めずに受け入れようと思っています
※一緒に自分を一番大事にしてあげましょうね~