手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

目をつぶって自由にのびのびと描ける「自分の幸せ」な世界があること。

ピーチのおやつで 頑張ったで賞のお祝いを したんでちよね~

みなさんのお住まいの台風の影響はいかがですか?
3魂の暮らす新潟市は、青空とソフトクリームのようにツンと立ったモクモク雲の夏空の日曜日です。

早く起きた…のはいいのですが、今日は朝からフラフラがおさまらずに早々にダウン。
鉄剤を飲んでいるのですが、まだまだ貧血は一進一退のようです。

なので、窓から青空と雲を眺めてボーーッと横になっていました。
夏の空っていいなぁ。気持ちよく爽やかに青くて明るくて、ずーーっとこの空が続けばいいのに。
今は一人で寝そべって青空を仰いでいるけれど、1年後の今日は、大好きな人と青空を仰げたらいいな。

* * *

チオビーって言う人に マミコがちょっと頑張って 話しかけたそうですよ

え、えへへ。

長い事勝手にお慕い申し上げ、片思いを募らせている私の王子様である「チオビー氏」に、先日、会うことが出来る日がありました。

いつもほんのちょっとだけ勇気を出したいのに何もできず、モジモジして終わるばかりだったのですが、先日ちょっとだけ勇気を出して「お願い」をしてみました。

今、私が個人的に勉強している事に関してチオビーは詳しい知識を持っているので、いつか会う時に時間があれば「分からない事」を教えてもらってもいいですか?と…

本当は、その日に聞いてみたい事があったのに、メモしてきた「専門用語」を忘れてきてしまったので(← 安定のうっかり)聞くに聞けなかったので、その解釈について聞きたかったのでそれを教えて欲しいと言いたかったのですが、勇気を出すのにしどろもどろで、なんだか遠回りな言い方をしてしまいました。

でも、今の私にはこれが精一杯!!
「いつか質問してもいいですか?」というようなことを聞くのだって、膝がガクガクの緊張でしたし、多分真っ赤になって言葉もしどろもどろだったと思います。

チオビーは笑顔で「分かる事であれば」と言ってくれました。

ひゃーーーーー。
ひゃーーーーー。

現場からは、以上です。

という事で、ほんの1㎜かもしれませんが、何もできなかった私が勇気を出してやれたことを褒めてあげています。
うん、うん。頑張った。
うん、うん。声を出せてヨカッタ。

チオビーに会えた時間が夕方遅くだったので、お祝いのケーキを買って帰るにも洋菓子店も閉まっているだろうということで、通り道にあった「シャトレーゼ」でケーキを買おうと思ったら、桃フェアをやっていて、キュンと可愛らしい桃色のスイーツがいくつもあり、思わず頬が緩みました。

ケーキもいいけれど、暑い時期だからツルンと涼やかなピーチのジュレが入ったパフェを買い、家に帰ってきてダイエットは無視して「夜スイーツ」しようかと思ったのですが、胸がいっぱいで食べられず、翌朝改めてお祝いピーチタイムをしました。

チオビーに会う機会も昨年よりは少し少なくなってしまいそうですし、今月末にまた会える機会がありそうですが、その時に忙しかったり他の人がいれば質問する時間もないとは思うのですが

1歩だけでも行動して見たので、都合がいいタイミングがあれば「教えてもらっていいですか?」と聞くことができます。
これは私の中で、大きな大きな一歩です♡

実際に分からない事を聞くことが次回出来なかったにしても、その次があるわけですし!!

* * *

今の私にやれる事しか、私にはできません。

妄想という表現…で片付けずに「こうなったらいいな」という自分の未来をイメージングする事も、今の私にできる行動だと思っています。

後は、自分の体をスクラブしてみたり、いい匂いの香水をつけてみたり、いつかチオビーにも食べさせたい!と思う美味しいレシピを練習したり…

それから、頑張り過ぎずに「いつか彼ができちゃったらこの一人の時間が貴重になるだろうし」と、ひとりの気ままな時間も楽しみながら、自分がどんな恋をして、どんな私でいたら心地よく幸せなのか?をあれこれ試しています。

現実は私が望んでいるものとは違うかもしれません。
でも、目をつむって自由に描ける妄想の世界では、自分の幸せを自由に考え、体験し、笑顔でノビノビすることができます。
自分の「思考」する世界まで、誰かに遠慮する事なんてなく、自分にとっての幸せや憧れを描いて、楽しみを膨らませて、自分を笑顔にしてあげたいですもんね!

うふふ。
小さな小さな行動ですが、私なりに精一杯「今出来る事」を頑張ったよーーーという、私の片思い通信でした。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 目をつぶって自由にのびのびと描ける「自分の幸せ」な世界があること。