手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】鬱になった妻と上手な付き合い方やアドバイスお願いします。

スッキリしない日が続いて なんかダル重ですねー

私の住む新潟は、なんだか今年の夏は「雨ばっかり」で寂しい夏です。
梅雨明けをしてからも晴れたのはわずかで、もう3日も雨模様。
お盆が過ぎると日の暮れも早くなりだし、なんとなく秋の気配というか寂しさを感じてしまうので夏を満喫したい派の私は、雨続きというだけでしょんぼりしてしまっています。

明日には雨が上がってくれるといいなぁ。
夏の青い空が恋しい…と少しセンチメンタルな私の話をした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

結婚して8年目です。
私は45歳、妻30歳、子供6歳です。
妻とは子供が産まれてから妻からの拒否でずっとセックスレスでした。
その時の理由はそう言う気分になれないとかいってました。
子供が大きくなればまた気持ちが変わるのかなぁと思いましたが、ずっと変わらずここまで来てしまいました。

妻はその間セフレを作り2〜3年の間自分には内緒でそんな人がいたみたいです。
探偵を雇い、それを見つけ誓約書を書かせ別れさせました。妻とは現在再構築中です。
妻は家族として再構築したいみたいですが、夫婦としては自分とはセックスしたくないそうです。
その理由は自分とは家族となってしまい、体を触られたくなければ、見られたくないそうです。

最近6歳の息子とお風呂に入るのも嫌みたいです。
自分は夫婦としてセックスは大事だと思っているし、夫婦として再構築できなれば本当の再構築にはならないと思って、妻とは平行線でいます。
妻は今に始まったわけではないのですが、子供のストレスや今回のコロナの関係でずっと子供を見てて、鬱状態となり、病院に行って薬を処方してもらいました。
とりあえず今はゆっくり休んでもらうしかなく、子供もやっと幼稚園に通いだしたので、幼稚園に行ってる間はゆっくり休む事ができます。
ただ睡眠不足が慢性化してて、薬の副作用でさらに不眠が続いてるそうです。

妻とは何度も話し合いをし、先日とりあえずセックスの話はもうしない。
今は体調整えるためにゆっくり休んでほしいとだけ言いました。
自分としても妻には元気になってもらいたいし、元気になればセックスよりも二人でご飯食べに行ったりドライブしたりしたいなぁと思ってます。

それくらいなら大丈夫といってましたが、今はコロナの関係で外には出たくないし、あまり人とも会いたくないそうです。

鬱になってしまった妻が早く元気になってくれるように気長に待つつもりでいます。
鬱になった妻と上手な付き合い方や、妻が家族となってしまった旦那とのセックスレスを解消する方法があるのか知りたいと話し合いで言っていたので、アドバイスお願いします。
相談者:なつおさん

なつおさん、こんにちは。
過去にも奥様との関係性についてお悩みを届けてくださっていましたよね。
その後奥様と「家族として再構築」を進められていらっしゃるんですね。

奥様の体調・メンタル面での不調も心配ですが、なつおさんご自身はどうですか?
ちゃんと眠れていますか?
気持ちが晴れる日はありますか?

今回のお悩みも前回のお悩みも、なつおさんは「レス」に関してとても思い悩まれているんだというのが伝わってきます。
私はあまり性に関しては詳しくないのですが、なつおさんがここまでセックスについて気を揉んでおられるのは、もちろん大好きな人とだからこそ愛情を感じ合うセックスをしたいという気持ちもあると思いますが、それ以上にご自身が大きく傷ついていて、セックスしないとその傷が埋まらない…と苦しんでいらっしゃるのではないでしょうか??

お子さんが産まれてから「家族」になってしまい、セックスが少し遠いものになりそれを寂しいと感じていらっしゃった中で、奥様が肉体的な関係を外で持たれていたのを知った時、どれくらいなつおさんの「気持ち」がズタズタになったのでしょう。
ましてや奥様のアンダーグラウンドな一面を見てしまうというのは、とても深く大きな傷になっているのだろうと思います。

私は女性なので、男性の気持ちのことを深く理解出来てはいませんが、自分に対する情けなさや悲しさ、悔しさや怒り、絶望など、いろんなものが一気に崩れ落ちるような気持ちを体験されたのではないでしょうか?

私はなつおさんの体験された事とは違いますが、旦那さんだった人の女性問題で離婚をしています。

女性の話を聞いてしまった時、目の前が真っ暗になりました。
それは、傷つけられたことへの悲しみもありましたが、それ以上に「私が信頼していた夫婦としての関係が壊れてしまった事」への深い深い悲しみでした。

一度は再構築を目指したことがあり、彼のことをもう一度「心から信じること」が出来るだろか?と葛藤しました。
大好きだったので、もう一度信じたい・夫婦として新しい絆を作りたい!!と、彼のことを無条件で信じられるようになるまでに2年の時間が必要でした。

大好きな人を疑ってしまう、心から安心して見れないというのはとっても苦しいものです。

奥様は「家族として再構築したい」と今はなつおさんやお子さんとの生活を取り戻そうとしていらっしゃると思いますが、なつおさんはセックスの面で大きく傷付き「奥さんとセックスできない限り解決ではない」と思われているのだろうと思うんです。

> 夫婦として再構築できなれば本当の再構築にはならないと思って

夫婦としての再構築って何でしょう。
セックスできれば再構築でしょうか?

なつおさんはセックスすることで「安心」を欲しがっているのではないでしょうか?
あぁ、もう安心だ!と思えるものの象徴が、ずっと拒否されて外でそれを満たしていたセックスなのではないでしょうか。

不安だからこそ、自分を傷付けることになった「セックス」を取り戻すことで、あぁ、もう大丈夫なんだ…って安心したくなるんですものね。

理不尽な話ですが、再構築って「1日でも早く元通りにしたい側」と「自分が壊してしまって大きな罪悪感を持っている側」ではどうしても温度差が違います。

お子さんのため、傷つけてしまったけれど許そうとしてくれる旦那さんのために、自分が犯した罪を出来るだけ忘れるようにして新しい家族の形を作る「べき」だと奥さんはご自身に言い聞かせているのだろうと思います。
ご家族を大切に思う気持ちはあるから、再構築を選んだんですものね。
以前のお悩みで書かれていましたが、なつおさんがプレゼントした指輪もつけてくれているんですものね。

愛されている事は幸せな事ですが、自分がその愛を受け取る器を「今」持っていないと、あふれる愛を前にどうしていいか途方に暮れてしまっているのかもしれません。
愛しているから・許すから・何もなかったように夫婦に戻ろう!と言われても、奥さんは心がついていけてないのではないでしょうか?

ましてやとってもバツの悪い出来事ですよね。
自分にとってのアンダーグラウンドを「家族」に知られてしまったのですもの。
すごく居心地が悪くて、そこから逃げ出したいくらい恥ずかしい思いを持っているかもしれません。

> 自分とは家族となってしまい、体を触られたくなければ、見られたくないそうです。

奥さんの肩を持つわけではありませんが、奥さんは今、なつおさんに対して「パートナー」というよりも「家族」という意識の方が強い状態なのですよね??
であればなおさらの事、家族に自分の性に関する奔放な行動が全てバレてしまっているとしたら、どんな気持ちで家にいるのでしょう。
奥さんがしたことは望ましい事ではありませんし、なつおさんをとても傷付けるような行動だったと思いますが、自暴自棄に近い気持ちで暮らしているのではないでしょうか?

私も過去に夫婦問題に直面していた時、外に女性を作った彼が一方的に悪くて私は間違っていない!!という思いがありました。
けれど、夫婦問題を解決するには「起きている問題はどちらかが悪いのではなく、50対50で自分の問題であると捉える事」の必要性を学びました。

相手が悪いんだから相手が変わるべき!とどうしたって思ってしまいますが、相手を変えるという事はできません。
変える事が出来るのは「自分自身」だけなんですものね。

心理学では、夫婦問題を含む自分に起きている様々な問題は自分の内側を投影している=自分が必要としているから起きている、という見方をします。
自分が問題を作り出しているのであれば、それは自分を整えることで必要となくなり解決することが出来るものです。
これが逆に、問題が相手によるものであれば解決は自分の手から離れて相手に委ねるしかないので、自分では手出しできずに解決ができません。

つまり、なんでこの問題を自分が必要として起こしているのだろう?という見方をして問題を見ることがとっても大事なんです。
答えが見つからなくてもいいので、何度でも自分に問いかけてあげてください。

また、問題は全て自分の内側の投影(映し出している状態)なのですから、相手が変わらないように見えている時は、自分が変わっていないという事でもあります。

急いでしまう気持ち、早く元通りになって少しでも早く夫婦としてセックスも取り戻したいと焦ってしまう気持ちは痛い程よくわかります。
何より安心したいんですものね。あぁ、もう大丈夫だ、って心から思いたいですものね。

けれど、いくら夫婦とはいえ「相手」があるものは、自分の熱量だけで動かしてくことはできません。
相手を「待つ」という時間もとっても大事なものです。
相手を信じて相手の行動を相手に委ね信頼するという事が試されているのかもしれません。
すごく難しい事ですが、早くなんとかならないか!!と焦っている時と言うのは、自分のニーズ(要求)を満たしたくて、相手を信頼してあげられていない事が往々にしてあります。

だって、自分が辛いからですもんね。
だって、自分はずっと悲しいからですもんね。

けれど、もしも逆で考えてみたら「信じているし愛しているから待っているね」と口では言われても、焦っている相手の言動や雰囲気を見て「本当はそうじゃないんだ」というのを感じてしまうと、どんな気持ちになるでしょう??

自分の気持ちも大事にしながら、同じように相手の気持ちを尊重し・信じて相手に委ねて待つ。
サレンダーと言う状態は本当に難しいからこそ、それが試されているのかもしれませんね。
(※サレンダー : 相手を信頼して任せるという意)

また、奥様が現在、心のバランスを崩して「うつ病」を患っていらっしゃるのであれば、言い方は悪いのですが「今は自分の事でいっぱいいっぱい」な状態なのだと思います。
はたから見れば自分の子供なんだから…家族としてやり直すって自分が受け入れたのに…と思ってしまう事がありますが、自分で自分をどう扱っていいか分からないくらいいっぱいになってしまったからこそ、心をコントロールするためにお医者様からお薬が処方されているんですものね。

今は本当にいろんなことを「考える」という事が出来ないのだと思います。

これは私が結婚して間もなく、旦那さんだった人がうつ病になったときの主治医の先生に言われた言葉です。

– – – – – – – –
支える家族や周りの人も本当に大変だし、頑張り過ぎると「共倒れる」から、自分のせいだとか自分がもっと助けになれれば…と考えすぎないように。
うつ病の時には、落ち込んでしまうだけではなく自分で自分の心がうまく扱えずにイライラして攻撃的になることもあれば、相手に対して思いやるような行動がとれなくなることもあります。
でもそれは、病気がそうさせているのだ、と見守ってあげることが大事です。
– – – – – – – –

自分でも自分の心を操縦できずに苦しい状態がうつ病の時で、何とか立て直さなきゃ、この苦しさから早く抜け出さなきゃ…とどうしても自分の事に集中しますし視野が狭くなります。

また、これは旦那さんだった人から言われましたが「うつ病」を患っている時には、こんなことが本人の中で起きているそうです。

・色々と考えることが出来なくなる
・今までできていたことが出来なくなる(間違ってしまったりできない事でより自分を責める)
・自分は迷惑な存在だと思ってしまう
・助けてくれている人に感謝しているが、それに報いることが出来ない自分が苦しい
・いろんなことがとにかくめんどくさく感じる
・性的な興味がなくなる(薬の副作用で性的な行為ができなくなる)

なつおさんの奥様は「家族として再構築したい」となつおさんとの人生を再設計する道を選択された中に、このままずっとレスでいいという思いはないはずです。
「今」はそれを解消することができないとしても、なつおさんの願いであることも分かっているのですから、どうやったら自分の気持ちが立て直せるのか、葛藤されているんだろうと思います。

ただ、今は「再構築」もままならないくらい自分の感情・心との戦いをしていて、他に目を向ける余裕はないのが、うつという状態なんだと思います。

なつおさんが「レス」の問題をのぞいても、早く奥様といい関係を築きたいと望まれて頑張っている事は素敵な事ですが、今はもしかしたら

ちょっと頑張る力を緩めて、のんびり過ごして待つ
頑張らない事を頑張る時間が必要

なのかもしれませんね。
そしてその時間に、ちょっと置き去りになってしまっているなつおさんの心を大事に手当てする事が必要ではないでしょうか?

なつおさんは奥様が外で少し奔放な性の体験をされていたことを聞いて、そこで感じてしまった「思い」をどうやって処理されてきたのでしょうか?
受け入れることは簡単な事ではなかったと思います。
お相手の男性に慰謝料を請求しても気持ちが完全に晴れたりはしませんものね。

抑えている怒りや悲しさ、それを「早く再構築するため」にと飲み込んでしまっていませんか?
大丈夫な振りをして、気丈に振舞っていませんか??

大事ななつおさんの気持ちが行き場を失くしてしまっていたら、なつおさんがかわいそうですよね。

自分の中にある気持ちが軽くなるように「吐き出す」と言うのは本当に大事な事です。
怒りも涙も愛情も、思いっきり発散できていますか??

ここで注意しなくてはいけないのは「吐き出す」と言うのは相手にぶつけるという事ではなく、自分の気持ちを自分で処理するという事です。
ココロノマルシェにこうやって書き込んでいただくことや、信頼できるカウンセラーさんがいれば話を聞いてもらったり、ノートを用意して怒りや愛情をひたすら書き出して発散するなどして、我慢させている思いがあればそれをちゃんと発散しましょう。

怒りの発散には【お恨み帳】というものが効果的です。
カウンセラーの根本裕幸さんがお恨み帳について詳しく書かれていますので、記事をご紹介させていただきます。

我慢している思い、やりきれなかった怒りや悲しみを、隠さずに思いっきり感じて燃やしてしまいましょう。

また、悲しみが襲ってきたら涙が枯れるまで泣きましょう。
どこか一人になれる場所はありますか?
お風呂の中だったりトイレや寝室だったり、とにかく一人きりの場所で涙を我慢せずに流してください。

そして、怒りや悲しみを感じている自分に対して、優しい言葉をかけて寄り添い続けてください。

怒りや悲しみ、情けなさや不安を一番分かってくれるのは他でもないなつおさん自身ですものね。

また、同時に「ゆるむ」と言うのもとっても大事です。
奥様が不審な行動をしている時から今日までずっと、気を張って神経を尖らせているのではないでしょうか?
気持ちが休まるような時間は持てていますか??

なつおさんはどんな時にリラックスできるのでしょうか?
マッサージで緩めるならその時間を意識して取りに行くのはいい事ですね。
温泉やお風呂で「はーーっ」と手足を伸ばして脱力できるならば、コロナの今は難しいかもしれませんが、大きなお風呂に入りに行ったりお家のお風呂に温泉の素を入れたりしてリラックスする時間も自分のために大事な時間です。
他にストレスを発散できるような趣味だったり、一人カラオケで泣いたり叫んだりひたすら歌い続けて脱力したり、考えずに笑える動画を見たり、美味しいものを食べたり、お酒がお好きならちょっといいビールを飲んでみたり…
また運動して体を動かすことが好きなら、クタクタになるまで動いてバタン!と寝るのもいいですね。

とにかくたくさん自分を緩ませることをしてあげてください。

そして、しっかり寝ることも大事です。
以前のご相談ではあまりちゃんと眠れていないとありましたが、その後睡眠はきちんと取れていますか?
当たり前の事ではありますが、私たちは心が不安定であると体のことを置き去りにしてしまいよりネガティブに引っ張られてしまう事がありますので、夫婦問題を解決するためにも「長期戦は仕方ない」からこそ、体を整えるというのも大事です。

> 鬱になった妻と上手な付き合い方や、妻が家族となってしまった旦那とのセックスレスを解消する方法があるのか知りたいと話し合いで言っていたので、アドバイスお願いします。

奥様のうつは波があると思います。
それに一喜一憂せずに「いい時もあれば悪い時もあるのは普通な事。そして少しずつ良くなっていくから焦らない事。」と思って見守ってあげる事です。
泣いていればその背中をさすってあげてください。
話をしたいと言ったら、なつおさんの無理のない範囲で聞いてあげてください。
出来ない事があっても責めずにいてあげてください。

そして、頑張り過ぎて自分自身を責めたりしない事が一番大事です。
これは私自身が配偶者のうつ病に寄り添った時に思った何よりの事です。
ちゃんと自分を大事にして、自分自身のご機嫌を取り、自分が健康でいる事が何より大事です。

なつおさんの欲しい答えではない事は承知ですが、レスに関しての働きかけはもう少し待ってあげる必要があるかもしれません。
お薬や病気ゆえに「性欲」がなくなる場合もありますので、奥様がレス解消に向けて何かしたいと言うのであればカップルカウンセリングや少しずつ性的な意味でのスキンシップを増やしていく…など出来ることはあるかもしれませんが、今はうつ病を完寛にすることが必要な時期であれば、あれこれ出来ない事を受け入れてあげて、ゆっくりご夫婦としての信頼関係を作り直していく時間なのかもしれません。

問題は大きければ大きいほど、それを乗り越えた時の恩恵は大きいものです。

なつおさんご家族が、また笑顔の溢れる愛ある生活を取り戻し、昔以上に穏やかで幸せに暮らせる日が来るようにと祈っています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する