手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】不倫の彼との別れになかなか踏ん切りがつかず、最後の最後で足踏みしています。

お見舞いの時間にマミコちゃんが 見て見てー!ってお写真を見せてきたんでちー

こんにちは。
あなたの心の痛みや悲しみの傷に優しく絆創膏を貼る「心の保健室」を目指しているマミコです。

昨日、仁くんの面会の前に「メガネのレンズが外れる」という、私的大ピンチがあったのですが、そのおかげでテクテク歩いた先でいろんな収穫や発見がありました。
で、仁くんに見せたのがこの写真。

STAR CAT と記された
ネコちゃん柄のキュートなマンホール

名古屋のマンホールで、虫(調べたらあめんぼ)の柄や写真と同じような四角いマンホールにしゃちほこが描かれているのもは見かけたのですが、なんとなんと

ネコちゃん柄

もあるなんて~~。
あぁぁ、ギンちゃんが恋しい!!

しかも凝ったデザインやデフォルメされたものではなく、シンプルに控えめ・かつキュートでおしゃれなマンホールで、思わずパチリと写真を撮って仁くんに見せちゃいました。

メガネが壊れて大ピンチ!で焦ったのですが、結果として色々嬉しい発見があったとうちの一つをご紹介した後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

以前、こちらから不倫の彼との別れについて相談させていただいたまると申します。

去年からお弟子さんのセッションを受けさせていただいたおかげで、少しずつ彼や自分への不安を手放し、やっぱり彼とお別れして前に進みたいという気持ちになることができました。

ただ、なかなか踏ん切りがつかず、最後の最後で足踏みしています。

そんなとき、数ヶ月前に職場の方に告白され、すごく誠実なところに惹かれOKしたいと思ったのですがその場で答えを出せず、不倫の彼のことは言えないまま関わり始めてしまい、今も遊ぶことはありますが曖昧なまま答えを待ってもらっている状態です。

私は彼と過ごしている時、幸せな気持ちと同時に、まだ別れられず答えを出せない自分や不倫の彼がいることを言えない罪悪感、また不倫の彼に対しても今の彼のことを言えずに隠しながら遊んだりしている罪悪感があります。

不倫の彼とは約5年ほど関わってたくさんの気持ちや思い出をもらったり、自分自身も、何年も本当に悩んだ彼なのに、簡単に別の人と楽しく過ごせてしまう自分がいることもショックでした。

どちらの彼に対しても失礼なことをしているので、早く別れなければいけないのにできない理由を考えると、綺麗に別れたい、彼がやっぱり好きな気持ち、別れて簡単に次に行く自分の酷さを見たくない、こんなにたくさん悩んだ彼と簡単に別れたら、今までの自分や彼を否定する気がする…という自分勝手な気持ちがあるのかもしれないと思いました。

告白してくれた彼と関わるうちに、不倫の彼に対する気持ちも薄れてきてしまい、そんな自分も悲しく、彼にもそれを薄々感じさせてしまっていると思います。

だからこそ別れを切り出すべきなのにできない自分が嫌になります。でも、もし彼と別れて告白してくれた彼とお付き合いしてもうまくいくとは限らないし、不倫の彼のことを知って振られたとしても仕方ないとも思います。

彼とどうなるにしても、気持ちは不倫の彼とは別れに向かっていることは確かだと思います。

ただ、色々な気持ちが出てきてしまい、今のように足踏みしてしまうとき、どうしたらあと一歩の所で踏み出せるでしょうか…?アドバイスをいただけたら幸いです。
ご相談:まるさん

まるさん、こんにちは。
最後の一歩がなかなか踏み出せないとその場で足踏みを続けている事を届けてくれましたが、随分とまるさんが「自分のため」に考え・行動されている事にニッコリさせていただきました。

> 去年からお弟子さんのセッションを受けさせていただいたおかげで、少しずつ彼や自分への不安を手放し、やっぱり彼とお別れして前に進みたいという気持ちになることができました。

「彼とお別れして前に進みたい」という気持ちを持てるようになったこと、本当にすごいじゃないですか!!
そのためにいーーっぱい自分の不安と向き合ったんですものね。
別れることが「今」出来ていなかったとしても、

まるさんが自分で彼と別れる道を選びたいと「決める」事ができた

という事を、まずは盛大に褒めてあげませんか??
まず「決める」事が出来なければ行動は出来ませんもの。
そして、それを即行動に移せる人もいれば、少し時間を必要とする人もいますし、決めたものの引き返す人もいます。
それが「いい・悪い」ではなく、いっぱい悩んで考えて「自分でこうしたいと決める」という事が何より大事だと思っています。
だから、決めたけれど行動がすぐに出来ない、決めたけれどやっぱり撤回した、というのだって「自分の意思」であればそれでいいんです。

まるさんは「決める」ことにすら罪悪感を大きく抱え、ずーっと苦しまれていましたよね。

だからこそ「前に進みたいと思えるようになれた」事を、思いっきり評価してあげましょう!!
「うさぎと亀」のお話ではありませんが、ぴょんぴょんと勢いよく早く先に進める人もいれば、亀のようにゆっくりの歩みの人もいます。
なにもいきなりすぐにゴールにたどり着けなくても、その道の途中で悩んだり迷ったりしながら見える景色がいつかの未来でまるさんを助ける力になってくれる可能性だってあるのですから

私の歩幅、私の速度を信頼してあげよう

と思ってあげて欲しいなぁと思っています。

> 私は彼と過ごしている時、幸せな気持ちと同時に、まだ別れられず答えを出せない自分や不倫の彼がいることを言えない罪悪感、また不倫の彼に対しても今の彼のことを言えずに隠しながら遊んだりしている罪悪感があります。
> 不倫の彼とは約5年ほど関わってたくさんの気持ちや思い出をもらったり、自分自身も、何年も本当に悩んだ彼なのに、簡単に別の人と楽しく過ごせてしまう自分がいることもショックでした。

罪悪感は「感情が動かない人に対して」は感じないものだと思うんです。
お付き合いしている彼に対して、今少し関係が近付いている彼に対して、そのどちらにもこんなにも強い罪悪感を持つまるさんは

それだけ相手を思える愛情深い女性で、相手を本当に幸せにしてあげたいと思える女性

なんですよね。
そして、5年間という時間を過ごした彼がいるのに別の男性と親しくする自分のことにショックを受けるまるさんは、彼に対して本当に優しい思いを持っているんですよね。
きっと沢山感謝している事があるからこそ、彼の事を手放すことに申し訳なさが募るのかもしれませんね。

まるさんとは種類が違いますが、私は離婚をしています。
それこそ10年近く一緒にいた彼の手を離すまでに「もういい!離婚を受け入れる」と「決めて」からも行動をできるまでにたくさんの時間足踏みしました。

沢山の思い出もありますし、幸せだった時間もありました。
まだ好きだという思いもありましたし、また誰かを好きになれるのか?という不安と同時に

彼以上に好きになる人が現れて欲しいのに、そうなる事への怖れ

のような感情も持っていました。
大好きだった事、長い時間を共にした事、全部を大切にしておきたかったんですよね。

自分の人生の中で「濃厚に関わった人」ですもの。
まるさんにとって彼がすごく大事な人に違いはありません。

人生の中で一時期共に歩いたとしても、それぞれが別の道に行くことにした時、どうしたっていろんな思いに後ろ髪を引かれてしまうのはおかしくもなんともないですよね。
ましてや「感謝」や「恩義」のような気持ちがあれば、なおさらの事。

> 簡単に別の人と楽しく過ごせてしまう自分がいることもショックでした。

今まで知らなかった「新たな自分の一面」を知るって、ビックリすることがありますよね。
でも、それはもしかしたら

まるさんがいっぱい自分を癒し、見つめてきて、成長したからこその「一面」なのではないでしょうか??

きっと今までのまるさんならば、罪悪感の方が勝って「楽しく過ごせる」なんて出来なかったと思うんです。
つまり、今までいた立ち位置から別の立ち位置に「動いた」んです。
今までずーっとお付き合いしていた彼のためだけに向いていた気持ち(いわゆる彼軸)が、少しずつ自分にシフトしてきているからこそ

楽しく過ごすことが出来る私

になっているのだとしたら、まだ新しい自分に慣れていないからビックリしますが、それって嬉しい変化ですよね!

> どちらの彼に対しても失礼なことをしているので、早く別れなければいけないのにできない理由を考えると、綺麗に別れたい、彼がやっぱり好きな気持ち、別れて簡単に次に行く自分の酷さを見たくない、こんなにたくさん悩んだ彼と簡単に別れたら、今までの自分や彼を否定する気がする…という自分勝手な気持ちがあるのかもしれないと思いました。

まるさんは自分の気持ちをちゃんと素直に見つけることが出来て、本当に素敵ですね。

・まだ好きだという気持ちも残っている
・キレイに(誰も傷付けず・傷付かず)に別れたい
・すぐに次に行くことへの申し訳なさ
・こんなに葛藤した時間や過去を失う怖れ

1つ目の「好きなまま離れる」って勇気のいる事です。
4つ目の「彼との時間」と合わせて、こんな風に考えるのはどうでしょうか??

彼とまるさんの中では「5年」という時間が共に過ごすために必要だった時間で、そこで助け合い・笑い合い・共にその時に「相手の最大の理解者」として寄り添うことが出来た。
こんなにも葛藤するくらい好きにならせてくれて、ありがとう。
私はもう充分、与えたし与えてもらったよ。
でも、もう時間が来たみたいなの。
私たちは決して「嫌いになって」別れるのではなく、好きだけれど一緒にはいられないの。
それは『お互いが幸せになるための道の扉』が違っていて、その扉の前にもう辿り着いちゃったから仕方がないの。

憎しみあって別れるのではないんですもの。
確かに「別れ」というのは寂しいものですし、時に涙があふれ感情が乱れますが、別々の道を歩いても

ちゃんとそれぞれが幸せになる力を持っています。

また、別れの際に一時的に傷付いたとしても、不思議と振り返ると思い出すのは「楽しかったこと」「感謝している事」が圧倒的に多いと思うんです。
いつかきっと、もしかしたら少し時間がかかったとしても

出会えてよかった。
共に過ごせた時間があってよかった。
ありがとう。

と思えるのだろうと思います。

別れを告げられる側は、自分の望みを絶たれることで悲しみや痛みを覚えます。
別れを告げる側は、申し訳なさや罪の意識を感じて葛藤します。

ね、こうやって見て見ると「痛み分け」ではないでしょうか??

別れを告げる側であるまるさんは、すでにたくさん胸を痛めて苦しんでいます。
キレイな別れ…って私は体験したことがないので(みっともない事をしたり、泣いたり…)、今思い出すと「ひゃーー」と思うような事をしてきましたが

最後の最後に二人だけが知っている秘密

なんです。
人に言いふらす必要も何もなく、キレイじゃなない不器用なお別れだっていいんですよ。
それが「私たちの最後」だった、というだけの事です。良い、悪いはないんですもの。

> 彼とどうなるにしても、気持ちは不倫の彼とは別れに向かっていることは確かだと思います。

足踏みしている(踏み出せない)時は、前に進みたくないからなんです。
それは、怖れだったり不安だったりがあるからかもしれませんし、まだ決めたくないという思いがあるのかもしれません。
または、完全に気持ちが固まらないといけない!という思いがある時も足踏みします。

白か黒か、0か100かで考えると、答えを出すのは怖くなります。
失敗してはいけないと思えば、足がすくみます。

人間は何かを決める時に「100%絶対こっちだ!!」と決める事ってすごく稀だと思います。
少しの不安はあるけれど、でも7割以上はこっちの道がいいと思うし…
そんな風に、より強く傾いた方を選択しよう!と決めると、一歩を踏み出すことが少しだけ楽になれます。

そのためにも「私は今、どうしたいの?」「私はこれから、どうなりたいの?」「私は幸せ?」「私の描く未来の私の幸せってこの延長にあるの?」と、とにかくいっぱい自分に問いかけてあげましょう。
足踏みしている間は、答えを探している時間ですものね。

いっぱい問いかけ続けると「ええい!もうこっちにする!!」と思えるようになれる日が来ます。

そして、大事な事として覚えておいていただきたいのが

決めたからと言って揺れない訳ではないという事。

別れると決めたって、でも…やっぱり…と「揺れ動く」のは普通の事。
そして、このまま別れたら後悔するのでは…と思ってしまいますが

人間は何を選んでも必ず後悔するので
どの道を選んでもいい

という事を知っておくことも、前に踏み出す力になります。
どの道を選んでも、選ばなかった道を想像して「あっちにしていれば…」と思うのが人間のクセです。
でもね、私たちと言うのは自分を不幸にする選択をしようとはしないので、迷って迷って選んだ道を後悔したように見えても、その道は自分が幸せになるための道に繋がっているので、どうぞ安心してくださいね。

まるさん、別れを選び別々の道を進みたいと「思える」ようになれた事を褒めると同時に、足踏みしている自分の事を責めてしまっていませんか??
責めるのではなく、足踏みしている自分に寄り添い・励まし・支え、答えが出ない自分をほぐすようにしてあげましょうね!!

大事な人、大事な事だから迷っているんですもの。

結論を出して前に進めるように「一緒に考えようね」と自分にいっぱい優しい言葉をあげながら、まるさんの気持ちをいろんな角度から見てあげて、自分の足で1歩を踏み出せる日を楽しみにしながら足踏み時間を過ごしましょう。

まるさんが選択できる日が来るように、祈っています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】不倫の彼との別れになかなか踏ん切りがつかず、最後の最後で足踏みしています。