手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(お悩み相談)働きたい企業に書類で通らない、年齢制限にひっかかるなどの事柄が続き、最近はずっと焦っているような心境です

毎日あっついでちねー。 エアコンがあるから お部屋が涼しくて快適でち!

こんにちは。
あなたの心の痛みや悲しみの傷に優しく絆創膏を貼る「心の保健室」を目指しているマミコです。

日本全国「猛暑」で何やら高温注意の警報が出ているようですが、私たちの暮らす新潟も『やべぇ暑さ』です。
ですが、私はこの暑さが好きなんですよね~。(夏バテするのですが、暑い方が好きです)

ほんと、エアコンのおかげで快適に暮らせています。
ありがたやー。

今日の朝ごはんは、先日「Cladle」に泊まりに行った際に、歩いて行ける場所にある「自然文化園」のカフェで販売されているマフィン。
実はこのマフィン、昨年買ってみたらすごく美味しくて、実家へのお土産&自分へのお土産に買ってきました。すぐには食べられないので冷凍。

キュンと甘酸っぱい ルバーブジャムと クリームチーズのマフィン

3つ買ったうちの一つである「ルバーブとクリームチーズ」のマフィンを解凍して、少しだけレンジで温めてパクリ。
甘さの丁度良いマフィン生地に、キュンキュンする恋の味を連想させるようなルバーブジャムの酸味、クリームチーズの少しコッテリした感じが絶妙に混じりあい、朝からうふふ♡とご機嫌でした。

マフィンがこんなにおいしく手作り出来たらいいなぁ。
なんかきっと作り方にコツがあるんだろうなぁ。

あっという間にペロリと完食して、家の近くでもこのマフィンが買えればいいのに~とジタバタした私の朝の一コマをご紹介した後は(注:誰にも頼まれていない前置き)ブログに寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

マミコさんこんにちは
毎日ブログに元気を貰っております
マミコさんが書き出してくださる心の機微に深く共感し、お悩み相談で相談者さんに女神様のように優しく寄り添っていらっしゃるのを読んで、私の気持ちもここに少し書かせて頂ければと思いました

私は絵を描く事が本当に本当に大好きなライフワークで、仕事にしたいと考えているのですが、今は接客業のアルバイトで生活しています

私は安定した収入がないと不安になるし、フリーランスの働き方は魅力よりも苦手な業務が多いのでは?という思いから企業に所属して絵を描きたいと考えています
しかし、働きたい企業に書類で通らない、働きたい企業の年齢制限にひっかかるなどの事柄が続き、最近はずっと焦っているような心境です
「キャリア」という言葉を聞くと、このまま働きたい業界ではない場所で年月を重ねていたらどこにも雇ってもらえなくなってしまう、早くなんとかしなければ、頑張らなければと思いながら何もできていない自分が居ます

出来ることは沢山あるはずと思いながら、焦りと恐怖で動けない自分に、自分が望んでいる事もよく分からなくなってしまいます

毎日を焦りではなく、目標に向かい楽しく過ごしたいです
背中を押して頂けないでしょうか?
ご相談:Tさん

Tさん、こんにちは。
ブログを読んでいただき、そして「背中を教えて欲しい」と思った時に、私のことを思い出してくれた事、とっても光栄です。
お悩みを届けていただきありがとうございます。

> 私は絵を描く事が本当に本当に大好きなライフワークで、仕事にしたいと考えているのですが、今は接客業のアルバイトで生活しています

Tさんは心の底から「絵を描く」事がお好きなんですね~。
『本当に本当に大好きなライフワーク』と言えるのがとても素敵です。
自分の人生の中で「これが好きで大事にしたい!」と思えるものに出会えているんですものね。

そして、こんなに大好きな「絵を描く事」を仕事(ライスワーク)に出来たら、仕事をするのもきっと楽しくなりそうですよね!
ライフワークをライスワークにする、ってとっても素敵な目標だと思います。

…と、お返事を書かせてもらいながら「ライフワーク」と「ライスワーク」って、私がちゃんと理解できているっけ?と思い、調べてみました。

●ライフワーク(Lifework)… 一生をかけて究める仕事や作品・人生をかけてやるテーマを掲げたもの
●ライスワーク(Licework)… 食べるための仕事・生活のためのお金を得る仕事

Tさんにとって「生涯を通して楽しみたい・大事にしたい事」である絵を描く事が、生活する上でのお給料を生むための「ライスワーク」になるチャンスがあるのであれば、改めて考えても

お給料をもらえる仕事になったら最高だよね!

って思いますよね。

> 私は安定した収入がないと不安になるし、フリーランスの働き方は魅力よりも苦手な業務が多いのでは?という思いから企業に所属して絵を描きたいと考えています
> しかし、働きたい企業に書類で通らない、働きたい企業の年齢制限にひっかかるなどの事柄が続き、最近はずっと焦っているような心境です

あぁぁぁぁぁ、分かりみが深く、何度も何度も赤ベコりました。
私も「安定した収入がないと不安」になりますから、未だに会社勤めをしています。

当たり前ですが「生活するため」にはお金が必要です。
食費や家賃の他に、税金や年金といった『支払わなくてはいけないお金』もありますし、お金がない(=収入のあてがない)というのはとっても大きな不安になります。

だって、生きるために必要なものがない状態になるわけですから、深刻ですし切実なものです。

世の中には色んな感覚の人がいます。
ギャンブルのように人生で不安定な事が起きると「燃えてくる」と感じる人もいますし、Tさんや私のように「安定」している状態を好む人もいます。
何が「いい・悪い」ではなく、自分にとって生きる上でどうある事が心地よく安心できるか、なんですよね。

Tさんは「安定」を望み、さらにはライフワークである『絵を描くこと』を仕事にすることができる会社を探し、求人募集に応募されているんですよね!
自分のやりたい事のために「ちゃんと行動している」ことを、まずは褒めてあげないとですね~。

行動したのにそれが願った結果にならない、叶わない夢だ…と希望が打ち砕かれるたびに、気持ちは落ち込むのは当然です。
ましてや「変える事の出来ない年齢」という問題を前にしたら、時間がないと焦る気持ちも大きくなりますものね。

> 「キャリア」という言葉を聞くと、このまま働きたい業界ではない場所で年月を重ねていたらどこにも雇ってもらえなくなってしまう、早くなんとかしなければ、頑張らなければと思いながら何もできていない自分が居ます
> 出来ることは沢山あるはずと思いながら、焦りと恐怖で動けない自分に、自分が望んでいる事もよく分からなくなってしまいます

焦りや不安が強い時は、頭の中であれこれと考える事が「次から次へのネガティブな連鎖をする」ものです。
なので、不安や焦りが強くてしんどい…と思ったら、今Tさんが怖れている事・不安に感じている事を紙に書き出す作業をしてみてください。

不安だ!と思うものを、とにかくひたすら書き出しましょう。

意外と書き出して見ると「あれ?これだけ??」と思う位、不安に思ってるものって少なかったりします。
考えている時は、主となる不安からあれこれ枝葉を伸ばして不安が広がっているのですが、いざ本当に自分が怖れているものを炙り出すことで、枝葉の不安が消えます。

そして、その不安が「現実になったらどうやって対処すればいいのか?」を思いつく限り色々と書き出してみましょう。
対策を練れば、もしも不安だと思っている事が現実になっても対処できるんですものね!備えておけば心強くなれます。

対策を書き出すと同時に「それって今、起きてる事?」という事を問いかけてみましょう。
今、その不安は現実ではなく『予測して不安』を感じてるんですものね。

これは私が不安に襲われる時に実践しているのですが、自分にこんな声掛けを繰り返します。

– – – – – – –
それって今起きている事じゃないんだよね?
「最悪こうなったら困る」という事を予測して不安になってるんだよね??
でも、未来を予測する事なんて不可能なんだよ。
未来を正確に予測できる人は、どこにもいないんだから。
そして、その不安が起きるであろうと思う時まで「私が生きている」という保証はないんだよね。
明日死ぬことだってあるんだもん。
それに、今がずっと続くわけじゃないから、「今考えている」状況が変化したら、その不安はもう不安じゃなくなるよね??
今、独身だけど結婚したら二人で生きていくわけだし、人生何が起きるかなんて分からないもんね!
– – – – – – – –

私は「ずっと一人で生きていく」という事がとっても不安です。
老後の事なんて考えたら、発狂したくなる程不安です。
幸い、今は正社員雇用で安定してはいますが、会社がなくなったりリストラされたり、給与改定などもあるかもしれません。
安定しているようで、実は全然安定していないんですよね。

私が自分にかけている言葉をご紹介させていただきましたが、これって「私はもうずっと一人で生きる」という前提(思い込み)で不安がっているんです。

以前もブログで書いたことがあるのですが「今」がずーーっと変わらずに続くという思い込み(仮定)で不安を膨らませているんですが、その時になってみないと本当にどうなるかなんてわからないんですよね。
いわゆる『取りこし不安』をしている、と自分で気付けると、不安は小さくなってくれて怖れすぎて焦る気持ちがうんと楽になります。

私の場合は「ひとりで生きる」が不安だから、上のような声掛けを自分にしていますが、これも紙に不安を書き出して「何に対して不安を感じているか」をみつけた上で言葉にしています。
ぜひ、Tさんが感じている『漠然とした未来への不安』を炙り出して、その気持ちが鎮火するための優しい言葉を考えて自分にかけ続けてあげてください。

> このまま働きたい業界ではない場所で年月を重ねていたらどこにも雇ってもらえなくなってしまう
> 出来ることは沢山あるはずと思いながら、焦りと恐怖で動けない自分

先日読んでいた本の中で「プロジェクションバイアス」という言葉がありました。
これは『今の感情をベースにして「未来は●●だろう」と予測する』現象の事を指すのだそうです。

2020年を迎えた時を少し思い出してみてください。

あけましておめでとう!と言った時に、コロナが猛威を振るい「緊急事態宣言」が発令され、旅行や外食などの制限があるなんて想像できたでしょうか?
オリンピックが延期されて、どこへ行くにもマスクが必要で、お店には透明の仕切りができ、消毒してからお店に入るのが「普通の光景」になるなんて想像もしていなかったと思います。

働き方も大きく変容しました。
それまでは在宅勤務がこんなに普及するとは思えませんでしたし、企業によっては東京から撤退するという事も起きています。

予測できなかったことが「当たり前」になって、私たちは不安があったとしてもその中で順応して何とか生きています。

何が起こるかなんて『今の自分』が想像してても、本当に予測がつかないんですよね。
さらに、今と同じ感情で未来も過ごすだろうと「今、予測して不安」になっているけれど、私たちの環境も感情も常に変化するもので、今のTさんを不安にさせている状況が続くかどうかなんて分からないんです。

楽観的過ぎるのもどうか…ではありますが、キャリアに関係なく年齢を重ねても望んだ仕事に就ける未来がこない!なんて言いきれないんですものね。

また、私たちの「脳」(思考している場所)では

嫌な記憶・不安や恐れ程強く残りやすくなっている

のだそうです。
これは「生存本能」に基づくもので、人はほっておくとネガティブに寄るのが一般的なのだそう。

もともとがネガティブ寄りで、自分を守るために「不安」を感じるように私たちは出来ているのですが、身動きが出来ないくらい焦るってとても苦しいですよね。
私たちは気分の良し悪しで判断や行動が左右される生き物です。
焦りと不安が強い時に「自分を奮い立たせて」頑張って行動しても、うまくいかない事があると必要以上にダメージを受けます。

だから、まず大きな挑戦が出来ない自分をギューーッと抱きしめてあげながら

今できる事からはじめてみませんか??

すごーく当たり前なのですが、意外と見落としがちなのが【私たちは自分に出来る事しかできない】という事です。
ついつい「自分に出来ない所」を目指し、うまくいかないと落ち込んで自分を虐めてしまうのですが、そもそも「今、それができるのかどうか?」って見落としていることが多いんですよね。

書類選考や年齢でふるいにかけられて「なす術がない」と思う中で、Tさんが今やれる事ってどんなことでしょうか??

・アルバイトを続けながら、何度も書類を送ってみる
・アルバイトの収入を得ながら、フリーランス的な事をやってみる

「今」働く場所があり、ライスワークとしての収入が確保できているのであれば、叶えたい就職のために【何度も挑戦する】という事も一つの方法ですし、自分には合うか合わないか、フリーランス的な挑戦をしてみるのも出来そうですよね!
やってみたら『就職よりもフリーランスが向いていた』と気付くこともあるかもしれませんし、今ある物を手放すわけではないので

これが私に合うのか合わないのかを試してみよう!

と挑戦して見ることが出来るのも、安定に身を置いていない今だから出来る事ですものね。
やってみて「合っている」と思えばそれでいいですし、やっぱり安定した企業勤めが向いているんだ…と思えば、今以上にがむしゃらになれるでしょうし、これも一つの選択肢です。

今、実際に怖れや焦りで身動きできない状況で、行動を起こすのがしんどい…としたら、そこでTさんがやれそうなことって考えつきますか??

良かったら「今の私にやれそうなこと」を思いつく限り書き出してみてください。

紙に思いつくことを書き出したとしたら、これもすでに「今出来る事」をしたという実績です!
気が付いているか分かりませんが「考える」という行動をちゃんと起こしたんですもの。

Tさんが紙に書き出した「やれそうなこと」を、少しずつやってみるのも「行動」です。
行動・動くというのは、何も体を使うだけでありません。
思考を使う・紙に手を使って書き出す…という動作だって「ちゃんと動いている」という事です。
心も体も止まっていると、何も状況は動かないけれど、今やれる事を少しだけでもいいので「やってみる」と、物事は動き出します。

私たちは「自分」という視点だけで見ていると、道がひとつしかないように見えて焦ってしまう事が多々あります。

・就職 = 書類選考を経て面接をしてもらって、ふるいにかけられる

という道(選択肢)しかないように見えると、もう年齢で受け付けてもらえない、書類すら通らない…と何もできないと八方塞がりになりますが、叶えたい夢は『とんでもない方向』から叶えたっていいんですよね!

安定した企業で、ライフワークである「絵を描く仕事」を続けていきたい!
キャリアを積んで行きたい!というのがTさんの叶えたい目標・夢であれば

「それを周りの人に口に出して言ってみる」

というのも、一つの行動です。

ほんとかなぁ~?と訝しがってしまう話かもしれませんが、願いや目標を「叶える」という漢字には「口」と「十」という文字が使われています。
10回以上、自分の望みを口に出して言うと叶う、という話もあるくらい『口に出して伝える』というのも大事な事であり『行動』の一つです。

Tさんが勤めたいと思っている企業への思い、絵を描いて仕事にしたいという夢を聞いた人の繋がりで、書類や年齢を理由に面接にすら辿り付けないと思ってた企業にパイプが出来て面接にこぎつける…という事だってあり得ないとは言えませんよね??

文字通り「声に出して人に聞いてもらう」のもそうですが、今はSNSなどを使って『絵を描くのが大好きでたまりません♡だから●●という仕事をしたい』と呟くのだって、それを偶然企業の人が目にしたり、拡散やご縁が繋がって…という事だって起きないとは言い切れません。

急ですがここで「私の過去」の事を少しお話させていただきます。

今、私はサラリーマンで会社勤めをしています。
今の会社に就職して10年以上が経ちますが、その前はフリーランスで仕事をしていました。
フリーランスの時にご縁があり、ある専門学校の担任業務をしないか?と話をもらい、正規社員ではなく準社員という形で数年間仕事をしていたのですが、大学全入時代と言われるようになり専門学校が縮小するという事で、契約更新せずに「さて、どうしよう??」と途方に暮れました。

フリーランスに戻るという選択肢もありましたが、安定したいという気持ちが大きく就職先を探す必要がありましたが、IT関連の業務を「教える」事はしていても「実務での実績」がないので、勤めたいと思うような企業に入れる可能性が低い状態でした。

そんな中で、周りの人に「契約更新がなくなって仕事がなくなるんだけど、IT関連の業務は実務経験がないし…」と、やりたい事はあるけれど現状は厳しいという話をしていた所、その話を聞いた元同僚(私がフリーランスになる前に一時勤めていた会社の人)が勤めている会社で「実務経験がないけど●●業務をやりたがってる人がいる」と飲み会か何かで何気なく話してくれたことがきっかけとなり、同席していた営業さんが「取引先の企業で●●業務の人材を探しているから、紹介しようか?」と言ってくれて、まさかの場所から面接・就職へと運ぶことになりました。

残念ながらその会社は、私には合わずで1年足らずでやめてしまいましたが、今の会社に入社する際も「IT関連の会社で、条件は●●と■■で、こんな企業があればいいんだけどなぁ~」という話を周りに聞いてもらっていたら、今の会社がその条件に近いからと紹介してもらい、就職して今に至ります。

Tさんが望んでいる企業以外でも、もしかしたら絵を描くことを仕事に出来る会社があるという情報が入ってきたり、人の紹介だから年齢などのふるいにかけられずに面接まではしてもらえる…なんて事だってあり得ない訳ではないんですものね!
Tさんが願っている事を口にすることで、その気持ちや思いが人に届き、応援してくれたり手を差し伸べてくれる人が出やすくなります。
人を動かすのは「人」ですものね。

どっから叶えたっていいんですもの。

焦っている時は正攻法しかないように思えて、ギューーッと視野が狭くなって「もう駄目だ」と苦しくなりますが、思いがけない所から叶う道が拓けることだってあり得ますから、今、Tさんがやれそうなことを考え・やってみる事でどんな未来につながるか分からないんですよね!

また、ワクワクして楽しんでいる人を人は応援したくなっちゃいます。
絵を描くことが好きであれば、公民館などのリーズナブルな場所を借りて展覧会をやってみたり、SNSに絵を載せたりと、Tさんの絵を見てもらえる機会がご縁に繋がっていくこともありますよね?

私も会社員をしながら「カウンセラー」としての学びを楽しみ・深めたいと思っている真っ最中です。
Tさんもご存じの通り、私はカウンセラーとして生計を立てられるほどにはまだなれておらずなのですが、今やれる事を「無理せずに楽しめるやり方」で始めています。

こうやってブログで何かを書く、という事が「声を出す」行動だと思っていますが、おかげでTさんに見つけてもらい、気持ちを聞いて欲しい!と思ってもらうことが出来ました。
これも、声を出してきたから出来たご縁ですものね♡

> 毎日を焦りではなく、目標に向かい楽しく過ごしたいです
> 背中を押して頂けないでしょうか?

私が思いついた事と、私の過去の話をあれこれ書いてしまいましたが、ぜひ、Tさんが今の気持ちを紙に書き出して、Tさんがやれそうなことを見つけてみてくださいね!

不安や恐れを感じるのは、自分を大事に安全で安心できる場所に導きたいからですもの。
それだけちゃーーんと自分を愛しているから不安になるだよね、って、Tさんが不安になるたびにギューーッと自分をハグしながら、気持ちが落ち着く暖かい飲み物(ハーブティーの種類などで気持ちが落ち着くタイプのものもあるようですよ!)を飲んだり、実際に体を動かして「やめやめ!!!」と声に出して思考を中断したりして、不安の沼に沈みそうになるTさんを救い出してあげられますように。

私たちは「今」を生きています。
未来を考えて不安になったとしても、まだ未来は来ていないので手出しができません。

不安な事が起きるか起きないかは分からない事だけれど、不安が現実になった時になれば「四の五を言わずにがむしゃらにやっていく」のですから、その時になって手を考えればいいんですものね。(これは、不安に陥りがちな私が自分への自戒としてよく自分に言い聞かせている言葉です)

今のTさんが「夢やライフワークの為にやれそうなこと」はどんなことでしょうか??
一度で思い浮かばなくても大丈夫です。
何度も何度も問いかけて見つけていってくださいね。

私たちは何かをするときに、ついつい『100%』にやらなくちゃいけない!と思ってしまいますが、いきなりいいアイディアや今やれそうなことが思い浮かばなくっても変な事ではありません。
考えた先に少しずつ「これもやれそう」「うーん、こっちはやってみたけどイマイチ気乗りしなかった」などなどTさんに合ったものを見つけていくんですものね。
そして、最初は大したアイディアも浮かんでこなくても、徐々にいいアイディアに変化していき、やれる事の幅が広がっていけば万々歳ですもの!

力が入って動けない時は、足踏みして足場をしっかり固めている時です。
動けない自分を責めるのではなく「動けないからこそ、いつか動く時のためのしっかりとした足場を作っているんだ!」と自分に暖かい声をかけてあげて、今やれるシンプルな事を探して、小さな行動をすることが出来ますように。

Tさん、不安を感じている中で私に大事な思いを届けてくれてありがとうございました。
長くなりましたし、お役に立てるものが何かあればいいけれど、Tさんがほんのちょっとでも心が楽になれたらいいなぁ、と思いを込めて書きました。

Tさんがライフワークである「絵を描くこと」が仕事に繋がるように祈っています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • その他の問題
  • >
  • (お悩み相談)働きたい企業に書類で通らない、年齢制限にひっかかるなどの事柄が続き、最近はずっと焦っているような心境です