手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】人生が消化試合のようで、ちょっと悲しいです。

木曜日だからでしょうか?マミコが少しお疲れのようなんですよ。

お弟子さん講座が終わったあたりから、とにかく猛烈な眠気に支配されていて
なんだか力の入らない私。

あれ?毒リンゴたべたっけ?
そんな記憶ないんだけど?

と眠気をメルヘンチックに白雪姫の毒に見立てるという仮説を打ち立てましたが、果たしていつ毒林檎を食べたのでしょう?
令和初の我が家のミステリーです!(← 大げさ)

昨晩スマートフォンに表示された広告の文字に反応した私です

昨晩、スマートフォンの画面に表示された「広告」の文字に激しく反応した私。

あなたの「ヒットポイント(HP)」を復活させる方法??

と見えてしまい、自分が結構疲れていることを実感しました。
いやはや、HP回復のために、今日はハイチュウ(大好物)を買おうと思います♡

さぁ、今日も全くお悩みと関係ない前置きが長くなりましたが(注:いつもの事です)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

はじめまして。
アラ50、女性、バツイチのAIと申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

ここ数年、わたしの人生は滞りつつあります。

仕事、人間関係、毎日の生活、、、どれも縮小傾向にあり、人生100年時代と聞く度にゆううつになります。
多分社会的ひきこもり、なんだと思います。

毎日の生活もなげやりですが、一人暮らしであることと、母が近くに住んでいるので、 完全にはひきこもりにならずにおります。

人生の展望がまったくないです。
よく眠り、よく食べられるので、うつというワケではなさそうです。

人生が消化試合のようで、ちょっと悲しいです。

自分がどうしたいのか、まったく分かりません。

相談ジャンルは迷いますが、親子関係、を選択します。
きょうだい仲わるく、疎遠です。
父は20代に亡くなりました。
家族になにもしてあけられなかった罪悪感らしきものあります。

暗い内容で申し訳ないですが、希望のもてるアドバイスが欲しくて、投稿します。
何卒よろしくお願いいたします。
相談者:AIさん

AIさんはじめまして。
ふと立ち止まってしまった時に、自分の未来について考えてしまう事ってありますよね。

> ここ数年、わたしの人生は滞りつつあります。
> 仕事、人間関係、毎日の生活、、、どれも縮小傾向 にあり、人生100年時代と聞く度にゆううつになります。

AIさんがアラ50と書いてくださっていますが、
10代・20代の頃は社会の中でも覚える事がいっぱいで、それを必死でこなす事に精一杯で、立ち止まっているヒマがないのですが、
30代を過ぎてくると、周りの環境がそれまでの「自分の事で必死」でいるだけではなくなってくることもあり、立ち止まって自分の人生を考える事も増えてきますよね。

ある程度社会にも慣れ、毎日は刺激がなくなってきて、同じ事の繰り返し…
AIさんのお悩みにはバツイチとしか書かれていないので、恋人の存在やお子さんがいらっしゃるのかは分からないのですが、
アラ50の世代であれば、もしお子さんがいても巣立っていくような年代かもしれず、そうなると「自分の時間」が出来ることで

私の人生ってどうだったのだろう?
私の人生ってもう楽しいことはないのかもしれない…

と、悩まれる方も沢山いらっしゃると思います。

【仕事、人間関係、毎日の生活、、、どれも縮小傾向 】と書いてくださっていますが、ある程度の年齢になってくると、
自分から新しい環境に飛び込んでいかない限り、増えていくってなかなかありませんよね。
かくいう私も、元々社交的な方ではないので、自分からどこかに飛びこまない限りは、仕事も人間関係も、毎日の生活も変わり映えのないものであることはAIさんと同じです。

AIさん、ピーター・ドラッカーという方をご存知ですか?
少し前になりますが「もしも高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』をよんだら」という本で一気に有名になったと言えば聞かれたことがあると思います。

20世紀最大の『知の巨人』と言われたドラッカーが、こんな言葉を言っています。

50歳は働き盛りである。
その彼らが仕事に疲れ切ったという事は、
第1の人生では行き着く所まで行ったという事であり、その事を知ったということでもある。

ドラッカーは「仕事」と言っていますが、仕事以外にも当てはまる言葉だなぁ、と私はこの言葉を聞いてしみじみ納得したんです。

まだ健康で生き生きできる中で、
自分の人生に行き詰まりを感じた時は、
その生き方がフィットしなくなっている時、
つまり、ファーストステージ終了!なのだろうな〜と。

では、終了したら第2ステージ、つまり第2の人生を生きていけば良いだけで
ドラッカーがこういう言葉を残しているくらいなのですから、ある程度自分でなんでも出来るようになって時間や心に余裕が出てくる年齢になると、ふと立ち止まって疲れを感じる方がたくさんいるんだろうな、って思うんです。

> 人生の展望がまったくないです。
> よく眠り、よく食べられるので、うつというワケではなさそうです。
> 人生が消化試合のようで、ちょっと悲しいです。
> 自分がどうしたいのか、まったく分かりません。

もしかしたら、第1の人生を終えて、第2部を生きる場所に来たのかもしれませんね。
であればその「消化試合」をどう生きるかを考えてみるのはいかがでしょうか?

「消化試合」というと、なんだかやる必要がないのにこなす作業…というイメージがありますが、消化試合って考え方によっては

勝ち負けにこだわって上を目指さなくていい分だけ
純粋に試合を楽しめる時間

でもあると思いませんか???
捉え方はその人それぞれの自由であれば、ほんの少しだけ見方を変えてみるだけでも世界は変わっていきます。

先も見えているし、やりたい事や趣味もないし、生きていても楽しくもない。
それなのに「残りの人生が自分のための楽しい時間」なんて思えない。
この気持ちを今すぐ捨てなくていいんです。
だって、行き詰まっているんですもの。
AIさんがそう思って採用している「自分の意見」なのですから、その前提は持っていてもいいので、

でも、それって本当なのかな?

と、自分が思い込んでしまっている世界に疑問符を持ってみる事をしてみるだけでも、いいと思っています。

「私の人生は消化試合だから、虚しいに違いないわ」
「私の消化試合って本当に虚しいだけなの?それって本当?」

同じ事を言っていても、疑問符を持つだけで、目指す道や得られるものが違ってくると思いませんか?

そして、第2の人生は、自分のために生きる人生です。

人生の展望がない、目標が持てない、希望が持てないという時は
やりたい事をしていない時に感じることが多いのですが、そのやりたい事が分からなくなっている時におススメなのが

やりたくない事をやめること

やりたくない事をやり続けているって、自分を楽しませることにならないので
知らずのうちに無気力になってしまったり、やりたい事を見つけられなくなってしまいます。

イメージでいうと、やりたい事の種の上に「やりたくないのにやらなきゃいけない事」が何層にも重なっていて、それをやりたくないのにこなす事にいっぱいになっていて、やりたい事が見つけられない状態。

だとしたら、やりたくない事を少しずつやめていくことで、やりたい事に気づく時間ができたり、そこに使っていた気力や体力を温存することができるようになります。

単純に考えてみても
やりたくない事をやるのって楽しくないですものね。
だとしたら、やりたくない事をやり続けていたら、人生が楽しく無くなるのは必然ですよね。

いきなり全部やめることはできないと思いますが、
少しずつ「これってやりたい事?やらなきゃいけない事?」と自分に問いかけてあげて、やらなくていい事はしない!という風に手放していくのもいいかもしれませんね。
そして、やりたくないけれどやる時には、自分を褒める事をしてみてください。

やりたくない事ををやってくれてありがとう。
今日は「昔好きだったグミを一袋お礼にプレゼントしてあげるね」そんな風に自分に時々はご褒美をあげてみてください。
今は特に好きなものがないとしたら、昔好きだったものを自分にあげてみてくださいね。
好きだったという気持ちをじんわりと受け取ってみる練習にもなりますから。

そして、やりたくない事を少しずつ手放してくと同時に
自分のためにやりたいことが見つからないのなら

人を喜ばせることで
自分を喜ばせる生き方をしてみる

というのも人生の生き方の一つに加えてみてもいいのかもしれません。

AIさん、アンパンマンの作者の「やなせたかし」さんをご存知ですか?
やなせさんも自分の人生に対して「自分は何のために生きているのだろう」と何度も考えたそうです。
そして、若い頃から漫画では花が開かず、迷いもたくさんあって生きる事にも迷いながら、やなせさんが有名になったのは70代を過ぎてからでした。

そのやなせさんは「何のために生きるのか?」という疑問についての答えとして

人は人を喜ばせている時が、一番幸福に感じる

と実感されたそうです。

お母様が近くに住んでいらっしゃるとのことでしたから、
ほんの少し、感謝の言葉を伝えてみるとか、肩を揉んであげるとか、些細な事をして見ることで、自分だけではなく人のために生きる喜びを味わうことができるかもしれませんね。
実際に行動にできなかったとしても、心の中で「お母さん、ありがとう」と言ってみるだけでも同じ効果があると思っています。

そしてお母さんに優しくすることは、家族にしてあげれられなかった、というAIさんの持つ罪悪感を癒す作業でもあると思うんです。

いきなりですが、今のAIさんにやりたいことがない、というのであれば
もしよかったら「自分史」を作る事をオススメします!

自分の人生の棚卸しです。

その中で嬉しかったこと、頑張ったこと、どんな風に親や兄弟と関わってきたのか、または関わって欲しかったのか、友人との関係、恋愛、結婚生活、楽しかったこと、苦しかったこと、それぞれの年代で1番印象的だったこと、とにかくいーーっぱい振り返ってみてください。

幼少期からの自分史作りをしてみると
実は私は両親に愛されていたんだ!ということに気付くことがあったり
本当に好きだったけれど諦めてしまったことが見つかったり
本当はやりたくないのにやっていることが見つかったりと
自分でも意識していなかった自分に出会えたりします。

もちろん、愛されていなかったと思う記憶や憎しみ・怒りが湧いてくることもあると思いますので
その時には、その当時処理しきれなかった感情を「今」解放してあげて、成仏させてあげましょう。

根本さん直伝のお恨み帳に呪詛を吐き出すのでもいいですし
クッションをボカスカ殴って発散でも、カラオケで大声を出すでもいいですし、車をお持ちであれば車の中で大声で叫んでもスッキリします。(← 実際に私はやったことがあります。)
体を動かすのが苦でなければ、その場で思いっきり地団駄を踏んだりするのもありですよね。

悲しい気持ち、切ない気持ち、誰かに分かって欲しかった気持ちが溢れてきたら、暖かい飲み物を飲んだり好きな香りの入浴剤をいれたお風呂でゆらゆらとしながら、たくさん泣いてあげてください。
そして、辛かった自分を優しくハグするように(実際に自分の手で自分を包み込むようにギューッとしてあげても効果的ですよ)自分の言って欲しかった言葉、もらいたかった言葉を自分が納得するまで何度も何度も、自分にかけてあげてください。

また、愛されていることに気付いたり、伝えたかったのに伝えらえれなかった言葉が出てきたら、出せなくていいので感謝の手紙を書いてみましょう。
天国のお父さんへ、疎遠になっている兄弟へ、近くにいるけれど口に出すのは照れくさい想いをお母さんへ。
感謝は許しのひとつです。

楽しかったこと、情熱を傾けていたことは、これからも気になるようでしたらトライしてもいいですよね!

大好物だったもの、自分が「快」だと感じていたものや、逆に嫌いだったものを思い出すことも、何が好きで嫌いなのか?とメリハリをつけるのに役立ちます。

徹底的に自分史を作ることで、自分史が今の年齢を作り上げたところに来た時には、健気な自分を大切にしたいと思えるようになるかもしれませんし、未消化なものが見つかれば、それを消化してあげると前に進みやすくなります。

そして、もし少しだけでも興味のあるものが見つかったら
とりあえずやってみる!というのもオススメです。

私のことなのですが、20代の頃は「ガーデニング」とか「植物」には全く興味がなかったのですが、私がどん底だと行き詰まっていた時に、近所のホームセンターで花苗を楽しそうに選んでいるご年配の女性の姿を見て
植物を育てるって楽しいのかな???と思い、一鉢だけ苗を買って育ててみたら、毎日その苗の成長をみるのが楽しくなり、ワクワクしている自分に出会いました。

残念なことに、私は賃貸で引越し先では花壇を作ることができないのでガーデニングは諦めましたが、観葉植物がいっぱいの部屋で暮らしていて、毎朝の水やりの際には、新しい芽や葉が開いていることに嬉しい気持ちを味わっています。

この姿は、全く想像できない私の姿でした。

私は物があるのが苦手で、極力少ない物で暮したい!と思っていましたし、植物になんて興味すらなかったのに、やってみたら楽しいことって、食わず嫌いと一緒で案外たくさんあるのかもしれません。
時間やお金に余裕があれば、旅に出たりするのも違う世界を見れて好きなことを発見できるかもしれませんのでオススメです!

長くなっているので、最後にあと一つだけ。

自分が自分の最高の友達になる

というのも、自分の人生を楽しむ方法の一つです。
何をしても応援してくれて、味方をしてくれて、一緒に泣き、笑ってくれる親友になって自分と付き合っていく、という事なのですが

これも私が実践して、何より毎日が楽しくなった1番の秘訣かもしれない…と思っています。

私は離婚して今は1人暮らしです。(厳密には1人と2匹ですが、理想としているパートナーとの生活はできていません)

この先、楽しいことなんてあるのかな?
この先、1人で生きていて幸せなのかな?

そう思ったことは何度もありますが、自分が自分に声をかけてあげて、笑ってあげることを続けていたら、1人でも充分楽しくなってしまって、今はせっかくの1人時間を楽しもう!なんていう見方すらできるようになりました。

不要な前書きにも書きましたが「HP」という文字を「ヒットポイント」と読んだことに対して

ちょっとー、疲れちゃってない???
大丈夫???
今日は疲れを取るために、ちょっと高い入浴剤いれちゃう???
え?値段より香り優先がいい?
もー、言うねぇ。言うねぇ。
いいよ、その願い、私が叶えてあげる!
ってか、ヒットポイントってゲームしないくせに、どんだけ〜(← IKKOさんにご登場いただきます)

というようなやりとりを自分としています。
人からは「怪しい…」と思われるかもしれませんが、私が楽しくて満たされているから、そんなのどうだっていいんです。

結局は自分がどう思って、どう感じて生きるか、なんですものね。

初めのうちは、何も変化せず、砂を噛むような感じかもしれませんが
せっかくの消化試合、自分の好きなことをだけをして生きていい!と自分に許可を出してあげて、あの時に思いっきり行き詰まって良かったわ♡と未来で自分が言っている姿を想像して、新しい人生の第2幕を送れると信じています。

うーん、なんだか取り止めがない上に長くなってしまいましたが
AIさんにとって、何か少しでも心に届くものがあったらいいな、と願っています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する