手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】ここまで気に障る女も久しぶりで一体何なんだろうって感じです。

マミコちゃんが小判もらったでちー!わー!すごいでちー 金ぴかでちー

ねー、すごいよねー。
金ピカで厚みのある小判をもらっちゃったんだよねー!

この小判、北日本放送(KNB)というテレビ局の4冠達成記念に配られた記念品らしいのですが、私は全く関係なく、知り合いがもらったのですが

入浴剤 = 私がお風呂好き、入浴剤好き

という事がピコン!と浮かんだそうで、さらにこの手の「小判の形している」とかそういうの大好きそうだよね~、という事で横流し…もといプレゼントしてくれたんです。

わーい。嬉しいな。
好きなものを好きってあちこちで宣言していると、こういう「わらしべ長者」的な事が起きるので、これからも好きなものを堂々とアピールしていこうと思います。

さぁ、今日も全くお悩みと関係ない前置きが長くなりましたが(注:いつもの事です)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

いつも楽しくメルマガを読ませていただき、時々セミナーに参加させていただいているMと申します。

職場にどーーーしてもいけすかない女がいて、対処法はないかとご相談です。

その女性(Aさん:35歳)は、 私が結婚を前提に2年半お付き合いをしていた彼氏と別れたのと同タイミングで 慶応大学卒、超有名外資系企業にお勤め、家柄も良い、同年代のハイスペ男性からプロポーズを受けて結婚しました。

それまでは普通に仲良かったのですが、 なんで私(20代後半)がフラられて結婚できず、こんなおばさんに先越されるの?!私のほうが結婚に向けて努力しているのに!私のほうが学歴だってあるのに!
とかなり嫉妬してしまい、それからとにかくAさんのことが嫌いになりました。
結婚だけならまだしも、会社に「辞める」と脅して、給料はそのままで、時短社員の立場をちゃっかりゲットしたのもまた腹が立ちました。

子供ができたとか特別な事情はなく、ただ仕事に疲れたという理由です。
こちらは毎日忙しくバタバタやっているのに悠々と退社するのが許せませんでした。

彼氏にもフラれ、体もぼろぼろにして深夜まで働いている私に対し、
「もう22時になると眠くて起きてられないんだよね~」(こっちはその時間会社にいますけど?)
「さいきん、仕事忙しいの?」(お前より忙しいに決まってんだろ)
「さいきん、彼氏とどうなの?」(昨日別れました!しかもみんないるところで聞くなや!)
「男性とデートに行くんだ?よかったね、また恋愛楽しめるようになったんだね」(はぁ?何様なの?)
「そういうMちゃん好きだよ!」(はああ??みんながいるところで言って良い人アピールかい)

とにかく私がカチン!!とくることや、いま聞かないでよ!という嫌なことを、 本人はなんの気もないのでしょうが、ドンピシャでぶっこんで込んできます。
いつまでも深夜残業してる私を馬鹿にしてる!結婚できなかった私を見下してる!と被害妄想してしまいます。

もとは仕事でお世話になった人だし、悪い人じゃないし、とは思ったのですが 嫌いなものは仕方ない、と諦めて、一緒に仕事する機会もなくなっていたので私のほうから避けるようになりました。
周りの人がわかるくらい、私はあからさまな態度でAさんを無視するようになりました。

そうこうしているうちに、Aさんは結婚を機に退職してほっとして、快適な日々を送っていたのですが
なんと半年ほど経つと出戻ってきたのです・・・。というか、社長が呼び戻してしまったのですが。

結婚式の招待状を社内で配るわ、休憩室では旦那が、旦那が、と家庭の話題ばかり・・・
Aさんがいること自体、すごーーく癪に障ります。

心地のよい働き方、結婚を謳歌しているように見えて、一人だけずるい!となぜかAさんに対してだけ、異様に嫉妬してしまいます。

もうかれこれこんな状態が2年近く続いていて、しんどいです。
ここまで気に障る女も久しぶりで一体何なんだろうって感じです。

最近ちょっとだけ気がついたのは、 とにかくドンピシャで私がカチン!とくることをぶっこんでくるという現象が、 以前の私と母の状況にそっくりだなーとは思いました。

模試の点数が低くて落ち込んで帰ってきた私に 「そうやってメソメソしてるから、受からないんでしょ!泣いてる暇があったら勉強すれば!」とか、

やっと受かった会社について
「この会社聞いたことない、もっと有名なところがよかった」とか、
子供ながらにこの状況でそういうことよく言うよね、言われたら私が傷つくってわからないの?
と怒りと悲しみを覚え、昔はちょくちょく母と大喧嘩していました。

これって何か関係あるのでしょうか?

気に入らないな、合わないなっていう人は時々いるにしても、この方への嫌な気持ちはずいぶん長引いていて、しんどくなってきてます。

長々と失礼いたしました。ぜひ相談したいなと思っていたのでアドバイスいただけると頂けると大変うれしいです。
よろしくお願いします。
相談者:Mさん

Mさんはじめまして。
いただいたお悩みの中の『 職場にどーーーしてもいけすかない女がいて 』のどーーーしても!の部分から、どれだけMさんが同僚女性に対してイライラしているのか伝わってきました。
見たくない・聞きたくない・顔も見たくない!という「大嫌いな人」がいるのって本当にストレスですよね。

Mさんが忌み嫌っている同僚の女性(Aさん)は、
目の前に現れてくれた

Mさんが生きられなかった生き方を体現する【シャドウ】という存在

なのかもしれません。

Mさん、シャドウという言葉を聞かれた事はありますか?
心理学で言うシャドウというのは、『抑圧された欲求』『生きられなかったもう一つの自分の姿』『無意識に我慢している事』『やりたかったけど出来なかった事』ということを指しています。

生きられなかったもう一つの自分の姿…とか言われても、私はAさんの事が大嫌いだからあんな風にはなりたくないんだけど!!と言われるかもしれませんね。

けれど、ここまで嫌悪感を持ったりイライラする…という気持ちの奥には、Mさんが蓋をしているだけで、Aさんの事が羨ましいという気持ちがあるので、Aさんの行動にMさんの心が反応してしまうんです。

人は誰でも「シャドウ(影)」を持っています。

そしてそれを隠して生きていますし認めたくないけれど、それを体現する人を前にすると、無性に腹が立ったり理由も理屈もなくイライラしたり疎ましく思ったりします。
シャドウは自分の中で抑圧して禁止しているものを映し出している「鏡」のような存在で、自分の中で禁止しているルールや厳格に守っているけれど苦しいと思っているものなどを嫌いな人を通して『投影』してくれています。

【投影とは…(ざっくり版です)】
・自分の中に存在するものを他人を通して見せてくれる心の動き
・自分の一面が鏡を見るように他人を通して見える事

Mさんの中にある、Aさんに対するイライラを見ていきましょう。

・ 私のほうが若いし結婚に向けて努力しているのに、35歳のAさんは努力もせずにサクッといい男と結婚を決めてきた
・ 体もぼろぼろにして深夜まで働いている私を尻目に、ただ仕事に疲れたという理由で、給料はそのままで時短社員の立場をちゃっかりゲット
・空気も読まず言いたい事を自由に言う(たまにいい人の片鱗が見える)
・やっと辞めた…と思っていたら、社長がわざわざ呼び戻して再就職してきた(なんでAさんがそこまで評価されているの?)
・心地のよい働き方、結婚を謳歌しているように見える(なんでAさんのような人がリア充なのよ!)

これらの事は全部、Mさんが禁止している事だったり本当はこんな風に生きたいと思っていたのに封印してきてしまった感情です。
見ないように蓋をしてきたり自分ルールを作って厳格にAさんのようなふるまいをしなように自分を抑えつけているのに、 Aさんを通してそれを見せつけられることで「抑えている欲求」が刺激されて目を覚まし、怒りになってMさんに訴えているんです。

> ここまで気に障る女も久しぶりで一体何なんだろうって感じです。

ここまで強く反応してしまうという事からも、Mさんが強力に自分の事を監視して厳しくルールの中に押し込めて「我慢」し続けているという事。
心が刺激されて勝手に反応しちゃっているんですね。

では、どうしたらAさんの事をイライラせずに見れるようになるのでしょうか?

シャドウというのは「受け入れる事」で楽になって行きます。
とはいえ、この受け入れるのは難しいですよね…
何しろシャドウというのは自分が禁止して抑え込んでいる欲求なのですから、自分とは正反対のタイプですもの、ね。

なのでAさんに対して「いい・悪い」は別にして

ふーん。私にもAさんみたいになりたいって言う欲求があったんだー。(← 棒読み)
とりあえず、そう言う事だってことは受け入れておこう。

と自分に言ってあげる事です。
許すとか理解するではなく、自分がAさんのような事を「我慢しているんだなー」と受け入れる事をしてみてください。
Aさんを受け入れるのではなく、Aさんのような自由なふるまいを我慢している自分を受け入れる、という事ですね!

えーっ、そんなの嫌過ぎる…(涙)
と思われるかもしれませんが、抑え込んでいる間は、ずっとAさんの事をイライラして見てしまいます。
見る度に抑圧している自分が刺激されるのですから、当然と言えば当然ですよね。

シャドウは誰にでもある訳ですから、当然私にもあります。

Mさん程ではありませんが、私も過去の職場に「自由で素敵だな~」と思っていた先輩がいました。
遠巻きに見ていた時はそう思えていたのに、その先輩と親しくなると、何でか分からないけれどイライラするし、彼女の行動になんでか怒りがこみ上げてくるんです。別に彼女が悪い訳ではないと頭の中で思えるのに、なぜか彼女と時間を一緒に過ごすと、自分でも分からないくらいに理不尽に彼女を嫌いになるんです。

この当時、私は心理学の事を知らなかったので
何でこんなに彼女の事を嫌いになったのだろう?彼女の何が嫌なんだろう?というのを紙に書き出して「うーん、うーん」と唸りました。

・休みたい時には平気で休む
・自分の食べたいものをはっきり主張して、お店は自分が生きたい店を決める
・お客様宛てのメールなのに、ちゃんとしていなくてくだけている
・ミスをしても「あっ。ごめんなさーい」とシレーッとして反省しない
・良く言えばおおらか、厳密に言えば適当過ぎる
・好きな事をして、言って、なぜかモテル

リストアップしてみて、自分でハッとしたんです。
これらの事を目の前にすると私はすごくイライラするけれど、これって、私が出来たらいいけど絶対に出来ない事だよなー、って。

・休みたいけど迷惑がかかると思って自分を犠牲にして我慢してしまう
・食べたいものを言ってみんなと意見が合わなかったら気まずいから、みんなに合わせる
・めんどくさいな…と思いながらもきちんとしてしまう
・ミスをしたら反省どころか何日も引きずる(もっと簡単に忘れたいのにな)
・私は細かくて完璧主義、それが疲れる
・好きな事を我慢して、別にそれでモテル訳でもない

そう、これがその時の私だったんです。
全く真逆ですよね。

私は先輩のように生きたいと思いながらも、それを禁止しているし、実際にはそうする勇気もない。
なーんだ、私がやりたい事を自由にやれているから「嫉妬」したり「妬ましく思っている」んだなー。
そうだよなー、そりゃそうだよ。仕方ないよねー。

そういう風に思えた後から、少しずつ先輩の事を見ていてもイライラしなくなりました。
そして、しばらくするとたまにイラッとする事はあるにしても、気にならなくなりました。
先輩のやっている事・態度・行動は何一つ変わっていないのに、です。

そう、変わったのは「私が自分の中に我慢している要素がある」と気付いた事で、知らないうちにシャドウを受け入れたんですね。

つまり、Aさんを見ていてイライラする要素を私は禁止しているんだなー、と受け入れることで、不思議な事にそのイライラが治まって行くんです。

禁止している、我慢しているからこそ見る度にイライラするのですから
なーんだ、私にもそういう要素があるけれど我慢してるだけだしなー、と抑圧を解く事で、怒りの感情が刺激されなくなるんです。

なぜなら怒りの原因は相手にあるのではなく、
自分の内側にある『抑圧された感情』だからです。

自分の嫌いな自分の中にある要素(シャドウ)を受け入れることで

・あんなに嫌いだったのに気にならなくなっていく(時々はムカッとはすることがあるかもしれないけれど、ね)
・周りの人の不寛容さや不完全さを許せるようになる
・自分が我慢していた事をさせてあげる許可が出せるようになる
・自分を愛する事が出来るようになり、周りの人を愛せるようになる

人間は表もあれば裏もあります。
それを受け入れることで、周りの人にも寛容になれますし、相手に対するストレスが減る事で、結果的にMさんが生きやすくなります。

シャドウに出会った事は、同時に「こんな風に生きたい」と抑圧しているものを緩めてあげるきっかけにもなりますよね。

私は何かをしないと愛されてはいけない = このまんまの私でハイスペック男子に愛されてもいい
仕事は頑張って歯を食いしばってするもの = 出来る範囲で少しだけ手を緩めてもいいかな?
言いたい事を我慢する = 人を傷付けない言葉なら自分の言いたい事をいってみようかな?
自分勝手にリア充 = 自分らしく好きな事をイキイキやってみようかな?

禁止していたものを自分なりに許可して、出来る範囲で緩めてあげる事も出来たら、自分自身が緩んで生きられるようになりますものね。

嫌いなAさんの事を理解するとか、共感する必要はないので
自分の中にある我慢している要素って何だろう?という視点でAさんの事を観察してみてくださいね。

そして、今以上にMさんが輝く女性になって、サクッと素敵な男性に出会って「旦那がね~♡」と職場でのろけている未来が1日も早く訪れますように。(もれなく私もそうなりたい…)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 人間関係
  • >
  • 【ココロノマルシェ】ここまで気に障る女も久しぶりで一体何なんだろうって感じです。