手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】結婚までしてある程度子育ても落ち着いて、旦那さん協力的でやさしい人なのに過呼吸起こしてる自分がクソって思います。

またシールですか… 本当にシールが好きですよね。

こんにちは。
あなたの心の痛みや悲しみの傷に優しく絆創膏を貼る「心の保健室」を目指しているマミコです。

私は「シール」「付箋」「メモ帳」「カラーペン」が大好きで、文房具コーナーや雑貨屋さんのシール売り場などは極力近付かないようにしているのですが、やはり好きなものは好き!!と、どうしても我慢できずにチェックしてしまいます。

先日、家の近くの雑貨屋さんに行った際にレジ近くにあったカードやラッピングコーナーの脇にあったラックに、このミッフィーちゃんのシールがあるのを見つけて吸い寄せられました。

ちょっと大き目なシール
そしてマスキングテープ素材が
ナチュラルでカワイイ

くーーっ!!かわいい。好み。
やめてやめて、もうシールはたくさんあるんだから…

とレジ近くのラックの前でしばし逡巡。
結局「これがあれば勉強する時のノート作りが楽しくなるでしょ?!」という理由を脳内で作り上げ、購入しました。

あーー、シールってなんでかわいいものが次から次へと出てくるの~。

随時使うようにはしていますが、かわいいものだと使うのがもったいない…と大事にしてしまうクセがありシールが溜っていくのですが、使わないのが一番勿体ないんですよね。

ということで、この秋はノートづくりや個人で勉強している内容をまとめるノートに、持っているシールをペタペタしながら楽しもうと思います。

私が買ったかわいいミッフィーちゃんのシールの事をご紹介した後は(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

傍から見ればただの幸せモンです。
40代前半、小学生の子どもひとり、家庭に協力的で優しい旦那さんの扶養でパートしてる女です。ただの贅沢な環境です。なのに、深夜とかに稀に過呼吸起こしたりします。過呼吸っぽいときに旦那も優しく手を当ててくれたりするのでほんとにありがたいなーって思います。ほんと、ただの惚気ですよね。
なんで結婚までしてある程度子育ても落ち着いた…とはまだまだ言えないけど、幼児じゃなくなってるしひとりっ子だし、旦那さん協力的でやさしい人なのに過呼吸起こしてる自分がクソって思います。

たまに付き合いでやる占い(誕生日由来だから正確ーらしい)とかでは、いっつも
『あなたは本能のままに生きれてる人ですね』とか言われて、なんか心がザワっとします。
こんな夜な夜な深夜に過呼吸起こしてるような奴のくせに、自由に生きれてるってなんなんですかね。
ご相談:するめさん

するめさん、こんにちは。
過呼吸って、呼吸をしているはずなのに上手く空気が吸い込めなくて「このまま死んじゃうんじゃないか?」と思う位しんどいものですよね。
人によっては意識を失ったり痙攣したり…と、いくら過呼吸が直接命に係わるないと言われても、過呼吸の状態の渦中にいる時は、すごく過酷だと思います。

私は過呼吸を起こしたことはないので、あくまで想像するだけなのですが、ものすごくしんどい状態の後でこんなにもご自身の事を責めてしまうのはなぜでしょうか??

誰だってなりたくて過呼吸になるわけではないと思います。
するめさんがこんなにも自責するくらい、過呼吸にならなければいいのに!!と思っていても起きてしまうんですものね。

それなのに、過呼吸を起こす自分のことを「幸せ者のくせに」「自由に生きてると言われるクセに」と、それこそ傍から見たら『いいね』と言われるような事柄を、するめさんを責める道具に持ってこなくてはいけないのはなぜなのでしょうか?

> 傍から見ればただの幸せモンです。
> ただの贅沢な環境です。
> ほんと、ただの惚気ですよね。

惚気、いいじゃないですか~。
でも、するめさんはもしかしたら惚気るのは得意じゃないのかもしれませんね。
惚気のように聞こえるかもしれないけど、私は満たされていないんだ、私は幸せじゃないんだって、幸せそうに見えるから分かってもらえない気持ちを抱えているのではないのでしょうか??
または「こんな私が惚気るくらい幸せでいていいはずがない」という思いもあるのではありませんか?

「家庭に協力的で優しい旦那さんの扶養でパートなの。贅沢な環境でありがたいし感謝してるし、惚気ちゃってるけど…」に続く、するめさんが抱えている気持ちってなんでしょうか??

私には足りていない・私なんか相応しくないという自己否定の気持ちでしょうか?
大事にされる価値なんて私にはないのに、こんなに大事にされて申し訳ないという気持ちでしょうか?
こんなに愛してもらっているのに、私には何も返せていないという思いでしょうか?

あくまでも私がするめさんのお悩みを読ませていただいて感じた事なので、するめさんの気持ちとは違うものかもしれませんが、傍から見たら幸せで恵まれた環境にいる自分の事を、

こんな私が幸せだって感じていいはずがない
こんな私が恵まれている事が申し訳ない

と、幸せを感じることを禁止したり、自分には相応しくないと受け取ることを拒否しているように思えたのですが、するめさんがこんなにも「自分がクソって思います。」と強い言葉で自分を否定してしまうほどに嫌ってしまっているのが気になります。

> 結婚までしてある程度子育ても落ち着いた…とはまだまだ言えないけど、幼児じゃなくなってるしひとりっ子だし、旦那さん協力的でやさしい人なのに過呼吸起こしてる自分がクソって思います。

自分をこんなにも卑下してしまう、自分をこんなにも嫌ってしまうなんて、するめさんはどれだけ生きづらいのでしょう。
私たち人間は、誰だって「認めてもらいたい」という気持ちを持っているのですが、24時間364日側にいる自分が「お前はクソだ」「お前は価値がない」「お前が幸せなんておかしい」と自分を否定し続けているんですもの。
どんなに苦しい中で生きているのでしょう…

自分が幸せを感じる・幸せに生きる事を全力で邪魔するのが「罪悪感」と言う感情です。
文字通り「罪深い自分」を許せずに処罰する感情なのですが、何かしら理由があって私は罪深いと思い込み、自分を牢屋に閉じ込めるような事をしてしまいます。

投獄される罪深い私は、幸せになんて生きていいはずがありませんから、するめさんが置かれている「幸せな状態」は、自分にとってはいたたまれない状態です。

過呼吸を起こす度、するめさんは「こんな私でごめんなさい」って申し訳なさだったり、情けなさを感じ、大事な人だからこそその人に迷惑をかける自分が許せなかったり、期待に応えられるようなことが出来ていないと自分を責めてしまっているのではないでしょうか??

もしかすると子供時代から「何かをしないと愛されない」と思い込んでいて、無条件で愛されることに申し訳なさを持ってしまっているのかもしれません。

するめさんの旦那さんが、するめさんに協力的で優しくしてくれるのはなぜでしょう???

それはきっと「旦那さんから見てするめさんに価値や魅力がいっぱいあるから」「するめさんが大事な人だから」ですよね。
するめさんが自分に「そんな価値はない…」と思っていたにせよ、旦那さんからみたらいーーっぱい価値がある人だから大事にしたいし、優しくして愛したいと思っているんですもの。
恵まれた環境で過ごして欲しい、過呼吸を起こすたびに心配で側にいたいと思うほどに「愛おしい大事な人」だからですよね。

するめさんは激しくご自身を否定されていますから、自分の中の価値や大切さをすぐには受け取れないと思いますが、まずは小さなことから受け取っていく練習をしませんか??

他の人はどうかは分からないけれど、旦那さんにとって、私はどうやら大切で価値があるみたいなんだ、と。

人によって価値の感じ方、愛着を持つもの、大事だと思うものは違います。
ある人にとって「古着」が価値のあるものでも、価値を感じていない人から見れば「古いだけの洋服」にしかみえません。
プラモデルに価値を感じる人、車に価値を感じる人、ホテルでのディナーに価値を感じる人、アイドルに価値を感じる人…
みんなそれぞれ大切に思うものは違いますが、自分が大事にしているものはけなされたり否定されたり、傷付けられたりしたくないと思っている物です。

旦那さんにとって、するめさんが「大事で価値のある宝物」なのであれば、その宝物を虐めたり壊したりされたら悲しくなると思いませんか?
旦那さんは、するめさんに笑顔でいて欲しいから、するめさんを思いやりたいから、過呼吸になるたびに心配して寄り添ってあげたいと思って行動してくれているんだろうと思います。
だから旦那さんの為にも「しょうがないけど、あなたがそう思ってるなら私の価値を受け取ろう」と、するめさんがするめさんを攻撃する気持ちをちょっとずつでいいので、緩めていくことが出来たらいいですね。

また、自分に厳しいルールや基準を設けていればいる程、基準に達していない自分が愛されていいはずがない!と自己攻撃をしてしまいます。

自分を責めてしまいがちな人は、人に迷惑をかけるのがいけない事だという思いがあったり、役に立ちたい(役に立てないといけない)という気持ちが強い人が多いものです。
そしてついつい、頑張り過ぎてしまいます。

自分を責めるということは、自分を褒められないという事でもありますから、褒めるためのハードルがうんと高くて、些細な事では自分の価値を認めてはいけない!!と向上心の高い人が多いのも特徴です。

今よりもっと良くなりたい、役に立ちたいというのはとても素敵な事ではありますが、それが自分を苦しめたり自分を虐めたりするものであるならば、自分を楽にしてあげるためにも

自分を褒めるハードルを低くして、慣れないうちはモゾモゾするけれど、いっぱい自分を褒める練習をする

というのもするめさんを楽にするためのものになるかもしれません。

するめさんが自分の事を褒めていいと思えるのは、どんなことをしたときでしょうか??

パートのお仕事に行く前に着替えたりメイクしたりすることを「エライ!」って言えますか?
お子さんや旦那さんのために食事の準備をしたり洗濯をしたりと、家事をすることを「エライ!」と言えますか?
ちゃんとお風呂に入り、歯磨きしたことを「エライ!」と言えますか?

日常の小さな小さな事で「当たり前」と思ってしまっているような事を、褒めることをしてみてください。
自分を認めたり褒めることに慣れていないと、とかく「何か大きなこと」がないと褒めてはいけないと思ってしまうので、すごくすごく些細な事を褒める練習をしましょう。

初めのうちは「こんなことして何になるんだ…」と心は冷たいまま、自分のしている事を虚しく感じたり反発したりする気持ちも湧きあがりますが、続けていくと少しずつですが「小さな事であっても褒めていいんだ」という気持ちに代っていきます。
と同時に、日常の褒めハードルが低ければ、少し高度なことが出来た時には「すごい!!!私って凄すぎる!!」と喜びが大きくなります。

自分を否定する、という言葉の反対が「自分を肯定する」と言う事ですから、自己肯定感を上げていくことで自分虐めを緩めていくことが出来ますが、いきなり肯定するのは難しいので、小さなことを褒める練習をしたり、小さな事が出来た事を認め・自分を受け入れる練習から入るのはオススメです。

> 『あなたは本能のままに生きれてる人ですね』とか言われて、なんか心がザワっとします。
> こんな夜な夜な深夜に過呼吸起こしてるような奴のくせに、自由に生きれてるってなんなんですかね。

私たちは自分に全然関係のない事、心が動かない事は、人から言われても「ふーん」と大して気にも留めません。
占い師さんから言われた「本能のままに(自由に)生きれている人」という言葉にザワッとしたと言う事は

自由に生きることを自分が制限している(禁止している)のに、それがいいと言われても…

と、自分の中のガマンしているものを刺激されたからかもしれません。
または、こんな私が自由にのびのびと生きたらいけない!と自分を抑圧していれば、こんなに我慢してるのに!!と心の奥がザワッとしますよね。

なんにせよ、反応しているということは「本当は本能のまま自由に生きても愛される存在なのに、それをいけない事として抑えている自分」がいるのかもしれません。

そろそろ自分苛めをやめて、自分の価値や魅力を受け取って、幸せを感じて自由に生きていいんだよ!という自分の内側からのサインかもしれませんね。

とはいえ、罪深い自分・役に立てない価値のない自分・大嫌いな自分だったら、そんな自由な振舞いはいけないと思いますから、やっぱり少しずつ

自分を許し、自分を慈しみ、自分の価値を見つけ・受け取り、自分を大事に肯定していく作業

をしてくことで、生き辛さを手放して占い師さんの言う「本能のままに伸びやかに生きる」自分に幸せを感じて行けたらいいですね。

旦那さんにとっても、愛する人が自分の価値を認め「優しくしてくれてありがとう。私、幸せだよ。」って思ってくれたら喜ばしい事ですし、するめさんがするめさんを認めるだけで、周りの人に幸せで笑顔を届けられるなんて、やっぱりするめさんはスゴイ!ですよね。

どんなに周りからみて幸せだと思われるような恵まれた環境にいたとしても、自分が自分を24時間・365日責める事をしていたら、少しも幸せを感じられません。
自分が自分を責めるって、とっても過酷でしんどいものですから。

出来ない自分、欠点のある自分、役に立てない自分を許していきましょう。
虐め続けてきた自分に「ごめんね」って言いながら、少しずつ仲直りしていきましょう。

私たちは誰一人完璧な存在ではなく、でこぼこといびつな形をしている欠点の多い生き物です。
長所もあれば欠点もあり、誰かにとって足りていない所を助けたいと思うからこそ、優しい気持ちになれます。

出来ない事や弱さがある自分を「これが私。この私で愛されていい。」と言ってあげられるように、自分を大事にしてあげる習慣をちょっとずつ積み重ねていって、自分責めを弱めていくことが出来ますように。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • その他の問題
  • >
  • 【ココロノマルシェ】結婚までしてある程度子育ても落ち着いて、旦那さん協力的でやさしい人なのに過呼吸起こしてる自分がクソって思います。