手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】人とのズレの埋め方、対処の仕方、ヒントいただけたらうれしいです。

髪の毛のお薬買ってきたんでちか?

私は顔まわり(特に右側)がクルリンとする「くせ毛」なのがずーっと悩みで
ストレートパーマをかけたりして誤魔化してきていました。(右後ろ、左耳脇など微妙なくせがあります)

去年、美容師さんの斬新な提案で「いっそクルクルにしよう!」という話に乗っかり、ゆるふわ系のパーマをかけてもらったつもりが

ものすごくくっきり・ハッキリとパーマがかかってしまい、予想以上にクリンクリンに…
しかも、くせ毛の猫っ毛のため、まぁ、びっくりするほどパーマが長持ちしており1年経った今もまったく色褪せることなくパーマ健在で、実はちょっと持て余し気味です。

で、そんなくせ毛さんに朗報の「髪質改善トリートメント」があるから!と勧められて先日、美容院でトリートメントをしてもらいました。
3ヶ月に1度の施術をしばらく継続することで効果が現れるそうなのですが、トリートメントと同シリーズで「おうちでドライする時に使用するヘアスプレー」も気になったので買ってみました。
毎日使用しなくてよくて、週に2回くらい使うだけでOKで、乾きも早い…とのこと。
心なしか猫っ毛がしっかりしたような…しないような…?

病は気から。

って言いますし、クセが落ち着いてくれて(ついでにパーマも取れてくれて)扱いやすい髪の毛になるといいなぁ、と念じています。

悩みを隠すつもりの「よかれのパーマ」が、より扱いにくい髪の毛になったというマミコ情報をお届けしたところで(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

はじめまして。 以前根本裕幸さんのセミナーにおじゃました者です。

根本先生にごネタリクエストをしようかといくつかメモっていましたが、
こちらでも相談出来るとここと、有り難く投稿させて頂きました。

私は昔から時たま「天然」と言われるタイプです。
口にしないまでも何かズレていることを、周りが示唆することは日常茶飯事です。

気にしすぎたら、それこそ「他人軸」でバカバカしいなと思い気にしないように、自分の軸を見つけることに集中しようとしています。

でも、引きこもって生活は出来ないので、人と関わるとやはりこの問題が頭をもたげます。
人とのズレの埋め方、対処の仕方、ヒントいただけたらうれしいです。

どうぞよろしくお願いします。
相談者:コリンキーさん

コリンキーさん、はじめまして。
「天然」と言われてしまうというお悩みを寄せていただきましたが、どんなところが「天然」と言われているのでしょうか??
周りから言われる「天然」という響きにはトゲがあって、それで気にしてしまうようになったのでしょうか???

私は自分では「マイワールドの住人」だと思っていますが、人からは「変わってるよね」とか「こんなことも知らないの?」と世間一般と少しズレていることを指摘されることが良くあります。

私は子供の頃、大切なもの、大事なもの、もらって嬉しかったものがあると当時住んでいた家の庭に穴を掘り、そこに埋めて「大事にしまう」ということをしていました。
大事にしすぎてその後、どこに埋めたか分からなくなって泣くのですが、私は

大切なものをみんなが穴を掘って埋めた過去があり、
見つけられないことを繰り返して、穴を掘って埋めずに別の場所で保管することを覚えた

とずっと思っていました。
だって、これが「私の中の常識」で、他の人のことを知らなかったから。

高校生くらいの時に同級生に「みんなは子供の時何を埋めた?」と聞いたらキョトンとされて、初めてそこで

みんなは穴を掘って埋めなかったんだ…

という衝撃を受けました。

コリンキーさんもこんなような衝撃を、きっといくつも体験してきているのではないでしょうか?

「少し人とズレたところのある自分」について悩むことはありましたが、私の場合は私の個性を否定する人が周りにいなかった事もあり、のびのびと「私」を発揮させてもらえています。

こんな私のことを嫌いだと思う人もきっといると思います。
けれど、この私のことを好きだと言って愛してくれている人もいます。

コリンキーさんは「引きこもる」という表現を使っている事からも
天然と言われる事で何か嫌な思いをしたり、人と少し違う「コリンキーさんの個性」にコンプレックスがあるのかもしれませんよね。

私たちはどんなに頑張っても「私を生きる」ことしかできません。

私の個性は他の人からみたら長所にもなり欠点にもなります。
合う人もいれば、合わない人もいます。

また、自分にコンプレックスがあると自分にとって憧れや魅力的に見える人と自分が離れている…と自分をいじめる事もしてしまいますが
それは「みかん」が「私はスイカじゃないなんて許せない!」と嘆いているのと同じこと。

みかんはスイカにはなれません。
スイカが偉いわけではなく、スイカはスイカの魅力があり、みかんはみかんとしての魅力があって、どっちが「いい」「悪い」はありませんよね?
単にどっちが「好き」か「嫌いか」ですよね??

根本さんのセミナーに参加された事があると書かれていましたのでご存知かもしれませんが【宇宙人】だと自分を認めちゃう事も、自分が他の人とズレがあってもしょうがないよな…と思える一つの方法です。

この記事の中にもありますが、コリンキーさんの魅力を嫉妬したたり、個性を否定する人に「コリンキーさんだから輝く個性」「コリンキーさんが天然と言われるからこそ光る魅力」を潰されてしまうのは本当に悲しい事です。

> 気にしすぎたら、それこそ「他人軸」でバカバカしいなと思い気にしないように、自分の軸を見つけることに集中しようとしています。

うんうん、素敵です!
コレでいいと思うんです。
自分が自分を「私のままでいいんだよ」と言ってあげて大事にしてあげると、天然と思われている部分を慈しんで受け入れてくれる世界に巡りあえます。

私たちはみんな同じではなく、みんなでこぼこといびつな形をしていて、それが「個性」と呼ばれるステキな魅力です。

物事を計画するのが苦手な人がいれば、リーダーシップを発揮して計画するのが好きな人もいます。
みんながリーダーになりたがると衝突しますが、リーダー役が苦手な人がリーダー役をやりたい人にお任せして感謝する事で、お互いに無理せずに居心地の良い関係を作れるように、私たちはそれぞれが足りていないもの、突出しているものを補い合うからこそ、楽しくやっていけるんです。

私は「一般的な地球人と違ってもいい」と許可を出す事が、きっと最初の一歩です。

一生懸命自分を殺して生きても、ちっとも楽しくないですし
どこかで心が悲鳴をあげてしまいます。

天然と呼ばれてしまう私の魅力ってどこだろう?
天然だからこそ輝いている部分ってどこだろう?

ぜひ、欠点ではなく長所となる点だけを数えてみてください。

「私は私、人は人」という呪文を唱えながら、コリンキーさんがコリンキーさんの事をどんどん肯定して行くことで、天然と言われる事を嫌悪せずに

ふーん、あの人からは天然に見えるのね〜

と受け流していけるようになりますし、同時に「天然」なコリンキーさんの個性を喜んで受け入れてくれる環境ができるようになります。

私たちはついつい、人と違う部分を「ダメ」だと思ってしまいますが
「ダメ」な部分があるじぶんを認め、受け入れ、しょうがないよね!と言ってあげる事が「自己肯定する」という作業です。

冒頭で私は自分のことを少し書きましたが、私も人と変わっていると思われることを悩んだ事がありましたが、それ以上に私を可愛がってくれたり、私の個性を愛でてくれる人に恵まれていたため、問題として深刻に受け止めず、マイワールドを持つことで、私のことを好きだと思ってくれる人たちとの人間関係を作る事が出来ています。

問題だと受け止めてしまうと、それを否定する人を探し出してきて
「ほら、やっぱり天然な私はだめなんだよね!」と実証するようなことを集めてきます。
自分がダメだと思っているんですから、ダメだと確証が欲しくて探すことをしてしまうんです。

だとしたら、その逆をしてみたらいいんですよね!
「天然」だと言われることが評価される・愛される証拠を探してあげることで「なーんだ、私はこのままで愛されていいんだ」と自分に答えを見せてあげればいいんですもの。

周りの人が普通に知っていた事を知らなかった私がいたって、それが私だからしょうがないよね?!
空気を読まずに発言して笑われたって、自分なりに空気を読んだつもりで精一杯やったんだから、マルなんだよね!
そうやって「できない自分」を許可してあげる事が「じぶんを肯定する作業」です。
何度も何度も、いいこともダメなことも、全部ひっくるめて「コレが私だからね」と自分を大切にしてあげることで、少しずつ自己肯定感が上がっていきます。
自己肯定できるようになっていくと、天然だと言われる自分のことも

しょうがないよねー。宇宙人だから。てへっ。

と許してあげられるようになります。
他の誰よりも、自分が1番身近にいて自分の天然なところを否定していたんですから、それが緩められたらうーんと楽になりますよね!

そして…
私も「妄想系宇宙人」でマイワールドを持って地球に遊びに来ていると自覚していますが、カウンセラーを目指し、ココロノマルシェでも回答している仲間たちもビックリする程「宇宙人」だらけで、逆に【普通って何?】と思うほどでした。

ご紹介するブログ記事は「ふぁーこカウンセラー」が書いた記事なのですが、書いた本人だけが地球人のつもりでいますが、彼女も相当しっかりした宇宙人です。

自分が自分を否定せずに受け入れると、なぜかちゃんと自分の個性を受け入れてくれる人や環境に生きられるようになります。

自分が否定をしてれば、周りからも否定されてしまうんですよね。
本当に、私たちは自分が生きたい世界を生きているんです。

お弟子さん講座の中で習ったのですが、自分が宇宙人だと思うのなら、地球のことができるサポータ役やマネージャー役になる人と手を組めばいい!という斬新で的を得たことを学びました。

天然だということを理解し、受け入れてくれて上手にサポートしてくれるお友達に甘えたり、コリンキーさんの天然な所が魅力的だと言ってくれるパートナーに出来ないことをお任せしたりする事で、1人でこの地球に馴染もうと奮闘するのではなく、助けてもらってしまえばいいんです!

きっとコリンキーさんの天然という部分は、輝く魅力になってくれるはずです。

欠点は長所と紙一重ですし、コリンキーさんが少しでも「個性」を否定せずに受け入れられたら、きっときっと、今以上に生きやすく楽しく暮らせると思います!

なんだか支離滅裂ですが、私も宇宙人なので許してくださいね。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する