手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】夫と向き合うことで、私は楽になれるのでしょうか?

ビールとパイナップルのお酢のコラボ?美味しいんですか?

昨年、女友達が「美味しい上に綺麗になれる」と絶賛していたのに釣られてまとめ買いした「美酢」という韓国のフルーツ酢。

「カラマンシー」というライムのような風貌の柑橘系のお酢がダイエットにも効果的なんだよ!と言われ、それを買う時に「パイナップル」「マスカット」「桃」も魅力的で買っておいたのですが、1本を飲み終わらないうちになんとなーく飽きてしまい、未開封のまま保存していたのを先日の掃除の時に見つけ

夏場はお酢が体にいい!

と思いつき、お水で割って飲んでいましたが「パインのお酢」はビールと合わせても美味しいと友達情報があったのを思い出し、早速割ってみました。

うん!もともとお酢という感じはあまりしないこともあり、ほのかな甘さとパイナップルの香りがビールに溶けて、女子受けしそうなビールに変身!!
でもやっぱり、甘い味がついているのって飽きるんですよねー(← 酒呑みみたい…)

寝かせておいたお酢をお酒と混ぜても楽しめるという発見をした後で(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

根本先生、お弟子さんのみなさまこんにちは。
そして香先生。先日はご回答いただきありがとうございます。
今回は経過報告と、事後の相談(不安点)です。

香先生のアドバイスを受け
・声をあげて感情のままに泣く
・文字に綴って頭を整理する
・部屋にお花を生ける
・欲しいと思ったものを買う

コチラを取り入れたところ、なんとなく心が豊かになったような気がしています。(まだ孤独感との戦いは健在ですが。。)

また彼に
「奥さんの気配を消して欲しい」
「私だけがしんどくて不公平だ」
と,正直に打ち明けたことで、黒々とした感情もいまは小康状態です。

そして、根本先生の「罪悪本」のワークを繰り返し実践した効果なのでしょうか?

「家庭環境の特殊さや、父親の職業を忌み嫌って生きてきた自分」
「周りの期待に応えなければ行けないと頑張ってきた自分」
「頑張れなくて、嘘を付いたり、逃げたりしていた自分」
「父親の権力が自分にもあると勘違いして、何かが出来ると思いあがっていた自分」
「その何かがわからず、アレコレ手を付けては何も成しえることができなくて自己否定する自分」
「夫の愛がもらえないと、他の男性に身を委ねることでしか解放できなくなっている自分」

こういった自分の弱さが次々と出てきて、それはそれはしんどい日々が続きました。

でも、これまで何十年も自分に強いて来た

「頑張ること」
「自分に何か特別なものがあると思うこと」

をやめると、彼や信頼する友人に告げることが出来ました。

これは
何かを差し出さなくても
何かを頑張らなくても
私の存在を必要としてくれ、信頼してくれている人がたくさんいるじゃないか!と 心から思えるようになったからです。

そして、彼との問題を考える前に、やはり向き合うべきなのは夫とのパートナーシップであると再度思いいたりました。

まだ夫とは話せていませんが、もう成るようにしか成らない!という開き直り状態で挑むつもりです。

とは言え、夫婦として元の生活に戻るのが良いのだろうな。。という思いは持っています。

夫は私に共感したり、踏み込んで来ることができない人です

彼がたくさんくれる「私の欲しいもの」を果たして夫が与えてくれるのだろうか?
一度、離れてしまった私の気持ちが、元に戻ることはあるのだろうか?
果たして再構築は可能なのか?

どうなるのが最も幸せなことなのか、わからなくなっているのも正直なところです。。

夫と向き合うことで、私は楽になれるのでしょうか?

またしても長々と失礼いたしました。
まだまだ課題が多いため、お付き合いくださるとうれしいです。
相談者:おかめさん

おかめさん、はじめまして。
以前のお悩み相談で、香さんのお返事を受けて『心が豊になった』と感じられたのは嬉しい変化ですね!!

自分の中にわき上がる「嫉妬」や「黒い感情」を「感じたんだから仕方ない」と言ってあげることでその感情から抜けやすくなるとはいえ、中々感じたくない感情ですし、できれば向き合いたくないものですものね。
ちゃんと向きあう事が出来たという事を、私ってすごくない?!と褒めてあげてくださいね。

感情はよく波に例えられますが、しんどいなぁ、辛いなぁ、大変だなぁ、と感じる時というのは、この感情の波の振れ幅が大きい時。
ドーンと落ち込んだり、空元気になって頑張ろうとしたりするとどうしたってプラスにもマイナスにも感情が揺れてしまい、それに振り回されてしまいます。
なので、少しずつ「波を穏やかに」フラットにしてく事ができると楽になれるので、私の心の波はどれくらい揺れているかな?というのを俯瞰で見るイメージを持ってみることも、グラグラする自分をサポートしてあげる助けになります。

【罪悪感本】を元に、おかめさんご自身とガッツリ向き合われたんですね!!
文面の中で『自分の弱さが次々と出てきて、それはそれはしんどい日々が続きました。』とおっしゃっている事からも、見たくない自分を沢山見つけ、それでも自分と向き合うことを諦めずにいた事、ものすごい事だと思います!!

> これまで何十年も自分に強いて来た
> 「頑張ること」
> 「自分に何か特別なものがあると思うこと」
> をやめると、彼や信頼する友人に告げることが出来ました。

前回ココロノマルシェにお悩みをいただいてから2ヶ月弱で、ここまで大きな変化があったんです!!!
すごい事ですよね!!!

おかめさん、突然ですが、今どれくらい「楽しいな〜」って笑えていますか?
心地よいなぁ〜と緩める時間はありますか??

根本さんの読者さんだという事は『もれなく自立系武闘派女子』だと思うので、自分を楽にしたい・大切にしたい・何とか現状を打破したい!!と、全身全霊で問題に向き合ってがむしゃらに走ってしまっていませんか??

私もバリバリの武闘派なので

・趣味は頑張る事!
・歯を食いしばって向き合ってナンボ
・山は高いほど興奮する
・課題があれば一直線に向かう
・グレーなんて嫌!白黒つけたい
・やるならとことんやる。手抜きなんてしない。
・完璧を求める

というような傾向があり、なぜかいつも鎧を着て全力で物事に向かい、それなりの成果を短時間で挙げられるものの、追われるような気持ちだったり、出来たからといって幸せを感じられなかったり、燃え尽きて逆に落ち込んだり…という状態を繰り返してきました。

頑張る事・やる気のある事・努力する事は、本当に素晴らしい事です。
できればそれを「楽しみながら」やれたら、もっともっと楽になれると思いませんか??

おかめさん、もしかするとちょっとだけ頑張り過ぎていませんか???
ちゃんと自分を休ませながら、出来ない事があってもいいし、グレーな状態の「今」もしょうがないんだからね…と言ってあげられそうですか??

> どうなるのが最も幸せなことなのか、わからなくなっているのも正直なところです。。
> 夫と向き合うことで、私は楽になれるのでしょうか?

向き合った結果、ご主人が「欲しいものをくれるのか」「おかめさんの気持ちがまた戻るのか」「再構築できるのか」は分かりません。
これらは全て『思考で考えているもの』であって、感情はきっと

今はどうしたらいいか分からない

というのが本音なのではないでしょうか??

向き合わなければ「いけない」から向き合おうと思ったとしても、おかめさんの心の中では『まだ向き合いたいと思えていない』のであれば、向き合う事が正しい事なんだから向き合いさない!!と思考が一生懸命おかめさんをなだめて言う事を聞かせようとしても、感情はそれに反発しているので向かい合う事が怖くなりますし、躊躇します。

私もそうでしたが、頑張って自立を強めて1人で立ってきた人ほど【分からない状態】【決められない状態】【グレーで曖昧な状況】というのに身を置くのが嫌で、早くどっちかに決めないと!と慌てて行動しようとします。

自立の状態の時は、曖昧でいるのは不安なんです。
ダメな自分を許せないんです。

私は去年の秋に、長い時間迷って決められずにいた「夫婦問題」に対してやっと決心をして離婚という選択を受け入れました。
問題が起きてから2年半という長い時間をかけてしまいましたが、その間に「私はどうしたいのか分からない」と沢山泣きました。

グレーな状態が嫌いなはずなのに、そこから動けず、ものすごくモヤモヤしましたし葛藤しましたが、

決められないなら「今がその時」ではないんだ!
であれば、決められる自分になるまで(向き合える自分になるまで)焦らずに【自分を大切にする事】を優先してあげよう。
逃げてもいい。ダメでもいい。決められないなら決められるまでジタバタしていい。
私が私を責めずに、許してあげよう。

と言い聞かせ、決められない自分・向き合えない自分・逃げている自分に『しゃーないよねー』(※師匠直伝の魔法の言葉)をかけ続けました。

そして逃げていたけれど、ちゃんと自分にとって最良のタイミングで問題と向き合い、自分の中で曇りや後悔が少ない状態で離婚という選択を出来ました。

時間をかけたら後悔しないかといえば、やっぱりどんな選択にも多少の後悔はつきものなのですから「イテテ」というような心の痛みはありますが、
私はあの時、決められない自分を責めて追い込まなかったから、今こうやって元気に笑っていられるんだな〜と思えています。

向き合いたくても向き合えない、逃げてしまう自分を許すことも覚えました。
それは、自分に優しくすると同時に、他の人にも優しい気持ちを持つことへつながる大きな【許し】でもありました。

自分が弱いこと、ダメなことを認めることで
パートナーのダメさ・ずるさ・弱さも、仕方ないと思う気持ちを持てたり、
仕事や友人関係など、頑張りたいけれど頑張れない人を責めることがなくなると同時に、共感し応援できるようになります。

罪悪感本のワークを元に【頑張ることをやめたい】と思った、とありましたから
ご主人と向きあう事は、頑張らないと出来ない事だとしたら、やりたくない!と思うのも当然といえば当然ですよね。

自分がどうしたいのか分からない時は、それが答えなんです。
分かるまで時間をかけていいんです。

向きあう事が必要なタイミングが来れば、どんなにおかめさんが逃げていたとしても、ご主人側から何かアクションがあったりして向き合わざるを得なくなったり、考えなくてはいけない事が起きますから、どっちつかずの自分を認めてあげて受け入れてあげて欲しいな、と思います。

以前のお悩みも読ませていただきましたが、その中にあった

・情緒不安定になる度に襲ってくる「不公平感」
・お金を貸すことで繋がっている事を無理やり「自分が選んだ」と飲み込もうとしている事
・ご主人の浮気問題やレスからくる女性性の傷
・共感してもらいたい、与えてもらいたい、満たしてもらいたいという不足感や寂しさ

を、まずはおかめさんが1つずつおかめさんに対して「大丈夫だよ」と言ってあげたり、満たしてあげたり、手当したり、愛情を注いであげて

ご自分を満たし、癒してあげませんか???

寂しさや不足感、満たされない思いは、他の人では埋める事ができません。
ご主人と向かい合うにしても「満たされない思いを埋めて欲しい」という欠乏感を持っていたままでは不満も溜まります。

寂しいという感情を感じるのは辛い事ですが、そこに背を向けて無理をさせて笑ったり頑張らせたりしたら、なによりもおかめさんがかわいそうではないでしょうか?
寂しいなら、その寂しさに寄り添い自分の話にいっぱい耳を傾けてあげて、全直で自分の味方になってあげて、寂しさを共有してあげてください。

女性として愛されないとたくさん感じてしまった事でできた傷があれば、自分の魅力を取り戻すべく、自分の体を大切に扱い、美味しいものを食べたり体に良いものを取り入れたり、心地よく眠れる環境を整えたりして、女性である自分をたくさん愛してあげましょう。
新しい下着やメイク、ヘアスタイルを変えたりネイルを楽しんだり、お気に入りのアクセサリーや香りで自分を包んであげるのも素敵ですね!
(この辺りの女性性を喜ばせるのは「香さん」がお得意なので、香さんのブログをご参考にしてみてくださいね!)

また、これは「私が選んだんだ!」と無理矢理気持ちを飲み込まなくてもいいんです。
自分に素直に、寂しかったし繋がりたかったし彼の役に立ちたかったんだもん!!と思っていい、と以前の回答にもあったかもしれませんが

自分の気持ちを無理やり押さえ込もうとしなくていい

という事を、何度だって自分に教えてあげて許可してあげてください。

そして、問題の渦中にいる時は視野が狭くなってしまいがちなので、意識的に「俯瞰で見る」という事をしてみてください。

ふわーっと羽が生えておかめさんが空に浮かんで、空の上から今のおかめさんを見たらどんな気持ちになるでしょうか?

ご主人と向きあうという「大きな問題」を前にして、おかめさんはどんな状態に見えますか?
途方にくれて泣いていますか?
笑顔でシュプレヒコールをあげていますか?
立ち止まって行き先を模索して、力なく肩を落としてますか?
座り込んでぐったりしていますか?

空から俯瞰で見た自分が、どんな自分に見えるか。
そしてその自分に何をしてあげたいか?どんな言葉をかけてあげたいか?を見てあげる事で、自分に無理を強いたりいじめたりするのを押さえてあげる事ができます。

頑張るってすごいエネルギーを使います。

自分に向き合ってこんなに短時間であれこれしてきたのであれば、もしかしたら今は「向きあうためのガソリン不足」で動けない状態なのかもしれません。

そんな時は、急がず休む事。
また歩き出すためのガソリンが補充されたら、必ず問題と向き合えますし、どうしたいかを決めることもできます。

そして、100%の答えを求めないというのも自分に優しくするための方法です。

向き合う気持ち100% vs そうじゃない気持ち 0%

にならなくていいんです。
向き合っていいかな? 55% vs そうじゃない気持ち 45% くらいに、向きあう気持ちがより多く傾いて、それをおかめさんが支持したいと思ったら、行動すればいいんです。

白か黒、100か0じゃなくていい、と言ってあげることも大切な事なので、自分に優しくする「頑張らないための方法」だと思ってあげてくださいね。

おかめさんが欲しかった答えではないかもしれませんが、自分を大切にして味方になって歩く事が、遠回りのようで問題を解決するための近道だったりします。

もっともっと自分を愛してあげて、大切にしてあげる事を続けて自分を喜ばせてあげると、
自分にとって「不快」なものを排除したくなるので、その時に否が応でも向き合うことになると思いますから、どうしたいのか決められない自分に

それが今の私だから、しゃーないか

とポンッと背中を叩いて笑ってあげるように、語りかけてあげてくださいね。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する