手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】変わりたいと何度も思いセミナーなども参加し、結果は自己嫌悪を深めただけでした。

マミコ、マメの入ったかきもち 大好きですよね…

好きな食べ物の最上位は「ソフトキャンディ」なのですが、負けじと私の好きのツボを押す食べ物に「豆が入ったかきもち(おかき)」があります。
(他にも好きなものはあるんですけど…)

先日、野菜の直売所に行った時に「われせん!次回入荷時期未定!!」と書かれた段ボールの中に、ぎっしり入った「豆入りおかき」の袋を発見し、ウホウホしてお買い上げ。

毎日お仕事終わってきてカリカリって食べるのが幸せ~って言ってるでちよ

美味しいのでついつい食べ過ぎてしまう…のですが、仕事を終えると「豆入りかきもちがある!」と思うと、世知辛い社会の中でなんとか1日を乗り越えられます。

この倍くらいの量があって333円というゾロ目価格で嬉しいかきもち情報をご紹介したところで(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

43歳独身お盆前に派遣の更新を切られました。
理由は人件費削減とのことでしたが、遠回しに私の雰囲気が陰気なことを指摘されました。

重々承知してることなので納得しつつもこれからどうしようと更に暗くなっています。

男性経験は大学時代三ヶ月だけ付き合った人のみです。
別れた理由は私の情緒不安定に彼が耐えられなくなったことです。

現在身長142センチ体58キロ体脂肪43パーセントです。

ほぼ外食で夕飯だけで揚物やラーメンをハシゴすることもあります。

一人暮らしをはじめたころからイライラすると過食に走る習慣がつきました。

その時の自分への言い訳は、痩せると骸骨のような顔になるから…です。
私は顔だけ太れないタチでこれだけ太ってる今でも頰はコケています。

過食と連動して散財がそれ以上の問題であるだけ使ってしまいます。

無職となった今死活問題で、流石に外食はやめ米をひたすら食べる毎日です。

自分の見た目も中身も行動も浅ましく恥ずかしく嫌悪しています。

変わりたいと何度も思い、自己啓発本は山程買い、セミナーなども参加しました。 結果は自己嫌悪を深めただけでした。

変われた方は何をして良い方向にいけたのでしょうか?
本やセミナーで勉強したはずなのにわかりません。
相談者:ラードさん

ラードさん、こんにちは。
派遣でのお仕事打ち切りとの事、今は求職中でしょうか?
お仕事を辞めたくて辞める訳ではないので、気落ちされちゃいますよね…

> 理由は人件費削減とのことでしたが、遠回しに私の雰囲気が陰気なことを指摘されました。

余計なお世話の「遠回しな指摘」で傷付いちゃいましたね。
雰囲気が陰気って、どうして「人件費削減のための派遣期間終了」と繋がる必要があるんでしょうね??
ここはあまり関係がなく、他に理由がなかったから無理矢理取ってつけているんだと思うので(派遣終了を告げる側も罪悪感のようなものを感じるため、ラードさんのせいにすると楽ですし、ね)

へー、そうなんだー(← 棒読み)

くらいで流しちゃう位に、深刻に受け取らないようにしてくださいね。

> 男性経験は大学時代三ヶ月だけ付き合った人のみです。
> 別れた理由は私の情緒不安定に彼が耐えられなくなったことです。

過去にお付き合いされた彼は、ラードさんにとって「とても大きな存在」だったと思います。
多感な時期の恋の傷というのは、思っているより深くザックリといっている事があり、その後の恋に臆病になったり自己否定につながってしまう事もあります。

ここでは恋人との事しか書かれていないので分からないのですが、ラードさんはご両親やお父さんからも、愛されている!というのを感じることは出来ていたでしょうか??

「情緒不安」という事だったので、自分の事を受け止めてもらいたい!不安でしょうがない!と安心させて欲しかったんだろうと思います。

自分が信頼できる大好きな人とお付き合いした後で、その人に「愛が受け取ってもらえなくなった」「愛してもらえなくなった」というのは、とても寂しく辛い体験でしたものね。

情緒不安定になる…という位だったのですから、それだけ「好き」が大きかったのだろうと思います。
もしかしたらラードさんは、子供時代からずっと「私の事を愛して欲しい」と愛情を求め続けていて、それを届けてくれる彼が現れた時に

足りない!!もっと、もっと。
私でいいのかな?愛されてもいいのかな?不安だよ…
だから私を安心させて欲しい。私だけを見て欲しい。

と「愛を受け取りたかった」のかもしれませんね。

喉が渇いている時に海水を飲んでも満たされずにもっと喉が渇いて水を欲するように、彼が出来た事で、それまで満たされていなかった「愛される」「大切にされる」というものを全力で彼に求めてしまったのだとしたら、与える側もそれに応えられませんし、求めていた側は失望してしまいますし、とっても悲しい結果になってしまいましたね。

愛して欲しかったのに十分に愛を受け取れなかった。
私の方を見て欲しいのに、振り向いてもらえなかった。
私を愛して欲しかったのに、嫌われてしまった。

こんな事柄がトゲとなって胸に刺さってしまう事で、容姿へのコンプレックスが加速してしまう事があります。

こんなに陰気な私だから、嫌われるんだ。
こんなに太っているから、相手にされないんだ。
痩せたら頬がこけて「今より悪くなる」からどうする事も出来ないんだ。

「愛されない私」というものが心の奥にあるのですから、心の奥に蓋をして隠し、表面上でてきているのが「変わらなきゃいけないのに変われないダメな私」という問題何だと思います。

全ての問題は自作自演、と師匠である根本さんのブログにもよく登場しますが、過食に走ってしまい自分が望む外見から離れてしまっている「自作自演」について考えてみませんか?

この状況を望んでいいないのに、なぜこんなにも自己否定する結果になる状況に身を置いているのでしょうか??

そこにはもしかすると「愛されない事を証明するため」という理由があるのかもしれません。

私は太ってしまって外見がこんなだから、ほら、やっぱり私は「愛されない…」
明るくふるまえない私だから、陰気だと言われて仕事でも「必要とされない…」
これらは全て、とても悲しく痛い思いですが、ここに共通する言葉がつくというのを想像してみてください。

ほらやっぱり

という言葉をつけてみると、しっくりきませんか?

ほらやっぱり愛されないでしょ!
ほらやっぱり必要とされないでしょ!

ラードさんはずっとずっと、自分が「愛される価値がない」「誰からも必要とされない」と自分で自分に呪いをかけてきてしまったのですから、そうじゃない現実にどこかで安堵している自分がいると思うんです。

愛されなくて必要とされない事が「当たり前」で「慣れ親しんでいる」という感じでしょうか。

だから突然「愛されて」「君が必要だ」と言われたら困ってしまって逃げ出してしまうんではないでしょうか???

私たちは物事を「こんな事を望んでいない!」と思っていますが、潜在意識ではちゃんとそれを望んで現実にしていたりするんですよね。

だから、今、ラードさんの目の前で起きている現実は「私が必要としてたから起きているんだなぁ」と思ってみることが自分と向き合う第一歩です。

「愛されたい」「必要とされたい」と望んでいるからこそ、変わりたいと思うんですもの!!
そして、私たちは「そうなりたい」と思えないものには感情が動きませんから、ラードさんが求めているものは、手にできるものだという事。

過食も散在も、自分が幸せになってはいけない!と、自分で自分を「今いる場所」に押しとどめておくための作業なのかもしれませんね。

だって、愛される事に慣れていないし、どうしていいか分からないから。

ラードさん、こんなアファメーションを呟いてみるのはいかがでしょうか?

私は愛される価値のある素敵な女性です。
私は愛されていいし、もっともっと愛していい。
私に愛される人は幸せね!
私も大事にされて愛されて、とっても幸せよ!
私ってチャーミングだって知ってた?
私の価値は何が起きても変わらない尊いものだよ!

どうでしょうか?
抵抗なく言えますか??

潜在意識で自分をいっぱい否定している部分があると思うので(何しろ自分の事を「浅ましい」とまで貶めちゃっているんですもの…)、その呪いを解くためにアファメーションしてみるのも一つの方法です。

他にも師匠のブログでも、悪い魔法にかけられた「武闘派女子」の呪いを解くためのアファメーションがいっぱい紹介されていますから、自分に効きそうなものを探して見るのも楽しい作業ですね~

せっかくなので、私が大好きな記事をご紹介します!

> 変わりたいと何度も思い、自己啓発本は山程買い、セミナーなども参加しました。
> 結果は自己嫌悪を深めただけでした。

私も自分が嫌いで、自己肯定感はブラジルに届くんじゃないかというくらい地中にめり込んでいて、オドオドして人の顔色を伺い、飲み会では失態があったのでは?私は失言していなかっただろうか?と、1人反省会を繰り広げて眠れなくなったり…と生き辛さをずーーーっと抱えて生きてきました。

しんどいから楽になりたい…と、自己啓発本も読みました。

読んだ後やセミナー参加後は、気分も前向きでいられるのに、少しすると全然変わっていない自分・変われない自分に愕然として、より一層自分を否定する事を繰り返していたので、ラードさんのその気持ちは「うんうん、分かるっ!!」と赤ベコりました。

ラードさん、どんな風に「変わりたい」のでしょうか?
しんどくて生き辛いからこそ変わりたいと思うのですが、私たちはどこかに旅に出たいと思ったら「行く先」を決めないとそこへ行くための手順・交通・宿泊など「旅の目的地」に到着するまでの方法を決めることができないように、どう変わりたいのかをイメージしてみる事も1つの方法です。

そして、そのなりたい姿になった時に「どんな気分」「どんな感情」になると思いますか?

毎日不安を感じずに「ホッ」としているでしょうか?
生活がイキイキして満たされた気持ちでしょうか?
イライラゆえに口寂しくなってしまって過食している事から解放されて、自由な気分で軽やかでしょうか?

私たちはついつい思考してしまい「感じる」ことを疎かにしてしまいがちですが、変わることで得たいものは、見た目の変化だけではなく「内面の安定」「心地よさ」だと思うんです。
だから、自分にとって心地よい感情を日常の中で沢山感じることをする1事も自分を「愛してあげる」作業の1つになります。

例えば、お布団に潜り込んだ時に「あぁー気持ちい!コレコレ!」と思うのであれば、それをもっと感じるために晴れた日にはお布団を干したり、ベッドリネン類を清潔に保ってみたりして、より一層「気持ち良い」を集めてニッコリする事もいいですし、ただ単に、毎日その「気持ちいー」ということを体感した時に声に出してみる事も効果的です。

暖かい飲み物を飲んで一息ついて漫画を読んだらホッとするのであれば、そのホッとした時間を楽しみましょう。
お部屋を片付けてみたら快適だった!と思えるのなら、そこを少し片付けてみましょう。

なんでもいいので、未来に感じたい感情である「安心感」「心地よさ」などを少しずつ感じ慣れておく、というのを意識してみると日常に以外と見落としているけれど自分にとって優しい時間というのは存在しているのに気がつくかもしれません。

そして、とても大事な事は

変わることを目的としない、ということ

変わりたい!変わりたい!!でも変われない…で自己攻撃してしまうのですから、変わるのではなく「変わっても変われなくても幸せ」な自分を作っていくことを目的にしちゃいましょう!

そして、その変化はすぐには実感出来ず、なんとなーく気が付いたら前より生きやすくなって来た・・・かな?
毎日外食のことばかり考えていたけれど、今日は考えなかった…よね??というような、些細な変化を積み重ねていくものなので、劇的な変化を期待しないことや「頑張りすぎない」「完璧にしようとしない」という事も大事です。

私も過去に自分を変えたいと思っていろいろ奮闘しましたが、その結果はラードさんと同じで「今いる位置からなんの変化も感じられず、かえって落ち込む事の繰り返し」でした。

それもこれも【こんな自分は嫌で嫌いだから、変わらなければいけない】と自分をいじめて攻撃している【強烈な自己否定】がベースだったからです。

嫌いなんです。大っ嫌いな自分がいるんです。
その大っ嫌いな自分がちょっと頑張ったからといって、褒めてあげたいなんて思えませんし、まだまだだよ!と評価もせずに否定し続けたのですから、変われるわけがないですよね。

私たちは「変化」する事は出来ますが、自分以外の人や存在にはなれません。
ずっと付き合ってくたった1人の大切な相棒は「自分自身」なんです。

その自分を憎んで嫌っている状態では、褒めて伸ばして育ててあげるのは難しいですよね。
だから自分のことを憎むのではなく「愛してあげる」事をしてあげることがとっても大切です。

土台は自分だから、その自分の土壌を柔らかく耕してあげるイメージで自分に優しく接して、大事にしてあげましょう!!

自分を愛して優しく接してあげるために、難しいことはしなくていいんです。

私も「常にポジティブに考える」「褒め日記をつける」などなど、自己啓発本で得た知識を元に自己変革の修行をいくつもやりましたが、その中でとっても効

効果的だったのが

ダメな自分を受け入れてあげること
出来ない自分を許してあげること
弱い自分を抱きしめてあげること
情けない自分に「大丈夫?」って声をかけてあげること

ダメな私が「今」の私で、そうするしかなかったんだよね、と言ってどうすることもできない私をまるごと受けとめてあげること

でした。

愛されて安心して心地よく暮らすことが叶わなかった時に、必死に戦って自分を抑え込んで耐えて来たんです。
健気な私なんです。
そうやって自分で頑張って生きてきたがゆえにダメな私が「今の私」で、その中で精一杯生きているんです。

私はいっぱい自分に「ごめんなさい」と「ありがとう」を届ける事をしました。

誰だって「あんたなんて嫌い」って言われたら悲しくなるし拗ねちゃうよね。それをずっと私に言ってきちゃってごめんね。
それなのに私は諦めずにセミナーや自己啓発本を買って努力してくれているよね!本当にありがとう。

そんな風に、自分に沢山話しかけました。

そして、自分が出来たこと・自分にとって嬉しかったことを夜寝る前に数える作業をしながら、同時に湧き上がる「こんなことやってても、今日だってできないこと・ダメなことがあった…」という思いにも寄り添う事を徹底的に続けました。

また今日も過食しちゃったんだねー。うんうん、やめたいと思ったのに食べちゃって後悔してるんだね?!どんまい!また仕切り直せばいいんだし、しゃーないよねー。あ?もしかして自分を責めようとしてるでしょ???
もー、それは悪い癖だよーー。自分責めって趣味でしょ、もはや。どんだけ自分を虐めてきちゃったのよー。もう、責めなくていいよー。のんびりやっていこう!

こんな感じで、「ダメ」に対しても否定はせずに「そっかー」「しょうがないよねー」と寄り添う事を続けました。

正直、これをしたから3日で劇的に自分を好きになった!とかそういう魔法ではなく、はじめのうちはこれを続けて何になるのかな??と何の手応えもないままでしたが、自分を大切に扱うということに慣れていないんだから、慣れるためにやり続けてみよう!と続けた結果、だんだんと自分を大切に・愛しく思えるようになりました。

どんな自分も否定しない、というのは「自分を受け入れる」作業だったので、自己受容することができるようになり、自分を大切に扱うと周りからも大切に扱われるという「成功体験」を重ねることが増えてきて、自然と自己肯定する事に慣れていく事ができました。

そしてもう1つ、自分の感情に寄り添ってあげることも効果的です。

陰気だと言われて悲しかった時、自分にそっと毛布をかけてくるんであげるように「酷いこと言われて傷ついちゃったねー。泣きたいなら一緒に泣こうね。陰気な私になったのも、いっぱい我慢してきたからだから、いいよ、あの人の言葉は気にしなくて」と言ってあげることや、こういう事をされると私はかなしい・悔しい・怒りがわく・嬉しい、というのを俯瞰で見てあげて

そっかー、こういう時にラードちゃんは嬉しいんだねー

等々、自分の事を知って行ってあげて、自分と仲良しになる事をしてあげるのも楽しい作業です。

また、人間には波があります。
上機嫌な時もあれば不機嫌な日もありますし、女性は特にホルモンバランスが月に一度乱れる事で「自分の意思ではどうにもならないイライラや落ち込み」などがあるので

やれない日があってもいい!
できない事が多くてもいい!

と、自己受容だって自分との仲直りだって、オフ日があってお休みしてもいいんです。
休むときはとことん休んでいいんです。

また頑張るために充電中♡

それがたとえ1ヶ月の充電であってもいいじゃないですか???
それだけパワーを蓄えて、またやりたくなったときにやればいいんですから。
自分を受け入れて否定しないって、きっとそういう事です。

ラードさん、SANRIOのキャラクターで「ぐでたま」って知っていますか?
やる気がなくてグデグデしてるキャラクターですが、あれくらいグデグデしてもそんなグデっぷりを褒めていいんです。

ここまでグデーーって過ごせるって、ある意味すごくない?!
まだグデグデし尽くしていないなら、とことんグデっちゃえーー!

それくらい「緩く」取り組むのが、自分を少しずつ変化させていく(厳密には問題のないステキな自分に戻っていく)コツです。

長年かけて作り上げてきた「今の私」なのですから、長期戦でお相手してあげるんだ!と力を上手に抜きながら、ダメでも諦めずに(落ち込んでもいいけれど、自分を責めない)ゆるゆるーっとやっていくのが長続きのコツです。

自分が自分の味方になる、ってとても強力ですから、少しずつでいいので「ラードさんと仲直りする」練習をしてみてほしいな、と思います。

お悩みは少し違いますが、先日、ココロノマルシェのご相談で「自己肯定感を上げるためにできる事」として、今日、ラードさんに書かせてもらった事と似たような事で、具体的なものをご紹介していましたので、ご興味があったら見てみてください。

過食や散財といったものは「満たされていないものを食やお買い物で満たそう」として埋めている作業。
だから、自分の心の空いている部分を、自分で愛して埋めてあげる事や自分を受容・肯定して大切にしてあげる事で、少しずつ弱めていくとができるものなので、自分を愛する作業を「楽しみながら」「頑張らずにぐてたまと同じくらい適当に」やっていてって欲しいな、と思っています。

そして、冒頭でも書きましたが「愛されていない」と飢えている状態を他のもので満たそうとしても満たされずに、どんどん自己嫌悪しているのですから、1番身近にいて自分の事を無視をしているラードさんに「愛して欲しい」と訴えているラードさんの事を愛してあげて欲しいなと思っています。

アプローチや方法は色んなものがありますが、ベースにある自分を憎むのを緩めてあげる事が大事なので、少しずつでいいので、自分を受け入れる事が出来て心地よい感情を感じる時間が持てて行けますように。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • その他の問題
  • >
  • 【ココロノマルシェ】変わりたいと何度も思いセミナーなども参加し、結果は自己嫌悪を深めただけでした。