手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】3年間愛した彼と別れ、3年×12ヶ月分の思い出に潰されてしまっています。

ライオンキングを見て、 マミコが超絶うるさくなって帰ってきましたよ。

ライオンキング、観てきました!!!
割と最初に号泣し、途中からギンちゃん・仁くんに会いたくてたまらなくなり、後半はギンちゃんが大きくなりすぎて「ライオン」にならなくてよかった…とどうでもいい事まで想像しつつ、感動して帰ってきました。

超実写版とはいえ、あれは実写ではない!と分かっているのに、本物にしか見えず…

早速「サークル・オブ・ライフ」をBGMにして歌い踊っている私を冷ややかに見る我が家の王子。
いいんです。一人ミュージカルだって楽しいから…

すこしヤバめのおまみ情報をお届けしたところで(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

3年間 愛した彼と別れました。

もともと自己肯定感 自尊心が低かった私を尊重し、大切にし、肯定し続けてくれた彼との別れは まさに寝耳に水で、話を切り出される数日前まで 私の好きそうなものを集めてくれたり、次どこに行きたいかと言った話をしたり 本当に仲が良かったと思います。

別れに至った理由は
「女性として生涯愛する事は出来ないと思った」
「生涯を誓えないならこれ以上長く繋ぎ止めてはいけないと思った」
というものでした。

お互い、3歳年をとりましたから 彼は色々考えたのでしょう。

何も考えずこのままの関係が続いたらいいなんて虫のいい事を考えていた私に対して、彼はそんな無責任な事は出来なかったようです。

一人で悩んでくれたんだと思います。

彼も辛い思いや 情、罪悪感があった事でしょう。

そんな信頼する彼が出した結論ですから、私はこれしか道がなかったんだ、これが最後の彼からの思いやりだと別れを受け入れました。

仕方がない事だったと理解しながらもボロボロ泣く日を2週間ほど過ごし、一方で このまま腐ってはいけない、辛い別れの先を不幸にしてなるものかと気持ちを切り替えるよう勤めて1ヶ月、笑えるようになり 着実に元気になってると感じるようになりました。

そんなさなか、少しのうたた寝の間に彼に会いたくて号泣する自分の夢を見てしまいました。

目覚めると途端に やっぱり大好きな気持ち、納得してても別れたくなかった、本当はダダをこねたかった、色んな思いが別れを告げられたその時よりも溢れ、たまらなく会いたくて、前向きだった気持ちが吹き飛んでしまいました。

この人が最後がいい、この人のために生きたいと決めてた人でした。

私が長年引きずってたコンプレックスを無いものにしてくれた人でした。

今私は3年×12ヶ月分の思い出に潰されてしまっています。

連絡を取りたい、でもそれはダメだとなんとか堪えています。

どうしたら楽にれますか?
相談者:ありんこさん

ありんこさん、はじめまして。
こんなにも愛した、大好きな彼とお別れしてしまってから、まだ1ヶ月ちょっとしか経っていないのですから、悲しい気持ちに潰されそうになるのは不思議でも何でもない時期です。

ありんこさん、辛いですね。
ありんこさん、悲しいですね。
どれだけ過去を振り返って、涙を流しているのか、今はどんなことが一番堪えているのか、隣にいたらただありんこさんの背中をさすって、話す言葉の1つ1つに頷き、一緒に泣いて、ありんこさんを抱きしめてあげたい気持ちでいっぱいです。

失恋は、身体を引きちぎられるような痛みと絶望感に生きる希望や力を失いかけることもあるくらい大きな体験です。

まだまだ涙が枯れたと思っても沸き上がると思いますので、悲しい気持ち・悔しい気持ち・納得できない思い、それらをただ感じて泣いてあげてくださいね。
泣く事は気持ちを浄化させる1つの方法ですから、もう1ヶ月以上経ったのにまだ泣いている…なんて思わなくていいですから、思う存分泣きましょうね。

> もともと自己肯定感 自尊心が低かった私を尊重し、大切にし、肯定し続けてくれた彼との別れは まさに寝耳に水で、話を切り出される数日前まで 私の好きそうなものを集めてくれたり、次どこに行きたいかと言った話をしたり 本当に仲が良かったと思います。

ありんこさんの事を大切に思ってくれていた、ステキな彼とステキな恋をしていたんですね。
自己肯定感が低いという事でしたらから、自分のことを「いいな」と思えない部分もたくさんあったであろうありんこさんの魅力をたくさん褒めてくれて、価値をたくさん見つけて伸ばしてくれた、ステキな彼だったんですね。
3年間という時間は、とても幸せで優しい時間でしたね。

お別れを切り出される数日前まで、別れの兆候がなかったのであれば「寝耳に水」できっと始めのうちは『何が起こったのか分からない』くらい呆然としてしまったのだろうと思います。

いくら彼が将来のことを一人で真剣に考えて、ありんこさんの時間を無駄にしたくないと「前向き」な別れを選択したのだ…と「頭」で理解できたとしてもありんこさんの「心(感情)」では、納得できていないのではないでしょうか?

もちろん、大好きな彼が真剣に考えて出した答えですからそれを受け入れよう、彼のことを愛しているからこそ、彼の気持ちを承諾しよう、と別れを受け入れたと思いますが、まだ彼のことを大好きなんですもの。
気持ちを立て直したつもりでも、一瞬で失恋直後のような気持ちに揺り戻されるのも、仕方のないことです。

だって、好き同士でお付き合いしていたんですもの。
急に「別れたい」と言われてそれを受け入れたからと言って

好きな気持ちがなくなるわけではなく
好きなまま、別れを受け入れたんです。
大好きを握りしめたまま、泣きながら別の道に立ったんです。

まだ、彼のことを大好きなありんこさんの「感情」がついていけてない状態ですから、いくら頭では「もう別々の道を歩いているんだ」と思ったとしても「やっぱり恋しい」と胸が痛むのは仕方のないことです。

> この人が最後がいい、この人のために生きたいと決めてた人でした。

思い入れのある、ここまで本気で好きになった恋です。
誰かのことをいいなと思うことや、好きだなぁと思う気持ちとは全く違う「この人しかいない」と思う程に愛せる人に出逢えたことは、やっぱり奇跡の体験です。
ここまで強く好きな気持ちを持てる相手との別れは、そんなに簡単に癒えるくらい浅い傷なんかじゃないんです。

もうこれ以上好きになる人はいないだろう。
この人のために生きたいと思っていたのに、もうそれは叶わない。

この思いが見ているものは「自分への絶望」ですものね。
希望を感じられないのですから、過去を振り返って涙にくれるのは失恋した時には仕方のない時間なんだと思います。

私はまだ彼のことを愛しているんだもん。
別れたけれど、どうしようもなく好きなんだもん。
彼じゃなきゃ、嫌なんだもん。

ありんこさん、自分の気持ちに蓋をせずにまだ好きなら好きという気持ちでいてもいいんですよ。
無理やり前を向こうとせずに、大好きなんだもん、と声を上げて泣いていいんです。

こんなに大好きな彼なのですから、失恋の傷を癒すには時間がかかると思って、焦らずにいきませんか??

ありんこさんが複雑骨折をしてしまったとしたらどうするのが一番治りが早いと思いますか?
病院へ行き入院し、安静にしてしっかり治すことが一番の近道ですよね?
決して「この骨折は気のせいだ」と言い聞かせて無理やり動こうとしたり、治りかけたタイミングで「半分骨がくっついたらいつも通りに行動しよう!」などと無茶をしませんよね?

失恋も同じです。
心が複雑骨折したような状態だと思ってください。
しかも、ここまで思えるくらい好きだった人との別れですから、腕の骨を折った…というようなレベルではなく「骨盤骨折しているので固定して絶対安静」というくらいの重傷を心に負っているとしたら、1ヶ月と少し経ったから…と彼のことを夢で見て途方にくれたり涙がとまらなかったり会いたくてしんどくなるのは当然ではないでしょうか??

こんなに苦しいのは【それだけ大切な恋だったから】なんです。

> 私が長年引きずってたコンプレックスを無いものにしてくれた人でした。

この恋で、ありんこさんが彼からもらった「沢山のプレゼント」は、ありんこさんを今まで以上に輝かせ、大切な存在だと教えてくれる恋だったんですね。

この恋を通して、ありんこさんはどんな自分の魅力を受け取ったのでしょうか?

今はまだ、傷がひどく痛む状態で無理をする時期ではありませんが
彼との恋で「成長できた自分」「受け取った恩恵」「自分に備わっているとしれた魅力」などなど、いっぱい手にすることができた成長点を見つけて、その1つ1つを彼が届けてくれたことに感謝をする事も、この恋を少しずつ手放すための力になってくれます。

とはいえ、まだまだ急ぐ必要はありませんよ!!
少しずつ、彼とのことを思い出しても大丈夫になってからでいいんです。

コンプレックスを無くしてくれて、自分を否定していたありんこさんを肯定してくれるステキな彼との毎日は、きっと『毎日幸せなんだよなね〜』と思える日々だったんだろうと思います。

恋をしたことで、毎日が輝いて充実した日々を過ごすことができた、そんな恋だったのだとしたら、当たり前の毎日が突然色を失うのですから、失恋から受けるダメージはとても大きいものです。

毎日が「彼といたから楽しかった」と感じる日々であったのであれば、恋を失うと同時に毎日の生活のハリを感じられず、ポッカリと穴が開いたような虚無感に毎日が襲われてしんどいのも仕方のないことです。

失恋から立ち直れないのは、本当に辛いことなのですが
言い換えると、ここまで辛い失恋というのは

それだけ自分に影響力のあった、素晴らしい恋をした

ということでもあるという事なんですもの。
今はまだ、過去にするには辛すぎる時間の途中にいますが、こんなにステキな恋を大好きな彼と3年もの間紡げた事は、何物にも変えがたい財産です。

いつかこの恋を振り返って「ありがとう」と言える日が必ず来ますから
すぐに立ち直れない自分を、絶対に責めたりしないでくださいね。

> 目覚めると途端に やっぱり大好きな気持ち、納得してても別れたくなかった、本当はダダをこねたかった、色んな思いが別れを告げられたその時よりも溢れ、たまらなく会いたくて、前向きだった気持ちが吹き飛んでしまいました。

ありんこさんの感情は、ごくごく当然の「喪失後」のプロセスです。
一生懸命1ヶ月かけて自分を立て直そう、別れを受け入れよう、前に進もうと頑張ってきたことは決してチャラになったのでもなんでもなく、私たちの心は大切なものを失った時に、こんな心の揺れ動きを感じます。

1)否定・拒絶
うそだ…こんなはずはない!!と現実を受けいられない状態

2)悲嘆・パニック
別れが現実のものだと理解し、嘆き悲しんだり取り乱したりします

3)受容
泣くだけ泣き涙が乾き、現実を受け入れようとします

4)理由探し
別れたことを受け入れますが、なぜ別れることになったのか?何が原因なのか?と理由を探しをして心が揺れ動く時期
(※場合によっては責任転嫁などをしたくなる時期です)

5)リバウンド(揺り戻し)
大丈夫だと思った矢先にやっぱりダメだ…と泣いたり、冷静になったと思ったら取り乱したりと、受け入れたはずなのに振り出しに戻ったような気持ちを感じます

6)気持ちや意識の変化
悲しいけれど、でもしょうがなかったんだよね…などと、立ち止まったり考えたりできるようになります

7)行動の変化
何もできずに振りかっえっていた自分が、新しいことを始めようと思えたり出会いを紹介されたら「会ってみようかな?」と思えたりするようになります

8)回復期間
思い出すとチクリと胸が痛みますが、心も体も以前より元気になっていることに気付きます

9)転機・日常
新しい出逢いがあったり、本や周囲の人からの言葉に刺激を受けたりする事で心に転機が起こり、自分らしい日常を取り戻していきます

喪失から立ち直りのプロセスをご紹介させてもらいましたが、頑張って現実を受け止め、そして揺り動かされるのは「喪失のプロセス」の中では当然といって起きる事なので、今の自分の感情は別れを受け入れるプロセスを順調に進められているんだな、と思ってあげてくださいね。

とはいえ、この気持ちは本当に辛いんですよね。
私も幾度も失恋をし、一番最後の失恋は「離婚」をする時だったのですが、何年もこのどうしていいかわからない喪失感ややり場のない気持ちを体験したので、この期間がどれだけ辛いかは痛いほど良くわかるので、いくらプロセスの途中と言われてもしんどいのは承知です。

そして、ここまで喪失のプロセスを書いておきながらなんだよ!と言われそうですが、私は無理矢理「失恋後に恋を手放さなくてもいいんじゃないのかな?」と思っています。

だって、好きっていう気持ちはまだなくせないんだし
彼以外が見えないんですものね。
彼がいいんです。
彼じゃなきゃダメなんです、ものね。

私たちは1日6万回も思考すると言われていて、頭の中では「失恋したんだ」と自分に言い聞かせようと何度も何度もおしゃべりします。
自分を追い込むくらいに、しつこく自分を制しようとします。

けれど、心はまだそれを受け入れられないんです。
必死に反発しているんです。

なので私は、こんな風に思う事も「あり」だと思っています。

復縁を考えてもいいし、まだ好きでもいい。
私がこの恋をまだ手放せなくても、私を決して責めない、と。

私も過去に手酷い失恋を幾度も体験しています。

泣くだけ泣いて、でも好きなんです。
簡単に手放せなくて、もがいて泣いて。
また連絡したい、また彼の隣にいたい、また彼の手を握りたい、とおいおい泣いて食べれない・寝れないという日々の中で

いいじゃん、別に好きなままで。
世の中、復縁とかあるんだし、別に悪いことじゃないもん!

と自分を奮い立たせました。
これを私の中では

後ろ向きな前向き理論

と名付け、無理矢理正当化しました。(昔から自分に対して強引なんですよね…)

別にストーカーのようになるとか、彼に連絡するとか、迷惑をかけるということではなく

振られちゃったけど彼のことを好きな気持ちを否定しないであげよう。
また好きになってもらえるように、自分を磨こう。
また彼の彼女になれるように、成長しよう。

と思うことで、自分の歩いて行く道を見つける…というようなイメージです。
ご縁があれば、また必ず上手くいくはずだから、その日のために立ち直りたい!と自分が前を向くことが一番大切だと思ったんです。

もちろん、私は【復縁も応援派】です!

喪失のプロセスにもありましたが、気持ちは揺れ動きます。
また彼女になれるように!と前を向いても、なんで振られちゃったんだろう…と悶えたり泣いたりする事もあります。

それでも「目指せ・復縁!」と前を向いて立ち上がり、少しずつ現実に折り合いをつけていく中で、失恋の傷を癒し、自分が立ち直っていくのを感じられます。

その先に、彼との復縁があれば一番いいですし、立ち直ったら彼ではなく別の人を好きになって恋をした、としてもそれはそれで「どっちに転んでも自分を幸せにする」事になりますよね??

> どうしたら楽にれますか?

コンプレックスを受け入れられるくらいの魔法を持つ恋でしたから、すぐには失恋の痛みはなくならないかもしれません。
だからこそ、最高に素敵な恋をしたんだからしょうがない…と自分に言ってあげて、お友達に泣き言を何度も聞いてもらったり、あまりに辛い時(眠れない・食べれないなどの症状がある場合)は心療内科の扉を叩いてみてください。

カウンセリングを利用していただくのも心を整理するのに役立ちます。
また、時間薬という言葉があるように時間に身を委ねるのも1つの方法ですし、なによりもして欲しいのが

自分に優しくするということ

非常事態です。辛くて生きているのがやっとなんです。
こんな時は自分を甘やかしませんか?
甘いスイーツが好きなら自分にスイーツをプレゼントしてあげてもいいですし、美容院でヘアチェンジして綺麗になったり、エステで女性を磨いてもいいですよね。
何もせずにひたすら眠ったり、泣ける映画やDVDを見ておいおい泣いてもいいですし、少女漫画を読んで泣いたりキュンキュンしてもいいですね。
旅行が好きなら旅行に行ってもいいですし、オシャレが好きならお洋服を沢山新調してもいいですね!

何より、一人で抱えられなければ「自分を甘やかすため」に、またココロノマルシェに気持ちを吐き出してもらってもいいと思いますし、私でよければ、お悩み相談に気持ちをブワーーッと吐き出して楽になってくださいね。

ありんこさん。
今はまだ全然辛い時期です。
1つの恋を失うのは、本当にしんどく切なく、痛みを伴いますが
こんなに素敵な彼に出会えたということは、ありんこさんが「魅力的な女性」だということです。

今、お別れしたのは未来にもっともっと素敵なありんこさんが幸せを受け取るための通過点だと思えるようになる日は必ずやってきますから
今は涙が流れるなら沢山流して、自分を上手に甘やかしてあげてくださいね。

離れていますが、心からのハグと愛情をありんこさんへ。

フレーフレー、ありんこさん。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】3年間愛した彼と別れ、3年×12ヶ月分の思い出に潰されてしまっています。