手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

眠る前の優しい言葉 ~明日がどうなるかなんて、誰にも分らないから~

仁くんが使う チビッコ扇風機を もらったんでちーー

こんにちは。
「あなたの心の保健室・妄想族」のマミコです♡

今日、早速使わせていただいたキャッチフレーズはHさんから頂いたもの。

うふふ、妄想がライフワークな私なので「妄想族」としてご挨拶出来るのが嬉しい限りです。
これからもブイブイと妄想かましていくんで、夜露死苦!そして愛羅武勇♡ ← 昭和の暴走族をイメージ

昨日は「夏季休暇その1」を取得していたので、お盆の休暇&休みを経て、今日は久しぶりの仕事でした。
忙しい…と言えば忙しく、何かと締め切りが重なったり、各種打ち合わせがバタバタと入ってきたりで、気持ちが急いてしまう感じです。

朝、アラームよりも早くに目が覚めて少しだけ気持ちが重かったのですが、先日読んだ本の中で、朝起きてすぐに自分を「励ましたり・上手く行くから大丈夫!」と声掛けすることの効果について書かれていたのを思出し、なんとなくザワザワする自分の胸に手を当てながら声がけスタート。

– – – – – –
大丈夫だよ、きっとスムーズに作業できるから。今まで何とかなってきてるし!
とはいえ、作業出来るって分かっていても、心配しちゃうよね~。うんうん、しんどいかー。
何が今日一番「心に引っかかってるのかな?」。
仕事前に作業洗い出しをして、優先順位を付けてみよう!
その上で持ちきれない量の仕事であれば、事前にヘルプを出せばサポートだってしてもらえるか調整してモラルもんね!
– – – – – –

そんな風に「励ましつつも、不安だという気持ちも否定せず」にしばし自分に声をかけていたら、なんだか気持ちが楽になり、よっこらしょ!とベッドから起きた時には「やれる範囲で頑張ろう!」と思えるようになれていました。

WOW、朝の声掛けって自分に優しい栄養になるんですね~。
自分に安心を届けてあげられるのは、他でもない自分ですものね。

* * *

冒頭の仁くんを置き去りにしていますが、お盆期間中に実家に帰った際に、「持ち歩けるし卓上でも使えるハンディー扇風機」を母からもらいました。

何やら家の近くの雑貨屋さんで「100円でいいよ!」と激安で分けてもらったのだとか!!

仕事中にパソコンにつなぎながら
顔をクールダウンしたり
出来ちゃいそうです

USBケーブルで充電するタイプらしく、顔周りをヒンヤリさせるのにすごくいい!と、8月の頭の暑い時期に買ったらしいのですが、ここしばらくは雨と一緒に秋のような気温で、まだ出番はないのですが、きっと8月後半から9月半ばくらいまでは「残暑」で暑い日もあるとおもうので、せっかくもらったミニ扇風機を遣おうと思います。

仁くんは「ちびっこサイズで仁くん用でち!」と言っていますが、確かに仁くんがお昼寝中に「はぁはぁ」とすることがあるので、仁くんに向けて使うのもいいかも?!

さ!
今日ご紹介する「優しい言葉」は、私が大好きな黒柳 徹子さんの言葉です。

徹子さんのお母さんである「黒柳 朝さん」は、私の憧れの女性の内のおひとり。
著書を何冊か持っているのですが、どれも宝物にしているくらいのお気に入りです。

そのうちの1冊は、徹子さんとの対談集なのですが(朝さんが100歳になられる前に徹子さんがインタビューするという形式の本)これも面白くて何回も読み返しています。
お二人のやり取りを見ていると、なんだか元気と前向きさ、ものの見方をちょっと変えてみると心が楽になるんだ!というのに気付かせてもらえるんですよね。

と同時に、自分のスタイルや自分の好きな事を大事にする姿勢や、自分が自分の好きを大事にしているから他の人の好きにも寛容になれることも、お二人の本から学んだことの一つです。

今日ご紹介するのは、私が持っている本の中からではなく、何かで徹子さんのインタビュー記事が紹介されていた際に読んだ一文。
とても素敵な言葉だったので、ノートに書き写していたものです。

毎日を楽しみにしていらしてください。
そう、前に何があるか分からないですからね。

黒柳 徹子さんの言葉

私たちは誰一人として、未来を完全に予測することはできません。
明日、何が起こるかを「分かる範囲で想像すること」は出来ても、その通りになるとは限りませんし、思いがけず…という予想外の事が起きることもあります。

それは涙を誘うような予想外もあれば、心が弾むような「まさか!」という予想外もあります。

何が起きるかは分からないからこそ、ゆっくりと眠ってまた「新しい朝」を迎えて歩き出す明日に、きっと喜ばしい事がある!と希望を託して、明日を楽しみに待てる方が人生は豊かで幸せです。

もちろん、人生は山あり谷ありで、谷底に落ちたような気分の時には「明日を楽しみにする」なんて出来ないけれど、それでも「きっとこの谷底は続くわけじゃない!」と未来に希望を託すようにして、かすかな希望の光や自分を慰め・励ます言葉をかけながら、谷底にいる時間を乗り越えようとします。

私自身、生きるのをやめたくなってしまう位に絶望していた時に、また未来に心が晴れる日なんてやってくるのだろうか??と未来を悲観したりもしましたが、あの当時の私が見たら驚いてしまう位、私は笑って生きています。

ほんと、前(未来)に何があるかなんて分かりませんよね!

片思いだけれどまた人を好きになって胸キュンしたり、自分が望んでいた「未来予想図」とは少し違った現実を生きている今だって、ちゃーーんと楽しいんだもの。

何があるか分からないからこそ、未来を楽しみに、明日がきっとよいものであるといいなと楽しみに思えたらいいですよね。
辛い時に自分を励ます「開けない夜はない」という言葉も、きっと『前に何があるか分からないから、今日の涙を拭いて、また明日に備えましょうね』ということなのかもしれません。

コロナもまた感染の勢いが増し、何かと不安になりがちな昨今ですが、閉塞感や気落ちしがちな日々の中で「明日がほんの少しでも楽しみな日になるといいな♡」と思って眠りにつくことが出来ますように。

さてさて、、今日もおやすみなさい。
私もあなたも、明日が健やかに始まりますように。

  • HOME
  • >
  • 優しい言葉
  • >
  • 眠る前の優しい言葉 ~明日がどうなるかなんて、誰にも分らないから~