手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

男性は結構あっさりウソをつく。なんでなのか?

ドナドナ歌いながらサクサクパンの朝ごはんしたんでちよね~

土曜日出勤だったので、なんか疲れがまだ取れずボーッとした朝の私をワクワクさせていたのは、初めて行ってみたパン屋さんで買ったクロワッサンがある事!

空気の層とバターの濃厚さ、しっとりした生地とサクサクの表面。
クロワッサンは「確実に太れる」食べ物だと思うけれど、でもとっても美味しくて幸せを連れてくる食べ物だと思っています。

仁くんが「ドナドナを歌いながら」と言っていますが、一人暮らしの私なのに欲張ってクロワッサンを2個買ってあるんです。
パン屋さんで「彼の分と私の分♡」って買ってる妄想に浸り、うっかり現実からトリップして彼がいる気分になっていましたが、朝起きたら彼はおらず(朝起きた状態以外でもいないんですけど)おっかしいな~?と首を傾げながら一人分の朝ごはんを用意して、一人でモグモグ食べました。

ひとりでもクロワッサンは美味しい!

さて、いつもくだらない事を発信しているおまみーぬですが、今日はちょっと突然ですが【男性心理】についてご紹介しようと思います。(← 本当に唐突)

題して…
おまみーぬの男性心理を解説コーナー
パフパフ。(← 安易なネーミング)

勝手に開催した挙句、不定期でお届けできれば…と思っているのですが、記念すべき第1回目は…

問い詰めるとウソをつく男性心理

女性の皆さん、男性がなにかやましそうな行動をしている時に不安だったり心配だったりはたまた怒りだったり…で「ほんとの事を言ってよ!」と問い詰めた経験はありませんか?

女「(スマートフォンの通知画面が見えて)このLINE何?誰??」
男『ただの職場の後輩だよ』
女「なんで後輩の女の子が休みの日にLINE送ってくるのよ?」
男『…なんか相談があったんじゃない?」
(やべぇ。まずいなぁ…どこまでバレてるんだろう… うーわ、頭パンパン状態)
女「相談??」
男『今、後輩が悩みがあるとかで色々相談うけてたんだよ』
女「へー。明日の20時って出てるけど、なんで相談と時間が関係あるのよ?」
男『え?あ、明日相談に乗って欲しいって頼まれてたからその件だと思うよ。ってか、疑ってる??オレ、何にもしてないよ。』
(やべぇ、何とか逃げきらないと…)
女「ふーん。怪しい。怒らないからホントの事話してよ。誰よこの女。何なの??」
(ってか、ホントの事いったらこんなもんじゃなくて怒るにきまってるよ。あー、どうなるか分かんないから絶対に言えないって…)
『…だからぁ、ただの職場の後輩で相談受けてるって言ったじゃんか!お前は俺の言ってる事が信じられないのかよ!!(逆ギレ開始)』

まあ、埃があるから叩いてしまうのですが、女性がなんとかして「彼の本音」を聞こうとして男性を追い詰めてしまう事ってありますよね。
でも、これがうまくいった事ってありますか??
私は上手くいった経験があまりありません。

話しの辻褄が合わなかったり、話をすり替えられてしまったり、逆ギレされてしまったり…
男性は女性にバレたらまずいと思う事や女性には理解されないと思っている事、面倒になりそうとか厄介になりそうなことは、よほどの証拠を突き付けられないと(証拠があったとしても)シラを切ったりその場限りの薄っぺらい嘘をついたり

本当の事を言いません。

男性とひとくくりで紹介しているので個人差はあるのは重々承知ですが、女性が感情的になって男性を問い詰めれば問い詰めるほど、男性は頑なになっていきます。

★男性の「問いつめられたとき」の反応は?

1)とにかく否認する
2)言い訳する
3)そんなことは些細な事!と軽くあしらう
4)必死に正当化する
5)相手を逆に責める(逆ギレ)
6)「俺のことが信じられないのか!」などと開き直る

★なんで本当の事を言ってくれないのか?

男性はもともと自立の傾向が強く、罪悪感を女性より多く感じていると言われています。
そして「自己防衛機能」が強いため、問い詰められると危険を感じて「自分を守らなくては!」と防衛体制を取ります。

逆ギレしたり開き直ったりする姿を見るとそんな風には思えない…のですが、問題の前に相当ビビッている状態で、問い詰められれば問い詰められるほど「問題は大きいのか…」とそのヤバさにおののき、のらりくらりとし始めます。

この時の男性は「自分を守る」が最優先されているため、とっさのウソ(すぐにばれるような辻褄のあわないもの)をついてしまいます。
それは、その時の自分や今の関係を何とかして守ろうとしての判断なんです。

とにかく、今この瞬間・この場をなんとかしようとすることを優先してしまうのです。

男性によっては小さな頃にお母さんに叱られてきたことが無意識に蘇り、女性の怒りに触れると『危険だ』『怖い』『なんとか逃げないと』と感じる事もあるそうです。

また、本当の事を話したって「どうせわかってもらえないだそう。許して貰えないし怒りの火に油を注ぐだけでより一層状況が悪化する」とも思っています。

もしも彼女の前で本当のことを言ったらどうなるのか「予測がつかない(分からな過ぎて怖い)」上に、俺にダメの烙印が押されてしまう(ダメだと思われることは本当に苦痛)事も、事態が大きくなって厄介な方向に行ってしまう事も【怖い】んです。

咄嗟に嘘をつく背景には【めちゃくちゃビビッていて怖い】という思いがあるんです。

そして自分のやってしまったことや失敗が原因で彼女が泣いていたり悲しんでいる姿を目にすると、イライラと怒りを感じていきます。

それは男性が持つ【罪悪感】がチクチク刺激され、自分のしたことで彼女を悲しませた・失望させたという事を認めるのが苦しすぎるので『怒り』を使ってその罪悪感を感じないようにします。

なので、彼が原因で泣いているというのに逆ギレしたりしちゃうんです。
ホントは自分が悪いと分かっているのに、それを認めたら痛いから…

という事で、男性は問い詰められたり「ほんとの事を言ってよ」と言われたときに、とにかくこの場を切り抜ければなんとかなると思って咄嗟に嘘をついたりしてしまうんです。

また男性は女性に対して「優しくしてあげたいし、心配をかけないでいたい」と思っています。
愛する彼女をを傷つけたくないと思っているので、それが例え脆いウソであっても彼女を傷付つけたり悲しませるくらいなら『言わない方がいいし心配をかけたくない』と思っています。

ホントの事を言わない事 = 思いやりや愛情、守っている

という図式を持っていたり、そう思い込んで自分を納得させていたりします。

★どうしたら本当の事を聞けるの?

問い詰めれば問い詰めるほど自分を防御し本当の事を言わなくなるのですから、男性の話しを聞きたいと思ったら…

・感情的に問い詰める事はNG
・冷静な時に話をする
・「本当の事」という曖昧な表現は使わない
・事実をただ確認する聞き方をする

先ほどの例をもとにするならば

・今LINEが届いたの『おまみーぬ』のフルネームは?
 ∟ 職場の後輩ならば言える事(事実確認)

・どんな相談を彼女から受けているの?
 ∟ まずは事実を確認して聞いてあげる

・外で会う約束をしているの?二人っきりなの?
 ∟ 事実確認

ただ事実を確認するように、感情的にならずに知りたい事を具体的に聞くのが大切です。
とはいえ、これでもウソをつく男性はウソをつきますが、怪しいと感じたら同じ質問を少し時間を置いてから聞き直してみると、ウソは咄嗟についていて「その場」を逃れるための物なのでボロがでて、ウソをついているのが分かりますYO。

ただ、本当の話というのは、時にして「聞きたくない話」だったりすることもありますから、男性の本音を聞きたい!と上手に質問を駆使して気持ちを知ることでかえって悲しくなったり苦しくなったりすることもあります。
「本当の事」「本音」「今まで隠していた事」などは、時にとても鋭く心を刺して痛みを伴う事がありますし、二人の関係に大きな亀裂となり、しこりをもたらして修復できなかったりすることもありますので、その辺りは自分がどうしたいかに合わせて試してみてくださいね。

今日はちょっと真面目なまとめをしてみました。(えっへん)
男性は問い詰められると自分とその場を守ろうとしてウソをつきますが、そのウソには「彼女を傷つけたくない」という思いがあったりするというヤヤコシい感情も絡んでいるんですよね…

実は、先日「男性は自分を守るために結構適当にウソをつく」という話を聞いて、なんでだろう??と興味があって調べて理解するために整理したものをまとめた自分用のアウトプットなんです!

という事で、不定期開催で男性心理の事をアウトプットしていけたらいいな~と思っています。