手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

自分に”価値があること”を認めることの大切さ ~30日パートナー本の2日目~

えっ… まだこの本のこと、諦めてなかったんですね…

2022年5月26日。
この日は「一粒万倍日」やら「母倉日」やら「大安」が重なり、いわゆる”縁起の良い日”で、この日に新しいことに挑戦するのが吉!ということで、脱力系☆宇宙の妙齢三人組で「やりたい事リストを作る」と題してYouTubeライブに挑戦しました。

ゆるーく実践!【30日間で理想のパートナーを見つけるチャレンジ】
ゆるーく実践!【30日間で理想のパートナーを見つけるチャレンジ】
ちょっこしお久しブリーフになりました!!私の体はとっても元気ですが、仕事がバタバタしていて、YouTubeライ.....
https://many-smiles.com/about-me/partner-get-challenge-in-30-days

ギンちゃんが「え…?その本、まだやる気あったんですね…」とキョトンとしていますが、それもそのはず、

・5/27に「まえがき」を読んだよ~
・6/22に「1日目」をやってみたよ~

と言ったっきり、なしのつぶてで「本を熟成するべく大切に放置」して、気が付いたら本当に『1カ月に1日進むカタツムリペース』になっちゃっています。

あはは。あはは。 ← 陽気さを表現

この調子で行けば、メチャクチャ順調に進んだとして『30日間で理想のパートナー』ではなく

30カ月で理想のパートナーを見つける

という流れになりそうですが、それもそれでいいんですよね!! ← いいのか??

勿論、コツコツと毎日取り組んで「30日間」で濃縮して自分と向き合うことができたら最高ですし、私も出来ればそれがやりたいと思っていましたが、

あーーっ!!!
今日はまだワークブックをやれていない。
わたしってダメだ…

あーーっ!!!
今日の分がまだ手付かずだから、気分は乗らないけれどやっておかないと。
だってやらなかったらパートナーシップが遠のくでしょ?
本音は今日はやりたくないけれど、やらない訳にいかないし…

という感じで、これまでの人生は生きてきました。
謎に過酷なルールを自分に課し、出来なければ自分はダメだと責めて自己否定体験を積み上げたり、結果が欲しいから「やればいいんでしょ?」と、結局は表面的に心も動かないのに自分に鞭打ったり。

別に「30日連続」じゃなくたっていいし、3日坊主になってもいいし、調子が乗れば連続でやってもいい。
パートナーシップを求めているその理由は「今も楽しいけれど、2人で見る世界はきっともっと視野も広がるし楽しいはず」というものなんだから、楽しくない事を修行のようにやり続けた延長に「楽しいパートナーシップ」が待っている気がしない!!!

と、まぁ上手に「ああ言えばこう言う理論」で、カタツムリスピードの自分を全面的に承認して、やりたい時・自分の気持ちが向いた時にやろうと、ゆるっゆるにワークブックを進めています。

むしろ1カ月も放置していたのに、思い出して手に取って見ることの方が「偉くない?」「すごくない?」と、謎の自画自賛をして開いた2日目ですが、今日もまた『一粒万倍日』で『母倉日』で『大安吉日』という、縁起の良いスタートアップにふさわしい日でした。イエーーイ!

2日目:価値の大切さ

人生は全てが「自作自演」と言いますが、チャック先生の2日目の言葉によると、私たちの人生も、私たちが体験することも、全てが自分自身にどんな価値を与えているかを反映しているものだと書いてありました。

確かに…

自分のことを価値がないとして大事に扱わずにいれば、自分の体験する様々な出来事でも「私は大事になんてされない」という思いを強めるようなものばかりを集めてしまいます。
価値がない私は良いものを選ぶ人生なんて無理…と、生き方そのものに自分で制限をつけてしまうこともありますよね。

2日目のチャック先生のメッセージは短いものなのですが、そのどれもがとても深くて頷けて、とっても大事な言葉がいっぱい詰まっていました。

ほとんどの人が自分の価値をたいへん低く見ています。いだいている「罪悪感」と「無価値観」の分量に応じて自分を犠牲にしたり(中略)、やみくもな働き方をしたり、何らかの役割を演じたりしてしまいます。
30日間で理想のパートナーを見つける法 より引用 / チャック・スペザーノ著)

自分の価値を低く見積って、さらに罪深い自分であれば、どうしたって「犠牲して与える事・自分を差し出すこと」をして、自分の価値を感じよう(高めよう)としてしまいます。
さらに、そのままの自分では価値がないのだとしたら、何か別の「自分ではないなにか」を目指したり、自分ではないものになるべく奮闘し、自分をどこかに置き去りにして見捨ててしまいます。

でもそれは、チャック先生の言葉によると『自分の価値をたいへん低く見ている』だけなんですよね。
自分が自分に対して「ダメだ」と烙印を押してしまっているんです。

自分の価値を低く見ていることで犠牲して与え続けても、「これでやっと人と同じくらいの価値がある」とスタートラインに立つだけで、そこから「与える喜びや達成感」は感じられずに疲弊していくばっかりです。
何か少しだけ足りていないのではなく、大変低く見ているわけですから、犠牲の量も多くなければいけませんから。

そして本にも書いてありましたが、喜びや達成感のないただの犠牲は、いつか燃え尽きて差し出すものすらなくなってしまいます。

自分の価値のなさを埋めあわせようして(中略)自分の価値を認められていないと、行動、行動、行動、と駆り立てられ、平和や喜び、豊かさを感じる余地がなくなってしまいます。
30日間で理想のパートナーを見つける法 より引用 / チャック・スペザーノ著)

パートナーシップでも自分の人生でも、私たちが望むものは「平和や喜び、豊かさを感じて伸びやかであること。より楽で呼吸しやすく自由であること。」ですよね?

でも、自分の価値を認められない限り、私たちは自分が欲しているものを感じて心地よく生きることができない。
なぜなら、価値がないから埋め合わせるための行動に追われて、自分の心地よさを感じる余白が持てないから。

自分の価値を低く見つづけていたら、なんと大変なんでしょう!!!!

やっぱり自分の価値を「正当なレベルまで」引き上げることが、パートナーシップでも自分の人生を生きる上でも大事なんですよね。
だってただ単に「勝手に自分の価値を、大変低く見ているだけ」なんですから。

ではなぜ、私たちは自分に対して必要以上に低い価値だと思ってしまうのでしょうか?
チャック先生の本では、その謎が解き明かされていました。

あなたが感じている価値のなさは、罪悪感が原因なのです。もっと深い心理レベルでいうと、成長を妨げる逃避の一種でもあります。
30日間で理想のパートナーを見つける法 より引用 / チャック・スペザーノ著)

なんと!!!!
自分の価値をたいそう低く見てしまうからくりには「にっくき罪悪感」が関与していました。

そして、罪悪感という重たくてチクチクした嫌な感情を使うことで「私には価値がない」と思わせることで、目の前のチャンスであったり、成長するためのきっかけから目を背けて自己価値を存分にいかすことをさせないでいる以上、ずっと自分の価値を感じられずに、ますます自己否定や罪悪感を募らせて、成長を妨げる「負のループ」にいるんだ、と。

ということは、この負のループから抜け出すためにもまずは、

今の私は、自分の価値を必要以上に低く見てしまっているんじゃないかな?

と、自己否定を疑ってみる事なのかもしれませんね。
または、どうやら私たちはすぐに自己価値を低く見てしまう傾向があるみたいだから、もうちょっと価値を感じてもいいみたいだよね!と自分に言ってあげることかもしれません。

2日目の文章の冒頭に、人生も体験することも選ぶものも、全てが自分が自分の価値をどう思っているかを反映させているとありましたから、これはパートナーシップにも反映されるわけですよね…。
オー、マイガッ!!!

自己価値を低いままで認められなければ、自分にとって「理想の素敵なパートナー」が与えらえれることを許可できない…となり、欲しいものを手にすることが出来ません。

むおーーーっ。
なんてこった!!!

理想のパートナーと、より伸びやかに自由で、お互いに助け合い成長し合う「チーム」を組むためには、低く見積もり過ぎている自分の価値を、そんなんじゃない!と認めなくちゃダメなんですね…

うん、でもやっぱりそうですよね。
自分の価値を低く感じていたら理想の人を見上げてしまって、価値のない私なんか釣り合わない…と逃げたくもなりますし、犠牲しなければ愛されないと思い込み、同じ目線で世界を楽しむことが出来ずに自分をすり減らして与えて疲れてしまい、最終的には燃え尽きて関係を終わらせてしまいますもんね。

長い時間をかけて「私には価値がない」を積み重ねてきてしまっていれば、「自分の価値を感じる」ことは簡単な事ではなく、それこそ本当にカタツムリのような速度で自分の価値を確認していくことで精いっぱいかもしれません。

いきなりすぐに「自分には価値がある!」と思えないのは当然ですから、まずはちょっとだけ、この視点を持つことから始めてみませんか?

どうやら私は、自分の価値をたいそう低く見てしまっている…らしい。
めっちゃ低め評価をしてるっぽいから、もう少しは価値を認めてもいいのかも、って。

私ももっともっと、自分の価値を受け入れてあげられるように、自分をもっともっと楽に笑顔にしてあげるためにも「ちょっと自己価値低く見積もっちゃってなぁ~い?」と、ゆるく自分に質問することをしていこうと思います。

  • HOME
  • >
  • 30日でパートナー
  • >
  • 自分に”価値があること”を認めることの大切さ ~30日パートナー本の2日目~