手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

嫌なことすると怒ります!が再び ~仁くんに面会に行ってきました~

マミコちゃーーーん! 仁くん、今日もお泊りするって 先生から言われちゃったでちー

こんばんは。マミコです。
オヤツの時間を過ぎた後で動物病院の先生から連絡をもらい、仁くんが今日も入院延長であることを聞いたため、仕事を終えるとすぐに

・いつも食べているフード
・茹でたササミを細かくカットしたもの
・大好きなおやつジャーキーの「紗」

を持って面会に行ってきました。
今日は実家の妹が在宅勤務で終業後にすぐ動けるから面会に一緒に行きたい、と言ってくれて、なぜか母も一緒についてきてくれたので賑やかな面会となりました。

仁くんは実家に住む私の妹が大好き。
実家に泊まりに行くと、私の寝ているお布団と妹のベッドを行ったり来たりして「どっちで寝よう?」と悩むくらいに妹の事が好きなので、面会に来てもらえてすごく嬉しそうに尻尾がちぎれんばかりにブルンブルンと振っていました。

マミコちゃーーん マミコちゃーーん マミコちゃーーん

酸素室の扉の向こうで、私を見つけると立ち上がってカリカリと透明なケースの内側で「開けてでちーー」とアピールする姿に思わずウルッとしてしまいました。
あぁ、抱っこしてあげたい!!!

出来るだけ酸素室の扉は開けない方がいいので、少しだけ開けて仁くんをナデナデすると、差し出した手を懸命にペロペロと舐めてくれました。
仁くんのペロは最大の愛情表現。うううっ、呼吸が辛いのに「大好きのペロ」をしてくれて、ありがとう。

酸素室の中では比較的安定しているとはいえ、それでも立ち上がってカリカリした後は「ケホッ、ハァハァ」と小さな咳や呼吸が荒くなり、やはりまだ状態はよくないんだという感じでした。

持ってい行った「紗」を酸素室の中に入れてあげると、ハムハムと大急ぎで食べてくれて、病院の食事には手を付けていないとのことでしたが食欲はあるようで一安心しました。

嫌なことすると怒ります

酸素室の上の方に、入院理由やペット名、特記事項などが書かれた紙が置かれているのですが

嫌なことすると怒ります

の文字が再び!!!
今回もお世話をしてくれている看護師さんや先生に「それやでち!!」とばかりに威嚇したりしたのだろうなぁ。
とはいえ、今回はエリザベスをつけていない事や( )書きになっていることから、前に入院した時よりは嫌な事をされても我慢できているのかな??(だといいけれど)

先生や看護師さんは「怒ったりできるくらい元気で良かったですよ」と暖かく言ってくれて感謝です。

明日にはお迎えに行けるといいなぁと思っていますが、手術を受けるためには順調に車を走らせても「6時間程度」の移動が必要なので、あまりに呼吸状態が悪いと長旅が心配。
勿論、離れているのは寂しいけれど、手術までの間に呼吸が少しでも楽でいてくれれば仁くんも過ごしやすいでしょうし、延泊することで状態がちょっとだけでも改善してくれますように。

* * *

名古屋の病院で検査してもらった資料の中から、仁くんの心臓の状態について少し書かせていただきます。

VHS

このレントゲン写真では「VHS」(Vertebral Heart Size)という心臓の大きさを測っています。
仁くんの場合は「VHS : 14.1」という結果が出ていますが「10.7v」を上回ると『心拡大』の状態と言われるそうです。
さらに『11.5v』以上になると、呼吸をするための気道を圧迫している可能性も高いのだそう。

仁くんは『14.1v』という数値ですから、心臓がかなり大きくなり、大きくなったことで気道を圧迫しているので、咳き込んだり呼吸がしんどくなっている状態だと分かります。

CTR

この写真も心臓の拡大がどれくらいになっているのかを見るためのものです。
「CTR」といって、心臓の大きさが胸壁の最大幅に対してどれくらいの割合か(胸がおさまっている領域の中で心臓の大きさがどれだけの割合になっているか)を図るものなのだそうですが「CTR : 60%以下」であれば正常値なのに対し、仁くんは『CTR : 82.8%』と、かなり大きな割合になっている事が分かります。

LA/AO

こちらはエコーになりますが、赤い枠の「LA/AO」というのが、左心房の大きさを表す左房・大動脈径比というものになるそうです。
この数値は正常値が『1.5以下』になるのですが、仁くんは倍に近い『2.9』ということからも、かなり左心房が大きくなり負担がかかっている事が分かります。

E/A比

次が「E波・A波」の比率を見る図になるのですが、仁くんは前回も今回もですが、入院する際にこの波形の状態が良くないと言われて入院しています。

E波と呼ばれるものが「140cm/秒」を超えると良くない状態であることに加えて、「E/A比が2を超える」ようになると、超重症の状態で、肺水腫を起こしてもおかしくない重篤な状態なのだそうです。
仁くんはE波が『211cm/秒』なのでE波に関してだけ見るとかなり悪い状態なのに加え『E/A比 : 1.8』という事なので、今は落ち着いていてもいつ肺水腫を起こすか分からない危険なもので「重症」と呼ばれる数値。

今回の入院の際には、E波も高い状態だったことに加えて、E/A比が2になってしまった事からの緊急入院でした。
幸い、重篤な肺水腫までには至っていないようなのですが、肺にはうっすらとした影があるため『肺水腫疑い』と診断されています。(名古屋の病院では、軽度の肺水腫を起こしていると言われて処置をしてもらっています。)

LVIDd

この写真は左心室の大きさを測定しているもので、正常値は2.2cm以下であるのに対し、仁くんは『LVIDd : 3.3㎝』とかなり大きい事が分かります。

逆流

その他にも、血液が逆流している状態がかなり激しい事を示す資料や弁の動きなどを測定したエコー写真なども貰っています。
私には説明してもらっても基準値からみていいのか・悪いのか?という事しか分からないのがもどかしいのですが、仁くんの心臓はやはりいい状態ではなくてとても危険なんだというのが数値からも分かりました。

正直、定期的に診てもらっていても大きな症状がない時には先生から「横ばいですね」という説明を聞いている間はエコーなどを見てもピンときませんでしたし(専門家でもなんでもないので分かる訳もないのですが)、疑問を持つこともありませんでした。

薬が増える段階になった時には分からないなりに疑問がある事は聞くようにしていましたが、それでもいまだに分からない事はいっぱいあります。

仁くんは今も一生懸命に生きようとしてくれています。
その「生きる力」を信じて、後は手術を無事に迎えられて、術後が順調であるようにと私には祈る事しかできませんが、きっと大丈夫!と信じています。

明日には「肺水腫」を起こす危険性のある数値が落ち着いてくれているといいなぁ。

ではでは、おやすみなさい!

  • HOME
  • >
  • >
  • 嫌なことすると怒ります!が再び ~仁くんに面会に行ってきました~