手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

まだ鎮静が抜けきれずとろんとしているギンちゃん。 ~歯の検査をしてきました~

オレ、今日はびよいん行って 検査してきたんですよ。

もふもふ家族の癒しパワー、あなたに少しおすそ分け。
こんばんは。マミコです。

ギンちゃんは今日、朝ごはんを抜いて朝イチで病院へ行き、お昼に鎮静をかけてもらい「口の中の検査」をしてもらってきました。

少し前からあくびをした際にチラッと奥歯の部分の歯肉が赤くなっているのを発見。
仁くんの定期健診の際に、主治医の先生に聞いてみたところ、ネコちゃんは歯肉炎になる子が多いということで、意識的に歯磨き(歯磨きシートを指に巻いてサッとケアするだけですが)を増やしていたものの、本格的にブラシを使って磨けていなかったこともあり、サプリメントを使ってケアをしていました。

口内環境を整えるサプリメントをご飯と一緒に食べてたですよ

ネコちゃんの歯肉炎・歯周病は「難治性」で、薬を飲んでいる間は改善することがありますが、薬を止めるとまたひどくなるそうで、先生からは薬ではなくサプリメントを紹介してもらい、改善を期待して接種していました。

歯肉炎は酷い炎症になってしまうと、痛さからご飯が食べられなくなってしまったり腎臓病のリスクをあげてしまう事もあるそうで、サプリを飲みつつ様子を見ることにしていました。

ギンちゃんは食欲も変わらず、痛みがある素振りがなかったのが幸いですが、先日、ベッドの上で一緒に寝て起きた朝、ギンちゃんが寝ていた場所に薄い血の滲みがありました。
どうやら口の中から出血していたようで、慌てて動物病院を予約して受診。

ですが診察台の上で「オレ、ぜってーに口はあけませんから!!!」と、頑なに口を閉じて開けようとしてくれず、先生も看護師さんも苦笑い。

歯肉炎だろう…とは思うものの、口腔内に「腫瘍」が出来ている場合も出血することがあるということから、歯肉炎の状態のチェックと合わせて、一度鎮静をかけて(少し眠らせて)口腔内のチェック・検査をしましょうということになり、本日、お昼に鎮静処置をしてチェック、夕方に眠りから覚めたギンちゃんを引き取ると同時に検査結果を聞いてきました。

●右奥歯の歯肉が炎症を起こしている
●よって、奥歯が歯肉の中に潜っている
●範囲としては右側の一部だけ
●腫瘍はなかったので大丈夫

という診察結果で、今は幸いにも痛みがないようだけれど、腫れも酷いことから右奥歯を抜歯するのがいいと治療方針について説明を受けました。

歯肉炎ではあるものの、奥歯の部分だけなので抜歯範囲も奥歯のみで犬歯は残せそうだという事と、投薬で様子を見ても歯肉炎が「完治」することはないので、いずれ炎症が酷くなると抜歯をしなくてはいけないが、年齢的にも麻酔が負担になることからも、出来れば最小範囲での抜歯をした方がいいと思うとのこと。

抜歯をすると食べられなくなるのでは???と思ったのですが、今も炎症を起こしていて右の歯は使っていないであろうという事と、ネコちゃんたちは人間と同じように奥歯で噛んで潰して食事をとっている訳ではないので、抜歯しても食べる面では大丈夫ですよ!とのこと。

そ、そ、そ、そうなんだ?!

というわけで、近々ギンちゃんは「抜歯」のための入院をすることになりました。
1泊でOKとのことだったので、仕事のスケジュールを明日確認し、手術日を決めようと思います。

なんかまだ少しふわーーーって眠たい感じですよ

朝からずっと食べていなかったので、お家に帰ってきてすぐにカリカリにウェットフードトッピングのご飯を完食し、トイレも済ませていつも通り…ではありましたが、なんだか少しぼんやりしていて、まだ鎮静が抜けきれていないのか目がうつろです。

お水を飲もうとしてぶつかってこぼしてしまったり、まだフラフラするんだろうと思いますが、今はこたつ布団の上でグルグルと喉をならしながら寝ています。

* * *

病院でお会計待ちをしている間に、他のネコちゃんの飼い主さんと少し話をしたのですが、一緒に来ていたネコちゃんはなんと「22歳」のお誕生日を迎えたのだそう!!
言われてみても22歳というご長寿さは感じないつややかな毛並みで、まだまだ元気に長生きしてほしいですね~とお話させてもらいました。

ネコちゃん・ワンちゃんの寿命は長い子でも人間の1/5というように、どうしても駆け足でその命を生きています。

ペットとして「お世話してもらう」状況で生きている訳ですから、最後までお世話をしてあげて見送ってあげられるのが何よりだとは分かっていますが、少しでも長い時間一緒にいたいと思うのは、ペットたちの事を愛しているから。

人間も含め、誰しもが病気になったり年を重ねて老いていきたいと思っているわけではないけれど、寿命だけは避けられないもの。
分かっているけれど、やっぱりもっともっと一緒にいたいし、健やかであって欲しいと願わずにはいられません。

私がブログを書いている横で、仁くんはお腹を出して無防備に寝ていますし、ギンちゃんも丸くなって喉をならして寝ています。
何でもない日常の暖かい時間が、今日はいつも以上に幸せに感じる夜です。

ギンちゃん、頑張ったね!
おつかれさまでした。
歯肉炎で歯を抜くのはやっぱり心配ではあるし、残念な事ではあるけれど、痛みが出てしまったり化膿したりしていなくてよかったし、早目にケアしようね!!

いつものキリッとしたギンちゃんではなく、すこしぼんやりしたギンちゃんをお届けしましたが、明日の朝にはいつも通りの「CooooooLでキリリな男前」に戻っているかな??

ではでは、おやすみなさい。

  • HOME
  • >
  • 銀太
  • >
  • まだ鎮静が抜けきれずとろんとしているギンちゃん。 ~歯の検査をしてきました~